祝! みなみ独り立ち

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

この一週間、りくも みなみも 姿を確認できていません。

こちらは、この11日午後の光景。

親カモメが 巣のあった岩場で ゆっくりと羽を休めていました。

みなみも 無事 独り立ち出来たようですから、

きっと ようやく子育てを終えて ホッとして寛いでいたのでしょう。

子育てに一生懸命だった やさしい母カモメ ↓

エサ獲りが上手くヒナに沢山運んできた 父カモメ ↓

お疲れさまでした。

 

その後は「両親」の姿も、カモメ兄妹の姿も見られなくなり

一家でこの場を離れたようですから、

とにもかくにも、餌獲りが下手で

親を頼りにするばかりだった みなみ ↓ も

やっとのことで 独り立ち出来たようで、一安心。

 

祝! みなみ 独り立ち♪』

皆さま方には、長い間 応援を頂き ありがとうございました。

成鳥と同じ羽色になるには4~5年かかるそうですが、

とにかく あとは立派に成長してくれることを祈るばかりです。

~~~~~~~

さて、先日「海の見える命の森」へ

お客様のツアーの下見に 同行させて頂きました。

観洋からは 歩いて十数分。

志津川湾を一望できる 美しい景観の場です。

左の女性が下見のお客様で、

青いシャツの男性はコーディネーターの阿部さん。

 

「海の見える命の森」は ボランティアの皆さんのご協力で整備され

桜も植えられ、今後 春のお花見が楽しみですし、

素晴らしい景観の観光資源として、また総合学習の場として

更に 祈りや避難の場して活用が期待されています。

海風の絶えず、夏も涼しい こ~んなウッドデッキで

「お茶」や「お昼寝」が出来たら最高~♪ でしょ?

 

そんな「命の森」で、ふと立ち木の幹に目をやると・・・蝶が。

クヌギの樹液に寄って来ていたのは ルリタテハ。

そして、

スミナガシ でした。どちらも「タテハチョウ科」。

全国に分布していて、取り立てて珍しい蝶ではないようですが、

間近で観察出来るのは樹液を滲ませるクヌギがあるからこそ。

 

「海の見える命の森」では、

山頂展望台にかぶと(カブトムシ)の森も整備中で、

夏休みには こうした昆虫の観察や採集も楽しめるようになります。

お泊りの際には、是非「お散歩」がお勧め!!

最近では、ここでキャンプも出来るようにしようという声も上がっていて、

ますます楽しみな「命の森」です♪

コメントを残す on 祝! みなみ独り立ち

今日の出来事@晴れ

こんにちは、むっちゃんですʕ•ﻌ•ʔฅ

駐車場から会社までの道を歩いていたら、潮の香りがしました。
気温も高く、今日からは20度を超える予報です。
(現に15時の段階で外は29度でした…暑い…)
夏はすぐ傍まできてますね。

熱中症になりうる危険性がありますので
まだ5月だからといって油断せず
こまめな水分補給など心がけていきましょう٩( ‘ω’ )و

そんな通勤途中の道端にも
花たちが綺麗に咲いています。

手前の紫色をした花がヒメオドリコソウです。
漢字で書くと「姫踊子草」
可愛らしい名前です。

「この花見たことある!」という方も多いのでは?
それもそのはず、ヒメオドリコソウは繁殖力が高いと言われています。
しかも、花の蜜は糖度50度以上で
蝶々やミツバチなどの虫さんたちに大人気みたいですよ。

奥の青い小さな花はオオイヌノフグリ。
小さな青い瞳が覗いているように見えることから
別名「星の瞳」とも呼ばれています。

こちらはサザンカ。
パッと見、区別がつかないほどツバキにそっくりです。

花の散り方、花の形など見分ける方法はたくさんありますが
私は葉っぱで見分けています。

サザンカの葉は周りがギザギザしています。
一方ツバキにはこのギザギザがありません。
この見分け方が一番簡単かもしれませんね。

最後は
誰もが知るスイセンです。

ラッパのような形で毎年春を知らせてくれます。
黄色も良いですが、白も可愛らしいですよね。

ピンクのスイセンもあるらしいです。見てみたい!

天気が良かったので
屋上「汐風の空」にも行ってみました。

ウミネコちゃんは海に漂ったまま
上までは来てくれませんでした(´・ω・`)

お腹空いてなかったのかな…
来てくれるときは間近まで来ますよ(サムネ参照)

さて、今日のブログタイトルは
良いタイトルが思い浮かばず日記みたいになってしまいました( ˆ꒳ˆ; )

ですが、こうして観洋での何気ない日常を
引き続きお届けできればと思っています。

それでは、また来週!

コメントを残す on 今日の出来事@晴れ

こいのぼり と 花々たち

こんにちは、むっちゃんですʕ•ﻌ•ʔฅ

以前、マッキーがブログで紹介してくれましたが

ラプラスが子どもの日仕様となったように
もうすぐ5月5日なので、正面玄関駐車場の国旗掲揚塔に
こいのぼりを飾りつけました!

お父さんこいのぼりの傍で
子どもこいのぼりがゆらゆら~

昨日まではあいにくの雨でしたが
今日は晴れていて元気に泳いでいます(⁎˃ᴗ˂⁎)

旧暦では4月も夏に含まれていたようですが
現在の暦では5月から初夏。
まもなく夏が始まります。

春から夏へバトンタッチということで
玄関先に咲いてるお花たちを撮ってみました。

白いチューリップはすでに花開き、赤と黄色はまだ蕾でした。
明日以降から晴れが続き、週末は20度を超える予報になっていますので
咲き揃うのが楽しみです。

タンポポもまだ蕾な部分もありますが
暖かな春の日差しをめいいっぱい浴びて花開いています。

花粉と虫を除けば春の陽気はとても好きです。
道端に咲く色とりどりの花を見るのも好きです。

事態が一刻も早く終息し
誰かと一緒にお出かけできる日々が早々に戻ることを願うばかりです。

コメントを残す on こいのぼり と 花々たち

春の花言葉!

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

雨の日もありますが、晴れている日はすっかりぽかぽか春陽気!
初詣でひいたおみくじに書いてあった「失物は上にある」を信じ、
換気をしつつ部屋の掃除をしました!
結局失くしたものはなかったんですが綺麗になったのでヨシとします!

さて今日は南三陸の「春」をお届け!

SNSでもアップさせて頂き、たくさんの「RT」や「いいね」
ありがとうございましたッ!
枚数制限の関係で掲載できなかった写真をこちらで紹介しますね!

今回、紹介するのは南三陸町内にある「東山公園」

当館からはお車で約10~15分くらいです。
高台にあるため、南三陸町内を見渡せる眺望と

遊具もあり、小さいお子様も楽しめます!

「西宮神社」もあり、鳥居もあってポートレートにも最適….?
開けた場所なのでブルーシートをひいてピクニックや、
来年はここでお花見をするのもいいかも…( *´艸`)♡

桜も咲き誇ってましたよ~!綺麗!

風が強かったので桜吹雪まではいきませんが舞っていたので綺麗でした!

鳥居と一緒に撮影してみました。鳥居のこの感じがなんとも好きなんです。

そういえば「桜」の花言葉。皆さん、ご存知ですか?
日本に住んでいれば必ず目にする日本の花と言っても過言ではない「桜」
桜の種類によって少し変わってくるみたいですが、
よく見られる桜は「精神の美」「優雅な女性」の花言葉があります。

春に咲いていた他の花と言えばたくさんありますが、
集合して咲いている、青くて小さな花。私も名前が分からなくて
「春 青い 小さい花」で検索したら出てきました!(Google先生さすがです..)
「ネモフィラ」って言う名前みたいです。

春になるとぶわっと増えるこちらの花言葉は…
「忠実」「信頼」「清らか」
別名「星の瞳」なんて呼ばれているそうなんです!
この花、押し花にしたり水に浮かべたりするとすごく綺麗なんですよ!
私は山間部に家があるので季節ごとに木も花も変わります。
綺麗に撮影できたものがあれば掲載しますね!

さて。南三陸町、他の桜開花状況は..
まずは町内中央に位置する「上ノ山八幡宮」様へ。

道路側から見ると見事な桜でとても綺麗で、
参拝もかねて中へ入ると、桜の木の背がとても高い事に気づきました!
だから遠くからでも綺麗に見えたんですね..!

本堂まで行くと…

白い花をつけた大きな木が…「コブシ」だと思っていたら、
一回り大きいとされる「ハクモクレン」と言う花でした!
紫色に近い「モクレン」と同じ扱いのようにされてしまいがちですが
別の種類だそうです。

こちらも花言葉を調べてみました!
「自然への愛」「自然な愛情」「荘厳」「気高さ」「高潔」…
そして、「ハクモクレン」は「白木蓮」と書くのですが、
紫色の花をつける「モクレン(木蓮)」は「ハス(蓮)」の花に似ていることから
「天国に導く花」とも呼ばれたりするそうなんです。
そのため中国では「寺院」や「宮殿」に植樹するそうですよ!
上ノ山八幡宮様までは車で約10分程です!
志津川ICへ抜けるほうに進んで頂ければ迎えます。

次に見事な花を咲かせていたのは「志津川高校」様。
夕方頃に撮影を行ったため、近くからだと逆光になってしまいました。
なので…新しく再スタートをした対岸にある松原公園から撮影!

学校名が記載された看板を包み込むように見事に咲いていました!
登下校をする道にも桜が咲いていて綺麗なんです。

桜が終われば次は「田束山」の真っ赤なツツジも咲き始めます。
撮影をして、また皆様にお届けしますね!

不安なニュースが流れる今でも、過去に撮影した写真。SNSで見る春の写真。
花に限らず景色の写真などを見るだけでも心が少し和らぐと思います。
そして、次に行ってみたい場所への検討材料にもなるかも…!

ぜひ調べてみてくださいね!それでは今日はこの辺で!また来週~!

コメントを残す on 春の花言葉!

春のきらめき

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

海に 春がきらめいています。

11日の志津川湾。

ホテル観洋屋上からの光景です。

風の冷たさも緩んで、陽の温もりは 春うらら♪

 

ウミネコの舞う 志津川港からは、

補給を終えた漁船が 水面に波を描いて出港して行きます。

長閑で 心なごむ そんな光景です。

 

一週間前には まだ咲き初めだった桜は・・・

もう 七~八分咲きでしょうか、華やかに咲き誇り

玄関前に鮮やかな彩りを添えています。

 

一方こちらは、やはり春がきらめく小さな港・・・

ええ、まだ居るんです! 越冬したコクガンが。

気持ちよさそ~に泳いでいます。

いくらなんでも北へ帰るのが遅過ぎ!  やはり これは一大事!

と思いましたから、

南三陸・海のビジターセンターにお邪魔して伺ったところ、

5月の連休まで滞在する個体もあるのだとか。

そのこと自体 とにかく意外なことで 拍子抜けしてしまいましたが、

心配して気を揉むこともなかったのだということが判ってホッとした次第です。

聞けば、センターでは、この9日に 20羽ほど確認していたそうです。

ビジターセンターから観察できるだけで20羽ですから、

他にもっと居るのかも知れません。

 

あと一か月近くは居てくれそうなコクガンですが

願わくは、このままこの場では大事なく 無事に北へ発ってほしいもの。

気持ちよさそうに「長居」しているコクガンたちの眼に、

志津川湾の春うららかな光景は

果たして どんな印象に映っているのでしょう?

 

彼らに「話」を聞ける筈もありませんが

訪れる人のみならず、野生の生物の心さえ癒す力が

南三陸町にはある・・・

そんな風に 感じています。

居残りコクガンたちも この南三陸町の居心地が良くて

なかなか去れないでいるのかも知れません。

コメントを残す on 春のきらめき