「南三陸大仏」開眼法要

こんにちは、むっちゃんですʕ•ﻌ•ʔฅ

当館から徒歩で約10分。
天気が良い日は散策にオススメの「海の見える命の森

その森に
ミャンマー連邦共和国
Nay Myo Aung
Maung Htet Myat Oo
より大仏様を御寄贈頂きました。

(法要前、碑文の打ち合わせの様子 2019/11/2)

東日本大震災後、弊社社長に案内をして欲しいと依頼があり
南三陸町から気仙沼市を案内、行く所々の被害の大きさ
そして多くの方々が亡くなった事に胸を痛み
ぜひ大仏を寄贈して3月11日に亡くなった方々へ供養をしたいとのお言葉を頂戴し
昨年より進めていた大仏がようやく完成いたしました。
そして先日25日、3つの願い「鎮魂」「施無畏」「興願」を揮毫し
開眼法要の運びとなりました。

儀式は、ミャンマー式と日本式の両方が執り行われました。

<ミャンマー式>

<日本式>

南三陸大仏
と名付けられたこの大仏様は、地域住民の安寧を願い
また、この町の新しいシンボルになって欲しい
という願いで建立されたものです。

海の見える命の森」は
桜の植樹などの体験の場、ご近所の憩いの場、震災の継承(津波てんでんこ)の場として
2016年から本格的に活動している場所ですが
これから国内やインバウンドの誘客に繋がっていき
地域交流や観光交流として栄える場になってほしいと思います。

以下に、碑文を掲載いたします。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

<大佛建立碑文>

2011年3月11日に起きた東日本大震災は
私たちに沢山の気づきと学びを与えてくれた
生きるということはどんな事なのか
その命を支える仕組みの礎には何があるのか
二万人を超す大勢の犠牲がありその気づきはあった
大自然の営みとその支えの中に私たちの生活があり
共に生きるつながりの中に生きる術がある

この度ミャンマー連邦共和国より
白い大理石の中から刻み出された大佛像が寄贈された

長い旅を経て今
海の見える命の森に鎮座する

人と人とのつながりは
世界に張り巡らされていたのである
この大佛様は太平洋を見渡す森の上から
人々の暮らしとその安寧を見守ってくださる

震災犠牲者の鎮魂と
今を生きる人々の幸福を願い
祈りを捧げ
安置し
開眼供養とする

令和元年11月25日
施主一同

Nay Myo Aung
Maung Htet Myat Oo

「南三陸大仏」開眼法要 への1件のコメント

可愛いかまぼこ達❤

みなさんこんにちは!こんばんは!売店のグリです!!(^◇^)

 

ここ数年、ありがたいことに海外のお客様のご利用が大変増えています!

言葉の通じないお客様との意思の疎通って難しいですよね。

 

私ッ!! 『 韓国語 』 の勉強を始めようかと本気で考えてます!!!

・・・

・・・・・・・・・まぁ某韓国のアイドルグループがきっかけですけどいいですよね(+o+)

誰か私に『 韓国語 』 教えてください!(笑)

 

さてさて、本日ご紹介させていただく商品はこちら!!!

南三陸町の老舗蒲鉾店、及善蒲鉾店さんの可愛いかまぼこ達です!!

及善蒲鉾店さんは通常の笹かまはもちろん、

最近では画像のような可愛らしい新商品を続々展開中なんです!

1:パンダ笹(5枚入り)600円税別

きちじを使用した笹かま。TV番組でお土産のチャンピオンに選ばれたことも!

2:たこちゅ~かま(5枚入り)600円税別

水産庁長官賞受賞!南三陸特産のタコたっぷりの揚げささかまです。

3:あげあげチーズ丸(5個入り)600円税別

国産チーズを包んで揚げた揚げかまぼこ。 おやつにおつまみに!

4:旅するかまぼこ(3枚入り)400円税別

・もぐもぐプレーン  ・すきすきチーズ  ・うまうま牛たんの3種

この笹かま何がすごいって常温保存可能なんです!!

普通笹かまは要冷商品なのですが新技術で常温でのお持ち帰りが実現!

売り場を見たお客さまも驚かれます(笑)

商品についてのお買い求め・お問い合わせは

電話:0226-46-2442 南三陸ホテル観洋 売店まで

 

~おわりに~

タイヤ交換無事終わりました!!!(笑)

そろそろ初雪ですかね~。今年もスノボに行こうかな(笑)!


★志津川名産タコしゃぶお試しあれ★⇒ツイッターフォローしてね♪
南三陸町にふるさと納税するなら⇒ふるさとチョイス

 

コメントを残す on 可愛いかまぼこ達❤

「Kataribe(語り部)」を世界へ。キックオフミーティング㏌南三陸

皆さん、こんにちは!カナです。

さて今回は、7月16日・17日に当館で行われた
「Kataribe(語り部)キックオフミーティングin南三陸」
の様子をご紹介いたします。

今回は宮城・岩手三陸沿岸部の語り部、
観光施設、宿泊施設、行政等、観光に携わる方々が集まり、
連携を深め、訪日外国人を誘客するとともに、
「語り部」を世界へ広げるための事業です。

1日目の最初は当館が運行する、
「震災を風化させないための語り部バス(高野会館コース)」
のインバウンド仕様を見学。

インバウンド仕様では「タブレット」を使用し行われます。

「多言語」を選ぶことができ、
語り部が行われている最中には説明文付の写真も映し出されるため、
訪日外国人の方にもわかりやすく、学んでいただけます。

また「高野会館(コース)」では内部への見学も行います。


「震災遺構」として遺る建物の内装は津波が襲ってきたときのまま。

足元の瓦礫などは安全にご案内ができるよう、片付けを行っておりますが、
津波で折れ曲がった鉄骨や、引き剥がされた絨毯や壁。
天井からぶらさがるシャンデリアや電気ケーブルなどはそのままの状態です。
【高野会館 屋上】※あの日津波は写真の人が居る場所まで到達しています。

↓高野会館についての詳細が掲載されています。ぜひご覧ください。
【高野会館と「命のらせん階段」が「震災伝承施設」に登録されました。】
【語り部バスのご案内はこちらよりご覧ください】

そして今回、テーマになっているのが「Kataribeを世界へ」
当館で行われたシンポジウムなどでも意見交換がされています。

高野会館の語り部を終え、ホテルに戻ってきた後はワーキンググループ会場へ。

当館阿部女将より「Kataribeを世界へ」への取り組み、
背景や思いをご参加いただいた皆様に伝え、

そのあとに、ご参加いただいている施設様より
「過去の取り組み」「現状」「南三陸への想い」を紹介いただきました。

「Kataribe」を世界に発信するにあたり、
「誰に何を発信していくことが大切なのか。重要であるのか」

「訪日外国人向けに語り部を体験していく上で、
何をつたえていくべきなのか。対日本人に対しての違いは何なのか」

をグループディスカッションにて、意見の交換がおこなわれました。

この事業は1年を通して意見交換会やワーキンググループや統計調査を行い、
持続的で自走できる海外誘客を目指す取り組みです。

秋には、釜石でもワーキンググループを開催する予定です。
宮城・三陸岩手沿岸部が県を超え、1つになり今後も頑張ってまいります。

2日目は、
じゃらんリサーチセンターの松本様に
「現在におけるインバウンド事業」についてセミナーを行って頂きました。

そのあとは、1日目に意見交換をしたまとめを
また各チームに分かれグループディスカッションを行いました。

意見のまとめが終わったあと、
気仙沼へ移動し、「気仙沼伝承館」へ向かい、
こちらでは、気仙沼観光コンベンション協会の宝田様にご説明を頂きながら、
施設の見学を行いました。

今回の事業がまた次の取り組みにつながるよう、
情報発信をしてまいります。
ご参加いただいた皆様、引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントを残す on 「Kataribe(語り部)」を世界へ。キックオフミーティング㏌南三陸

Recruit SPIRITインターンシップ開催!

皆さまごきげんよう、ゆきでございます。

すこしご報告が遅くなりましたが、先月下旬に、㈱リクルート様主催の
インターンシッププロジェクトが開催されました!

リクルートインターンシッププログラム「SPIRIT」

こちらはリクルート様の地域貢献の一環で、

参加者は約1500名の中から選ばれた大学生・大学院生たちが参加しました。
一週間という短い間でしたが、南三陸という町を真正面から、
見つめ、考え、時にチームメイトとぶつかりながらも、
一生懸命に向き合って頂きました。

南三陸入りして二日目、実質南三陸初日です。

南三陸という町を知って頂くために、

学生様方にはまず「震災を風化させなための語り部バス」を体験して頂きました。

現場を実際に見ることにより、テレビよりも何倍も伝わったようです。

「他人事にはせず、自分事として教訓を伝えていきたい」
「若い世代の語り部がもっと増えるといい」
「語り部バスに乗車前と乗車後で、震災の印象が変わった」との感想もありました。

そして、女将さんの講話では震災当日から今に至るまで、復興状況や地域の課題など、
ゆっくりと、震災と南三陸の理解を深めて頂きました。

 

そしてまたホテルを飛び出し、地域ヒアリングの時間です。

まず、弊社所有の民間震災遺構「高野会館」をご見学頂きました。

 

 

当初20分ほどのご案内予定だったにも関わらず、熱心な学生様の真摯な姿勢や質問に、ついこちらも熱が入り、少し時間がオーバーしてしまうほどでした。

ここから、3つのチームに分かれて「南三陸てん店まっぷ」に掲載されているお店に立寄りお話を伺いました。

 

 

 

ここで回ったお店は、もともとあった場所ではありません。

被災し、もとの場所にはお店を建てられなくなってしまったために、 それぞれの場所でお店を開いています。それは大通りから入った目立たない場所であったり、人通りが少なく、再建したことを気づかれないような立地のお店もあります。

そんな店主の方々からは、震災の日、震災後の話、この場所に店を出すことを決めた話や地域の問題・課題などなど、現場のリアルなお話を伺い、また、それを受けての質問も多く飛び交いました。

皆さん一人一人の中で、だんだんと南三陸の全貌が見えて来たことでしょう。

そして迎えた、中間発表。フィードバックの時間です。

この中間発表では、主催者側の意図していることと、学生さんが考える内容と相違がないか、摺合せも兼ねています。南三陸を、外側から内側からたくさん見聞きしてきた今、どんな意見が出ることでしょう。


㈱リクルートライフスタイルの橘GMも駆けつけました。
 

 

まだ南三陸に来て数日ながら、大変立派な発表内容でした。

尾崎部長からも叱咤激励の言葉がかけられます。

それから学生の皆さんは一日のほとんどを、地域の研究と提案のためにチームメイトと話し合う時間となりました。(町内で使えるお食事券もお渡ししていたので、お昼に外へ出て利用するグループもありました)

そしてもちろん! 南三陸のおいしい海鮮炭火焼も楽しんで頂きました!

 

 
見てくださいこのしずる感!そして炭火でじっくり焼いたぷりっぷりのイカ!


志津川名産!鮭のちゃんちゃん焼もどどんと各テーブル一皿ずつ!

 
海鮮炭火焼きの王様、ホタテ!仙台名物の牛タンも炭火でジューシーに!


出ました!マグロの兜焼き!学生さんの熱意に応え、料理長も大奮発です。30センチをゆうに超える大きさのりっぱな兜、頬の内側にはコラーゲンや DNAがたっぷり。より良いアイディアが浮かぶかもしれません。 お腹も心もいっぱいになって頂きました! 朝から晩まで南三陸づくし、「南三陸の体」になってきましたでしょうか(^0^)/

そんな楽しい夕食の一コマをはさみつつ、みなさんはまたそれぞれのワークに取組みます。

そしてお越し頂いたのはちょうど第二回東北被災地語り部フォーラム開催の日。被災地の今とこれからの勉強のために、学生さん方にもご参加頂きました。

 

壇上でマイクを持つ場面も!館内においても、非常に心強い存在となりつつあります。

そして迎えた、最終発表日。

今まで1から南三陸を吸収してきた皆さんの集大成!毎晩遅くまでの話し合いや資料作りで、あまり睡眠がとれなかった方もいらっしゃったのではないでしょうか。

審査は、弊社女将と尾崎部長です。

またアドバイザーとして倉橋インバウンド部長に来ていただきました。

 

 

 
インバウンドの観点で、倉橋部長からの講評です。

 

 

皆さんのご提案、確かに受け取りました!

 

審査員がそれぞれのチームに混じりながら、フィードバック。

 

最後はお疲れ様の懇親会。

一週間ほんとうに頑張りました。

学生さんにとっては、それぞれの力に、私たちホテルにとっても若い世代の提案が新鮮で勉強になりました。

リクルートインターンシップSPRITご参加の皆さま、心より御礼を申し上げます。 まだまだ紹介しきれなかった南三陸の魅力もたくさんございますので、ぜひまたいつでも、南三陸に遊びに来てくださいませ!

★志津川名産タコしゃぶお試しあれ★⇒ツイッターフォローしてね♪
南三陸町にふるさと納税するなら⇒ふるさとチョイス
★次回のスターパーティは3/26(火)★

 

コメントを残す on Recruit SPIRITインターンシップ開催!

黄金回廊ネットワーク情報交換会が開かれました

こんにちは、むっちゃんです(*^^)

先日21日、当館にて
「黄金回廊ネットワーク」情報交換会が開催されました。

岩手県と宮城県、県をまたいだ約30の観光施設が集まり、
情報交換を行いました。

以前は
「旅のご案内」という冊子を作成しておりましたが、
黄金文化で繋がる地域ということもあり、
改めて「黄金回廊まっぷ」という地図を作成し、
お互いに信頼出来る施設同士の
営業ツールとして期待出来るマップとなりました。

こうした近隣地域の繋がりは、18年間続いております。

情報交換会の前には、
東北観光推進機構 専務理事推進本部長の紺野純一様による基調講演があり、
東北のインバウンドに対する取り組み」を
これまでの試みの歴史を交えながらご説明頂きました。

時間が足りない…というお声もありましたが、
多くの意見を頂戴し、たくさん学んだ大変有意義な会合となりました。

これからの観光は地域連携しながら、
集客力をつけていきたいと改めて実感した次第でございます。

黄金回廊まっぷ
南三陸ホテル観洋で配布しております♪

エリアのおすすめグルメが載っていたり、
各施設のホームページがすぐに確認できるようQRコードも付いていて
観光するにはぴったりのマップとなっています。

フロント前のパンフレット置き場にございますので、
お立ち寄りの際はぜひお持ち帰りくださいませ!

▼PDFをダウンロードすることも出来ます!▼

黄金回廊まっぷダウンロード

そして新たに
黄金回廊まっぷの公式Facebookもできました!
よろしければフォローしてくださいねヽ(´∀`*)ノ
こちら ⇒ 黄金回廊まっぷFacebook

マップ作成のみにとどまらず、今後は様々な施設様と提携し、
イベント等も開催する予定ですのでお楽しみに!

引き続き、よろしくお願い申し上げます!

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

冬本番!!
景色とお風呂がひとつに繋がるインフィニティ温泉で心も体もあったまろ♪

南三陸ホテル観洋の宿泊予約をするならこちら↓


公式ホームページからの予約がもっともお得です!
【直販価格】と書かれたプランを選んでご予約ください!

kirakirabanner.png
★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で9周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 黄金回廊ネットワーク情報交換会が開かれました