観光船

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

9月に入り、日中はまだ暑さが残っていますが、朝夕は涼しくなりましたね。

 

さて、澄み切った空の下、観光船でクルージングなど いかがでしょう?

送迎バスが出発するのは、仙台駅直行のシャトルバスが観洋を出た後のこと。

毎日 午前10時15分。

一路 船着き場へ・・・

志津川港到着は、およそ10分後。

接岸しているホテル観洋の観光船、第三はまゆりに乗船いただきます。

出港は 10時半。

一時間弱のクルージングが始まります。

第三はまゆりは、津波で失われた二隻の観光船

第一はまゆりと第二はまゆりに次いで

震災後 新造船として復活した観光船です。

リアス式海岸特有の荒々しい岬や島々の景色を眺めながらウミネコと遊べて、

のんびりと南三陸 志津川湾の海を楽しめる♪ 船なのです。

ウミネコと遊べる時間が とにかく楽しい こちらの観光船。

 

餌のかっぱえびせんは、船上で販売しています。

持ち込みもOK!

 

えびせんを指先に持って外に向かって差し出すと

ウミネコが飛んできて パクリ!

上手に放り上げれば、空中でキャッチしてくれますし、

海に落としても、着水して 食べてくれます。

 

こんなシーンも・・・

 

とにかく 寄ってくるウミネコの数が半端じゃない。

手の届くすぐ目の前を 群れて飛ぶ白い翼の迫力には圧倒されてしまいます。

 

舵を取るのは、阿部船長。

ヘッドセットのマイクを通じて、船内アナウンス。

南三陸町の歴史・文化から、地質、魚竜などの化石、自然、漁業に加え、

ウミネコやカモメのことなど あれこれ教えてくれる語り部ガイドでもあります

野鳥のことも詳しい船長さんです♪

 

さてさて観洋を背景に、目の前に浮いている浮きは何かわかりますか?

この浮きで、カキを養殖しています。

それぞれの浮きから カキの種を付けた綱を海中に垂らして育てます。

 

観光船は 途中、別の海域で浮きの傍に寄ってくれます。

その際に どんな風に養殖されているのかを観ることが出来ます。

海中に 白っぽく見えるがホタテの貝殻。

ホタテの養殖じゃぁ ありません。 カキの養殖!!

カキって、ホタテの貝殻に種を付けて 養殖するんです。

 

また、ホヤは、カキの殻に種を付けて、

ホタテは、洗濯ネットのような袋に種を入れて 養殖するんですって。

そんな話も教えてくれるのが、阿部船長です。

こちらは、ギンザケ養殖用の生け簀。

 

手前右手の島は「椿島」って言いますが、その向こうに見える岬が

雷(いかづち)伝説の「神割崎」。

 

志津川湾内の岬。海面に近い部分の「えぐれ」は、津波の傷跡。

 

町内で唯一 歩いて渡れる島 荒島(あれしま)には、

南方系の植物タブノキが植生しています。ここは北限の地。

沖合には親潮と黒潮の混ざり合う海域があって、

暖かい黒潮の影響を受けてのことでしょうか。

 

とにかく、あれこれ 細かいことは抜きにしても、空と海の青、潮風、

島々の鮮やかな緑、さらにウミネコとの触れ合いが、

掛け値なしに 私たちの心を癒してくれます。

 

南三陸ホテル観洋の目の前を遊覧する志津川湾観光船、

料金は、大人一人1100円 子ども550円で 一時間弱の船の旅

前日の 20時までに 観洋のフロントにお申し込みください。

外来の方もどうぞ!!! 代表電話 0226-46-2442 まで♪

尚、この観光船、10月からは、消費税増税の関係で

料金は 大人1200円、子ども600円に改定になります。

乗船すれば、ちょいと南三陸通になれて、気分も心もリフレッシュ。

ご予約・ご利用 お待ちしております。

 

コメントを残す on 観光船

夏に煌めくアクセサリー~希望の気泡入り福幸玉~

皆様こんにちは、マッキ―です。

今回は、これから暑い時期におすすめ!
キラキラと輝くアクセサリーをご紹介いたします。

現在、南三陸復興ストアで一・二を争う人気商品の「福幸玉

その中でも、「希望の気泡」が入った…
福幸玉「希望の気泡」ストラップ(大)をなんと完全数量限定販売!

復興への願いをこめて、
一つ一つ丁寧に編みあげた手作りのストラップ。
キラキラ輝くビー玉の中に復興への願いを込めた
「希望の気泡」が入っています。
浮き球を模した限定ストラップです。

船乗りの方へは「沈まないお守り」としても大事にされております。
「浮き」玉で「運気」も上昇!

色は、グリーンコバルトブルースカイブルーの3種類♪

今年の夏は、このストラップを身に着けて
南三陸の煌めく海を楽しむ旅はいかが?

【気分最高!志津川湾のんびりクルーズ付プラン】
観光船乗船券付・えびせん1袋無料☆ご夕食は鮑の踊り焼!

海風が心地よい季節となりました。
そんな海風の中、颯爽と進む観光船は爽快感抜群!
ウミネコとのふれ合いで、心癒されるひと時を…
※波や天候によっては欠航となる可能性がございます。

 


★志津川名産タコしゃぶお試しあれ★⇒ツイッターフォローしてね♪
南三陸町にふるさと納税するなら⇒ふるさとチョイス
★次回のスターパーティは6/24(月)★木星を見よう★

コメントを残す on 夏に煌めくアクセサリー~希望の気泡入り福幸玉~

松島高校インターンシップ生、南三陸を満喫♪

皆様こんにちは、
最近は暑すぎて、
お風呂に入る時は冷水のシャワーでのクールダウンが凄く気持ちいい
マッキーです(-_-;)

今回は青春を謳歌する松島高校インターンシップ生の話題!
(私も米沢での高校時代や仙台での大学時代に戻りたいなあ~)

先日のお休みを利用して、南三陸をちょっぴり探索しました。

まずは、志津川湾観光船!

船を出発した松島高校の男子高生たち(俗にいうDK)はウミネコと触れ合う!

かっ○えびせんを片手に、
潮風を切りさくように走る観光船に乗りながら、
ウミネコと急接近♪

ちなみに…
観光船付きのプランはこちら▼
気分最高!【志津川湾のんびりクルーズ付プラン】観光船乗船券付・えびせん1袋無料☆ご夕食は鮑の踊り焼!

そして、サンオーレ袖浜で美女と合流!?
こちらは、松島高校の女子高生(俗にいうJK)でございます。

海水気持ちいいなあ~
そんな声が聞こえてきそうな一コマですね~

ちなみに、ここで一つ豆知識!
サンオーレ袖浜の遊具&芝生のエリアが今年の4月29日(日)から、
株式会社楽天野球団が中心となり設立した
「TOHOKU SMILE PROJECT(東北スマイルプロジェクト)」により
荒島・楽天パークに生まれ変わり、
公園の中に「南三陸こどもスタジアム」がオープンしています。
※スポーツの力でこどもたちを笑顔に」を合言葉に、
スポーツを楽しんでほしいおいう想いが込められています。

その後は…荒島の中にある荒島神社でお参り!

この自然豊かな場所で何をお参りしたのかな?

ちなみに、タブノキ原生林の緑豊かな荒島は、
長さ100メートルほどの歩道(防波堤)陸地と繋がれており、
歩いて渡れる島でございます。

位置について、よ~い、ドン!
こんな感じで短距離走にも、楽しめます。

インターンシップの期間も残り約1週間!

松島高校の学生さんや、台湾のインターン生は
お食事会場やお部屋清掃、お布団の準備などで館内におりますので、
見かけた際にはお気軽にお声かけくださいませ♪

★- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -★

南三陸ホテル観洋の宿泊予約をするならこちら↓


公式ホームページからの予約がもっともお得です!
【直販価格】と書かれたプランを選んでご予約ください!

kirakirabanner.png

★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で9周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

 

コメントを残す on 松島高校インターンシップ生、南三陸を満喫♪

カモメ?ウミネコ?

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

この所、真夏のように気温が上がったかと思うと 急に寒くなる、

といった具合に 気温の変動が激しい。

「肌寒い」程度の気温でも、気温が急上昇した直後の「肌寒さ」は

またずいぶんと「寒く」感じられます。

体調崩してませんか? 気を付けましょうね。

さて、南三陸ホテル観洋から眺める志津川湾には、

いつもお馴染みの「白い海鳥」が舞い飛んでいます。

向こうに見えるのは ホテル観洋。

お客さまには 観光船で「餌付け」を楽しんでもらっている「お相手」のこの鳥は

「カモメ」じゃなくて「ウ ミ ネ コ」。

声を聞けばすぐわかりますが、カモメの”クァ クァ” という声とは違って、

“ミャー ミャー”という猫のような鳴き声で、

これがウミネコと呼ばれる所以です。こちらが ウミネコ・・・↓

そもそも大半の「カモメ」は ユーラシア大陸や北米西海岸から

日本に渡って来る「冬鳥」で、夏場には見られません。

 

ただ、南三陸町には「オオセグロカモメ」が棲息していて夏場も見られます。

観洋の海辺にも ひとツガイ棲んでいて、こちらは恐らくその内の一羽。

「カモメ」も「ウミネコ」もどちらも「チドリ目」カモメ科の鳥で

羽を広げて飛翔する羽のシルエットは確かに「チドリ」的な形をしています。

南三陸町でみかけるカモメ科の鳥のほとんどは「ウミネコ」なのですが、

少数羽?の「オオセグロカモメ」との違いを比較してみます。

 

「オオセグロカモメ」は 全長61cm、

翼を広げると156cmにもなるので、とにかくデッカイ!!!

くちばしは橙黄色で大きく、「下のくちばしの先の方に赤斑」があります。

 

対する「ウミネコ」は、全長47センチくらい。

オオセグロカモメと比べて 二回りくらい 小さく感じられます。

尾羽の先には カモメには無い「黒い帯」があって、

黄色い「くちばしの先には赤と黒の模様」があります。

それから、なぜかわかりませんが、

「ウミネコ」は餌付けに 何羽と無く一斉に寄って来るのですが、

「オオセグロカモメは」 まずもって 滅多に寄って来ません。

 

「人懐っこく」人に寄ってくる「ウミネコ」の大騒ぎをよそに、

当館6階 ベランダ角の手すり辺りにとまっていることが多いのが

「オオセグロカモメ」です。  こんな風に・・・

あと、脚の色。

「オオセグロカモメ」は、このようにピンク色↓をしていますが、

「ウミネコ」は黄色です。こちら↓

まぁ、ウミネコとカモメの違いなんて些末なことで

どちらもカモメ科の鳥なのですから

カモメぇ は カモメぇ~♪ (唄:研ナオコ)で構わない。

けれども、その違いを少しばかり知ってもらえると、ご来館の際

オーシャンビューのお部屋の窓越しに「お出迎え」してくれるウミネコに

ちょっとばかりの興味を持って より「仲良く」してもらえるんじゃないか、

そんな気がしたので 余計なお節介を焼いてみました。(笑)

 

みなさんも、観洋にお越しになった際には、

少し気を付けてウミネコとカモメを観察してみて下さい。新しい発見があるかも。

 

因みに、観光船に乗っていただくと

こんな写真や

こんな異常接近写真(↑ユリカモメ)が スマホで

鳥放題! じゃなくて、撮り放題 ですよ~!!!

コメントを残す on カモメ?ウミネコ?

ゴールデンウィークは南三陸ホテル観洋へ!

こんにちは、むっちゃんです(*^^)

待ちに待ったゴールデンウィーク!
今日から連休という方もいらっしゃるのでは?

南三陸ホテル観洋の日帰り入浴は、
ゴールデンウィーク期間中も営業しております。

※2019年4月22日より時間が変更となりました※
【時間】11:00~15:00まで(14:00受付終了 露天風呂は12:00~)
【料金】大人820円 お子様(3歳~小学生)400円
 ※混み合う可能性がございます。ご了承くださいませ。

もちろん、レストラン「シーサイド」も通常営業です。

【時間】11:00~20:00まで(ラストオーダー19:30)
※混み合う可能性がございます。ご了承くださいませ。

大人気!当館女将が発案した南三陸キラキラ丼シリーズの
南三陸キラキラうに丼5月1日から提供開始でございます!


(税込3,024円)

んん~~~~美味しそう(*´﹃`*)じゅるり
提供可能かどうかは当日の仕入れ状況によりますので、
事前にお電話でお問い合わせくださいませ。

そして、この時期もっともおすすめしたいのが…

志津川湾観光船です!

【時間】ホテル出発10:15(船の発着場まで送迎致します)
ああああ出港10:30
【料金】大人1,100円 小学生550円
【定員】55名
※天候またはその他事情により運休となる場合がございます。ご了承くださいませ。

リアス式海岸特有の岬や島々の景色を眺めながら、
ウミネコたちと戯れ、のんびりとしたクルージングが楽しめます。

予約制となりますので、
当館の予約課宛てにお電話でご連絡くださいませ。

「場所が遠くてなかなか行けないわ」と思っていた方も
この大型連休の機会にぜひ当地域へ足をお運びください!

心よりお待ちしております(*´︶`*)

★☆★ イベントのお知らせ ★☆★

本日4月28日(土)
20:00~5階ロビーにて
加藤マチャアキ様、絢音様によるコンサートがございます。

入場無料となっておりますので、
皆様お誘い合わせの上ぜひお越しくださいませ♪

★- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -★

南三陸ホテル観洋の宿泊予約をするならこちら↓


公式ホームページからの予約がもっともお得です!
【直販価格】と書かれたプランを選んでご予約ください!

kirakirabanner.png★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で9周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on ゴールデンウィークは南三陸ホテル観洋へ!