のたりのたりかな

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

“春の海 終日(ひねもす)のたりのたりかな”

ふと、そんな句が 思い浮かんだ 2日午前の観洋屋上です。

気温は優に20度を上回り、初夏らしい陽気に汗ばむほど。

当日のブログでは、むっちゃんも屋上からの景色を紹介していましたね。

うっすらと霞がかかった眺めは、ぼんやり のんびりしていて

心なごみ、しばらくその場に佇んでいたくなりました。

 

「空はうららかに晴れ渡り、

春の海には波がゆるやかにうねりを描いて、

一日中のたりのたりと寄せては返している」

と、与謝蕪村が 生まれ故郷 京都 丹後半島にある

与謝野町の海の姿を詠んだ句は、

ゆったりと優しく穏やかな 春の海の情景を絶妙に表現していて

この季節の海辺の印象そのもの。

観洋周辺は、山の緑がますます風に薫ります。

 

そんな春の穏やかな光景とは裏腹なのが、昨今の情勢・・・。

閉口してしまいます。

非常事態宣言による休業要請や「不要不急の外出自粛」で

社会経済活動はすっかり停滞。

「あの」ゴールデンウイークの賑わいは、どこへやら・・・

 

それでも Life goes on・・・

いよいよ膨らんできた 西洋シャクナゲのつぼみです。

観洋の正面玄関前の樹には、たくさんのつぼみ。

花の時期は 4月から6月の初めということですが、

この樹の花はこれから。

例年 5月中旬には、花いっぱいになります。こんな風に♪ ↓

こうして花咲くころには、

コロナウィルス禍が多少なりとも収まってくれること。

そして 一日も早く収束し、

各地で明るい賑わいが戻ることを願うばかりです。

 

P.S.

夕食会場での岩手からのお客様とのやり取り~~~~~

Bluebirder:「岩手はコロナ患者が出ていませんねぇ?」

お客様:「沿岸部は大丈夫なのでは?」

Bluebirder:「はぁ・・・(?)」

お客様:「冷暖房完備で一年を通じ人にとって快適な環境は、

ウイルスにとっても同じこと」

「都会や豪華客船もその典型的な生活環境」

「四季の恩恵がより深く自然が豊かな環境の中では

ウイルスも はびこりにくいのでは?」

「岩手然り、南三陸然り・・・」

Bluebirder:「人口密度の大きさの他に

そういう傾向もあるのかもしれませんね」

 

☆☆☆因みに、除菌効果のあるオゾンは、

晴天時の「森林」や「海辺」で その濃度が

家庭レベルで除菌が期待できる

0.05ppm以上になることもあるそうです。

南三陸町も 今の所コロナ患者は無く、

森林と海辺の環境にも守られている そんな気もします。

 

コメントを残す on のたりのたりかな

春だから 春なのに

 

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

春、ですね。

4月5日、午前中は小雨が降っていた 日曜日の午後。

空は曇っていて残念な画ですが、

観洋の桜は ちらほら花が開き始めました。

春 ですね。

 

ところで、前日の4月4日は 春うらら。

 

町内の海辺では、こんな光景も。

 

地元での 本格的なお花見は もう少し先ですが

暖かな日差しの中、海を眺めながらのピクニックでしょうか。

気持ちよさそう♪

春ですね。

 

そんな、浜辺から 程近い港では

あれ?大丈夫なのかな、と 心配してしまう光景が・・・

「渡り鳥」の筈のコクガンたちが、まだ 居るのです。

春 なのに、です。

 

船揚げ場に・・・

漁船の近くに・・・

ざっと見渡して 5羽を確認しました。

春なのに、未だ 北へ向かわないコクガンたち。

暖かくなって来ているのに

このまま北へ渡らずにいて 果たして大丈夫なものか?

渡りを忘れるほど この港が居心地良いということなのか?

ひょっとしたら 渡らずに ここに居つくつもりなのか?

さりとて、夏場の暑さに耐えられるか?と

コクガンの気持ちなど 知る由もないのに

あれこれと 気を揉んでいる今日このごろでございます。

コメントを残す on 春だから 春なのに

日の出フォトグラファー

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

一雨ごとに寒くなり

各地から霜や氷、雪の便りが届く頃

いかがお過ごしでしょう?

正面玄関前のお出迎えも、日暮れ時には

いよいよ 寒さが増してきています。

 

さて、南三陸ホテル観洋から眺める志津川湾の日の出の景色がきれいなことは、

お泊りになって、ご覧になられた方なら みなさんご存知ですね。

南三陸ホテル観洋には、

そんな 志津川湾の日の出専門に撮り続けている

フォトグラファーが居ます。

Bluebirderも、朝 寮の窓の外が白み始め、

空がうっすらと朝日色に染まるのがわかると、

「ああ、きれいな日の出が見られそうだなぁ・・・

撮影したらきっといいシーンが撮れるなぁ・・・」と思う・・・。

思いはするものの、

撮るには寮の奥にあるベランダに出なければならない・・・。

なので、つい 寒いからと布団から出ない・・・。

出ないで、二度寝してしまうのです(失笑)。

そんなぐうたらなBluebirderとは 違い、

晴天の朝、シャキッとカメラを向けているのが

当館のナイトフロントスタッフなのです。

その内の一人が Hさん

この6日と9日にも 撮ってくれました。

今回冒頭からご紹介している写真が 彼の「作品」です。

赤い というより、金色(こんじき)の 日の出です。

Hさん、ナイスショット♪!!!  おつとめ ご苦労さまです!

 

それにしても、わずか3日の差で

こんなにも日の出の位置が変わるんですね。

↑ こちらが 6日、

↑ こちらが 9日です。

 

こうした情景を、お泊りのみなさまは

露天風呂やお部屋から眺めていらっしゃるのです。

ブログをご覧のみなさんも、

是非、観洋の天然温泉から

志津川湾の日の出と絶景を楽しみにいらっしゃいませ!

 

まずは入浴だけでも、という方には

日帰り入浴をフロントカウンターで承っています。

毎日 AM11:00~PM3:00 最終受付PM2:00にて。

 

また お食事付きで入浴を楽しめる

お手軽な日帰りプランは 4400円からご用意できます。

観洋のタオルを お付けして。

岩風呂の温泉に浸かって 志津川湾の絶景をどうぞ!

コメントを残す on 日の出フォトグラファー

青い海 青い空

8日ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

台風や強い低気圧のただ中では

こんな景色の志津川湾ですが、

通り過ぎた後は この通り♪

気持ちよく すがすがしい景色が広がります。

気分は最高~♪  気持ちが 軽やかになりますね。

ここは、観洋から車で15分弱の サンオーレ袖浜。

震災後、七年ぶりに復活して三年目。南三陸町の海水浴場です。

この夏も、大勢の海水浴客で賑わいました。↑

きっと 素敵な思い出も それぞれに・・・。

サンオーレ袖浜(そではま)に面して志津川湾に浮かぶ こちらは、

町内で唯一歩いて渡れる島「荒島」。

ご覧のように、今まさに ゆっくりと紅葉が始まっています。

 

海辺の美しい景色は、

とにかく 海と空の「青」が目に鮮やかで 心癒されます。

 

海と空が青いのは ごくごく当たり前のことですが、

では、なぜ 海は青く見えるのでしょう?

それは、海(水)が青い波長の光を反射しやすいから



海に入った光の一部は 海に吸収され、一部が反射されている状態です。

実は、水は青や緑の光を吸収せずに反射。それで、く見えるのです。

 

では、空はなぜ青く見えるのでしょう。

空が青く見えるのは・・・・・

太陽の光の内 波長の短い 青い光が空気中の分子やほこり、水滴などに

次々とぶつかって 色々な方向に跳ね返るのが原因。

これを、「光の散乱現象」といいます。

その結果、青い光が地上に到達するのが赤い光より遅れることになり、

空には 満ちあふれた状態になるために 青く見えるのだそうです。


 

海の青と 空の青、どちらも、太陽の光によって生じる美しい現象です。

Thank you for the Sunshine ♪

その恩恵は 分け隔てなく。

 

 

 

コメントを残す on 青い海 青い空

観光船

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

9月に入り、日中はまだ暑さが残っていますが、朝夕は涼しくなりましたね。

 

さて、澄み切った空の下、観光船でクルージングなど いかがでしょう?

送迎バスが出発するのは、仙台駅直行のシャトルバスが観洋を出た後のこと。

毎日 午前10時15分。

一路 船着き場へ・・・

志津川港到着は、およそ10分後。

接岸しているホテル観洋の観光船、第三はまゆりに乗船いただきます。

出港は 10時半。

一時間弱のクルージングが始まります。

第三はまゆりは、津波で失われた二隻の観光船

第一はまゆりと第二はまゆりに次いで

震災後 新造船として復活した観光船です。

リアス式海岸特有の荒々しい岬や島々の景色を眺めながらウミネコと遊べて、

のんびりと南三陸 志津川湾の海を楽しめる♪ 船なのです。

ウミネコと遊べる時間が とにかく楽しい こちらの観光船。

 

餌のかっぱえびせんは、船上で販売しています。

持ち込みもOK!

 

えびせんを指先に持って外に向かって差し出すと

ウミネコが飛んできて パクリ!

上手に放り上げれば、空中でキャッチしてくれますし、

海に落としても、着水して 食べてくれます。

 

こんなシーンも・・・

 

とにかく 寄ってくるウミネコの数が半端じゃない。

手の届くすぐ目の前を 群れて飛ぶ白い翼の迫力には圧倒されてしまいます。

 

舵を取るのは、阿部船長。

ヘッドセットのマイクを通じて、船内アナウンス。

南三陸町の歴史・文化から、地質、魚竜などの化石、自然、漁業に加え、

ウミネコやカモメのことなど あれこれ教えてくれる語り部ガイドでもあります

野鳥のことも詳しい船長さんです♪

 

さてさて観洋を背景に、目の前に浮いている浮きは何かわかりますか?

この浮きで、カキを養殖しています。

それぞれの浮きから カキの種を付けた綱を海中に垂らして育てます。

 

観光船は 途中、別の海域で浮きの傍に寄ってくれます。

その際に どんな風に養殖されているのかを観ることが出来ます。

海中に 白っぽく見えるがホタテの貝殻。

ホタテの養殖じゃぁ ありません。 カキの養殖!!

カキって、ホタテの貝殻に種を付けて 養殖するんです。

 

また、ホヤは、カキの殻に種を付けて、

ホタテは、洗濯ネットのような袋に種を入れて 養殖するんですって。

そんな話も教えてくれるのが、阿部船長です。

こちらは、ギンザケ養殖用の生け簀。

 

手前右手の島は「椿島」って言いますが、その向こうに見える岬が

雷(いかづち)伝説の「神割崎」。

 

志津川湾内の岬。海面に近い部分の「えぐれ」は、津波の傷跡。

 

町内で唯一 歩いて渡れる島 荒島(あれしま)には、

南方系の植物タブノキが植生しています。ここは北限の地。

沖合には親潮と黒潮の混ざり合う海域があって、

暖かい黒潮の影響を受けてのことでしょうか。

 

とにかく、あれこれ 細かいことは抜きにしても、空と海の青、潮風、

島々の鮮やかな緑、さらにウミネコとの触れ合いが、

掛け値なしに 私たちの心を癒してくれます。

 

南三陸ホテル観洋の目の前を遊覧する志津川湾観光船、

料金は、大人一人1100円 子ども550円で 一時間弱の船の旅

前日の 20時までに 観洋のフロントにお申し込みください。

外来の方もどうぞ!!! 代表電話 0226-46-2442 まで♪

尚、この観光船、10月からは、消費税増税の関係で

料金は 大人1200円、子ども600円に改定になります。

乗船すれば、ちょいと南三陸通になれて、気分も心もリフレッシュ。

ご予約・ご利用 お待ちしております。

 

コメントを残す on 観光船