破壊と善意

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

少し前の話になりますが

実は 今月2日語り部バスご案内中の 午前11時半ごろ
とても残念なことがありました

当館が保存している
震災遺構内部の壁やドアガラスが
何者かの手で破壊されていたのを 見つけたのです

民間震災遺構“高野会館”は 震災前はいわゆる”結婚式場”

10時15分発の”語り部バス”では お客様を館内までご案内差し上げています

会館には 3.11で巨大な津波が4度(たび)押し寄せ
ビル自体が津波に飲み込まれかけましたが
館内に居た327人は屋上に避難することで ぎりぎり助かりました

現在も 館内は 津波で滅茶苦茶に壊れたままになっていて
津波の猛威と力の凄まじさが ひしひしと伝わってきます

被災した”ありのまま”が ”3.11の津波”を物語る会館を
私ども語り部は “物言わぬ語り部”と 呼んでいます

この日 Bluebirderが お客様をご案内しながら
階段を昇って行くと・・・       嗚呼 !!!??!!!

とにかく ショックでした

この階段踊り場の壁には 3.11の津波で
確かに ここまで水が上がってきたという”証し”が
幾重も”線”になって残っていて
この”痕跡”自体に 遺構としての価値があります

にもかからわず
その”跡”を分断するように打ち破られた壁

破壊された壁の状態からすると
鉄の棒状のもの 恐らくバールのようなものを
振り下ろしたように見えます


更に 4階フロアから屋上に出る扉のガラスも この通り

お客様の足下には 割れたガラスが外に向かって散乱していて
ご迷惑をお掛けしました

こちらも どうやら高い位地から棒状のもので”打撃”が加えられたようです

その上 非常灯も この有り様・・・

扉の内側に当たるこちらのフロアは
3.11当日 余震が続く中 300人以上が不安な夜を過ごしました

“津波の跡”を更に損ないかねませんから 壁は補修出来ませんが

ドアガラスの方は この20日に修繕して頂きました

今回の破壊行為の記事を地元紙でご覧になった
仙台の”大善ガラス店”様から お2人がお越しになり
何と! ボランティアで直してくださったのです

こちらが 作業に当たって下さった お2人

奇特な業者様  仙台”大善ガラス店”様より 温かなご厚意をいただき

心より感謝申し上げます  ありがとうこざいました

この度の”破壊”は 果たして 心無い人の憂さ晴らしなのか
それとも”震災遺構”と知っての 悪意ある行為なのか
定かではありませんが
いずれにせよ警察の捜査を待つことになります

“破壊”されたのは 恐らくは今月1日のことと推察されますが
奇しくも 南三陸町の道の駅
“311メモリアル”がオープンした当日のこと

メモリアル館内では 地元の3.11津波被害や教訓を綴ったビデオ映像では
“高野会館”での出来事もご紹介頂いていて

とてもありがたく 光栄なことと 感激しておりましただけに
そんな思いに水を差すような残念な出来事に
心を痛めております

津波を語る”生身”に予期せぬ暴漢の侵入で傷を負った
“物言わぬ語り部” 高野会館
暴漢の心無い行為を ”無言”で受け止め

改めて大切なことを 語りかけています

コメントを残す on 破壊と善意

震災を風化させないための語り部バスは毎日運行中です

こんにちは、むっちゃんですʕ•ﻌ•ʔฅ

震災を風化させないための語り部バス
乗車前のアルコール消毒はもちろんのこと
換気装置のついたバスを使用する等の
感染症対策を行いながら現在も毎日運行しております。

①通常コース

【出発時間】8:45ホテル出発
【所要時間】約60分
【料  金】大人(中学生以上)500円
ああああああ子供(小学生以下)250円
あああああああ※0歳~1歳まで無料

通常コースはご宿泊のお客様だけでなく
日帰りで語り部バスのみのご予約も承っております。

②高野会館コース

【出発時間】10:15ホテル出発
【所要時間】約90分
【料  金】大人(中学生以上)1,000円
ああああああ子供(小学生以下)500円
あああああああ※0歳~1歳まで無料

※高野会館コースのみ以前と金額が変更になっております。ご留意くださいませ。

震災伝承施設である「高野会館」の中まで
特別に語り部スタッフがご案内いたします。

こちらの高野会館コースは
ご宿泊のお客様限定となっております。

ご予約は事前にお電話
またはチェックイン時に承ります。

詳しくはこちら↓↓↓

当地域へお越しの際は
ぜひご参加くださいませ。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –●

ああああああああ★ 期間の再延長が決定!! ★
\ みやぎ宿泊割キャンペーン 宿泊割引&クーポン付プラン /

【期間】
2022年8月31日(水)チェックイン分迄
(当館の除外日:8/12~8/14)

【対象地域】
東北6県+北海道在住者

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –●

電話予約・当館の公式HP・じゃらんネットより申込可能です。
当館の公式HP・じゃらんネットからお申込みの場合は
<みやぎ宿泊割引&クーポン付適用>
と書かれた専用プランでお申込みください。

東北6県、北海道にお住いの方は
この機会にぜひご予約くださいませ!!

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –●

注意事項

※チェックイン時に運転免許証などの身分証明書で住所の確認
及び、コロナワクチン接種証明書の提示が必要となります。
宮城県在住者の方は2回目のワクチン接種から14日以上経過しているもの
宮城県以外の在住者の方はワクチン3回接種済の証明書が必要です。
ワクチン未接種の場合は
PCR検査や抗原定量検査結果(宿泊日の3日前以降に発行されたもの)
または抗原定性検査結果(宿泊日の前日または当日の検体採取によるもの)が必要です。

※じゃらんからご予約の場合
「クーポン・ポイント」を利用してのご予約は出来かねます。
それらを利用しご予約された場合は予約の取り直しが必要となります。

※他の地方公共団体が主催する「宿泊割引施策」との併用はできません。
(例:「みやぎ宿泊前売券」「南三陸宿泊キャンペーン」等)

※上限枠に達し次第早期に終了となる場合がございます。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –●

ああ\ 三陸の美味しい海の幸や加工品、雑貨まで勢揃い! /

お買い物はぜひ、ネットショップ「南三陸復興ストア」で!

Yahoo!ショッピングはこちら↓

楽天市場店はこちら↓

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –●

ああああ \ 感謝 / チャンネル登録者数1200人突破!
あああああああ【観洋ちゃんねる】

いいねチャンネル登録をぜひよろしくお願いしま~す\(*ˊᗜˋ*)/

公式YouTubeチャンネルはこちら⇒南三陸ホテル観洋【公式】

コメントを残す on 震災を風化させないための語り部バスは毎日運行中です

現地で学びを。

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

今日は「みやぎ感DO!プログラム」のご紹介です。
こちらのプログラムでは、
「SDGs探求学習特化プログラム」から始まり、
「震災・防災・減災学習」「食文化体験」「自然体験」
様々な事を学ぶことができます。
※各施設の詳細は上記それぞれの名前部分よりご覧いただけます。

当館は「震災を風化させないための語り部バス」や
震災遺構として遺る二つの建物がプログラムの中に組み込まれております。

◆「震災を風化させないための語り部バス」

朝8時45分より60分の所要時間となります。
町内の震災状況、震災遺構などをあの日、現場に居たスタッフがご説明します。
※こちらのコースはご宿泊者様ではなく日帰りの方もご参加可能です。
事前予約制になりますので、ご不明な点はお問い合わせくださいませ。

◆震災遺構「高野会館」
※周辺の整備を行う前の写真となります。

高野会館では震災当時、建物の屋上に避難を行い、
327名と犬2匹の命が救われた場所です。
かつてこの周りには病院や大きなお店もありました。
建物の中では屋上までの階段を登ると津波の跡も確認できます。
※普段は立ち入り禁止の為、高野会館の語り部に参加された際のみヘルメットを着用の上、中にお入り頂けます。

◆震災遺構「命のらせん階段」

㈱阿部長商店の創業者である阿部会長の元自宅にある「命のらせん階段」は、
会長自身が1960年5月のチリ地震の津波で多くの人を失われた事を教訓に、
同じ悲しみを繰り返さないようにとの想いで、震災の4年前にらせん式の外階段を取り付けました。
普段より、地域住民の方々とも避難訓練を行っていた結果もあり、
震災当日は約30名が大津波から命を守ることが出来たこの階段は、
「命のらせん階段」と、名づけられました。
※こちらは現在一般公開は未だされておりません。年内中には完成する見込みでございます。

「防災・減災」学習。
もちろん、新聞記事や写真などでも学ぶことは可能です。
ですが、もし機会があれば、実際に現地で学びを深めるのも
今後の備えへとつながるのではないかと思います。

上記の「感DO!プログラム」は教育旅行(修学旅行)や
団体様でご利用される場合に、学びの幅が広がるものです。

当館で行っている「震災を風化させないための語り部バス」につきましては
ご宿泊されたお客様、日帰りでご利用される方も事前にご予約を
頂ければご参加いただけます。

詳細はお電話もしくは、フロントにてお問い合わせくださいませ。
※専用バスにご乗車の場合は「アルコール消毒」「マスクの着用」等にご協力をお願い致します。

宮城県のみならず、様々な場所で最近地震が多く起きています。
「慣れ」ほど怖いものはありません。
普段から避難経路等、今一度確認をしてみるのも「備え」になりますね。

それでは今日はこの辺で!また来週。

コメントを残す on 現地で学びを。

「自分事」として。

皆さん、こんにちは。カナです。

東日本大震災から明日2022年3月11日で11年。
この11年の時間の中でも様々な場所で自然災害が起きています。
テレビで流れるニュースは「他人事」ではなく「自分事」として。
万が一、震災が起きた時避難する場所はどこなのか。
知ってる場所でも、知らない土地でも。
旅行の計画を立てる際には必ず、避難場所なども確認しておくと安心ですね。

さて、こちらのブログでも掲載を行っております、
阿部長商店創業者阿部会長宅「命のらせん階段」

2019年には「高野会館」と共に「震災伝承ネットワーク協議会」より
震災伝承施設」として選ばれました。

当時のブログはこちらです。
【震災伝承施設に…「高野会館」と「命のらせん階段」が登録されました。】

こちらも「もの言わぬ語り部」として存在しています。

「曳家工事」の様子を綴ったブログはこちら。
【命のらせん階段の曳家工事が始まります。】
②【「命のらせん階段」曳家工事が始まりました。】

震災当時から振り返ると周辺の景色も変わっているのが分かります。

□震災直後



(※写真では特別に見学を行っておりますが一般公開は未だ行われておりません)

2020年から工事が始まり曳家工事が終了したのは2021年6月。
家の周りをコンクリートで固めた為、全体を確認できるようになりました。
一般の方も見学ができるよう、整備が行われております。
4月以降の完成となるようでございますのでその際はまたブログでも
掲載致します。

「命のらせん階段」についての資料はこちらとなります。ぜひご覧くださいませ。

自然災害はどの場所でも起きます。
「津波てんでんこ」と言う言葉の意味はこちらのブログでも
お伝えしております。家族がいつも同じ場所に居るとは考えられません。
会社にいて、学校にいて、出かけていて。
安全が確保されている場所であればそれでいいのですが
それが保証されていない場合、どこに逃げるか。
家族がどこでまたみんなで集まるか。

電波塔が壊れてしまえばたちまち電話もメッセージ機能も使えません。
あの日も最初のうちはメッセージが送れました。
しかし、次々電波が繋がらなくなり、不通に。
道路だって地割れや、津波がくればめくりあがり通行は不可能となります。
電線も切れてしまえば、電気もつきません。そして水道も止まります。
「水」と「電気」が普段私達にどれだけ必要なのか。
それをあの震災で身をもって学ぶことができました。

いらなくなったペットボトルに水を貯めておけばそれは洗い水になります。
家にある懐中電灯の電池は切れていませんか?予備はありますか?
備蓄している食料などの賞味期限は切れていませんか?
車等にもいざとなった時の替えの衣類や非常食などを入れておくと安心ですね。

今一度、家族や友達、大切な方と、そして自分の命を
守るために「自分事」として考え、話し合いの場をつくるのも
震災を風化させないためだと感じています。

復興へ。無理に大きく動くことはありません。
今自分にできる事を一つずつ積み上げていきましょう。

コメントを残す on 「自分事」として。

11年目 もの言わぬ語り部

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

3.11ウィーク

あれから11年・・・

町の震災遺構 防災対策庁舎
こちらは 8年前の1月21日の様子

当時は庁舎の正面に献花台が置かれ
語り部バスでも お客様から
花を手向けたり 手を合わせたりして頂いていました

復興の工事が進み
庁舎前にあった この池も
今は 八幡川の巨大な堤防の下に消えてしまいましたし
町の中心街のあった志津川地区は
大きく変貌してしまっています

往事の町の様子も思い起こせないくらいに

防災防災対策庁舎の 左向こうに見える”白い建物”は
民間震災遺構の ”高野会館”
当館ホテル観洋が 被災したままを残す
震災の伝承施設です

この高野会館が ”もの言わぬ語り部”

Bluebirderはじめ
当館の語り部が どれほど言葉を尽くそうとも
その存在が訴えかける力には
とうてい敵いません

「披露宴や芸能発表会など
高野会館にはたくさんの思い出があります
防潮堤や嵩上げの工事で すっかり変わってしまった町にあって
この建物があるからこそ どこに何があったのか
あの頃の街並みを思い起こせるのです」というのは
3.11の際 高野会館屋上に避難し
ぎりぎりの所で 命を守ることの出来た
こちらのお二人の証言です

今月5日に当館で開かれた
高野会館3.11の集いに招かれ
当時の体験を 会館屋上でお話しくださいました

高野会館は昭和61年 1986年築の
結婚式場
町のイベントも数多開かれ 多くの町民の思い出の場

津波で家ごと流され
想い出の写真さえ失ってしまった町民にとって
“記憶のアルバム”の詰まった場所です

3.11当日は 町内のお年寄りが集う 芸能発表会
3階イベントホールには 300人以上が居て
閉会式の最中に 大激震に襲われます

3分という余りに長く激しい揺れで恐怖心を煽られ
外へ避難しようと玄関に殺到する300人余りを
スタッフが押しとどめ
屋上に避難誘導したことで
327人と犬2匹が 命を守ることが出来ました

それは ”津波が屋上にまで到達”する中
ぎりぎりの避難劇だったのです

津波に遭い 破壊されたままが残るその場に
ひと度 立ち入れば
津波の猛威と恐ろしさが
そのまま伝わってきます


“高野会館3.11の集い”では
「場と時と 聴く人が居て はじめて伝承が叶う」こと
「命を守る”つなみてんでんこ”の重要性」
「変わらずその場にあるものの 大切さ」が 再確認されました

高野会館 それは まさに貴重な”伝承の場”として継承される
“もの言わぬ語り部”

みなさんも 是非 ”耳を傾けて”みてください
10時15分発の”語り部バス”で ご案内します

冒頭の防災対策庁舎を撮影した日の8日後
2014年1月29日の 志津川湾の夜明けです

こうして 時にたまらなく美しさを湛える”自然の営み”は
“震災前”も ”震災時”も
“震災後”も そして”今”も 変わりがありません

震災も津波も
そうした”自然の営み”のひとつであることを
常に忘れず備えることも 災害の残した教訓です

コメントを残す on 11年目 もの言わぬ語り部