君の名は?

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

この9日観洋黒崎寮から観洋に向かう道すがら、

国道45号沿いの歩道に ちっちゃな生き物を発見!


か、カニ?

それも「サワガニ」ではありませんかぁ。

ネットで写真と見合わせて確認しましたので

彼?の名は「サワガニ」で間違いないと思われます(笑)。

 

右手には 杉林と急斜面の岩場を隔てて 磯が50mほどに迫っている所。

近くに川は流れていない筈なのですが

天敵に無防備なこの場所に 一体何をしに来たのやら・・・

・・・梅雨空に サワガニ 歩道で横歩き 人の気配に怯えながらも

 

一方、Bluebirderの手のひらに乗っている小鳥、 君の名は?

この7日のこと、観洋の正面玄関扉前に

うずくまっているところを従業員が見つけ

通報を受けて救護に駆け付けた次第。

 

どうやら、この「君」は 玄関の大きなガラス窓に衝突して

脳震とうを起こしていたようです。

眼がクリっとして かわいいでしょ? クチバシに黄色が残ってる。

まだ 幼鳥で 巣立って間もない様子でしたが、

観洋の保育施設マリンパルで暫く子どもたちや先生方と見守っていた所

「はっ」としたように正気を取り戻して 飛び立っていきました。

果たして この小鳥は何だったのか

「君の名は・・・?」と 図鑑とにらめっこ・・・。

 

初め、胸に黒いネクタイが見当たらないので

コガラ?それともヒガラ?と 判別出来なかったのですが、

背中に緑色の部分があり

うっすらとですが胸にネクタイが確認出来たので シジュウカラと判明。

マリンパルでは、今年 園庭の樹に巣箱を掛け

早々とシジュウカラが孵って巣立って行ったそうな。

その一羽だったとしたら、事情はどうあれ

愛くるしい姿を見せて 巣箱をかけてくれた先生や園児たちに

恩返ししてくれた形になったのは、 きっとご縁ですね。

 

さてさて、変わってこちらは観洋眼下のカモメの親子。

ヒナたちに「名前」はまだありませんが、いよいよ 大きくなって

翼を広げると 羽根が生え揃ってきているのがわかります ↓ 。

お父さんも とても満足そう♪ に眺めています。

二羽のヒナは とにかくよく食べよく眠る、を毎日繰り返していて

寝る子は育つ、をそのまま地でいっています。

ご来館のお客さまにも温かく見守られ、

巣立ちまでは、あと 18日前後となりました。

 

見守って下さっている皆さまに、カモメ夫婦から感謝の気持が届いています!!

手前が おとうさんで 奥がおかあさん。 ・・・以心伝心にて・・・。

コメントを残す on 君の名は?

星に願いを

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

「すみこさん」へ

カモメのヒナへのエール ありがとうございます。

 

観洋5階ロビーのティーラウンジには 七夕飾りがあって

笹竹にはお願いごとの 短冊の数々が・・・

 

「かもめのひなが元気にそだちますように」という短冊は

その中のひとつ。

観洋眼下の岩場で営巣中のカモメのヒナは 実に元気に育っていて

その成長ぶりには 目を見張ります

孵化して三週間・・・

ヒナたちは すっかり大きくなりました。

6月16日の様子が こちら ↓ ですから、

ねっ? 大きくなったでしょ?

 

二羽のヒナは「すみこさん」の願い通り

元気に それはもう元気に育っています。↓

この4日 土曜日も、

お泊りや立ち寄りのお客さまたちの人気の的♪

じ~っと

双眼鏡をのぞき込んで・・・

見つけて 最初の言葉は やっぱり 「かわいい~」

 

二羽のヒナたちは

すっかり ホテル観洋のアイドルです。

妹の方は 気が早いもので もう 一生懸命羽ばたきの練習です

よ~く見ると まだ翼にもなっていない翼に

羽根が生えてきています!! ほら!

ね♪

 

カモメのヒナの姿に 歓声を上げていた親子連れのみなさんは また

それぞれに それぞれの願いごとを短冊に記して下さいました。

どうか 願いごとが叶いますように♪

 

孵化から45日と言われている巣立ちまで  あと25日。

ヒナたちが 無事に巣立ってくれますように!!

Bluebirderも 願いを短冊に記し 星に託しました。

追伸

7日は 観洋屋上でスターパーティー♪

むっちゃんが 紹介してくれていましたね。

20時から! 「天然のプラネタリウム」が 待っています。

みなさんも どうぞ お気軽にお越しください!!

 

 

コメントを残す on 星に願いを

居たいた!

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

ほら、あそこに!

居たいた!!

見えるみえる!

かわいいわね!

先日、ミヤギテレビ夕方の情報番組OH!バンデスで ご紹介頂いたお陰で

この27日も、当館ホテル観洋5階ロビーのラウンジ脇には

お泊りや立ち寄りの親子連れやカップルが次々とお越しになって

大いに賑わいました。

 

番組でご紹介頂いた「話題の主」が、こちら!

観洋眼下の岩場に居る オオセグロカモメの親子です。

2羽のヒナは、孵って2週間ちょっと。

 

右のヒナが活発で体も大きいので恐らくお兄ちゃん。

左が 妹ではないかと思われます。

「おにいちゃ~ん!」と戯れているようなシーンも 実にかわいい♪

 

振り返っているのは 多分おかあさん ↓ 。

「大きくなったわねぇ」と 言っているのかどうか 定かではありませんが、

↑上が 昨日28日の姿・・・・・。 ↓下が 16日の様子でしたから

この2週間で 体の大きさはもう2~3倍に!!!

親鳥がヒナたちに十二分に餌を与えていることもあってか、

とにかく 成長の早さには 目を見張ります。

鋭い眼差しで高みからにらみを利かせるおとうさんにもしっかり守られ、

孵化から およそ45日後と言われるヒナの巣立ちまで、あと1か月。

カモメの子育て奮闘記は 綴られていきます。

 

コメントを残す on 居たいた!

カモメウォッチング

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。]

 

観洋の西洋石楠花は もう盛りを過ぎました。

コロナも第一波がピークを過ぎて下火になり

緊急事態宣言解除から一週間。

みなさん、いかが お過ごしでしょうか?

 

南三陸ホテル観洋では、日帰り入浴や食事で訪れるお客様が

少しずつ増えてきました。もちろん ご宿泊のお客様も。

お陰様で、30日土曜日にお泊り頂いたお客様の数も

最近の週末にしては多かったのは とても嬉しい出来事です。

 

観洋はロビーとフロントが5階にあるのですが、

同じ階の喫茶ラウンジ脇には、自由にお使い頂ける双眼鏡が置いてあって、

今はちょうど カモメウォチングのミニブーム♪

ラウンジ眼下の岩場では、目下 カモメが営巣中で

卵を 温めていて、親子連れはじめ お客様の注目を浴びています。

小さな女の子も 嬉々として 双眼鏡でのぞき込んでいました。

こうした、子どもたちの姿と歓声が館内に戻ってきたのも また嬉しい。

さてさて、目下 営巣抱卵している 注目の的の主

オオセグロカモメの「夫婦」ですが、

相変わらず 仲睦まじく、交代で 卵を温めています。

去年のツガイと違うのは、

二羽の体の大きさの違いが歴然としていること。

その違い、写真でも よくわかりますよね。

 

それと、体の大きなお父さんが身体の小さなお母さんを

とにかく 大切にいたわる仕草を見せること。

観てて、とても 心がなごみます。

二羽の深い愛情、愛の結晶は、早ければ今月10日ごろ、

遅くても中旬には 誕生しそうです。

ところで、オオセグロカモメの営巣を目の前で見られる場所なんて

滅多に 無いと聞きました。

みなさんも 是非 観洋へお越しになって

カモメの仲良しカップルの様子を観てみてください。

ただ、くれぐれもコロナ対策は万全にしながら、です。

お待ちしてます♪

コメントを残す on カモメウォッチング

コクガンだけじゃない

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

国の天然記念物にして絶滅危惧種の動物して、

このところ毎週ご紹介しているのが コクガンです。

実は、南三陸町には、同じ天然記念物の「称号」を持つ野生動物が

もう一種居ます。

それは・・・

どうです、この「お顔」。

なかなかベッピンさんの カモシカ(ニホンカモシカ)です。

(厳密にメスかどうか定かではありませんが 笑)

こんなのが、海の絶景が看板のホテル観洋のすぐ裏手の山

棲息しているのです。

イッツ アメィジングゥ~! でしょ?

ちなみに、この25日に 観洋から徒歩5分の

喫茶店 Cafe Gさん前の草地で遭遇しました。

モフモフした毛並みの「カモシカ」。

日本アルプスや八ヶ岳をはじめ、全国各地に棲息していますが、

実は登山をしていても

なかなかその姿を見ることができない存在ではあります。

が、こんなに間近に現れてしまうのが、南三陸町なのです。

 

棲息地は落葉広葉樹の林のある低山地から亜高山帯。

何と!「氷河期からの生き残り」とされ、

岩場や急斜面のある森林に棲み、低木の葉、芽、小枝、花、実を食べています。

こちらは、一緒に居たオスと思しき個体。

つまり食性は草食で、休むときは樹の根元や斜面の岩棚で休むそうです。

 

中でも、九州地方と四国地方のニホンカモシカは生息数が減少していて、

環境省レッドリスト2015年で「絶滅の恐れのある地域個体群」に指定。

一方で、1934年には国の天然記念物に、

1955年には特別天然記念物に指定されています。

 

ニホンカモシカは日本にしかいない貴重な動物で ウシ科に属します。

また、なわばりを作り 単独で行動していて

まず 4頭程度以上の群れを作ることは無いということです。

 

オスにもメスにも15センチほどの短い角があり、

全体に、白~灰色、灰褐色をしています。

古くは狩猟の対象で食用にされていましたが、

その味が「鴨」のように美味しいから「『カモ』シカ」という説もあるそうな。

ただ、実際には天然記念物に指定されているので

一般に口にすることは出来ませんけどね。

野生のニホンカモシカの姿を見るのは難しい、とされていますが、

何と、観洋周辺では、当たり前のように ごく間近で目撃できます。

まぁ、いつでもというわけにはいきませんが。

 

何より、とにかく南三陸町は

コクガンだけでなく、カモシカまでも養えるほどに、

自然が深く豊かなのだということ。

カモシカは好奇心が強い動物で、

こちらをじ~っと見つめ「観察」してきます。

 

逃げる時も、時々立ち止まっては 振り返り

穴が開くほどこちらをじっと観察しながら離れていきます。

 

 

カモシカはまず人を襲ったりしませんから、

出会った場合には、そっと見守り 刺激しないようにしましょう。

南三陸ホテル観洋近辺を散策すると、

ひょっとしたら、あなたも特別天然記念物

二ホンカモシカに出会えるかも知れません。

コメントを残す on コクガンだけじゃない