研修旅行1班-土湯温泉 山水荘様と2日目-

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)
今年も私の地域ではお祭りが開催されました!
私は「ネギま」を作るべく、朝から下準備…
「味付けがちょうどいい」と地域の方から、
褒められました!!
(材料を串に刺しただけ…)

さて、今回は前回の研修旅行1日目に続き、
ご宿泊をさせて頂いたお宿様のご紹介です。

前回のブログも合わせてご覧くださいませ!
「研修旅行-1日目-」

今回、私達がご宿泊をさせて頂いたのは、
福島県にございます、「土湯温泉 山水荘(さんすいそう)様」

今の時期は雪化粧が素敵な場所でございます。
(山水荘様の周りの雪景色)

私達が山水荘様に到着したのは日が暮れた夕方。
正面玄関では、山水荘の女将さんと山水荘のスタッフ様方、
阿部女将にお出迎えをして頂きました!

ツーショットを撮影させていただきました。

ロビーに入ると、可愛いこけしがお出迎えをしてくれます。
この場所以外にもこけしは各場所に展示されていて、
通常のこけしとは形などが違っていたので夢中で拝見させて頂きました。
(ロビーにて撮影)

小さくても着物を着ていたりと、素敵な印象をうけます。
(夕食会場前にて撮影)
こちらのこけしは、中にダルマや違う形の可愛いこけしが並んでいます。
丁度良いサイズ感のものが並んでいるのでどこから見ても綺麗でした!

そして、スタッフ全員が、館内の説明を受けるために集まった、
このロビー。

実は、夜になると「クラブ」仕様になります!
(上記、写真の左側にミラーボールや照明があります。)
この場所が2つの役割をすることに一同、驚きと感心を得ました。

また、山水荘様では様々な場所で「日本庭園」を見る事ができます。
(こちらはロビーより撮影)

今は雪が積もっていて真っ白な雪化粧をしていますが、池には鯉も居て風流です。

そして、お夕食ではたくさんの「山の幸」….!

夕食会場にスタッフが揃ったところで、
阿部女将より山水荘様の事をご紹介頂きました。

その後は米倉支配人の掛け声で「乾杯!」

その後は、スタッフ一同美味しい食事に舌鼓み♪
また、館内に居ても部署が違うと話す機会があまりないスタッフ同士でも、
会話が生まれ、夕食を堪能することが出来ました。

そして、なんと!
今年、成人を迎えた私を含むスタッフ達と、
同じ年の山水荘様のスタッフさんと話すこともでき、
お互いに有意義な時間となりました(^○^)

最後はスタッフ皆で記念撮影♪

そして、お風呂は滝を眺めながら入る事のできる露天風呂や、
内風呂からも雪景色を堪能することができます。

また、ロビー付近にはキッズスペースもあるので、
お子様と一緒でも安心です♪
ガチャガチャコーナーも同じ場所にございましたので、
お子様と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

そして、翌日。
天気は荒れる事もなく、おちついた朝でした!
朝食はバイキング形式で、私が実際食べてみて皆様にオススメしたいのが、
目の前で焼いていただける「オムレツ」

ふわふわとろとろで、とても美味しかったです!

やはり、「焼き立て」・「できたて」・「新鮮」などの言葉に、
惹かれるなぁと感じたので、取り込み今後、活かしていければと思います。

このほかにも、焼き立てサクサクのパンやおかゆなどもあり、
朝から程よくお腹いっぱいになりました!
野菜と果実を使ったスムージーも女性の方にはオススメです♪

そして、出発の時。
正面玄関前で山水荘の女将さんと一緒にスタッフ全員で写真撮影!

山水荘様。
美味しいお食事と、最高の景色の露天風呂を
ありがとうございました!

そして、最終日は「アクアマリン 福島」様にて、
いつもは「お料理」として皆様に、
ご提供をさせていただいている魚の生態を学びました。

ここ、アクアマリン福島様では様々な気候に合わせた、
魚の生態を学ぶ事ができます。
また、夏の期間では屋外のビーチで楽しく遊ぶことが出来たり、
魚釣りも体験できて、自分で釣り上げた魚は調理して食べる事も出来ます!

お子様と一緒なら、魚の生き方住み方。
食卓までのながれなどを一緒に学ぶ事ができますね♪

さて、館内はフラッシュNGで写真撮影が大丈夫でございましたので、
ご紹介させて頂きます!
(1班・2班まとめて掲載致します)

まずはこちらの写真….

皆さん、何か分かりますでしょうか。
そうです!こちらは「海のミルク 牡蠣」
自然だとこんな感じで生きています。
ちなみに、当館でご提供させて頂いている「カキのカンカン蒸し」は、

↑缶の中で蒸し上げて..↓盛り付けるとこんな感じです!

私も海近くに住んでいるので、浜辺の岩を見ると、
びっしりと野生のカキがくっついています。

そして、「三角形のトンネル」があらわす「親潮の海域」。
ここでは、季節は違いますが当館でも別注でご提供をさせて頂いている、
カツオがビュンビュン泳いでいました。

追いかけっこをしているみたいでずっと見ていても飽きません。
(小さなお子様も夢中で見ていたので一緒に見ていました)

三角トンネルに入って上を見上げれば….

まるで海の中に居るみたいです!
この三角トンネルの奥は今、リニューアル工事中で、
今年のGWに「ふくしまの海~大陸棚への道~」としてオープンします!

そして、館内をスタッフがバラバラに見学…
偶然、「チンアナゴ」の喧嘩のようなものに遭遇しました。
(写真中央で体勢を低くして睨み合っています。)

こちらの「エイ」は先ほどの三角トンネルで、
「いらっしゃい」と言っているのではと言うほどスイーッと泳いでいました。

魚達の他にも、海の生き物がたくさん!
こちらは「トド」です。とても人懐っこく「おもてなし」を感じます。
人が目の前に居るとずっとその後ろから見つめて、
口を何度もパクパクさせてかと思えば、岩に上がり鳴いていました。
(もしかして「おもてなし」の意味を分かっている…??)

しばらく見ていると、同じ水槽に「アザラシ」もいたので、
生態を考えると同じ場所に住んでも大丈夫なのかと思います。
ここはとても可愛いので、お子様と記念撮影場所にもぴったりですよ!

おや…外の池には「ウミネコ」が遊びに来ています。
すぐそこが港なので休憩にでも来たみたいですね!
(福島の漁港はどこか、気仙沼を感じさせる場所でした)

そして、昼食はお隣の「いわき・ら・ら・みゅう」様にて。

こちらでは、海の幸を直販売していて、
スタッフさんの活気ついた明るい声が響きます。
店内は美味しそうな魚や海藻類がズラリ。

「海鮮焼き」もあったので、海をバックに撮影すれば..
インスタ映え間違いなし!?
ホタテやタコ、イカなどもあったので思う存分楽しめますよ♪
ジュウジュウと焼いてたちのぼる匂いが購買意欲を掻き立ててしまいます。

ぜひ、福島にお越しの際にはお立ち寄りくださいませ!

そして、昼食を終え、
美空ひばり様ゆかりの地。【塩屋崎灯台】へ。

南三陸の海を毎日、見ていますが、灯台の高さから見る海も綺麗でした。

この海の下では、防波堤工事の真っ最中でございました。
道路を走っていると、海が見えないのが、少し寂しく感じましたが、
【安全】を考えれば、仕方のない事なのだと思います。

また、帰路についた高速道路からは、
福島県の【帰宅困難地域】を拝見いたしました。
家があるのに、明かりがついていない場所は、
考えさせられるものがあり、
私達が出来る事は何かあるのかと考えれば、
【何もない】のだと感じ、夜になっていくその地を後にしました。
できるのだとしたら、早く福島県の方が【自分の家】に戻れることを、
同じ被災地より祈るほかありません。

そんな研修旅行も、1班・2班無事に南三陸へ戻ってまいりました。
今回、様々な場所で学んだ事を今後、活かし、努めて参ります。

◇南三陸では「海の幸」を味わってみてください♪
様々なプランを取りそろえております!

コメントを残す on 研修旅行1班-土湯温泉 山水荘様と2日目-

研修旅行1班-1日目-

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)
昨日は雨が降り、溶けていない雪も雨のおかげか溶け始めています。
しかしまた、大雪の予報が…事故のない運転を心掛けたいです。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
さて、題名にもある通り、
「研修旅行」に行って参りました。
私は去年に引き続き、幹事兼撮影隊として参加です!
1日目の朝は「出発式」から始まりました。

8時15分集合を目途に、スタッフがぞくそくと集まって来ます。

最初は女将さん、副社長より、
「同じくお客様と接する仕事を行っている先々にて、
見て、聞いて、帰ってきてからも生かせるよう学んでくること」
「無事に帰ってくること」とのお話がありました。


その後は1班団長の米倉支配人より、
「「研修旅行」にふさわしい思い出をつくること」や、
旅行に関しての注意事項などのお話があり、

ホテルに残っているスタッフ・副社長にお見送りをして頂きいざ出発!

女将さんは用事があり、夕食より再参加となりました!

そして、最初の目的地。「柳津虚空蔵尊」様へ。


(土佐犬の絵が堂々としていてカッコイイです)
私は「初詣」に行っていなかったので、
今回が2018年最初の参拝となりました。
スタッフそれぞれが参拝をし、

その後は「おみくじ」をひいたり、


中には「大吉だ!」と喜びの声を上げる人も…!

ちなみに私は「小吉」で、
「病気が進行する」「医師を変えよ」など、
不安な言葉が並ぶ中、「自分の意思は通せば叶う」など、
「どっちなんだ…??」と思うくじをひいたので結んで拝んできました。
小さな金色のお守りがついた、おみくじだったので確認したところ..
「延命長寿」との事。病気で何か起こる心配はなさそうです。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

次に向かったのは「仙台市立荒浜小学校」


この学校では、震災当時、児童・教師職員・住民の方々約320人が屋上に避難し、
津波到達の高さは小学校の2階まで押し寄せました。

写真の真ん中にございます看板の矢印が津波到達の高さ。
「小学校の2階まで」の言葉だけでは分からない恐怖の高さです。

この場所は、南三陸の「高野会館」などと同じく「震災遺構」として、
中を見学することが出来ます。

外観でも津波の威力を感じることが出来ます。
その写真がこちら。

鉄で造られた柵がいとも簡単に折れ曲がっています。
今は落ちない様に補強がされていますが、
ぐにゃりと曲がった柵は、当時の脅威を今現在でも感じる事のできる場所です。

そして、津波によって破壊された1階・2階の校舎では、
当時の写真と、破壊されたままの姿をご覧になる事ができます。

1階の様子。


2階の様子。
スタッフが立っているところが、
右端の写真のようになっていたということです。

そして、「津波到達」の跡が今でもはっきりと残っています。

3階は非公開となっており、4階では「学校」として使用されていたまま残し、
震災当時の映像や、避難場所として使っていた時の状況なども学ぶ事ができます。

その中でも、17分の映像を使って、地震が起き津波が来るまでの、
映像と、当時学校に居た人の話が流れ、

その周りには時間と、写真・当時の様子が記録された幕が設置されています。
教室の中央には津波が来て止まってしまった「体育館の時計」も、
そのまま展示されておりますので、当時の状況を瞬時に把握することが出来ます。

また、こちらでは、校内にエレベーターも設置されておりますので、

ご家族様で見学をすることが可能です。
当時、避難し救助を待っていた屋上も見学ができます。

様々な場所で甚大な被害をもたらした「東日本大震災」。
被害状況はバラバラですが、感じた事は復興は確実に少しずつでも進んでいると言う事。
荒浜小学校の周りでも復興工事が進み、トラックが走り続けていました。
南三陸でも大きな道路の工事が日に日に進んでおります。

ただ、震災を経験して「【自分】だけがひどい」と思いたくなる事も、
時にはありましたが、【自分】だけがひどくても、
「1人で何か解決したり、貢献したりしたのか」と問われれば首をふる。
【自分】1人では何もできない事は、
誰かと協力すれば小さくても何かできる事が分かった今、
大きな「貢献」はできなくても小さな積み重ねで、
震災を風化させないための活動。今よりもっと活気のある地元の復興など。
今の被災地にお越し頂く皆さんに、
伝えることが出来ればそれは大きなものに繋がるのではと思います。

この「荒浜小学校」へはお車で行くことが出来ます。
無料の駐車場も完備されておりますので
ぜひ皆様の目でご覧頂ければと思います。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

1日目最後の研修場所は、
皆さんのなかにも行った事がる人が居るかもしれません。
「アサヒブルフリープラザふくしま」様。
福島県にございます、アサヒビールの工場へ行って参りました!
ここでは、1日6回の無料工場見学(要予約)や、
できたてのビールを試飲できるなど…
ビール好きの方にはたまらない場所となっております。

ここで、私たちは最初にアサヒビール工場の隣にございます、
「アサヒビール園 福島本宮店」にて昼食を頂きました!
(記念撮影!!)

こちらでは、併設する工場から直送のできたてビールと、
ラム肉のジンギスカンやしゃぶしゃぶなどを味わうことが出来ます!
私達はジンギスカンを頂きました!


ジューシーなお肉と新鮮野菜が美味しかったです。

噛むたびにあふれ出る旨味がついつい食欲を増進させ、
終わりには動くのに時間を要するほどお腹いっぱい頂きました!

そして、食べた後はいよいよ工場見学!!

入口にはビールやニッカウイスキーを使ったお土産などが、
多数並んでおりました!

案内をして頂く女性スタッフさんと一緒にいざ館内へ!

他の地域にもある工場のお話や、

アサヒが提供をしている飲み物など、学ぶ事がたくさんありました。

そして、その後はいよいよビールができるまでの工程を学びます。
(館内は写真撮影の許可を頂いておりますが、
厳選してお送りいたします。)

まずは、こちらのビールに入っている「ホップ」などを、
実際に触ったり、匂いを嗅いだりします。

また、はちみつを入れるような容器に入っているものは、
「食用麦芽」と言って、試食が可能です。
香ばしくて美味しかったですよ!

次は、実際に使用されているタンクを見学することが出来ます。
直径約7mもあるタンクは部品を運んで工場内で組み立てられました。

ステンレス製なので清潔感を保つことが出来るそうです!
ここで、様々な工程を経たものが「アサヒビール」として皆様のもとへ届きます!
アサヒビール様は作ってから3日間の新鮮なものを出荷しているそうです。
ビールは「新鮮」が大事との事でした。

そして、ビールの製造期間は…
通常のものなら「1ヵ月間」
ノンアルコールビールは「1週間」ほどで完成します。

しかし、作り置きはしないように必要な量を、必要な分だけ作るそうです。

そして、震災後に設置したと言うプロジェクションマッピングでは、
外にあるタンクの役割などを学ぶ事ができました!

また、見学で通ってきた通路の帰り道。
ライトが何と….!ビールの色になっていることに気づきました!

細部までの細かい仕様に一同驚きです。
そして、最後はラベルのラッピングをモニターで見学!
次々と流れてくる缶やビンにラベルが貼られていく様子や、
缶の中にビールがどうやって入るのかなどを見学することが出来ました。

そしてこの最後の画像に一同納得!
ビールの美味しさを分かっているからこそ、工場見学も、
知らなかった事などに情報が追加され、さらに美味しく頂くことが出来ます。

そして、最後はお楽しみのビールの試飲♪1人3杯まで出来立てを味わえます!
(飲めない方はアサヒ様が提供をしているソフトドリンクを味わえちゃいます!)

米倉支配人はソフトドリンクを味わっていました!
「アサヒビールさんは世界1~!」

スタッフそれぞれができたてを味わいます♪

こちらのスタッフさん方に注いで頂きました!美味しかったです!

そして最後はお決まりの集合写真!掛け声はもちろん…
「アサヒビールさんはーっ」
「「世界1---!!」」

とっても、とっても美味しいビールをありがとうございました!
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
そして、1日目の研修内容が終わり、いよいよ本日のお宿へ..
ここからは次のブログで紹介いたします!
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

当館のご宿泊プラン一覧はこちら!↓

寒い日は温泉でほっこり旅♪
お得に泊まれるプランもご用意しております!
ぜひご覧くださいませ!

それではこの辺で!また来週!

研修旅行1班-1日目- への1件のコメント

未来をつくりだす力は、東北にある!

皆さんごきげんよう、ゆきでございます(^o^)/

本日「スターパーティーin南三陸」2日目でございます!
飛び入り参加もOKですので、今夜もお待ちしております♪
昨晩は残念ながら曇り空でしたが、室内プログラムもとても面白いものをご用意しております。

昨晩の様子をチラ見せしますo(^0^)o室内プログラムでしたが、望遠鏡の使い方講座もあり、
とても充実した内容でした!これからもどうぞよろしくお願いいたします♪

そして本日のテーマ「未来をつくりだす力は、東北にある!」
こちらは復興庁主催で、東北の魅力を全国へ、世界に発信!という特設ページです♪
https://www.power-of-tohoku.jp/gallery/


ページの写真にマウスを乗せてみて下さい。

↑こちらに変わります!
文字とイラストはわたくし「ゆき」が担当させて頂きました!


ひぃぃ・・・緊張して曲がってしまったぁぁ・・・

そしてこちらの力強い写真の数々は、
今年3月、東京にて写真展を開催予定でございます。

詳細が決まり次第またご紹介させて頂きますね。
それでは皆さま、また来週(^-^)ノシ

   
【本日のおすすめ】
★HP直販価格★【旬の牡蠣あわびプラン】カキ鍋!かき天ぷら!蒸し牡蠣とカキ茶碗蒸しも!まさに牡蠣三昧♪
こちらからのご予約に限り、お得料金でご案内o(^-^)o牡蠣大好きっ子必見♪夢の牡蠣三昧!


★お買い物はどうぞ南三陸復興ストアへ!
大口注文などうぞご相談くださいませ。

コメントを残す on 未来をつくりだす力は、東北にある!

柳津虚空蔵尊でお参り&カフェタイム♪

大家好! 我是惠.

皆さん、こんにちは!恵です。

今天繼續日本過新年的話題,還有一個最重要的就是去寺庙參拜,祈求平安和健康.

今週も新年のお話ですが、年の初めの「初詣」は重要ですよね。1年の健康や平安を祈るのは、とても大切な事です。

在此特別推薦下距離酒店出發車程約20分鐘的登米市:柳津虚空蔵尊,山口县柳井、福岛县会津的虚空蔵尊并称日本三大虚空蔵尊,创建于神亀3年(726),三陆三十三観音霊场第九番。

 

今回は、当館から車で約20分の登米市にあるお寺を紹介します。
山口県柳井、福島県柳津の虚空蔵尊と並び日本三虚空蔵尊の一つに数えられてる、「柳津虚空蔵尊」。
創建は神亀3年(726)、万葉集で知られる僧行基によるものと言われ、
現在は大土山の西麓にありますが、
創建当時は大土山山頂にあったと伝えられています。

前幾日,本館的女將也有去參拜,大大的熊手寓意商賣繁盛,寺院裡還有咖啡廳~夢想庵,營業時間:(10:00~16:00)、很安靜很私密的地方,有時間一定要去坐坐的地方哟。

先日は、当館の女将も初詣に行ってきました。
大きな熊手を片手に益々の商売繁盛を祈願。
お寺の中には、カフェもございます。
営業時間は10:00~16:00まで!
お昼やティータイムにおすすめです♪

とても静かなパワースポットで是非、英気を養ってみてはいかが?

それでは、また来週(^_^)/

コメントを残す on 柳津虚空蔵尊でお参り&カフェタイム♪