新緑の「海の見える命の森」

こんにちは、むっちゃんですʕ•ﻌ•ʔฅ

今年もヤツとの戦いが始まりました。
そうです、カメムシです。
どこからともなく現れるので非常に困ります。

ペットボトル生け捕り作戦で勝利してきましたが
最近、アース●ェットも効果的だと気づいたので
ここぞとばかりに噴射しています。

ただ、私の耳元めがけて飛んでくるのだけは
本当にやめてください……
ブ─── ン ⊂二二二( ^ω^)二⊃       ア゛ア゛ァ────((;゚Д゚ ))────!!!!

最近、良い天気が続いてますね。
雲一つない快晴はとても気持ちがいいです。

新型コロナウイルスの影響で現在は活動できていませんが
海の見える命の森の新緑が綺麗なので
皆さまにも写真でお届けします♪

新緑の時期も綺麗ですね~
マイナスイオンたっぷりで癒し効果があること間違いなしです!

残念ながら、非常事態宣言が延長となってしまいましたが
状況が落ち着いた際には、ぜひ足をお運びくださいませ。

当館から徒歩で約15分。
いつでも、どなたでも、出入り自由な散策スポットです(*´ᴗ`*)

コメントを残す on 新緑の「海の見える命の森」

第5回全国被災地語り部シンポジウム<オプションツアー>海の見える命の森

こんにちは、むっちゃんです。

本日は、先月24日と25日の2日間に渡り開催された
第5回全国被災地語り部シンポジウムin東北
オプションツアー 海の見える命の森
の様子をお伝えします。

海の見える命の森までは徒歩移動となります。
ご案内は、三陸復興観光コンシェルジュセンターの阿部寛行様。

約15分、歩いて麓まで到着しました。

ここから再び歩いて山頂を目指します。

その途中に置かれている材木には
今まで来られたボランティアの方々の名前が書かれています。
たくさんの方々のご支援により、今もなお整備が進められています。

山頂に着いて振り返ると、目の前には海が!

あいにく少し曇っていましたが
晴れの日は青々とした雄大な志津川湾を見渡すことができますよ。

山頂で海の見える命の森のご案内をしていただいたのは
南三陸復興みなさん会代表の後藤一磨様。

海の見える命の森は、志津川湾の海の要の位置にあります。
南三陸に降った雨は他の地域に流れ出ることはありません。
志津川湾のみに注がれ
海の水が綺麗であるか汚くなるかは我々の生活にかかっています。

東日本大震災当時、津波が船も家も、この景色さえもさらっていきました。
この地域に住む人の収入源は、ほとんどこの海からでした。

ボランティアの方々の手を借りて養殖を再開した頃
今までに見たことのない素晴らしいワカメが採れ、倍の値段で取引されました。
「ワカメさえ育てていればまたこの地域で暮らせる」「再び家が建てられる」
誰もがそう思いました。

牡蠣も安定した収入源でした。
たくさんの人が養殖をし、育ちは遅いもので約2年。
2年間育てなければ収穫できなかったのです。
しかし、震災の年の8月に新しい稚貝を入れ、半年後に開けてみると
2年経った牡蠣と同等な大きさに育っていました。

研究者に調査を依頼した結果
震災前、海底にあった1mを越すヘドロが
津波により綺麗さっぱり無くなっていたのです。

水質は50年若返ったと言われています。

津波は、単純に「悪い」「悲しい」ことばかりではありません。
人間が汚した自然を50年も若返らせるという驚異的な結果をもたらしました。

命をつなぐ、命の循環をここで一望でき、命を支えてくれる森
そこから「海の見える命の森」と名付けました。

津波のあと、当たり前にあった全てが何もかもなくなりました。
便利な道具も無く、燃料や電気も何もない状況で人が生きる
そういった体験ができる場所になればと考えています。

こちらは、ミャンマー連邦共和国の
Nay Myo Aung氏
Maung Htet Myat Oo氏より御寄贈頂いた南三陸大仏です。
開眼法要の様子はこちら→「南三陸大仏」開眼法要

新しく設置したバイオトイレの他にも

現在、テラスと小屋の建設作業中です。
清水寺の舞台のような
地面を掘らずにテラスを作り、三坪の小屋を作ろうと計画しています。
傍にわざと木を残したのは、日差しや真っ向からくる海風を防ぐためです。

最後、ご参加いただいた皆さまには海へ向かって黙とうを
そして、集合写真を撮影しました。

海の見える命の森は、いつでも、どなたでも出入り自由です。
ご宿泊のお客様も、日帰りのお客様も、付近を散策したい時にオススメです。
季節によって山の表情は変わりますので
一度行ったことがある方も、何度でも足をお運びくださいませ。

植樹された桜が咲いたらお花見を。
小屋とテラスが出来たら夏は涼みにこの場所で。
キャンプも出来る場所になったら一層賑わいを増すでしょう。

海の見える命の森の未来が楽しみです。

コメントを残す on 第5回全国被災地語り部シンポジウム<オプションツアー>海の見える命の森

「南三陸大仏」開眼法要

こんにちは、むっちゃんですʕ•ﻌ•ʔฅ

当館から徒歩で約10分。
天気が良い日は散策にオススメの「海の見える命の森

その森に
ミャンマー連邦共和国
Nay Myo Aung
Maung Htet Myat Oo
より大仏様を御寄贈頂きました。

(法要前、碑文の打ち合わせの様子 2019/11/2)

東日本大震災後、弊社社長に案内をして欲しいと依頼があり
南三陸町から気仙沼市を案内、行く所々の被害の大きさ
そして多くの方々が亡くなった事に胸を痛み
ぜひ大仏を寄贈して3月11日に亡くなった方々へ供養をしたいとのお言葉を頂戴し
昨年より進めていた大仏がようやく完成いたしました。
そして先日25日、3つの願い「鎮魂」「施無畏」「興願」を揮毫し
開眼法要の運びとなりました。

儀式は、ミャンマー式と日本式の両方が執り行われました。

<ミャンマー式>

<日本式>

南三陸大仏
と名付けられたこの大仏様は、地域住民の安寧を願い
また、この町の新しいシンボルになって欲しい
という願いで建立されたものです。

海の見える命の森」は
桜の植樹などの体験の場、ご近所の憩いの場、震災の継承(津波てんでんこ)の場として
2016年から本格的に活動している場所ですが
これから国内やインバウンドの誘客に繋がっていき
地域交流や観光交流として栄える場になってほしいと思います。

以下に、碑文を掲載いたします。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

<大佛建立碑文>

2011年3月11日に起きた東日本大震災は
私たちに沢山の気づきと学びを与えてくれた
生きるということはどんな事なのか
その命を支える仕組みの礎には何があるのか
二万人を超す大勢の犠牲がありその気づきはあった
大自然の営みとその支えの中に私たちの生活があり
共に生きるつながりの中に生きる術がある

この度ミャンマー連邦共和国より
白い大理石の中から刻み出された大佛像が寄贈された

長い旅を経て今
海の見える命の森に鎮座する

人と人とのつながりは
世界に張り巡らされていたのである
この大佛様は太平洋を見渡す森の上から
人々の暮らしとその安寧を見守ってくださる

震災犠牲者の鎮魂と
今を生きる人々の幸福を願い
祈りを捧げ
安置し
開眼供養とする

令和元年11月25日
施主一同

Nay Myo Aung
Maung Htet Myat Oo

「南三陸大仏」開眼法要 への1件のコメント

ようこそ南三陸へ♪

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

ついに、南三陸に冬の訪れを告げる「使い」がやってきました。

そう! コクガンです。

この日 双眼鏡で確認できたのは 60羽ほど。

ただ、Bluebirderが「個人的に」今季初飛来を確認出来たのは、

ちょいと遅かったようです。

1~2週間前に

地元で「コクガンの初飛来を確認した」という情報がありましたから、

今か今かと気にかけながら 時々海辺に足を運んでは

「まだ居ない」「まだ来ない」と 空振りの繰り返し。

待ちわびる中、

たまたま見かけたのが 今月15日金曜日のこと。

お客さまを

「震災の記憶を風化させないための語り部バス」でガイドをしながら

近くを通ったところ

お尻の白い「奴」が 10羽ほど

群れて海上をヒラヒラと飛んでいるのが目に入ったのです。

それまで確認出来ていませんでしたし、奇遇にも

まさに 志津川湾がラムサール条約登録湿地であることを

お客さまに お話ししようとした矢先の出来事でしたから、

突然の「再会」に 思わず興奮

興奮しながら『豊かな自然に恵まれた志津川湾内には

海藻や海草の森が広がっていて、

生物の多様性を保っていること。

中でも貴重野生生物であるコクガンを養う豊かな湿地として

ラムサール条約登録された』というお話を

させて頂いた次第です。

 

15日金曜日に

今季初めてコクガンを「見かけた」のが

午前10時半ごろ・・・。

前の冬は、いつも午前8時には 一団となって飛び立っていましたから

この時点での 行動パターンが違っています。

 

今回ご紹介した画像を撮った 翌16日土曜日の朝は、

約60羽の内 半数は 8時前に飛び立ったものの・・・

もう半数は 8時を回っても この場を離れませんでした。

やはり 前の冬とは行動形態が違います。

8時を過ぎても飛び立たずに残ったのは 果たして

「飛来したばかり」だから なのでしょうか???

いえいえ、本当のところは

コクガンか 研究者に聞いてみなければわかりません。

とにかく、北海道に吹雪を、

仙台の泉ヶ岳に初冠雪をもたらした寒波により

15日は 未明に1.3度という 今季最低の気温を記録した南三陸。

まさに冬の使者コクガンは、寒波とともに志津川湾にやって来た!

そんな印象です。 ようこそ!!! 南三陸へ!

生存する個体は 8000羽を切るとも言われている「彼ら」コクガンは、

日本の天然記念物にして絶滅危惧種

毎年、200羽から300羽が志津川湾で越冬します。

大好物のアマモアオサを食べながら♪

前の冬は 358羽。

この冬は何羽 越冬していくのでしょうか?

コメントを残す on ようこそ南三陸へ♪

桜 花咲く命の森に

 

6日ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

南三陸ホテル観洋は、森を持っています。

小高い丘の上、観洋からは歩いて20分ほどのところ。

海の見える森です。その名は「海の見える命の森」。

志津川湾の絶景を一望できます。

観洋を訪れるボランティアの皆さまの手で 整備中。

3.11を前に、3月10日、命の森では 桜の植樹会が開かれました。

参加は6つの企業と2つの団体、名古屋は菊武学園大学、

東北福祉大学の学生さん。

株式会社アデンランス、東京世田谷ライオンズクラブ、

DCMホーマック株式会社、

P&Gプロクター&ギャンブル・ジャパン、ピクテ投信投資顧問株式会社から

総勢100名余りがご参加くださいました。

中には三重県から日帰りでお越しの学生さんも、いらっしゃいました!

実行委員長の後藤一磨さん。

「森から海へと命が繋がっている。

壮大な命のドラマが始まる森にエドヒガンザクラを植え、

海を望みながらお花見の出来る場に、命を考える場にできたら」と挨拶。

 

参加企業と団体の代表者さまからご挨拶を頂いて、

 

植え方の手ほどきは、NHK趣味の園芸でお馴染み桜野さん(ワォ♪)。

NPO法人さくら並木ネットワークメンバーです。

そして いざ植樹!

以前に植樹された桜の木に加え、今回は、桜の木53本が植えられました。

この通りの素敵な眺望を持つ 命の森。

国道45号からの見上げる小高い丘の上に展開していて、

3年後、5年後、10年後・・・

きっと桜の花咲き誇る一大名所になっていくことでしょう。

午後は、3.11追悼・復興祈願セレモニー。

3.11犠牲者に慰霊の花が手向けられ、

一同揃って、黙とうが捧げられました。

「桜を植えたことで 更に南三陸町への思い入れが深まりました」

そんな声も聞かれた今回の植樹会。

 

海の見える命の森は、数年後、桜咲く命の丘に。

四季折々、豊かな自然美を紡ぎ出して行くことでしょう。

ご参加のみなさん、お疲れ様でした。

そして、ありがとうございます。

皆さんも、観洋にお泊りの折には、どうぞ訪ねてみてください。

そこには、南三陸町の新しい名所があります。

その名は「海の見える命の森」。

コメントを残す on 桜 花咲く命の森に