香る秋色

またぁ?

と まぁおっしゃらずにww

 

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

前回のブログでもご紹介しました
セイタカアワダチソウ

先週半ば いよいよ”秋色”を深める辺りを 再び散策してみました

すると・・・

一週間前には 感じなかった
なんとも言えない ”爽やかな香り”がするではありませんか

ひょっとして セイタカアワダチソウの花から?

まさか・・・

と 半ば疑いながら 花に顔を寄せてみると・・・
果たして その通り!
香りを放っているのは
紛れもない セイタカアワダチソウだったのです

生まれてこの方 この花の香りを確かめてみたのは 初めて
爽やかな”グリーンノート系”の香りは 意外でした


気分がス~ッとする い~い香り!
また少し この花を”見る目”が変わり ”好感度”が上がりました

そう言えば ミツバチが蜜を集める植物だとも聞いてましたから
ならば 当のミツバチは? と 探してみると・・・

居ました いました!

ミツバチたちが 蜜を集めているではありませんか

気温が急落して10度台と 肌寒い日でしたが
せっせ せっせと
寒い季節を迎える 準備でしょうか

キク科 アキノキリンソウ族・・・
キク科ですから やはり秋の花 なのですね

殊 ”咲き方”と言ったら 無茶苦茶密集して咲きますから
まぁ 見た目”上品”とは言いかねますが
英名:Canada golden-rod「カナダの金色の鞭」その名の通り
金色に輝く花は 西に傾いた陽に照らされると
その輝きを一層増して 深い黄金色に♪

青き衣をまといし者”ナウシカ”が 降り立ちそうな輝きを見せます

公園に 花壇は整備されていませんが

ご覧の通り ”彼ら”が群生するあたりは さながらお花畑♪
自然が造った植物のレイアウトは
まるでディスプレイされた ”花壇”にさえ見えて来ます

花は”ハーブ”として利用され
体内の毒を排出してくれる作用があり
ツボミを”入浴剤”に使うと
アトピー性皮膚炎を改善する薬効があると言われています
お風呂は 実際に その名の通り”泡立つ”のだそうな

私たちにとっても有用な植物として 更に 好感度アップ♪ です

花の時期は11月まで

冬の寒さが訪れる前に しばらく
この花の香りと
色鮮やかなゴールデンロッドの輝きぶりを
楽しませてもらうことに致します

さてさて
あまりに”黄色”ばかりの画になってしまいましたので
お仕舞に 多少の”彩り”を添えて・・・

こちら♪

セイタカアワダチソウの”足下”に見つけました
蔓(つる)に 小粒の実が 色 色々に ついています

こちらは ”ノブドウ”
いろいろな色や形の実が生(な)っていて きれい♪

花が終わった後に結ぶ 球形の実は はじめは青色に

その後熟すと このように
白・紫・碧色などが混交してマーブル状に! きれいです♪

中には “ヒスイ色”のものもあって どこか”宝石”のよう

しか~し このノブドウ  ヤマブドウとは違って食べられません

鑑賞まで

コメントを残す on 香る秋色

おかえりモネの舞台!登米市「長沼フートピア公園」に行ってきました!

こんにちは、むっちゃんですʕ•ﻌ•ʔฅ

気仙沼市と登米市が舞台となる
おかえりモネがいよいよ5月17日からスタート!

ここ、南三陸町は
ちょうど気仙沼市と登米市の中間地点に位置しています。

聖地巡礼がしやすいかも…?
どの場所が映るのか楽しみですね( *´꒳`* )

つい先日
観洋ちゃんねる撮影隊が訪れたのは
登米市にある「長沼フートピア公園

入ってすぐ目を引くオランダ風車。
本場オランダから取り寄せられた
日本に数台しかない風力のみで稼働する風車だそうです。

公園内はとても広く
アスレチック遊具やキャンプサイトもございます。


(こちらの写真は2018年4月に撮影したものです)

中でも人気なのはローラーすべり台

お子様から大人まで楽しめるローラーすべり台は
県内最長といわれる111m!!

お尻が痛くなっちゃうから…という方も安心!
ローラーすべり台専用の段ボールが売ってますよ。

観洋ちゃんねる撮影隊も滑って遊んでみました!

その様子が
観洋ちゃんねるにアップされております!

ぜひご覧くださいませ♪

さて、長沼フートピア公園は
おかえりモネの中で登場するのでしょうか?
放送まであと2日!
楽しみに待ちたいと思いますヾ(`・ω・´)ノ

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

【観洋ちゃんねる】

いいねチャンネル登録もよろしくお願いしま~す(≧∇≦*)

公式YouTubeチャンネルはこちら⇒南三陸ホテル観洋【公式】

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

連続テレビ小説 おかえりモネ
5月17日(月)より放送開始!!!

【公式ホームページはこちら
【公式Twitterはこちら
【公式Instagramはこちら

気象予報士が夢のモネちゃんをみんなで応援しよう!
。+。゚☆ モネちゃ───ヽ(*゚∀゚*)ノ────ん!! ☆゚。+。

おかえりモネの舞台!登米市「長沼フートピア公園」に行ってきました! への2件のコメント

歓声

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

子どもたちの明るい歓声

 

町の海水浴場サンオーレ袖浜に隣接する 荒島楽天パーク

気持よい晴天に誘われて 出かけてみると

親子連れやカップル 若者たちの姿

そして 公園の遊具で遊ぶ 子どもたちの歓声

元気いっぱいの子どもたちの姿と笑顔のある風景って

いいものですね

子どもたちの元気な声が

あちらこちらで聞こえることこそ

復興の大切な要件だろうし

そうなれてこその 本当の復興なのではないか

常々そんな風に思っているBluebirderにとって

嬉しい光景でした

ちょうど 遊具越しに見える白いビルが観洋です

 

一方 公園の直ぐ隣にあるのがサンオーレ袖浜

砂浜に面した道路沿いには

51体のモアイ像がずらり♪

様々な表情の木彫が 海を向いて並んでいます

なぜ南三陸町に モアイ像?

と 思われる方もいらっしゃるか思いますが

1960年チリ地震津波によって

志津川湾では 41名が犠牲になりました

その際 チリ政府からお見舞いとして贈られたのが

他でもない モアイ像だったのです

 

それ以来 当時は志津川町の今は南三陸町の

シンボル的マスコットになっています

 

そんなモアイたちが見守る砂浜に目を向ければ 

のんびりと 海辺のひと時を楽しむ人たち

春の海に 心なごむ光景です

 

ところで サンオーレ袖浜には モアイ岩があります

向かって右側の岩がそれ

天空を見上げる モアイの横顔にも見えます

 

荒島の緑がアクセントを添える 海辺

去年は コロナ禍で海水浴場は開かれませんでしたから

今年の夏は 再開できることを願うばかりの サンオーレ袖浜にて

とにかく 春の日差しがとても心地よく

子どもたちの歓声が嬉しい 穏やかな一日でした

 

サンオーレ袖浜は

志津川湾の風光明媚さを堪能できるスポットのひとつです

観洋へお越しの際にもし 是非足を延ばしてみて下さい

心癒されること 請け合いです♪

 

追伸: いつもの漁港のコクガンたち

3日には 3羽を確認できました。

しかし、語り部バスでお客様をご案内した翌4日、

お客様も双眼鏡でご覧になりましたが、確認できたのは 1羽だけ・・・

去年は大型連休前まで 呑気にしていたメンバーも

急上昇の桜前線に煽られて

この港から もう居なくなってしまいそうな勢いです。

コメントを残す on 歓声

マリンパルだより 1月その5

子どもは風の子!めちゃめちゃ元気な子!だもん♪の巻~!

いらっしゃいませ(^^)マリンパル保育士小野寺です!寒さも少し緩み、過ごしやすい日が続きますね!寒さが緩んでも、気が緩まないように感染対策をしっかりとして過ごしていきたいと思います!

さて、お待ちかねの今週のマリンパル!みんなでポケットから♡きゅん♡を出してみました(笑)

毎日元気いっぱいの子ども達!ご家庭と園との感染症予防対策をしっかりと行っている効果がでているのか、病欠が全くと言っていいほどありません♪少しの鼻水の症状はみられたものの、本当に元気に毎日過ごしてします!もちろん職員も!!新型コロナウィルス感染症に敏感になり健康でいることの大切さを実感しますね!

元気な子ども達はお外が大好き♪文字通り「子供は風の子!元気な子!」そのものです!ちょっとくらい寒くても、極寒でもほんとに元気~!毎日お外の時間を心待ちにしています!

「お外に行くよ~」と誘うと、上着を用意するしぐさを見せてくれるようになりました!ウキウキです(^^)行先はみんな大好き!ホテルの屋上!

広~い屋上へ行くと開放感に浸り走り出したくなります!

お昼寝明けの夕方も行ってみました!すると、海から昇ったお月さま発見!

日暮れのお空にぽっかりのぼったお月様が幻想的でキレイです!

寝転がったり、かけっこしたり♪

これだけでも十分楽しいのです!

そして、別の日には久しぶりの公園へのお散歩!防寒対策もばっちり!

大好きな滑り台を満喫中~!

楽しくて止まらないよ~!「せんせいも!」と誘われて、子ども達以上に滑ってしまいました(笑)

ジャングルジムにもチャレンジ!迷路みたいだね!

余りに楽しくて後半は足がふらふら(笑)歩くの拒否!!みんな倒れ込んでしまいました!

楽しかったね!また行こうね!

【おまけの話】

先日、震災後に発足された「子ども子育て支援連絡調整会議」に出席してきました。震災後の町の子ども達の様子を情報交換しながら各機関で連携していくための会議です。各保育所、学校から上がった話題は「虫歯」と「肥満」が増加との事でした。震災後の生活の変化もありますが、今年度に関しては、自粛期間のため巣篭り生活の影響もあるのではないかとの事。子どもに限らず、大人にも当てはまりますね!感染症対策に限らず、健康維持のためにも、生活習慣の見直しは必須だと感じました!よーし!健康のためにダイエットするぞ~!・・・と、ひっそり心に誓います(笑)

では、また来週~!

 

マリンパルだより 1月その5 への2件のコメント

シジュウカラガン

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

南三陸町志津川湾のコクガン。

まだ居ます。居ました!

いつもの港に。

昨日29日夕刻、

生態調査用の標識と発信機を付けた個体も含めて5羽確認しました。

発信機の主は、船揚げ場のスロープでアオノリか何かを食べていましたし

他の4羽は、マンツーマンでオオバンをしっかりマークしながら

アマモをゲットして(奪って)いました。

夕暮れ時の港、

ほとんどシルエットでしか確認出来ませんでしたけれどもね。

 

それにしても、もう4月になるというのに、

渡りの方は大丈夫なのか、少々心配です。

 

さてさて、先日 志津川港へコクガンを確認に行った際、

近くの公園で幸運にも出会えたシジュウカラガンですが、

コクガンと同じ、カモ目カモ科コクガン属に分類されます。

まさに「コクガン」属。 なので コクガンに近い仲間です。

 

両頬が白く首の付け根に白い輪があるのが特徴です。

首に白い輪があるのは、その位置が違いこそすれ

コクガンと似通ったところ。

ただこの個体の白い輪は ややぼんやりしていますね。

 

白い両頬がちょうど「シジュウカラ」のようなので

シジュウカラガンと呼ばれています。

海洋の急峻な大小の島々で繁殖する、ということですから

海辺に姿を見せるのも 特に不思議なことではなかったようです。

ただ、南三陸町では

これまでまず見かけたことがありませんでしたから、この時は驚きました。

実はシジュウカラガン、1938年〜62年まで観察記録が途絶え

絶滅したと考えられていました。

その後、1963年に再発見され、保護活動へ。

国際的な保護活動が進められる中、

1983年に仙台市の八木山動物公園が米国から9羽を譲り受けて繁殖事業を始め、

2010年までに551羽を自然界に戻したこともあって、

2014年12月下旬からは 日本への飛来数が1000羽を超えています。

北への渡りの途中、志津川湾に「寄り道」したのは

やはり、豊かさ溢れる南三陸町の自然に惹きつけられて・・・、

のことだったのでしょうか。

コメントを残す on シジュウカラガン