「#BuzzCamp南三陸」~南三陸から発信!!(1日目・前半)~

皆様こんにちは、マッキーです(*^_^*)

今回は、今年で3回目を迎える!
8/3と8/4に行われた#BuzzCamp南三陸2019の1日目(前半)をご紹介します。

そもそも#BuzzCampとは、
milieu編集長の塩谷舞様@ciotan)と南三陸ホテル観洋の協力による1泊2日のキャンプ(宿泊学習)です。

様々なクリエイターや若い経営者の方々に声を掛け、
約50名の方々を当館に招いて、
南三陸・気仙沼の沿岸部の抱える社会問題等を、
情報発信や斬新なアイディアで解決しようという取組みです。

去年の1日目はこちらから!

去年の2日目はこちらです。

そして、詳しい経緯はこちらをチェック♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちなみに、BuzzCampの様子が知りたい!
そんな時は「#Buzzcamp南三陸」で検索していただければ、
様々なツイートを一度に見る事ができます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まず、仙台駅からのシャトルバス(特別便)に揺られた一行は、
当館に到着した後、

キラキラと黄金色に輝き、インスタ映えする!?
甘~くとろける「南三陸キラキラうに丼」に舌鼓♪

(写真はイメージでございます)

昼食の最中には、自己紹介などを行いました。

 

#BuzzCamp南三陸は、
南三陸とクリエイターを繋ぐ他にも、
クリエイター&ブロガー同士の輪を広め、深める場でもございます。

その後は、当館の語り部バスに乗車して頂いて、
高野会館の中と町内を視察。

日々変わりゆく南三陸の街並み。
住んでいる私たちにとっても、
あの道が変わった、ツルハが出来た~など、
街の変化に気づく事も多々ありますが、
その中でもまだまだ工事が続く南三陸町。

初めて参加された皆様には、
南三陸の震災時の様子と津波の脅威が、
過去に参加した人にとっては、
南三陸の復興状況を感じ取る時間になったと思います。

そして、語り部バスから戻ったら、
一休みしてセッション(講座)に入ります。

今回の講師は、
文鳥社・代表取締役 牧野圭太様@MAKINO1121)による
世界や日本の代表的なブランドジャーナリズム事例」について

 

今回の講座をマッキー流(もちろん受け売りですが)に要約すると…

~「ブランドジャーナリズム」とは~

1.ブランドが強い意志をもち、
2.社会への批評となるアクションをおこし
3.賛同する人たちを強いファンにする

コミュニケーションのあり方でございます。

そしてジャーナリズムとは。
ジャーナリズムの本質は、「権力のチェック機構」であり、
ジャーナリズムの基本は伝えることではなく弱者の訴えを代弁すること。
(男女平等とか軽減税率とかかな)
そして、海外の企業がこれらの社会が抱える課題に対して、
広告など様々な形で向き合っているのに対して、
日本の企業はあまり社会に対して向き合った広告・取り組みが
遅れている点を学びました。

ただ、そんな日本においても、
今回のキャンプに参加している辻愛沙子様(@ai_1124at_)は
Ladyknowsというプロジェクトを立ち上げ、
女性のよりよい生き方/働き方を追求し
今を生きる女性たちをエンパワメントする
プロジェクト&ムーブメントを行っています。

 

⇒目指すのは「フェミニズムのあたらしい形」との事。

そして、牧野様には様々な例をあげていただきましたが、
中でも個人的に気になったのは渋谷や銀座のYAHOOの広告。

ビルの広告に東日本大震災の記事を載せたうえで、
大船渡市の津波の高さ16.7Mの所に赤い線を引き、
津波の高さを疑似体験させる広告。

この例を活かして、
当館でも実際に津波で浸水した1階・2階のフロアを
白を基調とした外観なので青色で塗ると
南三陸の津波の浸水域をもっと分かりやすく伝えられるかもしれません。

※写真はイメージでございます。

また、牧野様が「タピスタ」の為に考えた
選挙いったらタピスタ半額】というフレーズ。
(広告は著作権などが怖くて載せられないのが残念ですが…)

この企画の影響で、若い女性が投票に行ったという事も多かったとか…
(スイーツ好きの私的にも気になる企画でございます)

ブランドジャーナリズムは社会の文脈に乗るコミュニケーションであり、
うまくいけば、低コストでとても大きな効果を発揮する
(場合によっては、CMとかお金を使う広告よりも絶大な効果を発揮することも…)

そして、ブランドは意志をもち、
リスクを持って行動し、
それに賛同するファンが生まれます。

 

というわけで、
当館でも「ブランドジャーナリズム」の思考を取り入れた様々な取り組みを
今後行っていければと思います。

セッション(講座)の内容を上手くまとめられたのか少し不安なマッキーなのでした。

1日目後半の部に続く…

 

゚*。☆ いいね! フォロー お待ちしてます♪ ☆。*゚
あああ

宜しくお願い致します
\(^o^)/

 

 

「#BuzzCamp南三陸」~南三陸から発信!!(1日目・前半)~ への1件のコメント

微信

大家好! 我是惠.

皆さん、こんにちは!恵です。

6月23日,24日『BuzzCamp南三陸2018』研討會,今年我們迎來第二次的召開,我也有幸參加了本次研討會就『如何做好網絡販賣和宣傳』的講座.milieu編集長,塩谷舞さん的講座有感,因為在本次的講座中有提到中國的微信,所以在這里向大家簡單介紹下中國的SNS微信.
6/23・24に行われた『BuzzCamp南三陸2018』今年で2回目を迎えました!セミナーでは「ネットで販売&宣伝ができるようになる講座」に参加しました。milieu編集長,塩谷舞さんによるSNS講座で、中国で流行っているSNS「wechat」を紹介していたので、「wechat」についてご紹介いたます。

就中國的SNS而言,也就是有8,9億人正在使用的微信,可以使用搜索附進的朋友等功能來認識新的朋友.
中国のSNSと言えば、現在微信(wechat)8.9億人が使っています。近所で出会える!

微信有很多有趣的功能,在這里簡單的說明幾點
中国の人気SNS微信(WECHAT)は沢山の機能あるので、面白い使い方をまとめ何点か紹介します。

1,免費視頻通話,免費音聲通話等.
1:無料動画通話、音声通話とWALKIE TALKIE機能

微信不僅僅是發發短信,還可以國際通話,不僅是中國,還可以全世界的各個國家進行通話.
WeChatはメッセンジャー機能だけでなく、中国との国際通話やテレビ電話が無料でできます。もちろん、中国だけでなく世界中どこでもWeChatで通話ができますよ。

2,微信運動功能.
2:WE RUN(微信運動)の使い方

開啟微信運動功能,可以當作步數計來使用,可以和微信里的好友進行排名比賽哦.
ジョギングアプリとして、また歩数計としても使えるほか、友人と競争してランキングもできます。

3,中國在年末年初經常使用的幾能.
3:中国の年末年始によく使われる機能です。

可以通過微信錢包功能,自由轉入,轉出等.
お年玉を配ることもできます。wechatウォレットに残高があるのが前提ですが、入ってなければ、幾つか受け取ってから使いましょう。

4,現在,微信除了中國簡體字外,還有英文,日文,韓國語,印度尼西亞語,還有歐洲類語言的西班牙語,意大利語等15國語言.
現在、微信(WeChat)は中国簡体字の他、英語、日本語、繁体字、韓国語、インドネシア語の他、ヨーロッパ系言語のスペイン語、イタリア語、ポルトガル語など含め合計15ヶ国語をサポートしています。

簡單的介紹,大家有興趣的話可以試用一下喔.
簡単な紹介ですが、興味がある方は是非使って見てください。

コメントを残す on 微信

クリエイターの力が南三陸を変える!?#BuzzCamp南三陸 2018♪

皆様こんにちは、マッキ―です(^o^)
今回は、今年で2回目を迎える!
6/23・24に行われた#BuzzCamp南三陸 2018の1日目の模様を紹介!

そもそも#BuzzCampとは、
milieu編集長の塩谷舞様(@ciotan)と南三陸ホテル観洋の協力による1泊2日のキャンプ(宿泊学習)です。
(大人の修学旅行みたいなものやで~)

クリエイターやブロガー等に声を掛け、
約50名の方々を当館に招いて、
南三陸・気仙沼の沿岸部の抱える観光問題等を、
情報発信や斬新なアイディアで解決しようという取組みです。

ちなみに、詳しい経緯や去年の内容はこちらをチェック♪

まず、一行は当館に到着して、
名物の「南三陸キラキラうに丼」を食べた後、

当館の語り部バスに乗車して頂いて、
高野会館の中を視察。

今回が初めての方には、津波による被害の甚大さを伝え、
今年が2回目となる参加者の方々には、
去年の夏に南三陸町内でオープンしたスーパーが出来たり、
道路が変わった等、新たな発見に満ち溢れた内容になったかと思います。

トークイベント

 

講師に
株式会社MACHA CEOの青木優様(@yuuu_a)
L&G GLOBAL BUSINESS,Inc取締役の龍崎翔子様(@shokoryuzaki)
おむすびスタンドANDONの武田昌大様(@TORAO_P)を迎え、
トークイベントを開催♪

今回は、講師の方々には大変申し訳ございませんが、簡単にご紹介します。

まずは、武田昌大様が手掛けるのは、「SHARE VILLAGE
秋田県五城目町に位置する築135年の茅葺古民家を
利用した会員制古民家民宿◎
(香川県の仁尾にも第二の村がございます)

・年貢を納めて村民にというのが特徴。
ちなみに、料金によって差別化が行われます。
(この流れで言うと、南三陸なら釣りをして、魚を納めて町民にみたいな感じかな…)

その中の催しがユニークで、
村民同士の飲み会「寄合」、年1回のフェス「一揆」等
本当にユニークなのと、
皆で茅を集めて、古民家を大切に残していこうというのが狙いです。

続いて、龍崎翔子様は数々のホテルを手掛けるプロデューサー!

弁天町にある「HOTEL・SHE
こちらは、PRの仕方が斬新♪
工事中のイメージ写真を撮りまくったり、
ホテルには一見無さそうな、レコードが使えたり、
(珈琲とか紅茶でも飲みながら聞いてみたいなあ~)
また、誕生日プランでは部屋をインスタ映えさせたり等…

一方、湯河原にある「THE RYOKAN TOKYO YUGAWARA」では、
龍崎様曰く、文豪&不倫旅行に訪れたりするイメージ◎
こちらでは、温泉で卒論を篭って執筆しようという卒論執筆パックがございます。
(ちなみに、無料で進捗確認を行ってくれます)

そして、青木優様からはインバウンド事情をお話いただきました。

実は、日本での旅の仕方にも国によって違い、
・日本リピーターが多い台湾。
・短期・少し体験みたいな感覚で来日する韓国。
・2~3週間の比較的長期の滞在で、ホテル等その場で行動を決めるアメリカ。

国民性とも言えるであろう、差があることを教わりました。
(これは、当館のプランの参考になるかも!?)

◎それに人々が旅行に行く際は、
やはり口コミが重要で、およそ95%の人が誰かが行ったから行くという事も教わりました。
(あ~、その気持ち分かるかも…)

セミナー後は、南三陸をテーマにアイデアソンが行われました。

今回も、絶対に私達には思いつかないような、
当館をはじめとした南三陸の街全体が盛り上がるようなアイデアの数々が(*^_^*)
どうせなら全部紹介したかったので、
今回のBuzzcampで書記の如く、twitterにまとめて頂いた
メモちゃん様(@kobaka7_memo)の内容を引用させていただきました。
<このような形で活用させて頂きました、本当にありがとうございます(^o^)>

でんでんこおにごっこ(チームでんでんこ)
・毎年3.11に開催する避難訓練イベント。元旦の年男的なノリ。
・散り散りのフラグを取るゲームででんでんこ(1人で逃げる)の精神を身につける。
・キラキラを身に付けたナイトランでドローンを飛ばして避難経路をインスタ映えさせる。

「モバイルハウス」(インドア寄りのアウトドアチーム)
・空き地がたくさんあって見晴らしがいいので景色を楽しむ。
・インフラがないぶん南三陸を楽しむ余白がある。
・結果的にエネルギーについて考えるきっかけになる。

南三陸夜市(欲望に忠実チーム)
・ホテル観洋でやる
・町人Aな気分になれる
・東京でおかわりオプションができる

第六感コン(チームおなかすいた)
・南三陸の暗さに注目。街が開発されてるので、今が最も暗いはず。
・視覚味覚嗅覚聴覚を使ってマッチングする。
・何度も参加することで街が明るくなってる事が実感できる。

インフィニティ温泉(チームうちは本業やし?)
・まずホテル観洋最高だからホテル観洋に行こう。
・写真が載せられない問題をジェンダーレス温泉にして解決。水着で混浴。
・飲めたりDJブースとかある。

観光大使2.0(チームモアイ)
・友達いないとその場所行かないよね。
・南三陸から観光大使を都会に派遣する。
・公のお金で都心で飲んで来る!そこで友達を作ってその人を呼ぶ。

光の堤防(海えもん)
・海は南三陸が誇る絵映えするもの。
・堤防に光のキューブを並べると綺麗!
・海に浮かべるなど展開も可能。

竜宮町(KANRAKU)
・街を竜宮化する。
・ホテル観洋の皆さんが頭に被り物をする。レアなやつはインスタ映え。
・ハロウィン的なイベント、玉手箱、亀のセグウェイ、ドローンフィッシング、相席バー、逆玉手箱など!

南三陸語り部(ヒゲメガネ漢)
・何を言うかより誰が言うか→「誰」を作るべき=語り部を作ろう。
・訪れた人を部員にして部員証を配る、部室。新歓と称して、さらに部費を納めるとウニなど貰える。
・語り部システムは長野や大阪などにも応用。語り部甲子園。

千年桜(千年桜)
・千年先まで伝承する。1000年続く風景作りをする。
・3.11に桜を植えることができる。植えた人も手入れした人も誰もが語り部になる。
・そして3011年に一面の桜が見れる。

集めたアイデアは、
発表時に参加していたホテルスタッフが投票し順位を決め、
宴会時に上位チームへ豪華景品を贈呈!!

宴会も、盛り上がりましたよ♪

ウニ・ウニ・ウニ~ ウニの舟盛り!!

そして、地酒~

からの~ホヤ~

更に、カツオ!

こうして、宴会終了後も深夜2時位まで、
二次会で盛り上がっていたとか、いなかったとか…

東京をはじめ、大阪や遠くは福岡からお越しいただき、
また様々な情報をSNSを駆使して発信いただき、ありがとうございました(^○^)

今回の1日目の模様は、
このブログもぜひバズ(buzz)って欲しい、
と願うマッキ―がお届けいたしました(-_-)
明日(6/27)は2日目の様子を紹介いたします。

クリエイターの力が南三陸を変える!?#BuzzCamp南三陸 2018♪ への2件のコメント

きっかけは、3月11日でした。

2017年3月11日。
Webメディア「milieu」に公開された記事があります。

どうか怖がらないで、読んでほしい。南三陸で出会った強い女性たちのことば #東日本大震災から

この記事は4万人を超える人に読まれ、SNS上でたくさんシェアされました。

インターネットでシェアされる記事づくりを勉強できないでしょうか

当館阿部女将は、
ライターであり、milieuの編集長である塩谷舞様(@ciotan)へ、
そう依頼しました。

そして実現した、
塩谷様主催の#BuzzCamp@南三陸」

講師に
BBDO J WEST コンテンツプランナーの眞鍋海里様(@gattamanJP)
株式会社ブルーパドルCEOの佐藤ねじ様(@sato_nezi)
カンヌヤングライオンでゴールドを受賞したプランナーの梅田哲矢様(@umedatetsuya)
を迎え、7月1日と2日の2日間にわたって行われました。

1日目は、バズについてのセミナーや、
南三陸の活性化についての話し合い。
塩谷様の呼びかけで、50名近くの新進気鋭のクリエイターやプランナー、アーティスト等、
今注目されている方々が集まりました。

始めは、佐藤ねじ様による「バズの向こう側

「バズ」とは、SNS上で取り上げられて、
特定の話題に注目が集まり拡散していく状態のことです。

分かりやすく、漫画のキャラで例えて話してくださいました。

バズらせられる人には何かしらの能力があり、
その能力は必ず拡張することができるので、
何をそうさせるのかが重要であります。

続いては、眞鍋海里様の「はじめしゃちょーにできないこと

眞鍋様はあの話題になった「雪道コワイ」の動画を創った方です。
皆さん知ってますか…↑動画に飛ぶようリンク貼ってますけど苦手な方は気を付けてください…
めっちゃ怖いです…心臓止まるかと思った…てか一瞬止まった気がする…

メディアで取り上げられ、たくさんのPV数を獲得しています。

見てもらい、シェアされ、メディアに取り上げてもらうこと。
これが、バズの要素と条件です。

そして、広告クリエイターにとって大事なのは、
課題抽出と課題解決である「WORK」。
WORK & BUZZがはじめしゃちょーにできなくて、
広告クリエイターがやらなければならないことです。

課題解決や目的がその先に無ければ、拡散の意味が無いのではないか。

最後は、梅田哲矢様の「ダサくないバズ

そもそも、バズとは何かという話から始まりました。
400万年前の言語の発明、1455年の印刷の発明、1920年のラジオの発明、
1999年のインターネットの登場、2007年ソーシャルメディアの台頭で、
すべてのユーザーがメディア化し、
コンテンツそのものが発信力を持つようになりました。

「バズ=発信力を持ったコンテンツづくり」なのです。

ブランドをつくるバズは、逆算しすぎない。
企業の言いたいこと、ユーザーの見たいこと、
その2つが重なりあうところが大事で、
つまりは、ブランドの課題とみんなの課題を掛け合わせるアイデアを考えることです。

セミナー後は、南三陸をテーマにアイデアソンが行われました。

南三陸の現状を知り、バズについて学んだあとのアイデアソン
30分という短い時間ではありましたが、
集まった皆様が南三陸をどう盛り上げれば人が集まるのかについて話し合い、
考えをまとめてくださいました。

いくつかのグループに分かれ発表していただきましたが、
どのアイデアも魅力的!
ウニ推しのものや(ウニバーサルスタジオジャパンが個人的にツボ)
お祭りや、町民と一緒に盛り上がれるような面白い企画がたくさんありました。

集めたアイデアは、
発表時に参加していたホテルスタッフが投票し順位を決め、
宴会時に上位チームへ豪華景品を贈呈!!

宴会も、盛り上がりましたよ♪


ウニ・ウニウニ~
 ウニの舟盛りに大興奮!!

1日目の詳しい内容は、こちらに議事録としてまとまっています↓
https://togetter.com/li/1126153

翌日、2日目。
初日に参加していたクリエイターの方々は気仙沼方面へ観光に。
志津川湾観光船で遊覧しながらウミネコたちと戯れたり、

気仙沼で食事をしたり、街並みを見たり、

リアス・アーク美術館を見学したり、

楽しみながらも、勉強は欠かしません。

その間、塩谷様が講師として南三陸向けの
インターネット勉強会を開いてくださいました。

観光施設や小売店、
町内だけではなく近隣市町村、または岩手県からも参加者が集まり、
情報発信について学びました。

今回の#BuzzCamp@南三陸では、
クリエイターの方々に地域の魅力も含めて情報発信して頂けましたし、
現状の課題を発見してもらうと共に、アイデアのかけらを頂けました。

情報が溢れる時代、より一層、ただの話題性だけでなく、
何を狙いとした情報発信なのか、そんなことも考えたり、
それぞれの役割を改めて考える、感じる時間でもございました。

ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました!
これがきっとスタートで、次、そのまた次と、続いていくことを願います。

ドローンでも撮影して頂きました♪

そして#BuzzCamp@南三陸の1日目の様子が、
NHKのニュースで放送されました。

また、当日の様子や講話内容の実況などは、
参加した皆様が「#BuzzCamp」のタグをつけてたくさんツイートされています。
そちらも併せてぜひご覧くださいませ。

また土曜日にお会いしましょう!
むっちゃんでした(*^^)

掲載している写真は、当日参加いただいた、
飯本貴子様(@tako_i)、yansuKIM様(@yansukim)、他ホテルスタッフの撮影によるものです。

きっかけは、3月11日でした。 への4件のコメント