屋上から見るお空は…まさに絶景!

こちらのブログをご覧いただき、誠にありがとうございます!!
皆さんこんにちは。
台湾からのインターンシップ生、羅羽君(ら うくん)と申します。

很榮幸大家點開這個頁面。
我叫羅羽君。是來自台灣的實習生。

私が皆さんに紹介したいのは観洋の景色です。
ホテル観洋に来てから、南三陸の景色に感動されたことが何度もありました。
まずは屋上からの朝日です!!

我想向大家介紹的是南三陸這裡美麗且動人的風景。
自從來到這裡實習後,我就被這裡美不勝收的風景震懾了不下無數次。
首先從一天的日出開始。

すっごい綺麗ですよね〜♪
朝から元気をいっぱいいただきました。

是不是很美呀~♪
一大早就能獲得得滿滿的能量。

もちろん曇りの日もございますが、
それでもまた違う雰囲気が味わえると思います。

當然也不是天天都是大晴天,卻也能從中體會到只屬於陰天的獨特氛圍。

そして、ここでしか見れない景色はこの満天の星空です。
ここの空気はとても綺麗なので、星がはっきり見えるんです!
ほら!写真だけでこんなに映るんですよ〜✨
肉眼で見た瞬間、感動しすぎて、言葉も出ませんでした。
たまに流れ星を見ることもあります!!

最後就是想和各位分享這裡的滿天星!
在這空氣清澈又沒有光害的鄉下裡才能一窺這數不勝數的繁星。
從相機就能看出這漫天星星,何況是用肉眼看,那感動的可是說不出話來!
運氣好還能夠見到流星劃破天際呢!!

言葉や写真でしかお伝えすることができませんが、
ぜひ皆さんの自分の目でみて欲しいです!
いつでも南三陸ホテル観洋で、お待ちしております〜(⁎⁍̴̛ᴗ⁍̴̛⁎)

雖然只能用文字和照片來和大家分享我的感動,還是希望有朝一日你們能夠親眼來欣賞這些美景。
南三陸hotel観洋,一直等著你們的到來呦~(⁎⁍̴̛ᴗ⁍̴̛⁎)

以上の写真は全部南三陸ホテル観洋の屋上で撮らせていただきました。
10階 屋上「汐風の空」
【開放時間】4:00~22:00

コメントを残す on 屋上から見るお空は…まさに絶景!

美しき黒羽根にかわいい顔

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

一大ブームを巻き起こした 鬼滅の刃。

きっと、私たち日本人の心に共感を呼ぶ「言葉」の数々が、

文字通り 魂を揺り動かしたのではないのか、

などと勝手に考察している にわかファンではあります。

 

柱はじめ鬼殺隊隊員間の伝達役を務めているのが

言葉を操る 鎹烏(かすがいがらす)たち。

ストーリーの中でも

それぞれに個性の強い

愉快なキャラクターとして登場してきますが、

カラスと言うと、どうも「不吉」だとか

ゴミ袋を食い散らかす「害鳥」だとか、

マイナスなイメージが先行しがちな存在です。

実際のところ、目がどこにあるのかわからない黒一色の姿には、

いかばかりか ”こわい” 印象も覚えたりしますが、

よくよく接近して観察してみれば、こんな顔。

つぶらな瞳で こんなに かわいい顔をしているのです。

首をかしげたくらいにして

子供のように どこか愛くるしさも感じさせます。

 

それに、何より羽の色♪ 見て下さい。艶っつや!!

紫に あるいは青や緑っぽく 光って見える部分があるのです。

実にきれい♪

 

こうした艶のある黒色のことを「濡羽色(ぬればいろ)」、

あるいは「濡烏(ぬれがらす)」というそうで、

黒く艶やかな女性の髪の毛を形容表現する

万葉集の時代から用いられてきた言葉なのだとか。

 

そういえば、

女性の美しい黒髪を「”緑”の髪」とも 言いましたものねぇ。

こうした輝きを表現していたものだったのですね

 

ご紹介している写真の個体は、

鬼滅の刃に登場する鎹烏(かすがいがらす)と同じと思しき

“ハシボソガラス”。

ご存知の通り、カラスはとても賢い鳥で、

木の実を路面に置いて 通行する車に踏ませ

硬い殻を割って食べるというのも 広く認知されている行動ですが、

一説によれば、野鳥の中でも体の大きさの割にとりわけ大きな脳には、

小学生低学年程度の知能が詰まっているとのこと。

今は昔の話になりますが、幼いころ、

近所のお兄さんがカラスを飼って

言葉を覚えさせていたのを思い出しました。

カ・・カラスが・・・しゃ・・喋る?????

当時、幼心にも それはそれは かなり驚いたのを覚えています。

実は 言葉を覚えるのも「保身」のため

言葉を覚えれば→ 〇飼い主がよろこび→ ◎餌がもらえる

そうした感覚が保身本能として働いて 言葉を覚えるのだそうです。

 

カラスは 決して不吉だとか怖いという鳥などではなく、

輝く羽を持った賢い鳥で、

その「顔」も とても”かわいい”。

 

どこにでもいる鳥でも、細かく観察して調べてみると

思わぬ発見があり 面白いもの♪

これも、野鳥観察のだいご味です。

 

追伸:

こちらも黒い鳥ですが、

いつもの港のコクガンたち まだ居ます。

28日に 語り部バスでお客様をご案内した際、

午前11時前のことですが 数羽を確認できました。

 

コメントを残す on 美しき黒羽根にかわいい顔

もう?

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

「最近 いるみたいですね」

というのは、ティーラウンジの女性スタッフの言葉。

 

今年 二羽のヒナが巣立った 観洋眼下の岩場。

見下ろしてみれば、二羽のカモメ。初めはツガイかと思い、

「えっ?来春の繁殖に向けて、

年の明ける前からもう陣取りが始まってるの?」と

思ってしまいました。

よくよく双眼鏡をのぞき込んでみると、

首のあたりには灰色の斑点があって、

まだ成鳥になり切っていない個体のようです。

一方が餌を運んで来て一緒に食べたり、

うずくまっていたり・・・

時々三羽が集結することも・・・。

三羽とも首に斑点・・・。

羽数が毎年の産卵数に符合しますから、

ひょっとすると彼らは

以前ここで孵って立派に成長を遂げたヒナたちで

懐かしい「我が家」へ帰って来たのかも知れません。

ヒナから成鳥の羽に生え代わるのに4~5年かかると聞きますから

だとしたら、実に久方振りの「帰巣」ということになります。

あくまで、個人的な考察ですが・・・。

 

はたまた、この三羽の行動が

この岩場での来春の繁殖に繋がるものなのか

全くもって 定かではありません。

暫く、様子を観てみることにいたします。

 

さて、志津川湾のコクガン、

この22日の飛来数調査で、湾内全域で 406羽が確認されました。

志津川湾は、ロシア北極圏から飛来するコクガンの重要な越冬地。

昨年と同じ時期に比べ その数は 87羽多く、

400羽超えは2016年度の調査開始以来、初めてだそうです。

調査にあたった

南三陸ネイチャーセンター友の会の鈴木卓也会長は

「日本に渡ってくる鳥が順調に増えているのは、

東日本大震災後、海の『アマモ場』が復活したことが

一つの要因かもしれない」とコメントしています。

コクガンはその「アマモ」が大好物♪ アマモはとても栄養豊富な海草で

彼らは、四六時中食べ続けながら越冬しています。

実際「彼ら」の様子を観ていると、

アマモを摂るのに 苦労はしていないようです(笑)。「自力」のほか、

こんなふうに・・・

あるいは こんな風に・・・

オオバンに「労働寄生」という名の『横取り』もしつつ、

元気いっぱいに越冬中です。

当館で運行している

「震災の記憶を風化させないための語り部バス」は、

午前8時45分発と10時15分発の2便。

10時15分便でBluebirderがご案内する際には

コクガンも お客様にご覧いただいています。

国の天然記念物にして絶滅危惧種、

「コクガン観察ツアー」も 別途 敢行出来ますので、

お気軽にフロントにお申し付けください。

とは言え、コロナ禍、観洋にお越し頂けなくなったお客様は

ご案内も出来なくてBluebirderとしても残念な訳ですが、

ただ、こんな状況下でも

『観洋の味覚』を堪能していただくことは可能です。

えっ?どうやって?

ハイ、そ・れ・は・・・・・

昨日販売が始まった『みやぎご馳走セット』

三陸産のあわびやホタテ、いくら、ホヤ、志津川産の真だこに銀鮭など

三陸の美味しいものを通信販売でお届け出来ます。

☆南三陸復興ストア

☆FAXでのお申込

皆さんの舌鼓で コロナ禍の地域経済が元気になります♪

 

コメントを残す on もう?

53羽♪

 

「今朝、53羽確認しましたよ!」

その言葉に、思わず心躍りました。

この20日、南三陸海のビジターセンターでのことです。

 

いよいよ、コクガン飛来もピーク目前のようです。

~~~~~~~

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

13日朝、対岸の港には

気嵐(けあらし)が立ち上りました。

白い蒸気に朝日が絡んで 淡い朱鷺色がきれいです。

 

19日夜には、

爪痕のように 細い月。

手持ちのスマホ撮影でしたから こんな写真ですみませんが

木星とランデブーする細い月は、素敵な天体ショーでした。

 

震災復興祈念公園では  

こんな幻想的な景色も 演出してくれたのがこの日の月でした。

 

気嵐は 冬の季語。

細い月は その形に 冬の寒さを印象付けられます。

 

こうして徐々に冬の色が濃くなる絶景の志津川湾で、

まさにピークを迎えようとしているのが

コクガンの飛来です。

20日は朝から雨でしたが、

コクガンの様子を観に出かけたタイミングには

束の間でしたが 雨雲が切れ、

青空が明るい光を届けてくれました。

相変わらず、オオバンを追い立ててはアマモを奪う コクガン。

それでも 傍に居るのが オオバンです。

海のビジターセンターによれば、

コクガンは家族単位で行動するらしく

この港内では、どうやらツガイで連れだって行動しているようです。

港では、4ツガイを確認しましたが、

まだ、この程度の数しか来ていないのかと

正直、物足りなさを感じていました。

観洋に戻る途中 53羽のコクガン情報を耳にしたのが、

海のビジターセンターでした。

 

「今朝 53羽を確認」の言葉に

思わず「それは凄い!」と叫んでしまっていました。

そんなBluebirderに、スタッフの方は 親切にも

二階の展望デッキにスコープを持ち出して

のぞかせてくれました。

 

すると・・・、居るいる! 居ますいます!!

小さくてわかりづらいのですが、

ちょうど、センターから 観洋を望む 海域にある小さな島、

その島の手前、養殖用の浮きのある辺りに

点々と散らばり 泳ぎ回るコクガンたちの姿が観えました。

ほら、この通り♪ とは言っても

やっぱり確認しにくい大きさ・・・

 

先週は小春日和が続いて、

一時的に 気温が上がった日もありましたが、

今週は 再び 気温が平年並みに戻るとのこと。

寒さに乗じて、恐らくコクガンの飛来にも

拍車がかかることでしょう。

~~~~~~~

ところでこの日は、

今季初めて コクガンが岸壁に近付いてきてくれました。

まだ、比較的若い個体なのでしょうか。

野生の動物たちは、

若い内は どうやら「好奇心」の方が「警戒心」を上回るようで、

そこに居る人間が何をしているのかを

知りたげに 近づいて来るようです。

このコクガンも きっとそんなところ・・・

 

いろんな表情を見せてくれました。

 

コメントを残す on 53羽♪

今年も

「これ、持ってきたから お願いね♪」

そんな、言葉が聞こえてきそうな このシーン。

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

去年、三羽のヒナが孵った 観洋眼下の岩の上で、

また オオセグロカモメのツガイが 営巣を始めました。

巣の中に 卵はまだありませんが ↓

巣材を運んできては、巣の中のもう一羽に渡す。

そんなことを 繰り返しています。

 

カモメが クチバシからクチバシ、

言わば マウス トゥー マウスで巣材を受け渡す様子は

初めて見ました。

カワセミなどでも、

餌渡しするのはオスの求愛の行動だとされていますが、

このシーンは 二羽の仲睦まじさを うかがわせています。

しばらくすると、上からカメラを向けられていることを煙たがってか

先に一羽が 巣から離れた岩の上に移動。

ややあって巣を飛び立ったもう一羽が 同じ岩の上へ・・・

ここでは、どうやら 求愛給餌をしたようで

やはり、仲の良さが伝わってきます。

 

去年、3個の卵を孵したツガイとヒナが こちら!

 

営巣を始めたのは、

去年繁殖に成功した二羽とは別のカップルのようですが、

今年も、無事 産卵して かわいいヒナが誕生してくれることを

願うばかりです。

今年も への1件のコメント