「第2回 命のらせん階段を伝える会」が行われます。

皆さん、こんにちは!カナです!

先日のマッキーさんのブログでも紹介がありましたが、
気仙沼市にあります「命のらせん階段」の曳家工事が進んでいます。

ブログはこちらから→【「命のらせん階段」曳家工事が始まりました。】

そして、この度「第2回」となる
「命のらせん階段を伝える会」が開催となります。

【日付】 11月14日 (土)
【時間】 11時30分~12時40分
【集合場所】 お魚いちば駐車場(気仙沼市港町)
【参加費】 無料

◎今回は大型バスで送迎を行います。
→バス定員の関係上、「25名」様の限定参加となります。
「参加申込は事務局までご連絡くださいませ」
(事務局:南三陸ホテル観洋 担当:企画課 ☎0226-46-2442㈹)
協力:株式会社 志津川建設様 株式会社 我妻組様 株式会社 阿部長商店)

「命のらせん階段」とは?

2019年には「震災伝承施設」として登録。
その時のブログはこちらよりご覧くださいませ↓
【震災伝承施設に…「高野会館」と「命のらせん階段」が登録されました。】

こちらの建物が建つ、気仙沼市内の脇地区では
高台の避難場所まで遠く、すぐには逃げられない地域でした。
そのため、この地区の高い建物だった自宅の屋上に
住民が避難する目的で階段を取り付ける事を阿部会長は決めました。

そして、取り付けた後は地域住民の方々と一緒に避難訓練を3回ほど行い、
震災当日、約30名が避難し大津波から命を守ることができました、

当日の会では、「命のらせん階段についての語り部」と、
「10月から工事が進む震災遺構曳家移転のプロジェクト」についても見学頂けます。

施工業者は「弘前城」の曳家を担当した「株式会社 我妻組」の皆様です。

曳家は先のブログでも紹介している通り、
建物を解体することなくそのまま、動かす方法です。
全部を一度に動かすわけではなく、「木造部分(左)」と
らせん階段が取り付けてある「鉄骨部分(右)」とで分けて曳家を開始します。

あの当時、命をすくったこの場所で防災、減災、
そして避難行動を考える場として、2回目の伝える会が行われます。
気仙沼から震災教訓の学びを。
皆様のご参加をお待ちしております。

コメントを残す on 「第2回 命のらせん階段を伝える会」が行われます。

防災減災伝承体験プログラムを行って頂きました!

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

11月….!さすがに寒さも本格的になってきましたね。
この頃は自宅付近でモフモフのタヌキの親子に会いました!
冬支度を野生動物達もすすめているんだなぁと感じます。
体調管理にも気を付けながらこちらもすごしたいですね(∩´∀`)∩

さて!今回は「大阪府立高石高等学校」よりお越しの生徒の皆さんに
「海の見える命の森」にて
防災減災伝承体験プログラムを行って頂いた様子をお伝えします!

当日は秋晴れ!山頂からは志津川湾が綺麗に見えました(*‘ω‘ *)

体験していただいたのは…
「➂避難所体験”食べる事は生きる事”石窯で手作りピザを作ろう」

前回のブログでも紹介させて頂きましたので併せてご覧いただければ幸いです↓
【海の見える命の森で自然を満喫!】

大阪府にある高石高等学校様は
文部科学省の「令和2年度学校安全総合支援事業」にて
「災害ボランティア活動推進支援事業」実践校に選ばれ、
今までの「自然災害に対する防災減災」の取り組みが評価。
「大阪代表」として被災地のボランティアを行っています!

今回は宮城にお越し頂き、南三陸では海の見える命の森にて
木を運ぶ作業や、実際にノコギリを使って木を切る作業なども!
その後に石窯でピザ作りをして頂きました。

それでは当日の様子を紹介します!
(高石高等学校様には掲載許可を頂いております(`・ω・´)✨)

さて!まずはケチャップソースをぬって..

今回はシーフードなどを盛り付けに!

色んな材料をのせて…焼く前のピザが完成!どれも美味しそうです….

記念に1枚!笑顔もいっぱいのったオリジナルのピザ!焼き上がりが楽しみです。

海の見える命の森スタッフが生徒様の分を手作りの石窯へ…

時間は約10分ほどでこんがり…チーズもとろっととろけたピザが完成!

こちらは当ホテルスタッフの自信作…!美味しそうです(*´ω`*)

それでは完成したピザをいざ実食….!

海を見ながら、自然に囲まながら..
そして何より自分で盛り付けをしたピザはいかがでしたでしょうか?
テーブル中央には海の見える命の森でとれた「シイタケ」も焼きあがっています♪

笑顔いっぱいの高石高等学校の皆さん!
また宮城・南三陸に来てくださいね。お待ちしております(*^-^*)

「海の見える命の森」への入山はご自由です。
地図や行き方などはフロントでお伝えしておりますので、
お気軽にお声掛けくださいませ!
また駐車場がございませんので当館より歩いて向かって頂きます。

また「防災減災伝承体験プログラム」は引き続き行っております。
詳細は下記よりパンフレットをご覧くださいませ!
【海の見える命の森パンフレット】

※整備をしておりますが「山」です。
動きやすい服装、靴でご参加くださいませ!

それでは今日はこの辺で!また来週お会いしましょう。

コメントを残す on 防災減災伝承体験プログラムを行って頂きました!

木工芸品が魅力!道の駅津山 もくもくランド

大家好,我是惠。
皆さん、こんにちは、恵です。

距離本館車程20分鐘,是一個以在道之站“津山”附設的樹木為主題的娛樂設施。
除了木制工藝品的展示和銷售外,還有木工體驗、木制玩具和多功能廣場等。
此外,根據季節不同,還會舉辦有趣的活動。

当館から車で20分程、
道の駅津山 もくもくランド」様に併設する「クラフトショップ もくもくハウス」では、
木工芸品の展示・販売ほか、木工体験、木製遊具があり、
多目的広場も近くにございます。
また季節により、楽しいイベントも開催しております。

在7月15日讀賣新聞上登載了從東日本大地震到現在的歷程。

7月15日の読売新聞には「道の駅津山 もくもくランド」様の
東日本大震災から現在までの歩みが掲載されております。

手工製作的透明丙烯板 在本舘的前臺櫃檯,
餐廳收銀台前有擺放設置使用。

もくもくランド様が手作りされた透明のアクリル板は、
現在、新型コロナウイルス対策として
安心してご案内や説明を聞いたり、会計ができるように、
フロントカウンター、レストランレジ前に設置させていただいております。

因為去年的颱風而受灾了,大家一直在有力地努力著前進。
大家在前往本館的途中請一定要去看看很棒的木工品。

昨年の台風により被災されましたが,
皆さん力強く頑張っていらっしゃいます!
当館にお越しの際には、ステキな木工品をご覧に是非お立ち寄りくださいませ。

我們也會和鄰居們,以互助的精神,一直前進。

隣り町同士、共助の精神で、
今後も助け合い、協力していきたいと思います。

請繼續關注我們,下周再見哦。
それでは、皆さん、また来週。

コメントを残す on 木工芸品が魅力!道の駅津山 もくもくランド

第5回全国被災地語り部シンポジウム<分科会④>~記憶を伝えていくための記録・手段とは~

みなさまこんにちは。売店のグリです!

 

もうすぐ2月も終わり、3月になろうとしています。

この時期になると、どうしても3.11を意識してしまいます。

 

今日は、24日・25日にわたり当館で開催された

第5回全国被災地語り部シンポジウム in 東北から

第3部 <分科会④>~記憶を伝えていくための記録・手段とは~

の様子をご報告させていただきます。

 

コーディネーターは山内 明美氏(宮城大准教授)

パネリストは

格井 直光氏(一般社団法人ふらむ名取代表理事/閖上震災を伝える会代表)

山内 宏泰氏(気仙沼リアスアーク美術館副館長)

小山 一彦氏(ビジュアルコミュニケーションズ代表取締役社長)

金  千明氏(FMわいわい代表理事)

そしてコメンテーターには

宮本  肇氏(前 北淡震災記念公園総支配人)

以上6名の方を中心に進行させていただきました。

当初の応募数を超える大勢の方にご参加いただきました。

情報があふれる社会の中で、多様化は日常生活だけではなく、

防災・減災・教育の場面でも多様なコンテンツがある中で、

自身の判断や決断、行動について考える必要性が高まっている現代。

今回のセッションでは実際に様々な手法で活動をすることを学び、

共有することを目的としながらも、さらに多様化する社会・生活の中で

語り部の在り方や役割について、

それぞれの方々の思い・考え方を広くご説明いただきました。

会場でご参加いただいた皆様からのご質問等も多く、

皆様の関心の深さを感じました。

 

今回この分科会に参加できたことを糧とし、

今一度どのように記憶を伝えていくのかを考えてみたいと思います。

コメントを残す on 第5回全国被災地語り部シンポジウム<分科会④>~記憶を伝えていくための記録・手段とは~

【語り部シンポジウム】送迎のご案内

毎週お知らせしております
『第5回全国被災地語り部シンポジウムin東北』
いよいよ来週2月24日、25日に迫って参りました。

お問合せ多数につき、
申し込み期間を延長して受け付けております。

【第5回全国被災地語り部シンポジウムin東北】
「KATARIBE」を世界へ~多様で持続可能な、語り部の未来~
開場/南三陸ホテル観洋(宮城県本吉郡南三陸町黒崎99-17)

<WEB申込み受付中!>

より多くの皆様にご不便なく参加していただくため、
分科会終了後、南三陸⇒仙台駅行のシャトルバス特別便の
運行が決定いたしました!

【2月24日(月)
シンポジウム参加者限定!仙台行シャトルバス特別便のお知らせ】

2月24日の分科会終了後、
南三陸⇒仙台行の特別シャトルバスを運行いたします。

18:15 南三陸ホテル観洋発
⇒ 20:15頃 仙台駅東口着
<※事前予約制>

シンポジウムご参加のお客様のみ無料でご案内いたします。

2月24日朝の
8:45 仙台駅東口
⇒ 南三陸ホテル観洋着

のバスと併せまして、
是非ご利用くださいませ。

■お問合せ・お申し込みは…
実行委員会事務局(南三陸ホテル観洋内)
TEL:0226-46-2442 FAX:0226-46-6200
minamisanriku_somu@kanyo.co.jp

当日の基調講演には、
『教訓が命を救う-「語り部」のもつ尊い使命』
と題しまして、東日本大震災時に東北整備局長として
復旧作業の陣頭指揮にあたった徳山 日出男様がご登壇されます。

その他にも震災の教訓や、これからの語り部の在り方、
震災遺構との向き合い方を考えるディスカッション、
分科会を開催いたします。


<クリックすると大きい画像がご覧いただけます>

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

■お申込み方法
下記より申込書をダウンロードしてFAXにてお申込みいただくか、
WEB申込フォームをご利用くださいませ。

■WEBからのお申込みはこちら。
https://forms.gle/iMRRZ3ueqP6GcAC2A

■申込書を印刷される方は下記よりダウンロードをお願い致します。
http://www.mkanyo.jp/brochure/symposium5.pdf

■全国被災地語り部シンポジウム実行委員会Facebook
https://www.facebook.com/kataribesymposium/

■お問合せ・お申し込みは…
実行委員会事務局(南三陸ホテル観洋内)
TEL:0226-46-2442 FAX:0226-46-6200
minamisanriku_somu@kanyo.co.jp

コメントを残す on 【語り部シンポジウム】送迎のご案内