帰ってきました 一年ぶりに

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

そう、帰ってきたのです。

あの幸せの青い鳥が!

4月22日 朝5時半ごろ、寮から外へ出たところ・・・

聞き覚えのある 明るく 美しいさえずり。

 

さえずりの聞こえる方に眼をこらし 声の主を探してみると・・・

いました!  オオルリです♪

深~い青色の羽。 相変わらず 眼に鮮やかです。

 

先週、志津川湾で越冬したコクガンたちが北へ去った次の週に、

ちょうど入れ替わるようにして入ってきたオオルリは、いわゆる夏鳥。

繁殖のため 南三陸町に帰ってきたのでしょう。

生憎、早朝で光が足りなかったせいか

オートフォーカスが樹の枝に取られ

残念ながら 写真はピンボケ。 (笑) 腕が未熟なだけなのですが・・・。

今回は、確かに居た「証拠写真」ということで ご了承ください。

 

晴れた朝は、野鳥たちの動きもいよいよ活発です。

“コンコン コンコンコン”

んっ? 今度は 樹をつつく ドラミングの音。

しばらく 佇んでいると・・・

アカゲラが飛び出してきました。

いつもせわしなく動き回っている一羽ですが、

朝のうららかな光に 気分も良さそうにしている様子でした。

 

まだ花咲き残る桜の木や雑木林からは 元気に鳴き交わす声。

姿を確かめると メジロでした。

昇って間もない東からの陽を 背に受けて・・・

桜にキッス! とばかりに せっせと花の蜜を食べていました。

ただ、気の毒なことに

縄張りを主張するヒヨドリに追い払われながら。

隙を突いての「朝食」は、どうも落ち着かない様子でした。

けだし、この姿はかわいい♪

 

季節は春。

いよいよ野鳥たちの動きも活発になってきます。

コメントを残す on 帰ってきました 一年ぶりに

春のきらめき

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

海に 春がきらめいています。

11日の志津川湾。

ホテル観洋屋上からの光景です。

風の冷たさも緩んで、陽の温もりは 春うらら♪

 

ウミネコの舞う 志津川港からは、

補給を終えた漁船が 水面に波を描いて出港して行きます。

長閑で 心なごむ そんな光景です。

 

一週間前には まだ咲き初めだった桜は・・・

もう 七~八分咲きでしょうか、華やかに咲き誇り

玄関前に鮮やかな彩りを添えています。

 

一方こちらは、やはり春がきらめく小さな港・・・

ええ、まだ居るんです! 越冬したコクガンが。

気持ちよさそ~に泳いでいます。

いくらなんでも北へ帰るのが遅過ぎ!  やはり これは一大事!

と思いましたから、

南三陸・海のビジターセンターにお邪魔して伺ったところ、

5月の連休まで滞在する個体もあるのだとか。

そのこと自体 とにかく意外なことで 拍子抜けしてしまいましたが、

心配して気を揉むこともなかったのだということが判ってホッとした次第です。

聞けば、センターでは、この9日に 20羽ほど確認していたそうです。

ビジターセンターから観察できるだけで20羽ですから、

他にもっと居るのかも知れません。

 

あと一か月近くは居てくれそうなコクガンですが

願わくは、このままこの場では大事なく 無事に北へ発ってほしいもの。

気持ちよさそうに「長居」しているコクガンたちの眼に、

志津川湾の春うららかな光景は

果たして どんな印象に映っているのでしょう?

 

彼らに「話」を聞ける筈もありませんが

訪れる人のみならず、野生の生物の心さえ癒す力が

南三陸町にはある・・・

そんな風に 感じています。

居残りコクガンたちも この南三陸町の居心地が良くて

なかなか去れないでいるのかも知れません。

コメントを残す on 春のきらめき

紅いお猿?

 

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

先週は、南三陸町では冬の使者コクガン

と並んで

冬に姿を見せる小鳥 ジョウビタキ♀

をご紹介しましたが、

今回は さらに 観洋近くに出没する冬鳥をもう一種。

 

観洋の近くの国道45号沿い、寒~い晴れた日には、

藪の中から フィッ フィッ、という鳴き声が聞こえてきます。

これが、その冬鳥 ベニマシコ。

 

ベニマシコは、その名の通り紅色をした体が特徴の冬鳥・漂鳥です。

この色の特徴はオスだけで、メスは目立たない茶色をしています。

大きさはスズメとほぼ同じ。

オスの冬羽は頭と背中・体の下の部分が淡い赤で、

頭頂部と頬・喉が淡いピンク色です。

背中には黒い縦斑。

 

名前の由来ですが、ベニマシコは漢字で、

ベニ「紅」、マシコ「猿子」と書きます。

「猿子」はサルの古い呼び方で、ベニマシコは羽の色が赤く、

顔がサルに似ていることからつけられたと考えられています。

ね? 言われてみれば 確かに猿のような顔してますよねぇ!

ベニマシコは雑食で

繁殖期は地上や樹の上で昆虫を捕えて食べるそうですが、

秋から冬にかけてはイネ科やタデ科の草の実を食べたり、

セイタカアワダチソウなどの植物の実や種子を食べたりしています。

分布は、日本や中国・カザフスタン・北朝鮮・韓国・ロシア。

日本では夏鳥として北海道と下北半島の一部で繁殖。

本州以南へ移動して越冬します。

 

地鳴きは「ピッ、ピッ」とか「フィッ、フィッ」っていう

柔らかでやさしい声。

ベニマシコは、本州以南では冬に観察できる野鳥の中では人気の鳥です。

スズメよりも少し大きいサイズの小鳥ですが、

赤い体色がいいですね。

殊に、雪の中なら、雪の白とのコントラストが鮮やかできれいです。

 

コメントを残す on 紅いお猿?

コクガンウォッチング

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirdre*Sです。

 

南三陸町でも、

毎朝、車のフロントガラスが霜ですっかり白くなる時期になりました。

12月。

お変わり ございませんか?

 

さて、絶滅が危惧され国の天然記念物として保護されている コクガン。

観洋近くの海辺で朝 確認出来るだけでも、もう優に100羽を超えています。

 

地元ネイチャーセンターの情報によれば

今シーズンは 10月の終わりに二羽が確認され、

前のシーズンより1週間ほど早い飛来だったようです。

冬鳥コクガンの飛来が少し早め・・・、な上に

12月に入った昨日朝のお客さまのお見送りの際には

「雪虫」がふわふわと舞っているのを見かけましたから、

いよいよ、寒さも本番、といったところでしょうか。

 

そうした中、南三陸ホテル観洋では、

新たな試みとして お客さまを

コクガンウォッチングにご案内するツアーを設けました。

試しに、朝7時から1時間ほど、Blubirderがご案内します。

ちょうど「朝飯前」にコクガンを愛でて自然に浸り・・・、

それから宿に戻って ビュッフェスタイルで お食事♪ っていう

ちょっと贅沢な冬の観洋のイベントです。

まあ 野鳥ファンって、それほど多くはないのかも知れませんが、

それでも、昨日も 外来のお客さまから、

コクガンはどこで見られるのか尋ねられましたし、

ここ最近、宿泊のお客さまから、

事前にお電話で問い合わせをいただいたり、

チェックインの際に尋ねられたりする機会が増えてきました。

前のシーズンも、

去年10月に志津川湾がラムサール条約登録湿地になった

ということもあってか、

やはり何件かお問い合わせ頂いていましたので、

「南三陸町といえばコクガン」、「コクガンと言えば南三陸町」

という印象が少~しずつ定着してきている♪

そんな気がして 嬉しく思います。

復興途上の街の再生のためにも、地元を訪ね、

観光に訪れてくださる交流人口の確保と拡大が大命題ですから、

南三陸町に少しでも興味を持って頂けることは とてもありがたいことです。

志津川湾で越冬する「彼ら」は

豊かな自然によって涵養されている生物多様性の象徴的な存在です。

その象徴を観たいというご要望があれば、

朝だけでなく日中でも、予定さえ空いていれば

コクガンウォッチングにご案内しますので、

興味のおありの方は、お気軽にホテル観洋へお問い合わせください。

お電話 0226-46-2442へどうぞ。

もちろん ご要望を頂くのは チェックインの際でも構いません。

地球上にに7000~8000羽しか居ないと言われる貴重な野鳥なのに

その内200~300羽が

毎年この志津川湾で越冬して行くんですから、凄い!!!でしょ?!!

いえ、凄いんことなんです!!!

 

常にじっとしていなくて快活で ちょっぴりやんちゃ、

全体的に黒いんだけどおしゃれでエレガンスな羽色のコクガンを

是非 観に来てください♪

コメントを残す on コクガンウォッチング

白い首輪は成鳥の証

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

東日本大震災からの復興復旧の工事が進み

次々と防潮堤、河川の護岸、新しい道路が次々と完成する

南三陸町の湾岸にあって、

この冬も、果たして前の冬と同様に

越冬に来てくれるのだろうかと

正直いかばかりか不安がありました。

ただ、それも取り越し苦労だったようで、

元気な姿を見せてくれたコクガンたち。

カモ目カモ科コクガン属に分類される彼らは、

シベリア東部で繁殖し、朝鮮半島南部、日本、主に東北地方以北、

渤海沿岸部へ南下し 越冬します。

繁殖期のほかは、群れで生活する習性があります。

 

全長は55-66cm、翼を開くと115-125cmですから、

大きさは 大体カルガモくらい。

 

尾羽は短か目で、頭部から頸部、胸部の羽衣は黒。

頸部に白い首輪状の斑紋が入り、斑紋内に黒い斑紋がありますが、

これがちょうど「網目」になって、

おしゃれなアクセサリーをしているように見えます。

幼鳥は頸部の白色斑がないか不明瞭ですから、

くっきりしているのは立派な成鳥の証ということにもなります。

とにかく、全体的に羽衣が黒いことが

和名「コクガン」の由来になっています。

 

 

コメントを残す on 白い首輪は成鳥の証