秋 ミニ散歩

一週間ぶりのご無沙汰です、Bluebirder*Sです。

一雨ごとに 秋が深まる南三陸町。 志津川の海辺を歩いてみました。

抜けるような青空をは背景に、紅葉。 ケヤキ、かな? 違うかも。

でも赤と青のコントラストが鮮やかで キレイ!

町内志津川地区 林漁港で見上げた景色も 秋色ですね。

 

湾内には お馴染みのウミネコに交じって ユリカモメの姿も。

今は もう秋 誰もいない海~♪ は、トワ・エ・モア 昭和のJ-POP。

この季節になると、なぜかあの曲と歌詞が頭の中でリフレイン♪ してくるんです。

そして、な・ぜ・か 砂浜に出かけてしまう習性があるが Bluebirder*Sでございます。

復活2年目、夏の海水浴シーズンは大いに賑わった 海水浴場。

サンオーレ袖浜の砂浜には親子連れの姿がありました。

波打ち際で、波と戯れ 砂遊びをしていました。

そんな光景を眺めてたら、なんとなく ほのぼのとした気持ちに。

やっぱり こどもの居る風景はいいですね!

 

きれいに公園も整備された近辺は、町内でも指折りのナイスビュースポットで

今や、すっかり町民憩いの場です。

 

一方、

こちらは、北の恋人岬からの眺め。

絶壁にたたずんでいたところ・・・、

右手に アキアカネ! 手乗り アカトンボです。

温かだった日中に比べ、肌寒くなった夕刻

おそらく温もりが欲しくて たまたま私の手に「とまってみた」のでしょう。

手で払わなければ 逃げませんでしたから、かなり「寒がり」なトンボだったようです。

彼らは、卵に命を宿して 一生を終える時期。

小さな命に いかばかりかの愛おしさを感じました。

 

この日の志津川湾には 少し大きめのうねりがあって、

波が岩に砕けては、水しぶきを上げていました。

この怒涛に近い激しさは、さながら 日本海的な 光景です。

 

夕暮れ時の袖浜は、徐々に黄昏て・・・。

ホテル観洋を向こうに望む海辺は 夕日に染まり

秋の風情を深く感じた、秋の袖浜でした。

 

モアイ岩 向こうに広がる 志津川湾  この辺り 散歩にはもってこいですよ♪

コメントを残す on 秋 ミニ散歩

愛のプレリュード

一週間ぶりのご無沙汰です。BlueBirder*Sです。

♪~We’ve Only Just Begun♪~は、

カーペンターズの名曲  ♪ 愛のプレリュード。

この23日土曜日、 当館 南三陸ホテル観洋では、

海の絶景チャペルで 結婚式が行われました。  June Bride !

新郎は 登米市のご出身で 新婦は 地元南三陸町生まれ。

それぞれが 母校の 高校と小学校で 教鞭を執っていらっしゃいます。

南三陸町で開かれた初任者研修の場が出会いの場。

新郎の同期の方が キューピッドになって ご縁が結ばれました。

フラワーシャワーで締めくくられた式後の披露宴には

100人を超えるゲストが ご出席。

Bluebirder*Sは、進行役で撮れなかった披露宴のシーンが こちら!

スタッフが撮らせて頂いたケーキ入刀の場面です!

お二人の笑顔が 幸せいっぱいに輝いた瞬間でした。

釣りが大好きな新郎の夢は 沿岸部の家と漁業権を持つこと、

新婦は全都道府県を旅行で制覇することなのだとか・・・

We’ve only just begun, to live~♪

ゲストの皆さまの 温かな祝福を全身で受け止めた お二人は

共に人生を 歩み始めたばかり。  愛のプレリュード。

この晴れの日の思い出を 心に深く刻み込んで

幸せの未来に向けて 旅立ちました。

みなさんも、一生の一度の思い出づくりに

南三陸ホテル観洋の 海の絶景チャペルで

結婚式や披露宴を挙げてみませんか?

 

志津川湾の絶景は

お二人はもとより ゲストのみなさまを

きっと 心地よく おもてなし してくれますし、

絶景を望む「舞台」での挙式や披露宴は

他では叶わない 素晴らしい思い出になることでしょう。

観洋だからこそ つくれる思い出です。

 

仲間内だけの「人前式」も出来ますし、和装の神前式も ご用意出来ます。

小人数でささやかなパーティー形式の披露宴をご希望の方も

どうぞ お気軽にご相談下さい。

お電話 お問い合わせ お待ちしてます!!

 

☆ 尚、お写真は 新郎新婦お二人のご承諾を頂き 掲載させて頂きました

ありがとうございます!

コメントを残す on 愛のプレリュード