ラウンジの窓から

一週間ぶりのご無沙汰です、Bluebirder*Sです。

 

真夏を思わせる陽気と気温になったかと思ったら 早6月。

今年ももう半分が過ぎてしまいました。早過ぎ、です。

さてさて、南三陸ホテル観洋から眺める志津川湾の絶景は格別です。

館内のロビーから通じるティーラウンジの窓からは、こんな景色が楽しめます。

窓ガラスに室内照明が映り込んでますが、

どうです、いいものでしょ?

そんな窓から、下に視線を落とすと・・・・・

岩の上で、カモメが営巣しています。

野鳥たちは繁殖の時期。

えっ?見えない?

では、こちら。

ね、巣で卵を温めています。白い卵がチラリ

 

温めている個体がオスかメスかわかりませんが、

巣はとにかく観洋の主(ぬし)的存在の カモメのつがいのもの。

彼らはいつも、仲良くこの一角にいます。

 

時々 立ち上がっては、卵をくちばしで転がし、自らの体の向きも変えては、

再び温め続けています。実に大切に いたわりながら。

巣の中には、卵が二個。

(△ここ迄 スマホのデジタルズームで画像に無理があります。悪しからず)

しばらくすると、巣のある岩に もう一羽、カモメがやってきました。↓

卵を温めているカモメの相方、パートナーと思われます。

体が少し大きめiに見えるので、あとから来た方がメスかな?

素知らぬ顔をして、直ぐには近づこうとはしません。

どこか、よそよそしい振る舞い。

仕舞には巣の中のカモメも こちら側を向いてしまう始末・・・

じりじりと時間をかけて巣の方に近づいてきたので、

間違いなく卵を温めているカモメの相方で「交代」に来たのだと

確信したのですが、

それが、なぜか一旦この場から手前の東館の方へ飛び去ってしまったのです。

 

えっ? 卵の温め、交代しないの? と、相方に薄情さを感じながら、

カメラを片付け始めた、その時でした。

すっ、と 巣の近くに降り立って、温めを交代したではありませんかぁ!

 

カメラのスタンバイが間に合わず交代の瞬間は「撮り」はぐれてしまった次第、

鳥だけに、あははは・・・汗

岩に降り立って交代するまで実に 30分余り・・・長い長い

ダジャレはさておいて、こちらのつがい、去年は繁殖に失敗しています。

どうやら卵がカラスの標的になってしまったようなのです。

先日、当館にお泊りになられた北海道のお客さまも

この巣を見つけてしばらく様子を眺めていたそうです。

実は去年は繁殖に失敗したのだ とお話ししたところ、

北海道のカモメはいつもカラスと闘っていて、体の大きさに物を言わせて

それはもう物凄い勢いでカラスを追い払っているとおっしゃっていました。

ただ、観洋のつがいのカモメは、どうも「おっとり」していて大人しい様子。

闘争心はうかがえず

去年は わずかなスキをカラスに付け込まれてしまったようなのです。

 

そもそもが無精卵で孵らなかった、という可能性も否定できませんけれどもね。

いずれにしても、今年は この巣の中の卵二個が 無事孵ることを祈りながら、

しばらく、巣の様子を付かず離れず見守りたいと思います。

 

☆カモメ・ウミネコ豆知識~~~~~~~~

カモメとウミネコの違いは、遠巻きに見てすぐわかるのが脚の色。

カモメはご覧いただいたようにピンクで ウミネコはイエロー。

並ぶとカモメの方が体が一回り大きく、

飛んでいるときに見える尾羽が白い。

尾羽に黒く太い横線が入っているのがウミネコです。

英語でも、カモメがseagull ウミネコがblacktailed gullと呼ばれています。

 

コメントを残す on ラウンジの窓から

桜 さくら

一週間ぶりご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

もう、志津川湾で越冬したコクガンたちは北へ去り、

南三陸町は 桜の季節♪

観洋前の桜も 満開。

散り際で、時折強めに吹く風に ハラハラと花びらが舞います。

いと 美し!

国道45号に面した桜の見事な枝ぶりと 咲きっぷりに、

走行中の車を思わず停めて車窓から写真に収めるドライバーさんも居るくらい。

そんな季節でございます。

 

この前、むっちゃんもブログで東山公園の見事な桜を披露していましたが、

Bluebirderも、陽気に誘われて ちょいと出かけてきました。

青空に 桜が映えて い~い感じ♪

夜には この行燈が灯り、お花見が楽しめるようですね。

園内には 西宮神社。

石碑には「今からおよそ800年前に、摂津国西宮神社よりご分霊を奉齋した」

という記述があります。

いわゆる、えびす神社。

「戎(恵比寿)」様は、「七福神」の中の一人で、

釣り竿と鯛を両手に持ってほほえんでいる神様。

遠くの海からやってきて人々をしあわせにする

漁業の神、商売繁盛の神、福の神なのです。

丁度、南三陸町の街と志津川港を見下ろす丘の上から

笑顔で見守って下さっています。

 

桜の木々では、ヒヨドリが「ギャーギャー」と賑やかに鳴きながら

花の蜜を摂っている様子。ふと 振り返ると・・・

ヤマガラです。

日本全国どこにでもいる野鳥で 特に珍しくはありませんが、

どうやら、巣材をくわえています。

繁殖の時期なのですね。

特に、急いでいる風でもなく、あわてている様子もなく、

巣材を加えたまま、しばらく、この辺りの様子をうかがってました。

しつこいBluebirderを ちら見!(笑)

お花見を楽しみながら、巣作りしていたのかも知れません。

お社を包む森からは、センダイムシクイの声も聞こえる 南三陸町です。

コメントを残す on 桜 さくら

お風呂満喫の水曜日

一週間ぶりのご無沙汰です。

Bluebirder*Sです。

伊豆沼辺りには  もう白鳥が飛来する季節になりましたね。 早いものです。

さてさて、こんな大海原を眺めながら露天風呂を楽しめるなんて、いいと思いませんか?

いいですよねぇ。

そんな大浴場が、南三陸ホテル観洋にはございます。

 

「そんなこと、もう知ってるよ!」 という方々が 大半でしょう。

そうした皆さまにも 是非お知らせしたいのが、

毎週水曜日にお泊りのお客さまには、

翌朝、男女入れ替えて お入り頂いていますよ!  ということなのです。

 

未だ知らない方も多いのかも知れませんね。

先月、9月に始まったばかりなのですから 無理もありません。

これまで、観洋では 男湯と女湯の入れ替えは、年に一度

開湯記念日前の4月下旬に 2日ほど、朝方にあっただけ。

 

それが、先月から、「週一回」 男湯と女湯が入れ替わるようになったのです。

男湯と女湯の大きな違いは露天風呂で、その広さが歴然と違います。

そして、岩風呂の「アレンジ」と「レイアウト」。

今まで男湯の露天風呂しか知らないお客さまにとって、

これは もう、サプライズに値します。

 

広い海原を目の前に ゆったり気分で入れるのは、

やはり 広~いお風呂がいいですよね。

湯面だけでも、女湯の露天風呂は男湯の3~4倍の広さがあって、

男湯には無い、こんな「洞窟風」のお風呂も。

 

広々とした湯面は そのまま志津川湾の海原に続くような印象で、

太平洋との一体感も加わって 気分は最高~!

かねてから、ご夫婦やご家族連れでお泊りのご婦人方から、

露天風呂には「天女の湯」ほか 色々な岩風呂があって

広々としていて気持ちよかったという話は 殿方にも伝わっていて、

当の「殿方勢」から 男湯と女湯の入れ替えを望む声もありました。

 

観洋の掛け替えのない宝のひとつが この志津川湾の絶景で、

海の景色を堪能して頂けてこそ お泊り頂いた価値あり! なのですから

入れ替えのご要望にお応えしない手はありません。

地下3000mから湧きあがる深層天然温泉の露天風呂は、

まさに「海とお風呂が一つにつながるインフィニティ温泉」。

毎週水曜日にお泊りのお客さまを対象に、翌朝4時から10時まで、

男女大浴場を入れ替えてご利用いただけます。

見渡す方角は「真東」。 陽が昇る朝の光景が また 格別に美しいのです♪

みなさんも今度、是非水曜日にお泊り頂いて、

男湯と女湯に 入り分けて楽しんでみて下さい。

きっとまたひとつ、観洋通になっていただけること請け合いです。

スタッフ一同、みなさまのお越しを お待ちしております。

コメントを残す on お風呂満喫の水曜日

宮城県北「はなまっぷ(2018上半期)」(-0_0-)/

こんにちは!本日のBlogは、

またもやピンチヒッター「フォトグラファー尾崎」です(-0_0-)/

宮城県北の「はなまっぷ」(上半期)と題しまして、2018年上半期に撮影してきた周辺観光スポットの「花」をテーマに写真をご紹介します。

4月【桜】

<SPOT:加護坊山(大崎市田尻)>

 

4月~5月【藤】【菜の花】【チューリップ】

<SPOT:かむろ(大崎市古川)>

 

<SPOT:大嶽山興福寺(登米市)>

 

<SPOT:よねやまチューリップまつり(登米市米山)>

 

5月【つつじ】【ニッコウキスゲ】

<SPOT:田束山(南三陸町)>

<SPOT:神割崎(南三陸町)>

 

6月【あやめ】【花しょうぶ】

<SPOT:みなみかた花菖蒲の郷公園(登米市)>

<SPOT:多賀城あやめまつり(多賀城市)>

 

7月【紫陽花】

 

<SPOT:大嶽山興福寺(登米市)>

 

8月【ひまわり】

<SPOT:三本木ひまわりの丘(大崎市)>

来年の旅行の参考に!どうぞ(*^_^*)/

————————————————————————————————-

南三陸ホテル観洋の宿泊予約をするならこちら↓


公式ホームページからの予約がもっともお得です!
【直販価格】と書かれたプランを選んでご予約ください!

kirakirabanner.png

★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で9周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 宮城県北「はなまっぷ(2018上半期)」(-0_0-)/