マリンパルだより 12月その2

いらっしゃいませ(^^)マリンパル保育士小野寺です!12月13日(金)今日はキーンと冷え込んで寒い朝です!

寒いと外に出るのが億劫になりますが、そんな季節にこそ空気が澄んで空も海も綺麗なので、寒いのも忘れて鼻を真っ赤にしながら、空を眺めています!昨日、12日(木)に【朝日】

【虹】

【満月】

空と海のコラボレーションが一日で贅沢に楽しめました!今回ばかりは、布団の誘惑を断ち切り早起きして朝日を見ることが出来ました!朝日を浴びると、全身にパワーが湧いてくる感覚で、とてもいい一日のスタートが切れます!

朝日で、パワーを充電して出勤し、マリンで、子ども達のこんなに可愛らしい笑顔を見ると、一層幸せな気持ちになるんですよ♪

この頃では、二人でいる空間にも慣れてきて、一緒に過ごす姿を見るとこが多くなってしました!

一緒に遊ぶというより、並行して同じ遊びをしているような感じです♪時々同じおもちゃを取り合う姿を見ると、ラグビーのジャッカルを想像して、ついつい笑ってしまうことが(笑)何をしていても、めんこいのです(笑)

そして、二人ともごはんタイムが何よりのお楽しみ♪

とても美味しそうに食べています!お野菜もモリモリと好んで食べるんですよ♪

遊んでいる姿、食事をしている姿もどちらも和みます♪

最近では、さらに音楽に合わせて体でリズムをとるようになり、子ども達、先生たちといろんな歌やお遊戯を楽しんでいますよ♪来週は一足早くクリスマス会を予定しています。それに向けての準備も楽しく進んでいます。数あるお遊戯の中には、最近流行している「パプリカ」!!流行に疎い小野寺は、パプリカとはなんだべ?というくらいにしか考えていませんでしたが、今回踊ることになり、練習の日々です!!ずいぶん上達しましたが、私に足りないのは踊りのキレ!ですね(笑)キレッキレのパプリカが踊れるように当日まで練習したいと思います♪楽しいクリスマス会になりますように♪

 

コメントを残す on マリンパルだより 12月その2

いきなり!スターパーティin南三陸

こんにちは、
先週は沖縄に帰省していましたトーマスです。



那覇→仙台行の飛行機では
天気が良ければ窓から
沖縄のエメラルドグリーンの海や
富士山を見下ろすことができますよ。
二時間半の日本縦断旅行です。

南三陸ホテル観洋の屋上からは、
空を見上げて星空旅行!

先日12月3日は
お天気が良かったので突発の
いきなり!スターパーティを開催しました。
星空の先生から素敵な写真を頂いたので
ブログを読んでいる皆様にもお裾分けです。

すっかり冬模様で
陽が落ちるのも早くなった南三陸。
空気はひんやり冷たいですが
天体観測の準備にわくわくしてきますね。

南三陸の空は天然のプラネタリウム。
まだ薄く雲が見える時間でも
満点の星空がチラチラと見え始めます。

とっぷり日が暮れて
冬空の澄んだ空気の中
上弦の月が冴え冴えと光る頃。

志津川湾から昇ったオリオン座も
南三陸町を見下ろしてキラキラを輝き始めました!

突発スターパーティに参加した皆様からは
屋上のあちこちから歓声が聞こえました。

冬の空を彩るたくさんの星の数々。
まさに天体観測に最適の季節ですね。

本来の(?)毎月開催しているスターパーティは
今月12月14日(土)開催です!

今回は3大流星群のひとつ
『ふたご座流星群』に来年への願いを託しましょう!

私は年末ジャンボ宝くじを買って
宝くじを握りしめながら見上げようと思います。
買わないという選択肢はないですよ。
『ふたご座流星群』を見ないという選択肢もないですよ。

スターパーティは、現地集合できる方なら
ご宿泊者以外でもどなた様でもご参加いただけます。

是非ぜひ、今年の『ふたご座流星群』は
天然のプラネタリウム南三陸でお楽しみくださいませ!

コメントを残す on いきなり!スターパーティin南三陸

୨୧┈ おすすめプランのご紹介 ┈୨୧

こんにちは!
最近はもっぱらタヌキのもふもふ動画に癒されているむっちゃんですʕ•ﻌ•ʔฅ
もふもふで手足が短くてふっくらしていてとても可愛いのです…

さて、1年はあっという間で
2019年も残りわずかとなりました。
本日は、今の時期にオススメな3つのプランをご紹介!

【秋鮭と牡蠣のほかほか満福膳プラン】

月曜~金曜の平日限定。
夕食に「牡蠣鍋」「秋鮭の釜飯」「秋鮭のちゃんちゃん焼」がついた
心もお腹も満福(まんぷく)になる期間限定のプランです♪

三陸産の牡蠣は、雨水と海水が混じり合った環境で育ち
他の産地の牡蠣と比べ、濃厚でクリーミーな味わいが特徴です。

また、南三陸町は銀鮭養殖発祥の地であり
宮城県の銀鮭生産量は全国の約90%を占めています。

濃厚な「牡蠣」と脂がのった「秋鮭」をこの機会にぜひ!

【いい夫婦プラン】

いい夫婦の日は昨日だけ?
いいえ!いつだって、毎日が「夫婦の日」!

こちらも月曜~金曜の平日限定となります。
ああ ああいいふうふ
料金も11,220円(税別)からのご案内♪

特典として、1予約につきミニボトルワイン1本付(250ml)
(在庫が無くなり次第、スパークリングワイン(ハーフ)へ変更となります)

大切な方と一緒に2人の歴史を語りましょう。

【志津川タコしゃぶプラン】

さむ~い日は鍋が一番!ですよね?

志津川湾のタコは、栄養豊富な海で育った鮑を食べているグルメなタコ。
旨味が凝縮され『西の明石、東の志津川』と呼ばれるほどの逸品です。

この志津川タコを、透き通る程薄切りにすることで
柔らかくプリっとした食感を楽しめます。

鍋で数秒しゃぶしゃぶして、タコの脚がウェーブしてきたら食べ頃!
噛むほどにタコ本来の旨味が口の中いっぱいに広がります。

みんなでタコしゃぶ鍋パーティーをしよう♪
志津川産の自慢のタコを、心ゆくまでご堪能ください。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

以上、おすすめなプランを3つご紹介させていただきました。
気になるプランはありましたか?
各プラン名をクリックすると、予約ページに飛びますので
ぜひご検討ください!

↓ 他にもいろいろな宿泊プランがございます ↓


こたつで丸くなりたい冬こそ、
景色とお風呂がひとつに繋がるインフィニティ温泉であったまろ♪

皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

コメントを残す on ୨୧┈ おすすめプランのご紹介 ┈୨୧

日の出フォトグラファー

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

一雨ごとに寒くなり

各地から霜や氷、雪の便りが届く頃

いかがお過ごしでしょう?

正面玄関前のお出迎えも、日暮れ時には

いよいよ 寒さが増してきています。

 

さて、南三陸ホテル観洋から眺める志津川湾の日の出の景色がきれいなことは、

お泊りになって、ご覧になられた方なら みなさんご存知ですね。

南三陸ホテル観洋には、

そんな 志津川湾の日の出専門に撮り続けている

フォトグラファーが居ます。

Bluebirderも、朝 寮の窓の外が白み始め、

空がうっすらと朝日色に染まるのがわかると、

「ああ、きれいな日の出が見られそうだなぁ・・・

撮影したらきっといいシーンが撮れるなぁ・・・」と思う・・・。

思いはするものの、

撮るには寮の奥にあるベランダに出なければならない・・・。

なので、つい 寒いからと布団から出ない・・・。

出ないで、二度寝してしまうのです(失笑)。

そんなぐうたらなBluebirderとは 違い、

晴天の朝、シャキッとカメラを向けているのが

当館のナイトフロントスタッフなのです。

その内の一人が Hさん

この6日と9日にも 撮ってくれました。

今回冒頭からご紹介している写真が 彼の「作品」です。

赤い というより、金色(こんじき)の 日の出です。

Hさん、ナイスショット♪!!!  おつとめ ご苦労さまです!

 

それにしても、わずか3日の差で

こんなにも日の出の位置が変わるんですね。

↑ こちらが 6日、

↑ こちらが 9日です。

 

こうした情景を、お泊りのみなさまは

露天風呂やお部屋から眺めていらっしゃるのです。

ブログをご覧のみなさんも、

是非、観洋の天然温泉から

志津川湾の日の出と絶景を楽しみにいらっしゃいませ!

 

まずは入浴だけでも、という方には

日帰り入浴をフロントカウンターで承っています。

毎日 AM11:00~PM3:00 最終受付PM2:00にて。

 

また お食事付きで入浴を楽しめる

お手軽な日帰りプランは 4400円からご用意できます。

観洋のタオルを お付けして。

岩風呂の温泉に浸かって 志津川湾の絶景をどうぞ!

コメントを残す on 日の出フォトグラファー

小さな秋

6日ぶりのご無沙汰です。Blurbirder*Sです。

訳あって、今週は1日早い更新です。

 

朝夕、随分涼しくなりました。

というより、もう肌寒く感じられる日もありますね。

志津川湾、9月の朝です。

今頃はちょうど 観洋から太平洋を望んだ湾の中央付近から陽は昇ります。

湾内には、養殖施設で作業をする船のシルエット。

水面を渡るヒンヤリとした潮風に、秋の気配を感じます。

 

秋の入り口、南三陸町近郊で 小さな秋を探してみました。

北上川の支流には、ススキの穂が 西に傾いた陽に 輝いています。

まだ 穂は若く、綿毛のようなフサフサは見られません。

いよいよ これからが開花。花が咲いて、

1か月ほどで 芒(ノギ)と呼ばれるフサフサが付いて 金色に輝きます。

この、芒(ノギ)。

花の終わりには、ちょうど、タンポポの綿毛のようにふわふわと宙に舞い、

種を遠くへと運びます。

 

公園の一角には、栗の木。

木自体の丈は まだ小さいのですが、しっかり緑色のイガグリをつけています。

ただ、付いている実の数は全体的に少な目。ちゃんと 実ってくれるのかな?

 

ふと 気が付けば、抜けるような青空。

澄み切った 秋の空気を感じます。

 

とりのこされたように売店軒先には 氷暖簾(こおりのれん)。

もう 季節外れ、という印象以上に 一抹のさびしさを感じます。

 

一方、家々の軒先には・・・

おなじみ秋の花、

コスモス♪

濃い紅、薄紅。

別名 秋桜(あきざくら)、というだけあって 文字通り「華やか」な雰囲気。

 

コスモスは、キク科コスモス属の花。

花言葉は、「少女の純真」・「真心」。

その姿は、心 惹きつけ、和ませてくれます。

 

一方、川べりや国道沿いで見つけた この花。

黄色いコスモス?と思ったら、どこか様子が違う。

調べてみたら、キクイモの花。(違ったらゴメンナサイ!)

コスモスと同じキク科の花ですが、ヒマワリ属。

そういわれてみれば、花自体は小さいけれど、

色と形にヒマワリ的な趣きがありますね。

 

日が暮れて、夜ともなれば、冴えわたる 月影。

志津川湾の水平線に現れたばかりの月の色は 赤く、

昇るにつれて次第に黄金色から銀色へと変化して

魅力的な表情を見せてくれるの で・す・が、

残念ながら この日は カメラスタンバイが遅れ、

その赤い「表情」を撮り逸れてしまいました。雲に遮られて・・・

それでも、水平線上の雲に隠れた 月がもたらす光は、

漁業信仰の島 椿島を幻想的に浮かび上がらせ、

雲が切れたところで 光の道を渡してくれました。

客室の窓からは「うわ~! めっちゃ きれい!!!」という 叫び声も。

 

南三陸ホテル観洋自慢の、志津川湾の絶景は

日の出もさることながら、月の夜もまた 魅力的です。

 

秋はまだ「小さい」ですが、

日中と朝夕の気温差が相当に「大きい」ので、

どうぞ風邪など召しませぬよう お気を付けくださいませ。

 

コメントを残す on 小さな秋