神割崎でキャンプ!!

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

夏に向けて草刈りなどが始まり、
通勤途中は草の香りと海風が混じって
夏だなぁ~と思いながら運転しています。

そんなこんなで..題名にも記載したので
分かってしまった方はいらっしゃるかと思いますが…
神割崎でのキャンプの様子をご紹介!

インタビューをしたわけではなく..私がしたわけじゃないんですが.

「え?じゃあ誰が..???」

実はまだアップされていないのですが、前回のニッコウキスゲを撮影しに
行った際、尾崎Pが「実は月末にここ(神割崎)でキャンプするんだよね」と
ロケ中に言っていたのでした!

そのため、キャンプ場の紹介を兼ねて
ありささんと一緒に尾崎Pのキャンプ当日にロケを実行!!

当日も良い天気(*´ω`)

「神割崎キャンプ場」
⇧こちらから公式HPにとべます。

今現在、注意していただきたいのは
「フリーサイト」の「サニタリーハウス」が工事中のため
夏頃(5月~2-3か月との事でした)までは利用ができないところです。

キャンプ場として利用する分には
事前予約(当日でも大丈夫との事ですが空きがあればご案内可能との事)が必須。
今回は「フリーサイトプラン」でのキャンプをお送りします!

さて当日、尾崎Pはどこに….
第1キャンプ場から探し続け、奥まで歩き回りました。
「居ない…….???」となりつつ、頂上付近に白い灯台を発見!
ソーラーパネルも設置されていて、「これはまわる…のかな」と思いつつ
最奥に第4キャンプ場の看板を発見!

覗いてみると……尾崎Pグループを発見!実はゲストさん2名、
計3名でのキャンプを行っていました!

感染症対策のため、ソロキャンのようにテントは各自。一から組み立てます。
(テントを組み立てる尾崎P↓)

ゲストさん2人もテントを組み立て…

少し大きめだったので観洋ちゃんねる班も一緒に組み立てました!

組み立て終わり、各自の拠点が完成!↓
写真右方向に海があるので、そちら側に入口をつくりました♪

このテントを組み立てるのもキャンプの醍醐味!
ソロキャンも自分の時間を有意義に使えますが、少人数だと
何か忘れても「…持ってきてるよ(`・ω・´)キリッ」と言うやりとりもできますね(笑)

たき火やBBQをする際は、
レンタルをするか、備え付けの釜土を使うか..
とにかく、直接地面への着火は火災に繋がりますので、
↓このような専用用具を持参して楽しみましょう!
灰は捨てる場所がありますので、必ずそちらをご利用ください!

上記に焚火用の薪をのせて…

火をつけると…こんな感じ!
まだ明るい時間なのであまり見えにくいですが
この木が燃える香りとか音が心地いいですよね..

そして!尾崎Pの調味料コーナー!
100円ショップのコスメを入れる容器に…
調味料を入れてポーチに入れればかさばらないし荷物も半減!

そして、今回尾崎Pがご馳走してくれたのは…
「アクアパッツァ」!カレイとあさり、トマトで作って頂きました!

こちらの調理の様子も全て観洋ちゃんねるで紹介しますね~!
肝心なお味ですが…にんにくと、あさりの旨味。そしてほろほろなカレイの身。
お酒が欲しくなるレベルで美味しかったです!

そして次に取り出したのはスマホ…ではなく、スマホサイズの鉄板!

焼いているのは….当館でも別注料理でご注文いただけます仙台牛..!
小さな鉄板のため熱伝導が早く、美味しく頂きました…。

このあと、ゲストさん2人もそれぞれ持ち寄った具材で調理を行ったそうです。
確かに、全員で同じものを食べるのもいいですが、
各個人で作って、今度またするときに別な人のメニューをまねてみるのも楽しそうですね!

そして暗くなったら欠かせないランタンも尾崎Pはお持ちのようで…

明るいので分かりにくいですが、
ぼんやりとした火がゆらゆら揺れるのは夜に見たらきっと癒されること間違いなしですね。

そして!
神割崎キャンプ場では星空もオススメ。
開けた場所にあるために、海の波音、ウミネコの鳴き声、
生活音がほとんどない最高の空間です♪

ぜひ、ソロキャンでも仲間同士でのキャンプにも最適な神割崎で
自然と触れ合ってみてはいかがでしょうか!

下見を兼ねて、景勝地と一緒に見に行ってみるのもオススメですね。

コメントを残す on 神割崎でキャンプ!!

『震災から10年 応援ありがとうセット』のご案内!

みなさま、おばんです!

売店・南三陸復興ストアのフジタです!!

 

もう少しで東日本大震災から10年が経ちます。

この10年間、全国、全世界から数えきれないほどのご支援や応援をしていただきました。そんなみなさまからのたくさんのご支援や励ましに感謝し、

『震災から10年 

応援ありがとうセット』

をご用意させていただきました!

私たちだからこそできる恩返し、それをこのセットでお届けいたします!

セットは全4種

① 南三陸お楽しみセット

② 三陸産 刺身用あわび90g-100gサイズ4個+ホタテ6枚セット

③ 南三陸ごちそうセット

④ 三陸産たこ・メカジキしゃぶしゃぶセット

 

送料は全セット無料!!

三陸の「おいしい」を詰め込んだ各セットを、ご自宅用に、贈り物にご利用くださいませ!!

ちなみに明日25日は‟5のつく日”!通常時よりもポイントアップです!

この機会に是非お求めくださいませ!!

 

 

追記:

最近、本格的にぽっちゃりさんになってきたので、トレーニングを始めたフジタです。

調子に乗ってトレーニング後30分以内のゴールデンタイムにプロテインを飲んでいたのですが、お腹が引っ込むよりも先に、胸筋、腕、お尻から太ももにかけて体格が良くなってきました、、、

「あれ?なんか思ってたんと違う、、、」

現役時代、どんなに食べて、どんなにプロテインを飲んでも全然サイズアップしなかったのに、、、

あの頃この成長が欲しかった、、、

周りの方からは‟良い”表現で「貫禄が出てきたんじゃない?」なんて(笑)

スリムフィットなスーツが着たいフジタなのでした、、、

それではまた来週!!

 

コメントを残す on 『震災から10年 応援ありがとうセット』のご案内!

世界へ!

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

まだまだ寒い日が続きますが
どこか春の陽気もぼんやりと感じられる日々です。
春を探しに家の山にでも登ってみようかと思います(`・ω・´)✨

さて、昨日私はどこにいたかというと…
「海の見える命の森」にて生中継のアシスタントをしていました!いい天気!!
初めて「ジンバル」という撮影機材を使い、
完璧なものにはまだまだですが掲載写真も撮影させていただきました!

当日開催されたオンライン語り部ツアーは
復興庁様、3.11伝承ロード機構様が主催となり、
「zoom」を使って「オンライン語り部ツアー」を開催。

申込・受付は終了しておりますが、HPがありますのでこちらで掲載致します。
(下記の画像をタップしてページをご覧ください※内容は英語ですが翻訳できます)
※下記写真は以前に撮影されたものになります

弊社所有の震災伝承施設高野会館を元志津川高等学校校長山内先生、
そして海の見える命の森は当館インバウンド部長の倉橋が
英語でオンライン語り部を行いました!※撮影時のみマスクを外しています。

ときめきピチピチだよりでも登場していますよ📝

今回の語り部オンラインで視聴者の皆さんへ海の見える命の森から発信したのは
「活動開始の背景」「この活動が目指すもの」そして「南三陸からのメッセージ」

倉橋部長が持っているのは「海の見える命の森」の未来予想図。
植樹をしている桜が成長を遂げたら山全体が彩られます。

語り部の中では山頂にある石碑「津波てんでんこ」も伝えられました。

そしてミャンマーから南三陸にやってきた「南三陸大仏」の事も。

「興願」「施無畏」「鎮魂」….言葉だけではなく、
南三陸大仏と照らし合わせながらジャスチャーで意味を伝えました。

そして完成した「バイオマストイレ」の事も。

こちらは利用後におがくずと一緒に混ぜ合わせる事により、
堆肥に代える事もできる水を使わない環境に優しいトイレになっているんです。

お披露目会の時のブログはこちら!⇩2019年のものになります🌱
「地域住民の憩いの場!海の見える命の森で…Let’s tea party♪」

次に活動拠点、体験活動も行っている「ピザ窯」のある場所へ!

開拓をする上で切った木を使ってピザを焼いたり、お湯を沸かしたり..

⇩こちらの大きな鉄板ではもっとたくさんの食材を調理できます。

調理のできる場所の確保、炎の確保。
今後は井戸の建設も予定されています。
災害があった時にこの場所が避難できる、安心できる場所になるように。

海外の方を中心におよそ50人がオンラインツアーをご視聴頂き、
多くの方々にご共感頂き、沢山の応援メッセージを頂戴しました。
(情報の取り扱いにより参加者様のお名前は伏せてあります)

終わった後はちょっとブレイクタイム☕

海の見える命の森では定番になった「クロモジ茶」を頂きました🍂
すっきりした味わいでとても飲みやすいんです。

今回、海の見える命の森が世界へ発信されました!
今までもSNSを通し、様々な形で紹介をしてきましたが
生中継でリアルタイムで繋がる事ができたのはまた一歩
南三陸、海の見える命の森の良さを伝えることができたかなと思います。
この場所はどなたでも自由に散策が可能でございます。
ぜひ、南三陸にお越しの際には山頂から景色をご覧ください( *´艸`)

ではまた来週お会いしましょう!

コメントを残す on 世界へ!

当館の阿部女将が雑誌に掲載されました。

皆様こんにちは、マッキーです。

最近は寮の部屋に居る時間も多く、
通販の段ボール等が結構溜まっていたので、
収納ボックスを買い、
少し掃除(段ボール整理)に力を入れたら、
若干部屋がスッキリしたような気がします。
断捨離は苦手なのですが、
この機会に押し入れの中や本棚なども徹底的に整理していきたいと思います。

今回は当館の阿部女将が雑誌などに掲載されましたので、
簡単にご紹介いたします。

まずは、日経トップリーダー会報誌「Monthly」2021年2月号に
当館阿部女将のオンライン取材の様子が掲載されました。

そして、世界文化社様発行の「家庭画報」2021年3月号、
244ページに阿部女将に関する記事が掲載されました。
こちらはぜひご購入いただいてお読みいただければと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「魅力」を一足先にご自宅で楽しめるのは「みやぎご馳走セット」がおすすめ。

みやぎおかみ会 公式HP

「みやぎご馳走セット」の経緯、商品の説明はブログをご覧ください!
「「みやぎご馳走セット」販売開始!」

コメントを残す on 当館の阿部女将が雑誌に掲載されました。

ジャパンツーリズムアワード受賞報告!

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

少しずつですが暖かくなってきたような…?
まだまだ雪が雨に変わったりその逆もあったりですが…
早く本格的に暖かくなってほしいと願う今日この頃です。

さて!
この度、「海の見える命の森」で行っている体験プログラムが

2020年度第6回「ジャパン・ツーリズム・アワード」
【国内訪日旅行部門】入賞

を受賞しました!

(下記の画像からPDFへとべます。海の見える命の森の入選ページは「14」です)

東日本大震災の伝承活動と、
植樹等の環境などを盛り込んだことが評価されました。

表彰状も頂きました✨
海の見える命の森事務局長の昆野副支配人も一緒にパシャリ📸

海の見える命の森 山頂には「津波てんでんこ」の石碑があります。
過去のブログでも紹介していますが、この言葉の意味は
「地震がおきたら津波がくるから てんでばらばらに逃げなさい」

「てんでばらばら」と言うのは「各自、おのおの」と言う意味です。
防災としては避難場所を家族や個人で予め決めておくのが安心ですが、
出かけた先だと決めていた場所ではなくなってしまいます。しかし、
そこが決めていた場所じゃなくても、とにかく安全な場所へ逃げる事。

出かけた先でもどこに避難口があるとか、館内案内などで
見ておくと安心度もアップしますね!

そしてこの石碑と向かい合わせにミャンマーから寄贈された
「南三陸大仏」が山頂に鎮座しています。

この場所が祈りの場、そして、避難場所としても使用できるよう
昨年は釜土が完成し、今後は小屋つくりを進めていきます。

今回、入選を頂きました「体験プログラム」と言うのは….
(下記に詳細の画像を貼り付けますのでぜひご覧くださいませ)
※今現在、感染症対策のため受付を停止中です。
開始等は提示を行いますので何卒、よろしくお願いいたします。

パンフレットはこちら!

そして「海の見える命の森「学生委員会事務局」公式HPもございます。
写真で今までの活動を振り返ったり、PR動画なども掲載しています。

当館の「ときめきピチピチだより」の検索欄で「海の見える命の森」と
調べれば過去のものも出てきますのでぜひ、ご覧頂ければ幸いです。

また「海の見える命の森」で皆さんと活動できる日々を心待ちにしながら
これからも海森スタッフ、観洋スタッフ一同邁進してまいります!

「魅力」を一足先にご自宅で楽しめるのは「みやぎご馳走セット」がおすすめ。

みやぎおかみ会 公式HP

「みやぎご馳走セット」の経緯、商品の説明はブログをご覧ください!
「「みやぎご馳走セット」販売開始!」

コメントを残す on ジャパンツーリズムアワード受賞報告!