「9年目の未来予想図」と「東日本大震災追悼セレモニー」

皆さん、こんにちは。カナです。

2020年3月11日。震災から9年目の日。

今年も「海の見える命の森」で桜の植樹が行われました。
数年、数十年先の未来予想図へ向けてボランティア様をはじめ、

地元の方にも数名お越し頂き、我々ホテルスタッフも現地へ。

前日10日に吹き荒んでいた雨はすっきりとやみ、晴れていて水平線まで
海景色を見ることができました。
当日の最初は三陸復興観光コンシェルジェセンター長の阿部様より、
集まって頂いた方々の紹介。
進行役として最初の顔合わせを進めて頂きました。

次に当館でも語り部ガイドを行っている後藤一磨様からは
一昨年植えたものは花芽が付き始めて成長を感じていること、
毎年少しずつ森が変わっていて様々な建設やキャンプ等の催し物などの
考えも膨らんできています。と笑顔を頂きました。

そのあとに南三陸で植樹活動を続けて頂いている
「NPO法人 桜並木ネットワーク」の桜野良充様より苗木の扱い方や、
植樹のやり方をレクチャー頂きました。

この後、グループに分かれてそれぞれ7~9本の桜の苗木を植樹。
植樹する場所にはあらかじめ印をつけて頂いているため、
穴を掘るところから開始となります。

しかし、もともと土だけの場所に植えているわけではなく、
自然の山を開拓し、木を切って作業をしているため
切り株が密集しているところは根っこが絡み合い、掘る作業も難航。
石もゴロゴロ出てきましたが、根っこは鎌で切り離しつつ作業を続けました。

掘った土と肥料を混ぜ合わせ、70㎝ほどの穴に少し入れた後、
苗木を印が出るくらいの位置で止め、残りの土を入れていきます。
その時、まだ苗木は細いため風にあおられれば折れてしまいますので、
支柱をたてて、この支柱に苗木を添えて布と紐で離れないようにくくります。

ボランティアの皆様もそれぞれの場所で。


海の見える命の森の未来予想図を完成させるために
山の斜面へ、バラバラの種類を植えていきます。

全部の植樹を終えた後は海を見ながら昼食。
南三陸大仏がある場所で皆で頂きました。

そして….実は清水寺の設計をまねて、デッキも作成中なんです。
【土足厳禁】です。お気を付けくださいませ。

将来的には、ここに小屋が出来ます。

今後は雨が降っても見学できるように小屋を建てたり、

小さな沢が流れる近くに井戸を掘ったり、

その周りを平地にしてキャンプ場にしたり…
海の見える命の森の未来予想図はまだまだ完成していません。

今年2020年、そして来年2021年の植樹予定はこんな感じ….

数十年先の未来には春になれば桜が満開になり、
山が桜色で鮮やかになる日がやってきます。

そして、この日は南三陸大仏が山頂に鎮座して初めての3.11。

追悼セレモニーの時間が近づくと近隣の住民の方も集まり、開会となりました。

最初は弊社副社長より、

・震災前は普通の山だったこの場所が震災後に皆様のお手をお借りし、
このような志津川湾を一望できる場所になった。
・今後10年・100年・1000年先もこの場所が
手を合わせる場所、そして震災の教訓を伝える場所、人々の心を癒す場所として
維持・管理していきます。 と挨拶を頂き、

次に当館で語り部ガイドを行って頂いている後藤様より、

・震災があった際、大学生がこの山を見て「もったいない」と
言ったことが「海の見える命の森」のスタート。
・「海の見える命の森」の名前の由来は景色。
志津川湾の一番奥まった扇の要にこの場所が位置することから名前がついた。
・9年目にして復興と思われるものはかなり進んでいるようにも思えるが
実際は復興そのものが自然を破壊している状況。
この地域がいつまでも人が穏やかに暮らせる場所であるように
海の幸とこの場所で共に生きていくことが重要。
・自然と人間の生活はどのようにつながりどんな関係にあるのか
そうゆうことも考え、今コロナウイルスが猛威を振るい、
共存しようとしているものを壊そうとしている現状が見えるとき、
9年目を迎えあの震災から気づいた気づきをもう一度思い返しながら新しい未来、
若い人たちが喜んで生まれ暮らせる地球をつくるために
ここで新たな決意をしてこの大仏様と礎にそう誓いたい。との挨拶がありました。

そして植樹でも様々な事をお教えいただいた
桜野様からも挨拶を頂戴いたしました。

・私が属する「NPO法人 桜並木ネットワーク」は
もともと2011年から植物を扱う者たちで結成した団体。
被災地で一時的なものではなく長く植物で出来ることは何かと考えた時、
現地から「桜の木を植えてほしい」と依頼がありこの日に至ります。
・このプロジェクトは3つの事が重なっていて、
「観光誘致、慰霊、学びの場所」
3.11の日がこの先やがて10年、この町の新しい光景をつくったり
もしくは語り継いでいく場所をつくる、
もしくは地域の財産になりうる光景をつくる。
このような場所をつくれる一員に加えて頂いたことに感謝でいっぱいです。

ボランティアで来ていた大学の方からも、

・先輩の代から続いているボランティア活動。
9年の間は「なんでボランティアに行かなきゃいけないの」という人もいましたが、
そこは半強制的にリーダーに連れてこられていました。
しかし、ボランティア活動をしたことがない人でもこの場所にきて活動をすると
「絶対また来たい」と言って帰っていくのが現状です。
・自分たちが初めて来たときは木ばかりだった場所がこんな風に変わったのが
信じられない。この活動はどこの大学を探しても見当たらないと思う。
・これからもこの場所であったことを語り継いでいきたいです
と挨拶を頂きました。

最後に一般社団法人 TSUNAGARI 勝又様から

・震災は普通の生活をしていたなかで、大地震、津波、放射能の問題、
色んなもので人生の考え方から全てがかわってきた。
この場所にくるたびに、思い返すたびに苦しくなることもある。
・しかしこの活動を通してたくさんの人たちに出会えてすごく心が充実して
前を向けているような気がする。
心の奥のほうではすごく不安といろんなものと葛藤しながら頑張っていますが
たくさんの感謝があってのボランティア活動活動ができていると思っていますので
これからも頑張っていきたい。と挨拶を頂きました。

この日は栗原市より2名の住職様にお越し頂き、
お経をあげていただきました。

そして、南三陸大仏へ献花を捧げました。


そして、14時46分。
あの日、大地震が沿岸部を襲った時刻。
志津川湾に向かい、黙祷。

この後、弊社女将より閉会の挨拶。

「今、14時46分。全国の皆さんが亡くなられた御霊に祈りを捧げました。
この海の見える命の森は皆様にご協力頂きながら
見晴らしのよい場所になりました。
桜の苗木の200~300本と数えるほどになってまいりました。
あの震災直後は片付ける事が多く、
片付けてさら地になったり、「初めから野原だったんですか」と
甚大な被害を受けた中心部を見た方々は仰いました。
この場所は10年が経てば、桜が美しく咲き誇るだろうと言われております。
どうかこれからも皆様の手をかりながらこの森がさらに美しい森になったり、
それから皆様が足を運びたくなる場所へ。
そして万が一、震災が起きた時。
この場所が命が助かる場所になりますように。

本日は足を運んでいただいた皆様、
そして想いを寄せていただいた皆様に感謝を申し上げながら
閉会の言葉とさせていただきます」

閉会の挨拶が終わった直後。
志津川湾のほうを振り返れば、大きな虹が架かっていました。

この虹は同じ時間に各沿岸地域で確認されています。
皆が見たのを分かったかのように数分で南三陸の虹は消えてしまいました。

今年で未曾有の大震災と呼ばれたあの日から9年。
来年は10年をむかえます。
今年なにができるのか、なにをしなければいけないのか。
個人で、皆で、考え共に歩んでまいります。

どうか変わらぬ笑顔・想いを東北へお寄せいただければ幸いです。
他人事ではなく自分事として防災・減災の学びを忘れず、
後世へ伝え続けていきます。

コメントを残す on 「9年目の未来予想図」と「東日本大震災追悼セレモニー」

春よ来い♪春休み特別プランと楽天スーパーSALE

こんにちは、トーマスです。

先日法事で沖縄に帰省したところ
早いところではすでに緋寒桜が咲いておりました。
南国らしい鮮やかな色ですよ~

東北の染井吉野の開花が待ち遠しいですね。



<昨年4月に撮影した観洋前の”末広桜”です>

さて、本日より
一足先に三陸の春の味覚を満喫する
特別プランの登場です!

↑クリックすると大きな画像でご覧いただけます↑

最近某人気番組で話題となった
三陸のほたてを網焼きで味わえる宿泊プラン!
人気の鮭釜飯もついたお得なプランです♪

日帰りプランでは
昨年「第14回マニフェスト大賞」において
「最優秀コミュニケーション戦略賞」を受賞した
『震災を風化させないための語り部バス」と
南三陸温泉の日帰り入浴券、
そして海が見えるレストラン「シーサイド」で
いただくランチがついた春休み特別プランをご用意しました!


<魚介の旨味たっぷり大人気の磯ラーメン♪>

この春、三陸をぶらりと満喫する度にでかけてみませんか?

【当館HPからのご予約はこちら】

■日帰りプランはお電話でご予約くださいませ。
TEL:0226-46-2442

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

楽天スーパーSALE!本日(3/4)20:00スタート♪

・最大31%OFFの割引プラン!

・最大2,000円OFFなど割引クーポン♪

・ペア宿泊券&ふかひれスープが当たる懸賞企画!

・ご予約金額に応じてポイントUP!最大3,000ポイントプレゼント企画♪

など内容盛りだくさん。
少し先のご予約ももちろん大歓迎ですので、
この機会にぜひご予約くださいませ。

コメントを残す on 春よ来い♪春休み特別プランと楽天スーパーSALE

マリンパルだより  4月その4

マリンパル保育士小野寺です。ウグイスの鳴き声が心地よくて、ついつい耳を澄ませて姿を探してしまします!

なかなか見つけられないんですよね~!必死で探してみたいと思います♪

満開に咲いてみんなの目を楽しませてくれた桜もハラハラと散りはじめ、葉桜に返信し始めましたね。咲いている最中ももちろん綺麗ですが、散りゆく桜も本当にきれいですね!言の葉墨彩画家のひろはま かずとし先生の作品の中に「また咲くために 散る桜・・・」という言の葉が歌になったものがあります。

散ってしまって残念に思う桜ですが、来年また私たちの目を楽しませてくれるために潔く散って行くのですね。来年もまた桜を楽しみにしたいと思います。

桜を惜しんでいると、続々色んなお花が開花し始めましたよ!ホテル正面玄関前の花壇にも可愛いチューリップと、水仙が咲いています。

ひっそりと咲き始めとてもかわいい花ですよ!ぜひ探してご覧くださいね!

さて、南三陸町周辺の花の開花の様子はどんな感じかな!と、先日登米市米山道の駅で開催されている「チューリップ祭り」に行って参りました。

今年は例年に比べて開花が4~5日遅く、3分咲き位でしょうか。。。!咲き始めといったところでした!きっとゴールデンウィークには満開のチューリップがお楽しみ頂けるのではないでしょうか!

あと数日もすると、次々に開花するのではと思います。

花は少なかったですが、球根ごと掘り起こして購入できるので、花好きの小野寺は、3鉢分購入してきました!大切に育てます!

道の駅米山は、当ホテルよりお車で4~50分ほどで行くことが出来ます。観覧も無料ですので、訪れてみてはいかがでしょうか♪

それでは、また来週♪

 

コメントを残す on マリンパルだより  4月その4

「はっと屋台村」2019年開催ッ!

皆さんこんにちは!カナです(・∞・*)
桜が綺麗な季節はもう少しで終わりそうですね…!
この前は仙台の桜を見に向かい、桜写真を撮影♪

平日でしたが、観光地を巡る「るーぷる仙台」も満員状態。
一日乗車券(620円)を買った方が観光する場合はお得になりますよ♪
⇒観光場所により入館料が安くなったりと特典もバッチリなので購入損はありません!

さて、なぜ火曜日に登場したかと言いますと…
昨年も紹介させて頂きました「みやぎの明治村」で開催の、

4/21(日)開催-【宮城県登米市の「春のはっと屋台村」】
の様子をご紹介したくマッキーと交代しました(^O^)

4月21日(日曜日)当日。
雨が降る事もなく曇っていましたが風もちょうどよい観光日和!
昨年は駐車場が混んでいて少し時間ロスをしたので
今回は早めに現地入り。
桜の写真も撮影してきましたっ(^O^)
もこもこで綺麗でした~!

お昼頃になるとやはりたくさんのお客様が!

車のナンバーも県外の方がちらほら見受けられました。

桜もゆるやかな風に舞い、ひらひらしていてとても綺麗でしたよ♪
(散ってしまうのも、もしかしたらもう少しかもしれません(・_・;))

そして、今回の大イベント。「はっと選び」です!
朝から良い匂いがふわふわと漂っていました♪
町並みを見て回ってもう、お腹はペコペコです…。

昨年(秋参加)とはまた違った店舗様が軒を連ね、活気良く呼び込み中!
もしかしたら、「春」と「秋」で店舗様が変わるのかもしれないですね。

そんな中、私が今年選んだのは・・・

「みんなのカフェ tetote」様の「辛肉みそはっと」♪↓

辛肉をみそベースの汁に溶かしつつ、もっちりはっとと一緒に!
ペコペコのお腹に染みわたる辛さとみその相性抜群の一品…
辛い物好きの私にとっては本当に美味しく、残さず頂きました。
これは300円でいいのか!?と毎回店舗様の一品を食べる度に思っています(笑)

そうなんです!! 「はっと屋台村」での「はっと」はオール300円!
サイドメニューも店舗様によってはあります。
私は味の染みた「玉こんにゃく」をはっとの後に頂きました。
玉こんにゃくも自分で2日くらいかけて煮込むほど大好きなので
中まで味が染みた玉こんにゃくも美味しく頂きました(*^_^*)

当館でも「日~木曜日」のご宿泊者様限定!
【観光付シャトルバス】を運行中です。

長く滞在するのは、この「みやぎの明治村」

今日のブログをご覧頂いて少しでも多くの方に
興味を持っていただければと思います!
載せきれていませんが、
「季節のお団子」や「味噌アイス」などもありますよ♪

ぜひ、向かった際には色んな場所にお立ち寄りくださいませ!

【5月1日に改元になります!】
色んな場所へ出かけてみませんかっ?
お得なプランで宿泊して観光へ出かけましょう!

それでは今日はこの辺でっ!
はっと本当に美味しかったです….
次回開催は10月!楽しみです(^O^)

コメントを残す on 「はっと屋台村」2019年開催ッ!

桜 さくら

一週間ぶりご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

もう、志津川湾で越冬したコクガンたちは北へ去り、

南三陸町は 桜の季節♪

観洋前の桜も 満開。

散り際で、時折強めに吹く風に ハラハラと花びらが舞います。

いと 美し!

国道45号に面した桜の見事な枝ぶりと 咲きっぷりに、

走行中の車を思わず停めて車窓から写真に収めるドライバーさんも居るくらい。

そんな季節でございます。

 

この前、むっちゃんもブログで東山公園の見事な桜を披露していましたが、

Bluebirderも、陽気に誘われて ちょいと出かけてきました。

青空に 桜が映えて い~い感じ♪

夜には この行燈が灯り、お花見が楽しめるようですね。

園内には 西宮神社。

石碑には「今からおよそ800年前に、摂津国西宮神社よりご分霊を奉齋した」

という記述があります。

いわゆる、えびす神社。

「戎(恵比寿)」様は、「七福神」の中の一人で、

釣り竿と鯛を両手に持ってほほえんでいる神様。

遠くの海からやってきて人々をしあわせにする

漁業の神、商売繁盛の神、福の神なのです。

丁度、南三陸町の街と志津川港を見下ろす丘の上から

笑顔で見守って下さっています。

 

桜の木々では、ヒヨドリが「ギャーギャー」と賑やかに鳴きながら

花の蜜を摂っている様子。ふと 振り返ると・・・

ヤマガラです。

日本全国どこにでもいる野鳥で 特に珍しくはありませんが、

どうやら、巣材をくわえています。

繁殖の時期なのですね。

特に、急いでいる風でもなく、あわてている様子もなく、

巣材を加えたまま、しばらく、この辺りの様子をうかがってました。

しつこいBluebirderを ちら見!(笑)

お花見を楽しみながら、巣作りしていたのかも知れません。

お社を包む森からは、センダイムシクイの声も聞こえる 南三陸町です。

コメントを残す on 桜 さくら