震災の砦

3月16日深夜 福島県沖を震源に発生した大地震
南三陸町での震度6弱は
過去にBluebirderが体験した中で一番強い揺れでした

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

それでも
津波注意報発令下
志津川湾では潮位に大きな変化は無く
何よりでした

ただ 被害に遭われたみなさまには
心よりお見舞い申し上げます

また 東北新幹線が
しばらく運転見合わせになっているほか
19日の河北新報朝刊によれば
宮城・福島両県では大崎市をはじめ
8市町のおよそ3万4800戸で断水が続いているとのこと
一日も早い復旧を お祈り申し上げます

残念なのは コロナ感染拡大に幾分落ち着きが見え始め
蔓延防止法も解除へ
GoToトラベルキャンペーン再開もささやかれ
いよいよ行楽の動きに期待が寄せられた矢先
春彼岸3連休目前の大地震だったこと

当館でも「東北新幹線が止まっているから」
あるいは「地震のため土日も仕事が入り休めないので」
といった理由で キャンセルが発生しました

電話口からは 残念 且つ申し訳なさそうな声で
「次 また泊まりますから」と
お気遣い頂きましたこと 心より感謝申し上げます
ありがとうございます

幸い この度の大地震でも
当館 南三陸ホテル観洋には大禍なく
通常営業を続けることが出来ています

それも 硬い岩盤の上に構築された 堅牢な耐震構造のお陰

岩盤の上というのは 良くしたもので 振幅:揺れの幅が狭く
3.11でも びくともしなかった観洋では
一切怪我をした人も無かったばかりか
5階フロアにある売店の陳列棚の品物も
ティーラウンジの食器も 一切落下破損することはありませんでした

これは 今回の震度6弱の地震でも同様で
お客様はご無事でしたし 落下破損物も無し

3.11の際には 600人以上の町民を受け入れ
10m越えの津波で浸水を免れた3階以上の部屋は
二次避難所として
ご家族ごとに一部屋ずつご利用頂くことが出来ました

とにかく 今回の激しい地震でも 大禍の無かった観洋は
安心してお泊り頂ける施設といえるでしょう

古くから 津波との歴史を持つ 三陸沿岸にありながら
10mを超える津波からも 平然と命を守る”砦(とりで)”的な存在です

地震列島とも呼ばれる日本
地震による災害が いつどこで発生するかわからないのであれば
旅宿は 安心な施設にしたいもの・・・

国内の宿泊施設の中でも 当館 観洋は
かなり高い安心感を持ってお泊り頂ける宿のひとつではないか
そんな風に Blubirderは思います

さて 地震の時はどうしていたものかわかりませんが
いつもの港の コクガン
19日午後確認できたのは4羽だけ

画角からは 1羽 はぐれていますが

それでもこの日の朝には
センターで170羽以上を確認していますから
志津川湾には まだまだ多くのコクガンが”越冬中”と見られます
北帰行の前に 会いに来てみてください

コメントを残す on 震災の砦

令和3年度青少年の体験活動推進企業表彰にて優秀企業として表彰されました@海の見える命の森

こんにちは、むっちゃんです。

東日本大震災から11年が経過しました。
今も、当時の状況を思い出すことができますが
いつかこの記憶は薄れ、年月の経過とともに
東日本大震災を知る人も少なくなっていきます。

いつか来る未曾有の災害に備えるため
これから先も防災、減災、伝承活動に取り組んでいきたいと思います。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

震災伝承施設である「海の見える命の森」は
東日本大震災を通じて『学んだ事』『後世に伝えねばならない事』
『祈りたい事』『残したい風景』を伝える場所として
南三陸町の町民有志によって2016年より整備を開始しました。

志津川湾と山岳地・市街地の全体を見渡すことができる台地上の展望は
震災と自然を伝承・学習するのに最適の地理環境であること
小・中学生の<総合学習>や、高校生・大学生の<地域社会との連携教育>や
<地域に根ざした学習活動>が可能な『総合的な学習の場』となっています。

「海の見える命の森」森づくり体験学習を行う南三陸ホテル観洋が
令和3年度青少年の体験活動推進企業表彰にて
優秀企業として表彰されました。

先月、プレゼン発表会と授賞式が行われ
昆野副支配人が館内からリモートで参加しました。

この度の表彰、誠にありがとうございます。

海の見える命の森は、いつでも、どなたでも出入り自由です。
ご宿泊のお客様も、日帰りのお客様も、付近を散策したい時にオススメです。
季節によって山の表情は変わりますので
一度行ったことがある方も、何度でも足をお運びくださいませ。

海の見える命の森は
様々な体験ができるよう着々と整備が進められています。

春はお花見をして、夏はウッドデッキで森林浴など
四季折々の楽しみがいっぱいですね。

人と自然との持続可能な共生と共創のため
引き続き、自助共助プログラムを行って参ります。

コメントを残す on 令和3年度青少年の体験活動推進企業表彰にて優秀企業として表彰されました@海の見える命の森

震災伝承施設~せんだい3.11メモリアル交流館・後編~

皆様こんにちは、マッキーです。

今回は震災伝承施設「せんだい3.11メモリアル交流館」後編をお届けいたします。
先週は1階部分にある交流スペースについてお伝えいたしましたが、
本日は2階の展示室及び屋上庭園についてお伝えいたします。

まず展示室前に見えるのが…「仙台沿岸イラストマップ」

来館者の皆様が沿岸部の思い出を付箋で貼り、
仙台在住のイラストレーター佐藤ジュンコ氏が少しずつ描き上げる、
誰もが参加できる展示となっています。

そして今回のメインとなる展示室の中へ、
この展示スペースの床や机の天板には、
環境にも配慮しているのでしょうか、
津波により東被害を受けて解体された
東六郷小学校の体育館の床板を再利用しています。

また館内の各所にある椅子は
震災遺構となった荒浜小学校の椅子が使われています。

震災以前の仙台市沿岸部の様子から始まり、
震災時の被害状況や復旧・復興に向けた状況を多くの写真やパネルを使用して、
被災者の声も織り交ぜながら分かりやすく説明しています。

この中で個人的に気になる写真をいくつかピックアップいたします。

1枚目は震災前の深沼海水浴場。
震災前に多くの人々で賑わうこの場所も、
地震による津波により多くの人々が犠牲になりました。

私はその時、米沢で高校生活を送っていたので、
実際に現場には居ませんでしたが、
当時の報道・映像で見る仙台市沿岸部(荒浜地区)の様子は、
今でも少し覚えている程、衝撃的な内容でした。

2枚目は荒浜小学校。
恐らく地域住民の方々でしょうか、
多くの人が屋上に避難しているのがよく分かります。

そして辺り一面が黒い津波に覆われ、
荒浜小学校がまるで孤島のように見えます。
この荒浜小学校は2017年より震災遺構として公開となっています。

そして3枚目は震災から2年後に日本一になりました
東北楽天ゴールデンイーグルス

多くの被災者を勇気づける活躍に、
心を打たれた東北の皆様も多いはずです。

また展示室内には、
この一角だけタイムスリップしたかのような雰囲気漂う中で、
昭和30年代の昔話を聴く事ができるコーナーと…

こちらの一角は、
まるで絵本の中に入ったかのような空間で楽しめる、
仙台市東部沿岸地域の伝承と物語の企画展もございました。

さらに上の階へ進むと…
データで見る3.11として、
震災と健康に関するパネル等がございました。

そして屋上庭園は、
木目の床と植物が街中の喧騒を忘れらせる空間となっています。

ベンチも何席がございますので、
晴れた日はここでランチとかも良いかもしれませんね。

また荒井駅周辺や仙台市内の様子も遠くに見ることができます。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

ああ\ 三陸の美味しい海の幸や加工品、雑貨まで勢揃い! /

お買い物はぜひ、ネットショップ「南三陸復興ストア」で!

Yahoo!ショッピングはこちら↓

楽天市場店はこちら↓

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

 【観洋ちゃんねる】 動画アップ! 

当館では宿泊者様限定で
仙台駅東口より無料シャトルバスを運行しております。
仙台駅のどこから乗るの? 何時に出発するの?
どれくらいの時間がかかるの?といった質問にお答えするべく
観洋ちゃんねる班のメンバーが実際に乗車し
撮影を行いました。
ぜひご覧ください♪

いいねチャンネル登録もよろしくお願いしま~す\(*ˊᗜˋ*)/

ああああ \ 感謝 / チャンネル登録者数900人突破
公式YouTubeチャンネルはこちら⇒南三陸ホテル観洋【公式】
ああああ୧(`•ω•´)୨ 目指せ!チャンネル登録者数1000人!! ୧(`•ω•´)୨

コメントを残す on 震災伝承施設~せんだい3.11メモリアル交流館・後編~

震災伝承施設~せんだい3.11メモリアル交流館・前編~

皆様こんにちは、マッキーです。

今回は少し足を伸ばして、
仙台市若林区にある震災伝承施設。
せんだい3.11メモリアル交流館をご紹介いたします。
(仙台の歯医者に寄るついでに撮影してきました)

こちらは仙台市営地下鉄東西線、
東の終着駅にあたる「荒井駅」の構内にある為、
気軽に立ち寄れるスペースでございます。
(私が当時大学4年生の2015年12月に開通して、
バイトの時等にたまに利用していた路線です)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そもそも「せんだい3.11メモリアル交流館」とは…

2011年3月11日。
大きな痛みとともに、
数々の大切なことを私たちの中に呼び覚ますことになったあの日を起点にして、
過去を見つめ直し、今までを振り返りながら、
これからをともに考え、語り合い、自由に表現する。
せんだい3.11メモリアル交流館は、
東日本大震災を知り学ぶための場所であるとともに、
津波により大きな被害を受けた仙台市東部沿岸地域への玄関口でもあります。
記憶と経験を媒介に、
コミュニケーションを通して知恵と教訓を紡ぎ出し、
未来へ、世界へとつないでいく拠点となります。

せんだい3.11メモリアル交流館様のパンフレットより抜粋

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中に入るとまずは、
各震災伝承施設等の資料と…

「絶滅のおそれのある種」として登録されている、
メダカの水槽がございます。
(西の終着駅、八木山動物公園の協力もあるのかな…)

更に進むと、
1階は交流スペースになっています。
動画を流すタブレットや各種資料があり、

壁面には仙台市東部沿岸メモリアル立体地図がございます。
こちらは木の凹凸や色合いで標高や津波の浸水域を表しています。

各主要施設はカラフルな目印が置かれています。

地図でよく見てみると、
一番色の薄い津波浸水域が、
結構内陸部まで押し寄せていた事がよく分かります。

そして奥には、
3.11震災文庫と題した震災関連の本を見る事ができます。

更に脇には大事に保管されていたのでしょう、
震災翌日の3月12日から約1か月分の河北新報が閲覧可能な状態でございます。

そして1階と2階の踊り場には、
「わたしたちの3.11」と題してあの日の出来事は綴られています。

仙台七夕の短冊を用いて、
来館者同士が当時の状況や復興への想いを共有する事ができます。

本日はここまで。
次回は2階にある展示室や屋上庭園等をご紹介いたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【お知らせ】
【2/27~28 第7回全国被災地語り部シンポジウムIN東北】開催延期について

開催に向けて準備を進めておりました
「第7回全国被災地語り部シンポジウムIN東北」
でございますが、

新型コロナウィルス感染症の感染拡大が続いている状況下、
2022/2/27~28での開催を延期させていただくこととなりました。

開催に向けて万全の感染防止対策を講じることを前提としてまいりましたが、
宮城県内においても感染拡大状況に歯止めがかからず、
また、感染力がさらに強い傾向にあるという点も鑑み、
残念ではございますが、
主催者側にて開催延期の判断とさせていただくこととなりました。

お問い合わせをいただいた方々、参加を予定していた方々に関しましては、
状況を鑑みて開催延期となったことを
ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

[全国被災地語り部シンポジウムin東北実行委員会]facebookページはこちらをクリック。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ああ\ 三陸の美味しい海の幸や加工品、雑貨まで勢揃い! /

お買い物はぜひ、ネットショップ「南三陸復興ストア」で!

Yahoo!ショッピングはこちら↓

楽天市場店はこちら↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観洋ちゃんねる】 動画アップ! 

新番組始動!!
その名も「観洋ネットショップTV
第1弾である今回は新商品「気仙沼港町パスタソース」をご紹介!
三陸産のイワシがゴロっと入った
塩レモン風味とペペロンチーノ風味の2種類を使用し
パスタ以外にチャーハンも作ってみました!

ぜひご覧ください♪

いいねチャンネル登録もよろしくお願いしま~す\(*ˊᗜˋ*)/

ああああ \ 感謝 / チャンネル登録者数900人突破
公式YouTubeチャンネルはこちら⇒南三陸ホテル観洋【公式】
ああああ୧(`•ω•´)୨ 目指せ!チャンネル登録者数1000人!! ୧(`•ω•´)୨

コメントを残す on 震災伝承施設~せんだい3.11メモリアル交流館・前編~

震災から10年目の3.11

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

震災後今日まで、国内外問わずたくさんの方々に
ご支援やお励ましのお言葉を頂戴し、心より感謝申し上げます。
今後も震災を風化させないための「語り部バス」や
震災伝承施設「高野会館」と「命のらせん階段」をとおして、
防災・減災の活動を世界に広げ、
震災の教訓を後世に、
そして未だ被災していない未災地の人々に伝えてまいります。
最後に自然災害で亡くなられた方々のご冥福を衷心よりお祈り申し上げます。

株式会社阿部長商店 南三陸ホテル観洋
代表取締役副社長 阿部 隆二郎

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

震災から10年の節目を迎える本日。
当館スタッフも5階のロビー・ラウンジに集まり、
震災で亡くなられた方々に追悼の意を表し、
東日本大震災が発生した3月11日の14時46分に黙祷いたしました。

本日は天候にも恵まれ、
眼下に望む志津川湾はとても穏やかに見えました。

そして当館から歩いて15分程。
ここ「海の見える命の森」では、
ミャンマーから寄贈された南三陸大仏様が鎮座しております。

今年も新型コロナウイルスの影響で参加できない人も多い中、
この特別な日に様々な想いを持った約60名の皆様が集まり、
「海の見える命の森追悼セレモニー」を執り行いました。

こちらでも、14時46分にはお集まりいただいた皆様が、
志津川湾を眺め、合図とともに黙祷いたしました。

327人の命が助かりました震災遺構「高野会館」

昨年は震災復興祈念公園がオープンし、
南三陸町志津川地区の街並みは年々変わる中、
津波の脅威を後世に伝えるため、
重要な役割を果たすとともに、
この町の復興の様子を見守り続けております。

2012年2月より運行している「震災を風化させない為の語り部バス」は
戸倉地区と「高野会館」の2か所を主に立ち寄るコースでございます。
朝8:45出発の通常コ―ス、
朝10:15出発の高野会館特別コースがございます。

3月10日付の河北新報にも、
「高野会館」に関する記事が掲載されましたので、
こちらもご覧くださいませ。

当館には震災前からここ南三陸・気仙沼に住むスタッフと、
私のように震災後に初めてこの地を訪れて働いている、
県内外各地から来たスタッフが力を合わせて仕事をしています。

「南三陸の復興は観洋から」を合言葉に、
従業員一同より一層精進して参ります。

今後とも変わらぬご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す on 震災から10年目の3.11