紅いお猿?

 

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

先週は、南三陸町では冬の使者コクガン

と並んで

冬に姿を見せる小鳥 ジョウビタキ♀

をご紹介しましたが、

今回は さらに 観洋近くに出没する冬鳥をもう一種。

 

観洋の近くの国道45号沿い、寒~い晴れた日には、

藪の中から フィッ フィッ、という鳴き声が聞こえてきます。

これが、その冬鳥 ベニマシコ。

 

ベニマシコは、その名の通り紅色をした体が特徴の冬鳥・漂鳥です。

この色の特徴はオスだけで、メスは目立たない茶色をしています。

大きさはスズメとほぼ同じ。

オスの冬羽は頭と背中・体の下の部分が淡い赤で、

頭頂部と頬・喉が淡いピンク色です。

背中には黒い縦斑。

 

名前の由来ですが、ベニマシコは漢字で、

ベニ「紅」、マシコ「猿子」と書きます。

「猿子」はサルの古い呼び方で、ベニマシコは羽の色が赤く、

顔がサルに似ていることからつけられたと考えられています。

ね? 言われてみれば 確かに猿のような顔してますよねぇ!

ベニマシコは雑食で

繁殖期は地上や樹の上で昆虫を捕えて食べるそうですが、

秋から冬にかけてはイネ科やタデ科の草の実を食べたり、

セイタカアワダチソウなどの植物の実や種子を食べたりしています。

分布は、日本や中国・カザフスタン・北朝鮮・韓国・ロシア。

日本では夏鳥として北海道と下北半島の一部で繁殖。

本州以南へ移動して越冬します。

 

地鳴きは「ピッ、ピッ」とか「フィッ、フィッ」っていう

柔らかでやさしい声。

ベニマシコは、本州以南では冬に観察できる野鳥の中では人気の鳥です。

スズメよりも少し大きいサイズの小鳥ですが、

赤い体色がいいですね。

殊に、雪の中なら、雪の白とのコントラストが鮮やかできれいです。

 

コメントを残す on 紅いお猿?

可愛いかまぼこ達❤

みなさんこんにちは!こんばんは!売店のグリです!!(^◇^)

 

ここ数年、ありがたいことに海外のお客様のご利用が大変増えています!

言葉の通じないお客様との意思の疎通って難しいですよね。

 

私ッ!! 『 韓国語 』 の勉強を始めようかと本気で考えてます!!!

・・・

・・・・・・・・・まぁ某韓国のアイドルグループがきっかけですけどいいですよね(+o+)

誰か私に『 韓国語 』 教えてください!(笑)

 

さてさて、本日ご紹介させていただく商品はこちら!!!

南三陸町の老舗蒲鉾店、及善蒲鉾店さんの可愛いかまぼこ達です!!

及善蒲鉾店さんは通常の笹かまはもちろん、

最近では画像のような可愛らしい新商品を続々展開中なんです!

1:パンダ笹(5枚入り)600円税別

きちじを使用した笹かま。TV番組でお土産のチャンピオンに選ばれたことも!

2:たこちゅ~かま(5枚入り)600円税別

水産庁長官賞受賞!南三陸特産のタコたっぷりの揚げささかまです。

3:あげあげチーズ丸(5個入り)600円税別

国産チーズを包んで揚げた揚げかまぼこ。 おやつにおつまみに!

4:旅するかまぼこ(3枚入り)400円税別

・もぐもぐプレーン  ・すきすきチーズ  ・うまうま牛たんの3種

この笹かま何がすごいって常温保存可能なんです!!

普通笹かまは要冷商品なのですが新技術で常温でのお持ち帰りが実現!

売り場を見たお客さまも驚かれます(笑)

商品についてのお買い求め・お問い合わせは

電話:0226-46-2442 南三陸ホテル観洋 売店まで

 

~おわりに~

タイヤ交換無事終わりました!!!(笑)

そろそろ初雪ですかね~。今年もスノボに行こうかな(笑)!


★志津川名産タコしゃぶお試しあれ★⇒ツイッターフォローしてね♪
南三陸町にふるさと納税するなら⇒ふるさとチョイス

 

コメントを残す on 可愛いかまぼこ達❤

「宮城オルレ(올레)」って?

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

昨日の朝、コンクリートの急斜面を颯爽と駆け抜ける何かが…
最初は葉っぱか何かだと思ったのですが、尻尾がフワッとしていて
顔も見えたので「リス??!!!」と思わず声に出してしまいました。
冬支度の為のご飯さがしだったのでしょうか…
———————————————————————————————————–

さて、当館のFacebookをご覧頂いている方は、
もう知っているかもしれませんが、
10月7日に「宮城オルレ(올레)」がOPENしました!!
この日は、「気仙沼・唐桑」でのオープニングセレモニー♪
次の日、10月8日には「奥松島」コースがスタートとなりました。
初日は「各300名様限定」にて多くの方々が集まり、セレモニーに参加致されました!

———————————————————————————————————–
「でも…..「オルレ(올레)」ってなに??」
と言う方の為にご紹介させて頂きます!!↓

まず、「オルレ(올레)」と言うのは、
日本発祥ではなく、【韓国・済州島】から始まったもので
もともとは済州の言葉(方言)で、
「通りから家に通じる狭い路地」という意味です。
また、「トレッキングコース」として名づけられてから、
全国的に有名になりました。

「オルレ(올레)」の魅力は海岸線や山などの自然、
民家の路地などを身近に感じ、
自分なりにゆっくり楽しみながら歩くところにあり、
宮城の景色や土地の歴史など、
現場に行かないと分からない風景や料理などを直接感じる事ができます。

なので…日本発祥ではないですが、「オルレ(올레)」【宮城版】と言う事です!
(開催地については今後も増える予定…??)
————————————————————————————————————
現在、コースは【気仙沼・唐桑コース】と、【奥松島コース】がございます!

参加は受付を各施設にてされてから、自由に様々な場所へ向かうかたちとなります。
「歩きやすい靴」「動きやすい服(寒くない服装)」など、地元の方々が整備した場所や、
海岸沿いを歩くこともあります!
お店などで環境に適した服装をしっかり準備して、安全にお楽しみください♪

また、のリボンや、
旗にも載っている馬の形をした「カンセ」(馬の頭の方向が進行方向)
石に書いてある「矢印」を見ながら、コースを楽しみましょう!
詳細は各出発地点でご確認くださいませ♪

————————————————————————————————————
【気仙沼・唐桑コース】
(スタート地点とフィニッシュ地点が違います!)
コーステーマは「光り輝く海と緑の半島」

◆総距離 10Km
◆所要時間 約4時間~
◆難易度 中級~上級

出発地点(参加受付場所)は【唐桑半島 ビジターセンター】様です!

この看板の写真左下にあるのが「カンセ」と呼ばれ、
仔馬の形をしており、進行方向に頭が向いています。

なので、このまま進行方向に行くと…
この場所から「気仙沼・唐桑コース」がスタートになります!

また、コースの1つである【折石】の夕暮れ時の動画もございます。
ぜひご覧くださいませ。

【折石とは(パンフレットより引用)】
三陸復興国立公園の景勝地。
大海原にそびえる高さ16Mの大理石の石柱「折石」は、
1896年の大津波によって先端が折れたことから名付けられました。

そして、ゴールである「⑪半造」では…
季節によりますが、奇岩の間に咲く「ニッコウキスゲ」や「ハマギク」などを見る事ができます。

こちらまでの距離的には…当館の姉妹館「サンマリン気仙沼ホテル観洋」や、
「気仙沼プラザホテル」などからでございますと、

【約40分】で到着します♪
お部屋からは港の景色。浮遊浴が楽しめる温泉を満喫した後は、レッツトレッキング!!
————————————————————————————————————
もう1つは..
【奥松島コース】
(スタート地点とフィニッシュ地点が同じです!!ぐるっと歩きます。)

コーステーマは、
「縄文の古から続く、松島の原風景を肌で感じる風わたる青の国へ」

◇総距離 10km
◇所要時間 約4時間~
◇難易度 中級

出発地点(受付場所)は【セルコホームあおみな】様です!
当館から直接向かうと約120分です。
なので、ご宿泊者様限定無料仙台シャトルバス仙台まで向かった後でございますと、
約60分で向かう事ができますよ!

今からの時期は「カキ」が楽しめます!
トレッキングの後は旨味たっぷりの「カキ」を堪能してから…
帰路についてみてはいかがでしょうか?
———————————————————————————————————–

それぞれの受付場所には「駐車場」も完備されております。
しかし、数に限りがございますので事前にお問い合わせをされてから
向かう事をオススメ致します!(各施設様のURLよりとべます↑)

【お問い合わせ先】
■宮城県経済商工観光部観光課 様
(TEL 022-211-2895 FAX022-211-2829)
———————————————————————————————————–

南三陸ホテル観洋(미나미 산 리쿠 호텔 관 서양)
韓国版公式ご宿泊HPはこちら!】

【カキフェアーも大好評!
様々なご宿泊プランはこちらからどうぞ!↓】


★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で9周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

それでは今日はこの辺で!
カモシカやキツネ、タヌキも秋の味覚探し(ご飯さがし)をしているので
真似て、散策がてら山に行ってきます(^’^)

皆様も秋を感じに行ってみませんか?

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す on 「宮城オルレ(올레)」って?