Bluebird!がやってきた!!

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

風薫る五月。自然が深く豊かで、

町自体がひとつの森のような南三陸町は 五月晴れの日は殊に気持ちがいい~♪

先日、遠巻きに束の間見かけたオオルリが、

なんと 観洋男子寮前に姿を現してくれました。

声がきれいで、瑠璃色の羽がきれい~♪。好きな野鳥のひとつです。

実は、

非番だったこの日、朝出かける際に目の前でさえずっているオオルリを発見。

早速、

車からカメラを持ち出して撮ろうとしたところ SDカードが入っていない。

カバンにあったカードを挿入したところ、残り撮影可能枚数 1・・・。

他のカードを入れると、あと8枚・・・。

焦りまくりながら

別のカードを入れ直して余裕で「撮れる」ことを確認した時はすでに遅し。

オオルリは飛び去り、とにかく悔しくてくやしくて

あ~ぁ・・・って落胆してしまっていた次第です。

えっ? でも こうして撮れてるじゃん!、ですよねぇ。

 

ええ、それが、午後 帰ってきたところ、

運よく、窪地の水路で水浴びを終えたオオルリが

比較的近くの枝にとまってくれた♪

羽が乱れているのは水浴びした後だから。

これはラッキー!とばかりに、カメラを構え、カシャカシャカシャ・・・。

三脚なし手持ちの望遠ですから、手振れ、相手ブレの上、ピンが甘いのですが

全体的な画面の「雰囲気」でご覧頂く ということでご勘弁ください。

 

ひたすら、羽づくろいしてました。

よ~く観ると、幼鳥から成長になりたてと思しき一羽。

まだ「お色直し」が完全ではなく、

背中の一部に茶あるいは灰色っぽい部分が残って

淡く斑になっているのがわかりますね。

羽は成長と共に、真っ青で鮮やかな瑠璃色に変わって

立派な青鳥、いえ成鳥になっていきます。

 

羽づくろいの後は、

クルミの木の枝から垂れ下がった花の辺りをついばんでいました。

どうやら、花の咲いたクルミの木がお好みのようです。

逆光を編集で補正したので、白っぽい画像ですみませんが

おそらくは この若ドリ、この辺りでは新参者と思われます。

( ↓ 頭上の飛翔体を警戒して身構え 体が細くなっています)

というのは、野鳥たちは自分の縄張りを主張する際に

高みでさえずるようですが、

写真でご覧いただいている個体がさえずっていたところ、

以前から 夏場この近辺、といっても少し奥に「陣取っている」

ほかの個体が「牽制」にやってきて、

両者(両鳥)で 縄張り争いをしているのを目撃したからです。

 

争いの際には、どうやってその音を発するのかはわかりませんが

低くうなるような「ブーン」という音とか 「カチ カチ!」といった音を立てて

「威嚇」し合います。

 

「カチカチ」という音は、

キビタキやルリビタキ、ジョウビタキ、コサメビタキなど

いわゆるヒタキ系の鳥が発する音です。(注意:ジョウビタキはツグミ科)

その音は、昔、火を起こすのに使った火打ち石を打つ音に似ていて、

これが「~ヒタキ」という名が付いた理由なのだそうです。

 

まさかオオルリが「カチカチ」音を出すのには驚きましたが、

図鑑を見れば オオルリもヒタキ科の野鳥なので、

取り立てて不思議なことでは なかったようです(笑)。

 

しかし、クルミの木の「利権争い」とも見られる両者の抗争は

現在も終わらない模様です。

この若ドリ、

「先住者(鳥)」に追い立てられても 立ち去る気はないようで、

この土日も さえずり続けていました。

以上、二羽のオオルリの抗争が続く観洋男子寮前から

Bluebirder*Sがお伝えしました。

コメントを残す on Bluebird!がやってきた!!

新発売

8日ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

今回は火曜日の担当です。

 

2月は走り去って、早くも弥生三月。

寒さがいくらか緩んだまま 3月に突入しました。

写真は観洋近く3月1日のアカゲラ。頭上のトビを警戒していたようです。

気象台の3か月予報によれば、

この3月は 平年より気温が高くなりそうで降水量も少なくなりそう。

アカゲラくん、「もうこのまま春・・・なのかなぁ」と

つぶやいているようにも見えてしまいます。

さてさて、ちまたでは、健康志向を背景にサバ缶がブーム。

Bluebirderもサバ缶やサバの味噌煮は前から大好きです♪

サバ缶が注目されているのは、健康効果の高さ。

サバには DHA(ドコサヘキサエン酸)や

EPA(エイコサペンタエン酸)という

栄養素が豊富に含まれているんですね。

DHAは脳を活性化させる作用があり、頭がよくなる物質という説もあります。

EPAは血液をサラサラにしたり、中性脂肪値を下げたりする作用があるので、

心臓病や動脈硬化を防ぐ効果があるともいわれています。

何より「缶詰め」ならば、皮や骨も一緒に食べられるので、

生のサバより栄養効果が高い。

専門家によれば、特にカルシウムの量は、生のサバの約43倍にもなるそうです。

やはり、健康志向の方には見逃せない食材です。

こうしたブームの中、当社 阿部長商店の 水産部門から

この3月3日、新製品が発売されました。

『吟醸酒粕を使ったさばの味噌煮』です♪ コンパクトな食べ切りサイズ。

三陸沖で獲れて気仙沼漁港に水揚げされたサバだけを使ったこだわりの品。

南三陸町のお隣気仙沼市の蔵元吟醸酒粕が風味を引き立てていて、

骨まで軟らかく仕上げられていて、

サバ缶同様 皮と骨も全部一緒に食べられます。

 

もちろん フィルムを剥がせばそのまま食べられますが、

フィルムを少し剥がして、500Wの電子レンジで30秒・・・

熱々のサバの味噌煮の完成です。

独身や共働きなど、時間が無くて忙しい方でも、

手軽に美味しい「健康食」さばの味噌煮が味わえます。

 

値段も手ごろで、観洋の売店で139円プラス消費税で販売中。

観洋のお土産として きっと喜んで頂ける一品です。

「美味しさ」は、最近開かれた県の品評会で

日本チェーンストア協会東北支部長賞を受賞した折紙付き。

掛け値なしで余りある栄養価と美味しさ! です。

「サバ 読んで」なんかいませんよ。(笑)

ホント、美味しいんです!

ゴミ捨ても手軽。空き缶のように嵩張らなくていいパッケージ♪

 

南三陸ホテル観洋へお越しの際には、

是非! 新製品「吟醸酒粕使用さば味噌煮」を おみやげにお奨めです♪

コメントを残す on 新発売