歴史を学ぶ。登米懐古館。

大家好,我是惠。
皆さん、こんにちは、恵です。

今天向大家推薦觀洋酒店周邊觀光景點之一的【登米懐古館】,
這裏是建築家隈研吾氏建築設計作品之一。
主要以茅草屋頂為靈感,將當地的石材和苔蘚融入其中,
隨著苔蘚的生長,屋頂便漸漸變綠。

今日、観洋ホテル周辺の観光スポットの1つである「登米懐古館」を紹介いたします。
建築家・隈研吾氏の建築設計作品の一つで、
主にわらぶき屋根にインスパイアされ、
地元の石やコケを使用した屋根は、
コケが生えるにつれて屋根の色合いが徐々に緑に変わります。

 

這裏曾是江戶時代仙臺藩的城下町,在這裏可以看見舊武士時代的街道景觀,
因此這座博物館館内還展示的有當地的歷史和武士文化的器物。

登米伊達氏の城下町で、
旧武士時代の街並みが見られるため、
地元の歴史や武士文化の器物も展示されています。

 

從觀洋開車約25分鐘【登米懷古館】
昭和36年,由前登米町名譽町民渡邊政人先生捐贈在寺池城亭建造,
但於令和元年9月,由從事傳統表演藝術傳承館“森舞臺”的建築師隈研吾氏先生設計搬遷新建。

観洋から車で約25分の【登米懐古館】
昭和36年、寺池城址に旧登米町名誉町民の渡辺政人氏の寄贈によって建てられましたが、
令和元年9月、伝統芸能伝承館「森舞台」を手掛けた建築家隈研吾氏の設計により移転新築しました。

館內展出了與登米伊達家相關的甲殼「鉄黒漆塗五枚胴具足」、
刀劍「太刀備州長船恆弘」、繪畫「古歌盛開時」伊達政宗、
狩野探幽、大德寺江月和尚合作等,是在城下町黨時令人震撼的的珍貴物品。

館内には、登米伊達家ゆかりの甲冑「鉄黒漆塗五枚胴具足」、
刀剣「太刀備州長船恒弘」、絵画「古歌咲く時は」伊達政宗、狩野探幽、大徳寺江月和尚合作など、
城下町であった当時を偲ばせる貴重な品々を展示しています。

今天就到這裏,下周見哦。
それでは、また来週。

Book us at;

” Kanyo channel “ is being delivered ….

Please press “like(いいね!)” and subscribe to the channel.

コメントを残す on 歴史を学ぶ。登米懐古館。

喜多流能森舞台公演が7月30日に開催予定!

皆様こんにちは、マッキーです。

今回は当館から車で約30分。
登米町伝統芸能伝承館「森舞台」にて行われる
喜多流能森舞台公演についてお知らせいたします。

実はこちらの公演は本来2020年5月30日に予定されたものが、
コロナ禍により延期となり、
2年越しに開催予定となっております。
期日は7月30日(土)13:00開場、14:00開演となっております。
(当館もちょっぴり協賛しています)

建築家隈研吾氏が設計した「森舞台
木々の自然に囲まれたこちらの舞台が最も輝く公演となる事でしょう。
また、翌日は地元の有志による能舞台も行われるみたいです。

機会がございましたら、ぜひご覧くださいませ。
詳しくはチラシに記載しているお問い合わせ先まで、
ご連絡いただければと思います。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –●

ああああ \ 感謝 / チャンネル登録者数1000人突破! 
あああああああ【観洋ちゃんねる】

今回のBlogにて取り上げた、
「森舞台」を撮影した動画でございます。
ぜひご覧くださいませ。

いいねチャンネル登録をぜひよろしくお願いしま~す\(*ˊᗜˋ*)/

公式YouTubeチャンネルはこちら⇒南三陸ホテル観洋【公式】

 

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –●

ああああああああ★ 期間の再延長が決定!! ★
\ みやぎ宿泊割キャンペーン 宿泊割引&クーポン付プラン /

期間:2022年6月30日(木)チェックイン分まで
対象:宮城県、岩手県、山形県、秋田県、福島県、北海道、青森県在住者の方

上の画像をクリックすると詳細ページへ飛びます。
予約前にご一読くださいませ。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –●

ああ\ 三陸の美味しい海の幸や加工品、雑貨まで勢揃い! /

お買い物はぜひ、ネットショップ「南三陸復興ストア」で!

Yahoo!ショッピングはこちら↓

楽天市場店はこちら↓

 

コメントを残す on 喜多流能森舞台公演が7月30日に開催予定!

Kanyo plus one ~ Introducing Tome City’s local cuisine ~

This time, I will introduce the local dishes “Aburfu Don” and “Hattojiru” in Tome City, which is next to Minamisanriku Town where our hotel is located !

You can park your car in the parking lot of the roadside station “Toyama no Sato” along the main street of the retro town Tome City.

The entrance to the parking lot is also retro.

Arrived at Ajidokoro Mon, a restaurant that originated from Aburadon, which is a 3-minute walk from the parking lot.

Take off your shoes at the entrance and enter the Japanese-style restaurant. Then I ordered a set of two local dishes, “Toyoma Set”.

“Aburafu” is fried gluten, which is a protein component of wheat flour, in vegetable oil. About 30 years ago, the Aburafudon was devised as a menu for the inn Ebimon, which is adjacent to the landlady, for customers who are not good at chicken.

Hatjiru is a local dish made by adding water to flour, spreading it thinly with your fingers, and finishing it with soy sauce-made soup.

 

After your meal, why not take a walk in the retro town !

“Aburafu” is also sold at the hotel shop. We also have a recipe, so why not try making it at home?

Access to “Toyoma Tourism and Local Produce Center(Toyama no Sato)” ; About 25 minutes drive from our hotel

Good day ! from Minhong

Book us at;

” Kanyo channel “ is being delivered ….

Please press “like(いいね!)” and subscribe to the channel.

コメントを残す on Kanyo plus one ~ Introducing Tome City’s local cuisine ~

花マップ完成です🌻✨

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

5月もあっという間に最後ですね!
2022年の折り返しの6月がやってきます。
早いですね( ゚Д゚)

さて今日は題名にもある通り「花マップ」が完成しました!
これから、もしくは今の時期に最適なものとなっています。
これからのご旅行を計画されている方にはぜひ
ご覧頂きたいので紹介いたします(`・ω・´)

こちら!

梅雨~夏にかけての周辺花マップとなっております。
どこも素敵なのですが個人的に行ってみたいなぁと思ったのは…

ここです!「三本木 ひまわりの丘」

黄色やオレンジなどの明るい色合いが好きなので
自分より背の高いひまわりを間近で見てみたいなぁと思いました!
↓探検家になった気分にもなれそうですね👀

ひまわりは「Sunflower(太陽の花)」と言われるように
「向日葵」とも呼ばれています♪
太陽の方向を向いて咲くためですね🌻

花となると花言葉も調べたくなってしまうのですが
「あなただけを見つめる」や「崇拝」など、
「太陽の方向を向く」に関係した花言葉が代表例ですね!

その他となりますと
・「情熱」
・「あこがれ」
・「あなたを幸せにします」など。恋愛にも関係してくるものもありました!

夏になると入道雲も発生します。
それも一緒に撮影できたら素敵な一枚が誕生しそうですね📸
ぜひ、お気に入りの場所を見つけてみてください!

これからの時期に向けて「観洋ちゃんねる」の
旅行計画にぴったりかも…?ご覧くださいませ(`・ω・´)

それでは今日はこの辺で!また来週~!

コメントを残す on 花マップ完成です🌻✨

雨の日の主役!

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

さて今日は、夏の前に..梅雨の時期に咲き誇る花の紹介です!

「紫陽花(あじさい)」

日本でよく見かけるのは「青」や「紫」
土壌のpH値によって決まると言われていて、
日本の土壌は弱酸性であることが多いため、
青〜青紫の紫陽花になりやすいみたいです(`・ω・´)

そこで!当館から行くことができる観光地を季節の先取りでご紹介!
今後の旅行計画に役立ててください♪

📸:写真は昨年度のものを使用していますので最近の開花情報ではございません。

さて!紹介する場所はこちら!
「登米市 大嶽山 興福寺」

住所:〒987-0423宮城県登米市南方町本郷大嶽18
電話:0220-58-3572  営業時間:9:00~17:00

「大嶽の観音さん」と呼ばれ親しまれている
「奥州三十三観音大嶽山(おおだけさん)興福寺(こうふくじ)」
南方町の大嶽山にあります。

歴史は度重なる焼失で古い記録がなく由緒は不明との事ですが一説によりますと
平安時代に一帯を支配していた豪族・大武丸(おおだけまる)を
807年に征夷大将軍・坂上田村麻呂が討伐し、
その亡きがらを葬った塚の上に観音堂を建てたのが始まりと伝えられています。

観音堂の内陣には伊達家の紋章である「竹に雀」が施されてるんです。
奥には33年に一度だけ開帳される「本尊・秘仏十一面観音菩薩」がまつられています。
また、観音堂外側の板壁には中国の「二十四孝物語」の彫り物が色鮮やかに刻まれています。

政宗公が眠る瑞鳳殿。どこか屋根下のデザインも似ていますね。

梅雨の時期に輝く主役のような紫陽花。

花言葉は色によって変わりますが、共通した花言葉は
「『和気あいあい』『家族』『団欒』」と言う言葉もあります!
花が一つではなく、何個も集まって咲いていることが由来のようです。

また、最初に説明した通り根の要素で色が変わる紫陽花には
写真のような青色だと、「『冷淡』『無情』『辛抱強い愛情』」
という花言葉があります。
他にも、白やピンク、緑色などもあるので「紫陽花」と一言にとっても
花言葉の意味などを考えると変わっていくので、面白いですね♪

そして当時の様子は「観洋ちゃんねる」でもアップされています!
こちら↓

夏休みまでまだもう少しありますから、
梅雨のジメジメとした雰囲気を吹き飛ばすためにも
今年は紫陽花を見に行ってみませんか?

それでは今日はこの辺で!また来週~!

コメントを残す on 雨の日の主役!