マリンパルだより  4月その4

いらっしゃいませ(*^^)マリンパル保育士小野寺です。おしゃべりがようやくできるようになった子どもたちの、片言での会話に癒される毎日!子どもたちの伝えたい!保育者の受け止めたい!という想いのキャッチボールがたのしく、想いが通じたときの達成感で信頼関係が生まれるのですね(*^_^*)

今週のマリンパルは、避難訓練の様子をお伝えします。

紙芝居で、地震が来たときどうするのかを皆で確認。

真剣に聞いていますね(*^_^*)

継続の子どもたちには去年の体験が身に付いているので、完璧なまでの「頭を守る~ダンゴ虫のポーズ~」

かわいい・・・♡ちっちゃく丸まってちゃんと頭を手で覆っています。え?手が短くて届いていないって?

そこがかわいいんじゃないですかぁ~♪

自力で避難ができない子どもたちを預かるマリンパルの職員は、大事な命をちゃんと守るために毎年訓練の内容を見直し、いざというときに対応できるように、いろいろな場面での避難方法を考えています。

防災教育はこんなに小さい子どもたちにもきちんと伝わります。今年度もいろんな災害を想定して訓練をして安全に迅速に避難できる方法を確認していきたいとおもいます。

 

コメントを残す on マリンパルだより  4月その4

三陸被災地語り部座談会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

11月23日(水)に開催された「三陸被災地語り部座談会」。
被災各地の語り部の方々、そして全国各地から多くの方々にお集まり頂きました。
この度の座談会は、2017年1月29日に予定されている「東北被災地語り部フォーラム2017」開催に向けての集まりと言うことで、現状から未来を見据えた様々な意見が交わされました。

20161127-11

「これから語り継ぐ為には何が必要か」という座談会のテーマに向けて、はじめに被災各地の現状報告が行われました。

語り部の方は陸前高田、大船渡、気仙沼、本吉、南三陸町、石巻、女川から参加され、それぞれの代表が5分間程で現状を踏まえた今後の課題の提起をされました。

地域の町づくりの方針や、震災遺構の有無、復興の進捗状況など、各地域によって様々な課題があります。
7地域の語り部の話を比較しながら聞くことができる貴重な機会とあって、参加者の皆様はそれぞれ熱心に耳を傾けていました。

「これから語り継ぐためには」、被災地の現状を知ってもらい、様々な視点から考えていく必要があります。
そこで今回の座談会では、一般の方の意見を積極的に聴くために、語り部の話を踏まえて、参加者の皆様に疑問や提案を投げかけて頂く時間を設けました。

用意されたのは4色のポストイットと、大きな4つの区分。
赤いポストイットは「悩み・課題」、青「願い・希望」、黄「気になること」、緑「フリーワード」と分けて、テーマ毎に自由に意見を描いて頂きました。

「震災遺構」、「語り部の後継者問題」、「国際性」、「継続性」など、様々な視点から提案や疑問点が提示され、1月29日のフォーラムに向けて、同じビジョンや課題を共有することができました。

20161127-5

最後に、今年3月に行われたシンポジウムでも講演をして下さいました結城登美雄先生より、アドバイザーとして全体統括のお言葉を頂きました。

震災から6年目を迎えようとしている今、求められている被災地の支援策とは何か。結城先生の民俗研究家としての視点から、東北地方の農漁村の再興のために必要なことはなにか、考えさせられる話でした。

この度の座談会では、同じ東日本大震災を経験した語り部の各地域からの経験・考えを一度に聞ける場とあって、話しを聞いて知るだけでなく、地域差を比較しても新たな問題点や課題を知ることもできました。
メディアからの情報だけでは復興の地域格差や課題などは報道されず、また現地に立ち寄っても外部からの目線ではわかりにくいこと、訊きにくいことも、様々な地域の現状を聞いて比較することでより課題が浮き彫りになったように感じました。
特に行政の動きや考え方などは、復興の進捗に大きな影響を与えていると感じられ、それは現地の語り部の口から聞かなければ知ることができないことでした。
参加者だけでなく語り部にとっても、他地域の現状を一堂に会して聞いて話し合うことは重要な場だと考えられます。
今回の座談会を経て、1月のフォーラムでは地域間での連携や自地域ですでに取り組んでいることを他地域に提案するなど、語り部活動が次の段階に進むためのより具体的な内容が話し合われればと思います。

「三陸被災地語り部座談会」に参加された皆様に、心より感謝申し上げます。
2017年1月29日開催「東北被災地語り部フォーラム2017」に向けて、今後も課題の整理と提案に努めて参ります。
今後ともご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 ~ 本日のオススメプラン ~

1017plan.jpg
【 旬の牡蠣あわびプラン 】 カキ鍋☆かき天ぷら♪ 蒸し牡蠣★カキ茶碗蒸し!鮑の踊り焼きも♪

★冬の味覚のといえばやっぱり牡蠣★
牡蠣づくしでいつもよりちょっと豪華に♪
「鮑踊り焼き」&「旬の牡蠣料理」のお膳をご夕食で!
旬の海の幸いっぱいの海鮮料理をお楽しみくださいませ。

【ご夕食】
観洋名物「鮑の踊焼き」の他、
「カキ鍋(味噌仕立て)」「かき天ぷら(野菜付)」
「蒸し牡蠣」「カキ茶碗蒸し」などが付いた海鮮和食御膳。
海の幸いっぱいの海鮮料理をお楽しみくださいませ。

※水揚げ状況により内容が変更となることもございます。

それではまたお会いしましょう! トーマスでした(*´∀`*)


kirakirabanner.png

★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で6周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 三陸被災地語り部座談会

講話をして参りました

こんにちは、むっちゃんです(*^^)

今月2日、東北学院大学様にて、1日の講義の1枠を頂き、
特別授業として阿部女将の講話が行われました。

%e6%9d%b1%e5%8c%97%e5%ad%a6%e9%99%a2%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e5%a5%b3%e5%b0%86%e3%81%95%e3%82%93%e8%ac%9b%e8%a9%b1-5

%e6%9d%b1%e5%8c%97%e5%ad%a6%e9%99%a2%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e5%a5%b3%e5%b0%86%e3%81%95%e3%82%93%e8%ac%9b%e8%a9%b1-6

震災当時を知る学生様は少なく、
当時の状況を知って頂く良い機会となりました。

%e6%9d%b1%e5%8c%97%e5%ad%a6%e9%99%a2%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e5%a5%b3%e5%b0%86%e3%81%95%e3%82%93%e8%ac%9b%e8%a9%b1-1

出席した学生様から、

「千年に一度の学びの場というキーワード通り、
 後世に伝えることが重要になってくると思いました」
「南三陸町に行ってみたいです」
「人とのつながりをこれからも大切にしたいと思いました」
「復興には、様々な視点を持った人、大人だけでなく若者の考え・力なども必要だと感じました」
「南三陸てん店まっぷという事業展開について非常に勉強になりました」
「四季折々の南三陸キラキラ丼を食べてみたいです」

といった感想文を頂戴致しました。

感想文の中にある「南三陸キラキラ丼
春は「南三陸キラキラ春つげ丼」
夏は「南三陸キラキラうに丼」
秋は「南三陸キラキラ秋旨丼」
冬は「南三陸キラキラいくら丼」
と季節で内容が変わるのです♪

2008年の宮城県初のDCをきっかけに街を盛り上げたいという想いから、
当館女将が「食で街おこし」という南三陸町を訪れた人が
昼食などで地元のおいしい食材を手軽に楽しめる食事は何かと考え、
町内の飲食店に呼びかけたことにより、各店舗の工夫を凝らした個性溢れる
南三陸キラキラ丼」が2009年12月に誕生しました。

ぜひ、皆様に食べて頂いて、キラキラの笑顔になってもらいたいです(^∀^)

当時の状況、取り組み、現状を知って頂く場となりました。
1人でも多くの方が、語り継いでいくきっかけになれば幸いでございます。

本当にありがとうございました。

~本日のおすすめプラン~

xmasp

【☆クリスマス特典付☆かき・ほたてプリプリ満福膳】
スパークリングワイン付ヽ(^o^)丿

もうすぐクリスマス!
牡蠣とホタテが堪能できる満福膳プランに、
特典としてスパークリングワインが付いちゃいます♪

メリークリスマス、素敵なひと時を(*´ω`*)
ぜひご予約くださいませ~


kirakirabanner.png

★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で6周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」
 

コメントを残す on 講話をして参りました

防火訓練

こんにちは、マッキ―です。ヾ(・ω・`)ノ

今回は、お蔵入りになりかけた!?
先月、10月11日(火)に行われた防火訓練についてです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当館では、年に2回程、災害に備えた訓練をしております。

今回は、出火場所を事前に報せず、
より本番に近い形での訓練となりました。

 

当館スタッフも、誘導係や救護係、通報係など、
様々な役割を持って訓練を実施しました。

(私は、救護係として参加しました。)

 

では、今回の訓練を時間と共に振り返りましょう。

 

10:30 火災発生

 

10:32 通報訓練

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

緊張感が漂います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10:35 救助訓練

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

怪我人発見!患部を固定した後に、担架で運び出します。

 

10:40 鎮火

そして、訓練が終わったら講評に移ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

さあ、ここからは実践練習!?

消火器を使っての訓練でございます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

叫んで

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

火元に接近

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ノズルを取り出して、

レバーを抜いて&ホースを伸ばして、

そして放水

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

私の記憶では、初体験でございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回のような防災訓練は、万が一に備えて、

お客様を安全かつ迅速に避難するのに重要でございます。

ですが、火災に限れば、タバコの後始末など、

皆様の心がけも大切でございますので、

お泊りの際にお部屋等で喫煙される場合は、

タバコの取り扱いには十分にお気を付けくださいませ。

 

 

 

★本日のおすすめプラン★

20161030plan

早期予約【冬のズラ得プラン】年末年始をちょこっとずらしてお得!!

特典☆飲み物1本付☆

 

年末年始をズラせば、こんなにお得◎

大人の方限定!ビール・お酒・ジュースが1本付♪

乾杯用のドリンクにいかがでしょうか?

コメントを残す on 防火訓練

三陸被災地語り部座談会が開催されます

こんにちは、むっちゃんです(*^^)

本日は、お知らせがございます。

今月23日、午後2時から当館にて、
三陸被災地語り部座談会が開催されます。

0001

―震災から6年、今、被災地を考える―

この度の座談会は、
2017年1月29日に開催される東北被災地語り部フォーラムに向けて
今後の語り部活動への想いを語り合い、
日頃取り組まれていることの課題解決や情報共有が
できればという趣旨のもと、開催されます。

%e8%aa%9e%e3%82%8a%e9%83%a8%e3%83%90%e3%82%b9%e4%bc%8a%e8%97%a4%e3%80%80newv

議題は
①各地域語り部活動の現状の報告や課題の提案
②これから語り継ぐために何が必要か

座談会アドバイザーとして結城登美雄様、
進行役として山地久美子様をお迎えします。

参加は無料となっておりますが、
定員が50名と決まっておりますので、
お早めにお申し込みくださいませ。

お申込み・お問い合わせは、
全国被災地語り部シンポジウムin東北実行委員会事務局の
伊藤まで
TEL0226-46-2442

まだ、間に合います。
ぜひご参加くださいませ。

2016%e8%aa%9e%e3%82%8a%e9%83%a8%e3%83%90%e3%82%b9-19

~本日のおすすめプラン~

tmtep

【泊まって南三陸を応援プランE 】
★震災を風化させないための「語り部バス」付★
鮑の踊り焼付海鮮御膳

街の復興は徐々に進んでいますが、
観光業の復興はやはりとても時間がかかります。
交流人口を少しずつ増やしながらこの先もみんなで頑張っていきたい。
南三陸町に足を運んで現状を見て知ってもらうのが一番の復興になると思います。

語り部バスがセットになったプランです。
ぜひご予約くださいませ。


kirakirabanner.png

★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で6周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 三陸被災地語り部座談会が開催されます