語り部バスから見る~被災地・南三陸のいま~

皆様こんにちは、マッキーです。

今回は、当館で毎日運行している「震災を風化させない為の語り部バス」についてです。

毎朝8:45~から運行している語り部バス。
当館でも多くの方々にご利用いただいており、
中には手紙やレポートを頂くことも…
本日はその手紙(レポート)の内容を少し紹介したいと思います。

今回お手紙をいただいた
関東在住のこちらのお客様は、
東日本大震災で被害に見舞われた方へ募金活動、
そして、何度も岩手・宮城・福島へお越しいただいており、
今回で震災後5回目の訪問との事です。

仙台を出発して沿岸の地域は、
名取⇒松島⇒石巻⇒女川⇒南三陸⇒気仙沼⇒陸前高田⇒釜石⇒宮古を
2泊3日の旅の1泊目として当館をご利用いただきました。

そして、
翌朝の語り部は、昨年「もてなしの達人」にも選ばれた
伊藤文夫部長のバスにご乗車されました。

震災当時の様子や、南三陸町の復興状況などを1時間掛けて、
戸倉地区(旧戸倉中学校)」や、

弊社所有の民間震災遺構「高野会館」、

そして、赤い鉄骨の「防災対策庁舎
(語り部バスでは車窓から少しご覧いただけます)

観洋だけではなく、志津川地区や戸倉地区を目で見た感想も
しっかりと書かれています。


今回の訪問を通して、
被災地の港湾・堤防・道路などの整備は結構進んでいるように感じましたが、
住宅や商業施設の建設はこれからだと感じました。
ただ、商業施設などは人影がまばらで、
元々過疎化が進んでいた地域がこれから
どのようになって行くのか少し心配との事でした。

ぜひ、また少し時が経ちましたらお越しいただければと思います。

このように、全国各地のお客様に当館の語り部バスはご乗車いただき、
中には、お手紙を書かれる方や、お子様の自由研究になる事も…
これからも、震災を風化させない為に、
そして、将来起こるかもしれない災害の防災・減災の為に、
「震災を風化させない為の語り部バス」は今日も走り続けます。

 


★志津川名産タコしゃぶお試しあれ★⇒ツイッターフォローしてね♪
南三陸町にふるさと納税するなら⇒ふるさとチョイス

コメントを残す on 語り部バスから見る~被災地・南三陸のいま~

今年の冬は?

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

5日の朝、三陸自動車道を車で南下していたところ、

ハラハラ、ヒラヒラと雁行陣を崩して飛ぶ

7~8羽のマガンと思しき野鳥を見かけました。

石巻上空、桃生豊里インター付近で、

登米市と栗原市にまたがる

伊豆沼方面に飛んで行ったようです。

こちらは、あくまで参考画像ですが、こんなイメージ♪

運転中の目視でしたから証拠の写真がありませんが、

もう そんな「渡り」の時期なのですね。

10月に入ったばかりですから、

越冬の飛来には まだ「早い」という印象がありました。

ただ、ネット上の新聞記事を探ってみると、

もう 9月14日に今季初飛来していましたね。

去年も同じ日だったのだとか。

 

伊豆沼は 国の天然記念物マガンの一大越冬地で ラムサール条約登録湿地。

広く野鳥ファンにも知られ、毎冬バードウォッチングの愛好者で賑わう場です。

ラムサール条約は、

「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」という

私たちの暮らしを豊かにする湿地を守るために決められた条約です。

 

南三陸町の志津川湾も、

国の天然記念物にして絶滅危惧種「コクガン」の越冬地で

去年10月に ラムサール条約に登録されたばかり。

まだ初飛来には早いだろう、とは思いましたが、

6日午後、FMの山下達郎のサンソンを聴きながらハンドルを毎冬の飛来場所へ。

ただ、そこに居たのは、やや強い風に吹かれたウミネコと

カルガモだけ。

↑ スマホ撮影の拡大トリミングで すみません!

 

そうそう、コクガンは

丁度このカルガモたちと同じくらいの大きさです。

 

去年の初飛来はいつだったのか、正確なところはつかめていませんが、

大体11月中旬には、もう 上の写真を載せて

ブログでご紹介していましたから、

先陣は、もうそろそろ やって来てもおかしくない時期なのかも知れません。

こちらは、今年の北帰行直前の様子。

国の天然記念物で 絶滅危惧種、貴重な水鳥コクガンを養い 育む

豊かで深い自然をたたえる志津川湾。

前の冬は、200羽を超える数のコクガンが 大好きなアマモやアオサを

食べながら越冬しました。

今年は一体 何羽がやって来るのかなぁ・・・、などと

飛来を待ちわびながら、北の空に思いを馳せた 日曜の午後なのでした。

コメントを残す on 今年の冬は?

見てみよう!トリップアドバイザー♪

皆様こんにちは、
先日、横向きに埋まっていた左下の親知らずの歯を、
また30分位、格闘しながら抜いてきたマッキーです。
(まだ若干痛みと違和感が残っています…)

今回は、トリップアドバイザーの活用術!?をご紹介いたします。
まず初めに、当館が行っているトリップアドバイザーのページより…

ここでは、当館から提供している写真はもちろんのこと…
他のサイトには無い、お客様(旅行者)の写真を提供しております。

私たちスタッフの写真だけでは伝えきれない、
館内の様子や景色なども掲載しています。

さらに、実際にご宿泊又は利用されたお客様の口コミはもちろんのこと…

所在地として、
マップの他に近隣の飲食店や観光スポットが記載されています。

他の施設のページを見てみると、
観光付きシャトルバスでも立ち寄る登米市の「みやぎの明治村」、
そのメインである「登米町教育資料館 (旧登米高等尋常小学校)」や、

以前コラボ企画でも大変お世話になった石巻市の「石ノ萬漫画館」などの情報も見る事ができます。

そして、トリップアドバイザーは何と10種類の各旅行サイトとの比較もできます。

お日にちと人数で検索をかければ、
1泊あたりの平均料金を知る事ができる為、
ぜひご予約の際には、ご活用くださいませ。

見てみよう!トリップアドバイザー♪ への1件のコメント

「REBORN ART FESTIVAL 2019」開催決定!!

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

この前は砂浜に行っていた話をしましたが、
この頃は「シーグラス」を探しに海辺を散歩しています。
石などと一緒に流れてきてまるくなったガラスの破片ですね!
緑だったり、青だったり..曇っていたり、透き通っていたり。
海水がついているのできちんと洗って部屋に飾っています。

さて!前回のブログではプールの話題でしたが、
今回は2017年に第1回目が開催された、
「REBORN ART FESTIVAL」の話題です!

↓2017年開催時のブログはこちらからどうぞ!↓
【「リボーンアートフェスティバル2017」#Reborn Art Festival】

第2回目となる今回のテーマは「いのちのてざわり」
様々なアーティストの方々が各地で作品を手掛けます。

(下記、公式HP様より引用)
「第2回は『いのちのてざわり』をテーマに掲げようと思う。
暴走する経済をはじめとした現代社会の状況は、
人が生きることの本質からどんどん遠ざかりつつあるように見える。
石巻でしか生まれ得ない「いのち」という
我々の根源に深く触れることのできる作品を、
そこで新たな<ポジティブ>をみつける未来に向けたダイナミズムを、
ぜひ体感していただきたい。」

「開催期間」…8月3日(土)~9月29日(日)
59日間の開催です。
開催地となるのは宮城県「牡鹿半島」と「石巻市街地」
「アート」「音楽」「食」を楽しむことができます。

2017年の際は、当館スタッフも現地へ向かいました!(以下スタッフ撮影)
今回のポスターにも使用されている、名和晃平様作 「White Deer(Oshika)」

第1回目より今回の第2回目の開催まで、ずっと牡鹿半島を見守ってきました。
今回のポスターは星空を背景にとても綺麗で素敵なものになっています!
(当館フロント付近のパンフレットスタンドで配布中!(サイズはA4))

今回は7つのエリアで開催決定。

2017年度の様子…


自然を生かした作品、建物の光の入り方を生かした作品…

その場所を最大限に引き出して作品は生まれてきます。

第1回目から引き続き、作品を生み出す方、
そして今回第2回目を迎えるにあたり、
新しいアーティスト様もそれぞれの場所で作品を新たにつくりあげます。
第2回目はなんと…島へ渡りアート作品を見学することもできるそうです..!

下記のエリアごとの分類より、
「場所」と「アーティスト」様を見ることができます。
➀【石巻駅前エリア】
➁【市街地エリア】
➂【桃浦エリア】
➃【荻浜エリア】
➄【小積エリア】
➅【鮎川エリア】
➆【網地島エリア】←船で島へ渡り、作品を見学する場合はこちら!

こちらを見学する際はもちろん、自家用車でも大丈夫なのですが
専用のバスまたはツアーに申し込んでアート作品をまわるのがベスト!

どのコースで楽しむにも、「パスポート」が必要です。
今現在は専用ウェブサイトで開催期間前購入特典として、
「500円割引」になっています。
そしてこちらで購入をしていただいたら開催期間内に
リボーンアート・フェスティバルの
主要案内所(石巻市街地、牡鹿半島に複数箇所設置予定)で
パスポートとお引換えくださいませ。引き換えを行うのをお忘れなく!
【パスポート購入画面はこちらからどうぞ!】

——————………………………..

【オフィシャルツアー】

【牡鹿半島コース】の申し込みは始まっています!

※パスポートは別途用意が必要です。
お値段は大人の方1名あたり、「9,800円(税込)」

お昼ご飯は、牡鹿半島の民宿で新鮮な回線を使ったランチ
世界三大漁場の一つを有する牡鹿半島の旬の味覚をたっぷり堪能。
※そのほか、荷物などの詳細はURL先をご覧くださいませ!

【網地島コース】はまだ詳細が決定していないようです!

今からでも夏休みや、夏旅行の計画に盛り込んでみませんかっ?
アート作品を見ながら自然に癒されましょう( *´艸`)

——————………………………..

やっぱり夏の期間は甘くとろけるおいしさの「うに」!
旬の味を南三陸でぜひどうぞ!

一口頬張れば、おいしさと磯の香りが..♬
蒸し焼きでふわふわ触感の鮑もついてきます。
夏限定のこちらのプランをお見逃しなくっ!

それでは今日はこの辺で!また来週~!

コメントを残す on 「REBORN ART FESTIVAL 2019」開催決定!!

石巻のご当地ヒーローがやって来た!

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

田束山(たつがねさん)の開花状況を見に行ったら、
ちょうどこの前は六分か七分咲きくらい..
「一週間後に満開になるかもね~」と地元の方に教えて頂きました!
今の季節ならちょうどいいかもしれないですよ!

さて..題名を見てもう気づいた方はいらっしゃると思いますが..!
昨日、5月18日(土曜日)には..
第2回「石ノ森萬画館×南三陸ホテル観洋」コラボ企画を開催!!
前回は4月に行っています(^O^)/

前回のワークショップは「プラバン」♪
ブログ⇒【シージェッター海斗がやってきた!】

今回は…「缶バッチ・ストラップ」!

前回と同じ所は「塗り絵」をすること。
準備を終え、始まるまでの時間で、皆様に楽しさを伝えられるよう
スタッフも体験をしてみました!
(写真はインターンシップ中のミソさん・ソウさんです)

土曜日と言う事もあり、
小さなお子様が次々とお越しいただきました!
真剣にスタッフさんの話を聞き、いざ塗り絵!

塗り終わると、今度は缶バッチか、ストラップ風にするための作業です↓
写真中央の機械を使って全て「手動」で行います。
まずは円の形に切り取って..機械に缶バッチ材料を入れ、ガチャンッ!!

サポートをしつつ、この工程も思い出に残していただくために、
お子様に全て行って頂きました♪

時間は16時30分~19時30分まで行いました!
お子様やお父さんお母さんもチャレンジをしていただき、
ご家族皆様で「綺麗にできたー!」と喜んで頂けました!

そして…..ワークショップだけではありません!!
そうです!今回も皆様のお食事会場にお邪魔させて頂きました!

シージェッター海斗と
「009」のお姉さんも一緒に会場を回っていたため、
「あぁ!石ノ森章太郎先生の!」「009だ~!」など、

大人の方にも大人気で、「石巻のヒーローも居るんだね!」と
ご当地ヒーローをご存知じゃなかった方にも
石巻を知っていただく良い時間となりました♪

当館からもコラボ企画記念と言う事で、
1グループに1つ♪ 「ふかひれスープ」をプレゼント!

材料がたまご1つで作れちゃう品物なのです(^○^)(売店で購入もできます!)

その後の握手会にも、
奥様方やワークショップに参加頂いたお子様もお越しいただき、
記念の一枚を撮影♪

皆さん、良い笑顔です♪
こちらのお父さんはポーズを教えてもらっていざ実践!

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!
第2回となる昨日もたくさん笑顔を頂くことが出来ました!
「第3回」は今検討中…最新情報をお待ちください。
分かり次第、掲載致しますね!

今回、コラボ企画を立ち上げて頂いた「石ノ森萬画館」様では、
6月30日まで「平成仮面ライダー 20展」を開催中!

コラボメニューを頼むと「ビック缶バッチ」がもらえちゃいます。
そしてそして…石巻市内を歩きながら散策する「スタンプラリー」では、
全部のスタンプを集めると..非売品の限定レアファイルをゲットできますよ♪

GW期間中に行われた「みんなで選ぶ!!平成仮面ライダー」..
投票結果はいかに!!
「6月9日(日)」には一番人気だった仮面ライダーが、
石ノ森萬画館に駆けつけてくれるそうですよ(^O^)

ぜひ、皆様も石巻・石ノ森萬画館へ向かってみてくださいね♪

5月25日の予約はお得なこのプランから♪
令和最初の旅行は南三陸へぜひお越し下さいませ!

それでは今日はこの辺で~!また来週!!

コメントを残す on 石巻のご当地ヒーローがやって来た!