秋到来? ぇっ?

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

先週金曜、7日のことでしたが、東北南部まで いわゆる梅雨入り。

去年より5日早いのだとか。 いよいよ雨の季節の到来ですね。

 

さて、前回ご紹介した観洋眼下の岩で営巣しているカモメのつがいは、

雨にも負けず、しっかり卵を温め続けています。

ちょうど、温めを交代したばかりのツーショット ↑

布かビニールかわかりませんが 何か緑色の袋のようなものを

巣材に運んできていました。

短時間の観察だったので、どのように使われているのかは不明ですが

とにかく 卵はしっかりと温め続けていて 新しい命の誕生が楽しみです。

 

ところで、梅雨入りの中、南三陸町のお隣

石巻市桃生町では、早くも秋が到来しています。ぇっ?ですよねぇ・・・

一面に広がる 水田。

こちらは休耕田のようで、水面に空が映り込んで水鏡。

ほかの水田は、早苗がすくすくと育っています。

その向こうに目をやると、んっ?穂がたわわに実って 黄金色に色づいた圃場が

稲? もう実ってる!!??

いえいえ そんなわけもなく、その正体は・・・

麦畑 なのでした。

そうなのです、石巻市では早くも秋?いえいえ「麦秋」が到来していたのです。

それにしても、黄金色が目に鮮やかで、とてもきれいです。

この光景を眺めていると、なぜか とても幸せな気分になってしまうのは

Bluebirderだけでしょうか。ナウシカが渡ってきそう♪

豊かな「実り」と目に鮮やかな「黄金色」。

個人的な印象ですが、この場に身を置いていると、

どこか、心もこの色に染まり豊かさに満たされてくる、そんな気がしました。

水田の緑とのコントラストが 鮮やか!

写真は、六条大麦。

調べてみると・・・石巻市では、二条大麦(麦)、六条大麦(麦)の生産量が

全国でもトップクラスなのだとか。

1760tの収穫量は、宮城県内一位、全国でも六位です。

 

大麦は米などより繊維質が多く含まれているので、

古くから日本独自の技術で精白して加熱し平たくした押麦に

精白した丸麦や白麦に加工され、

消化を良くして食用にされてきました。

煎って粉にした麦こがしや、煎った実を煮出す麦茶も日本ならではの味わい。

 

それにしても、南三陸に来て7年・・・・・

石巻市が全国でも大麦の一大産地だったというのは、

お恥ずかしながら初めて知った次第です。

上空高くでは、おそらく畑の中に巣があるのでしょう

ヒバリたちがホバリングしながら けたたましく さえずっていました。

上の写真には、圃場に下り立とうとする一羽のシルエットが映り込んでいます。

 

Bluebirderのふるさと新潟では、少なくとも実家の近辺に麦畑は無く

普段 まず目にすることはなかった光景なので、

尚更のこと 美しく見えてしまいます。

それに、秋のススキが 冬に向かう もの寂しさを感じさせるのに対し、

初夏の大麦の実りには、みなぎる力も 感じ取れます。

初夏、南三陸町のお隣のまち石巻市では 秋の、

いえ「麦秋」色が楽しめます。

コメントを残す on 秋到来? ぇっ?

Bluebird!がやってきた!!

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

風薫る五月。自然が深く豊かで、

町自体がひとつの森のような南三陸町は 五月晴れの日は殊に気持ちがいい~♪

先日、遠巻きに束の間見かけたオオルリが、

なんと 観洋男子寮前に姿を現してくれました。

声がきれいで、瑠璃色の羽がきれい~♪。好きな野鳥のひとつです。

実は、

非番だったこの日、朝出かける際に目の前でさえずっているオオルリを発見。

早速、

車からカメラを持ち出して撮ろうとしたところ SDカードが入っていない。

カバンにあったカードを挿入したところ、残り撮影可能枚数 1・・・。

他のカードを入れると、あと8枚・・・。

焦りまくりながら

別のカードを入れ直して余裕で「撮れる」ことを確認した時はすでに遅し。

オオルリは飛び去り、とにかく悔しくてくやしくて

あ~ぁ・・・って落胆してしまっていた次第です。

えっ? でも こうして撮れてるじゃん!、ですよねぇ。

 

ええ、それが、午後 帰ってきたところ、

運よく、窪地の水路で水浴びを終えたオオルリが

比較的近くの枝にとまってくれた♪

羽が乱れているのは水浴びした後だから。

これはラッキー!とばかりに、カメラを構え、カシャカシャカシャ・・・。

三脚なし手持ちの望遠ですから、手振れ、相手ブレの上、ピンが甘いのですが

全体的な画面の「雰囲気」でご覧頂く ということでご勘弁ください。

 

ひたすら、羽づくろいしてました。

よ~く観ると、幼鳥から成長になりたてと思しき一羽。

まだ「お色直し」が完全ではなく、

背中の一部に茶あるいは灰色っぽい部分が残って

淡く斑になっているのがわかりますね。

羽は成長と共に、真っ青で鮮やかな瑠璃色に変わって

立派な青鳥、いえ成鳥になっていきます。

 

羽づくろいの後は、

クルミの木の枝から垂れ下がった花の辺りをついばんでいました。

どうやら、花の咲いたクルミの木がお好みのようです。

逆光を編集で補正したので、白っぽい画像ですみませんが

おそらくは この若ドリ、この辺りでは新参者と思われます。

( ↓ 頭上の飛翔体を警戒して身構え 体が細くなっています)

というのは、野鳥たちは自分の縄張りを主張する際に

高みでさえずるようですが、

写真でご覧いただいている個体がさえずっていたところ、

以前から 夏場この近辺、といっても少し奥に「陣取っている」

ほかの個体が「牽制」にやってきて、

両者(両鳥)で 縄張り争いをしているのを目撃したからです。

 

争いの際には、どうやってその音を発するのかはわかりませんが

低くうなるような「ブーン」という音とか 「カチ カチ!」といった音を立てて

「威嚇」し合います。

 

「カチカチ」という音は、

キビタキやルリビタキ、ジョウビタキ、コサメビタキなど

いわゆるヒタキ系の鳥が発する音です。(注意:ジョウビタキはツグミ科)

その音は、昔、火を起こすのに使った火打ち石を打つ音に似ていて、

これが「~ヒタキ」という名が付いた理由なのだそうです。

 

まさかオオルリが「カチカチ」音を出すのには驚きましたが、

図鑑を見れば オオルリもヒタキ科の野鳥なので、

取り立てて不思議なことでは なかったようです(笑)。

 

しかし、クルミの木の「利権争い」とも見られる両者の抗争は

現在も終わらない模様です。

この若ドリ、

「先住者(鳥)」に追い立てられても 立ち去る気はないようで、

この土日も さえずり続けていました。

以上、二羽のオオルリの抗争が続く観洋男子寮前から

Bluebirder*Sがお伝えしました。

コメントを残す on Bluebird!がやってきた!!

夏は来ぬ

一週間ぶりのご無沙汰です。

BlueBirder*Sです。

真夏のような暑さに見舞われ、体力消耗・・・なんて方も

少なくないのかもしれませんね。

何せ 関東甲信地方で

いわゆる「梅雨明け」(今はこう言わないのですが)した29日には、

山形と埼玉・寄居で 37.5度??!!になったほか、

全国各地で軒並み35度超えの猛暑日に!

仙台でも31.3度、県内各地でも30度超えでしたから、

それはもう あ゛つ゛い゛~゛ あ゛つ゛い゛~゛・・・・・

7月の声を聞いた昨日も 関東・東北、日本海側各地で

30度を越え猛暑日に迫りました。

暑さ負けしないよう、水分補給を しっかりしなきゃ!です。

 

いよいよ7月、季節は夏!

窓辺の花瓶も ひまわり。

夏鳥 オオルリも さえずり。

(距離30~40mの樹の天辺 見上げ曇天逆光補正の残念な画像。辛うじて瑠璃色)

そう、確かに 夏でなのです。

そして、観洋では、夏休みに備えてプールの準備が着々と進められています。

「プールネタ」は、30日のむっちゃんと重なり恐縮ですが、夏本番直前の今、

敢えて『観洋にプールあり!』をお知らせするため 重ねてのご紹介です。

この24日には、館内のスタッフ総出で プール掃除をしました。

ちょうどこの日も、暑~い日でした。

去年クローズされてからおよそ10か月、

プールの中は 沈んだ枯葉や土埃でいっぱい。

プールは去年のシーズンを前に塗装し直すなど リニューアルしていましたが、

こびりついた汚れを落とすのは そう容易くありません。

水をかけながら、デッキブラシに洗剤をつけて汚れを浮かせ、

スクレーパーや水の高圧洗浄機で 掃き流しました。

暑い日差しの下、皆 汗だくになって 頑張りました。

次の日、25日

むっちゃんたちが プールサイドを清掃した結果・・・

ど~です、きれいになったでしょ? 海辺のプール~♪

あとはビーチパラソルを配置するだけ!

 

こちら 25x30mのプールは、今月21日にオープンします。

宿泊の方ばかりでなく、外来のみなさまも どうぞ!

このプールに 子どもたちの歓声が響き渡るのももう直ぐ。

この夏も、みなさんのご利用をお待ちしております。

☆一部、去年の清掃作業の様子を流用しております。ご容赦下さい。

コメントを残す on 夏は来ぬ

お寺カフェ

======================

本日7時58分に大阪市北部にて最大震度6弱の地震がございました。

亡くなられた方もおられますので、
ご冥福をお祈り申し上げますとともに、
大きな揺れに見舞われた地域の皆様に
少しでも早く平穏が戻りますよう
心よりお祈りを申し上げます。

2018年6月18日 南三陸ホテル観洋 スタッフ一同

======================

一週間ぶりのご無沙汰です、BlueBirder*Sです。

ここは、南三陸町のお隣 登米市津山町柳津にある 柳津虚空蔵尊。

障子の中に、鳥を見つけました。

この鳥が何かはわかりませんが

いい 雰囲気♪ 和みのあるデザインです。

実はここ、柳津虚空蔵尊の一角にある、お寺カフェ。

本堂よりスキップで30秒。

江戸時代に建てられた旧庫裏(くり)で

囲炉裏の座敷でお蕎麦・お茶でゆっくり時間を過ごせる空間になっています。

ちなみに庫裏(くり)というのは、寺院の台所にあたる建物のこと。

この日は 団体のお客さまの押し花教室で賑わっていて

残念ながら 囲炉裏の傍ではくつろげませんでしたが、この部屋も素敵でしょ?

初めて入ったのですが、ゆ~ったりと落ち着ける雰囲気が いい。

玄関の扉を入った瞬間、もうそこは 少し空気が違って、

不思議と落ち着き 心洗われる くつろぎの空間。 気持ちが休まりました。

ステンドグラスの灯りも いい~。

 

この日は、一年の厄が祓われる、と言われている

お寺カフェ「夢想庵」オリジナルのお蕎麦を頂きました。

器も洒落ていてとにかく おいしかった♪

境内のさつきは満開。

同じ境内には 樹齢千年とされる イチョウの大木が どっしりと鎮座。

柳津虚空蔵尊は 鬱蒼とした山と森の緑に包まれています。

境内に身を置くと、数々の野鳥の声が聞こえてきます。

中でも撮りたかったのが サンコウチョウ。

ついに 柳津虚空蔵尊で 念願のその姿が撮れました♪

長い尾羽と、目には青い縁取り。それに クチバシも青い! ユニークでしょ?

大きさはスズメくらいですが、雄の尾羽は30センチメートル超え。

日本では夏鳥として本州以南の暗い林で繁殖し、冬は東南アジアに渡ります。

鳴き声が「ツキヒホシ(月日星)」と聞きなしたことから、この名が付いています。

 

が、このサンコウチョウの姿、

残念なことに、手前の笹の葉の緑色をかぶってしまっています。

こんなに長い尾羽を持っているにも関わらず、

飛ぶスピードがとにかく速い上に 動きが俊敏。

枝葉の間をスルリスルリと飛び回り 物陰に回り込むので、

「運よく」姿を見せてくれるのはほんの一瞬。

だから 「彼」の姿をくっきり美しく捉えるのは至難の技なのです。

撮り損ないに補正を重ね まるで下品に塗りたくったような色合いになってしまいました

余りお見せしたくない画像なのですが、あくまでも、境内にサンコウチョウが居たという

証拠写真とご理解ください。(言い訳タラタラ・・・)

もう一枚。これもブレてるし太陽光に「アイシャドウ」と尾羽が白く飛んでいます。

月・日・星ホイホイホイと 鳴くから、三つの光の鳥、サンコウチョウ。

サンコウチョウにあやかって、被災地南三陸町も月・日・星ホイホイホイと

いつまでも輝きを失わない町になってくれればと願う今日この頃です。

とにかく、心洗われるパワースポット 柳津虚空蔵尊へ足を運んでみて下さい。

お寺カフェも 深い緑も 野鳥のさえずりも お勧めです♪

コメントを残す on お寺カフェ