帰ったようです

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

この15日夕方・・・

そして、19日・・・

いつもの小さな港に、コクガンの姿はありませんでした。

ようやく 北へ旅立ったのですね。

一抹の寂しさを象徴するように 一羽のカモメ。

 

この港からほど近い、海のビジターセンターが休館中なので

志津川湾内全てのコクガンが北帰行を済ませたかどうかは

確認出来ていませんが、

少なくともこの港の「小隊」は 北へ向かったようです。

次の冬の再会を楽しみに待つことにしましょう。

See you ! コクガン !

 

さてさて、18日の嵐の余波で、かなり時化ていた19日の志津川湾。

この港近くでも、サーフィンが楽しめそうな大波が立っていました。

そんな中、波打ち際で波に揉まれる ちっちゃな野鳥を発見。

残念ながら、陽が陰っていたこともあり、

クリアに撮れませんでしたが、どうやら シギの類いと思われます。

早速、ネットや図鑑で調べてみたものの、容易に判別できません。

クチバシの根本が黄色いのと羽色の印象で

一番近いのが「チシマシギ」ですが、何とも・・・。

首からお腹にかけて羽色の白い方の一羽は、

目の周りに覆面をしたような「くま取り」がありますが、

図鑑を見ても同じような個体が見つかりません。

 

たまたま強風で迷い込んできた珍鳥か、それほど珍しいものでもないのか

わかりませんが、どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら

是非、お知らせください。

 

戸倉公民館下の志津川湾に面した駐車スペースには、

ラムサール条約登録湿地「志津川湾」を紹介したパネルが設けられました。

生物の多様性を保つ志津川湾は、実に多種多様な生物を養っています。

このシギたちは そんな自然の豊かさに裏打ちされた美しさに

引き寄せられてきたのかも知れません。

このBluebirderも この湾に強く魅力を感じ引き寄せられて来た

そんな「生物」の一人です。

コメントを残す on 帰ったようです

コクガン観察ツアー

 

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

19日、コクガン観察モニターツアーにお客様をご案内。

東京と神奈川からのお客様、お二人をコクガンの居る港へ。

この日は、潮が満ちて 波も荒く居心地が悪かったせいか、

いつもの船揚げ場に

コクガンたちの姿はありませんでしたが、

湾内を泳ぐ コクガンたちを確認することが出来ました。

お二人のお客様は、観洋に泊まられるのも初めてなら

コクガンを観るのも初めて。

「きれいな鳥ですねぇ~」「かわいい♪」

「近くに対岸の見える小さな漁港で、大きな船ではなく

小さな漁船が幾艘か係留されている水面に

コクガンの姿が見えるのが 牧歌的でいいですね」

「まるで自然の中の水族館のようですね」という言葉が

次々と飛び出してきました。

震災前には、海上の養殖いかだ近くが採食の場だったのが、

震災後は 一転、津波で志津川湾内の藻場が荒らされ

いかだが流されたことで

採食しにくくなっていたようです。

 

ところが、地震で平均60センチ以上地盤沈下したことにより、

潮の満ち干によって漁港の船揚げ場や岸壁に

アオノリが付着しやすくなり、アマモも漂着することから

コクガンたちにとって、「漁港」が絶好の餌場となったようです。

 

それも、震災直後は 港から漁船が殆ど流失し

漁業者の姿もまばらになっていましたから、

「海上」に代わって「漁港」が

コクガンたちにとっては人から脅威を受けにくい

「都合のよい」採食場所になっていたことが考えられます。

研究者によれば、その後 港に漁船が戻ってからも、

漁業者が「自分たち」に危害を加えないということが

コクガンたちにも徐々にわかってきたのではないか。

それが、「漁港」が彼らの新しい餌場として

定着してきた要因ではないかと 話しています。

そんな話をお伝えしながらのツアーになりましたが、

「いや~、満足しました」

「たまたま、急に決めた宿泊でしたが

コクガンときれいな景色も見られて

満足感でいっぱいです」という

ありがたい言葉を頂戴しました。

 

「もっとこのツアーを売り込めるといいんじゃないですか?

きっと、喜んでもらえると思いますよ」とも おっしゃっていました。

ありがとうこざいます♪

コクガン観察ツアー、目下モニターツアーとして

土曜日お泊りでご希望のお客様を日曜の10時から ご案内しています。

どうぞ、気軽にフロントでお申込み頂き ご参加ください。

国の天然記念物にして絶滅危惧種のコクガンたちが、

きっと心を癒してくれます。

 

コメントを残す on コクガン観察ツアー

鹽竈神社でお参りはいかが!?

皆様こんにちは、マッキ―です(^o^)

今回は、ちょっぴりお出掛け!
鹽竈神社をご紹介。
(個人的には初詣に行って無かったので、遅めの初詣となりました)
当館からは車で約1時間10分♪
仙台駅からは仙石線(電車)で約30分の本塩釜駅下車。
(私は電車で…)

ちなみに、本塩釜駅のある塩釜市は、
全国でも有数の生マグロの水揚げ量を誇る塩釜港が有り、
駅構内にもマグロのオブジェ!?が…

そして、むすび丸を中心としたゆるキャラ達の看板も有ります。

さあ、駅から歩いて約15分♪

目的地に到着!

ここで一つ注意したいのは本堂に行く迄にある階段。
写真で見るだけでも、結構な長さ(ーー゛)
石段がたぶん百段位はあります。(数えて無いけど…)

「階段はつらいよ」という方には、
徒歩の方でも駐車場を経由しますと、
石段が少ない坂を登るルートもございます。
(この坂も若干ハードですが…)

ちなみに、駐車場経由でお越しの場合には、拓けた場所まで上がると…

このように、遠くに塩釜の漁港も見える、(個人的)絶景スポットがございます。

そして境内へ…

こちら鹽竈神社は、家内安全、延命長寿、交通安全、
安産等のご利益があるとされています。

私が行ったのは平日の昼間でしたが、
意外と人が居るんだなあと思いました。

ちなみに、徒歩数分離れた所には、
国土開発・殖産、とりわけ、農耕守護の神として信仰されている、
志波彦神社もございます。

当館にご宿泊の際には、
ちょっぴりドライブも兼ねて塩釜に訪れるのも、
おすすめです。

★本日のおすすめプラン★

【自社専用】★HP直販価格★【かき・メカジキ☆プリプリ満福膳プラン】
牡蠣カンカン蒸しとメカジキ仙台味噌焼付の夕食膳

塩味が効いた、ジューシーな「牡蠣カンカン蒸し」と、
仙台味噌で香ばしく焼き上げた「メカジキ」が絶品のプラン◎
こちらのプランは、当館HPからの予約が最安値です。
この機会に、お得に南三陸の海で癒されてみませんか?

コメントを残す on 鹽竈神社でお参りはいかが!?