早春 海の見える命の森

一週間のご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

4月の積雪には驚かされました。

仙台では、開花した桜の枝が折れたりしていましたが

みなさんのところは大丈夫でしたか?

さて、これまでも幾度か触れてきましたが

当館 南三陸ホテル観洋では、徒歩10分ほどのところに

海の見える命の森を整備しています。

整備を始めて5年目。

ボランティアさんたちの協力で雑木を切り開いて、桜の木を植え続けています。

昇り口から高さ30~40m程度の小高い丘の上に命の森はあります。

「登山道」わきには、早春の山を最初に彩る カタクリの花。

赤紫色の花はきれいで、自然に眼が向いてしまいます。

その昔は、里山でよく見られたようですが、

最近では なんと「絶滅危惧種」に指定されている県も幾つかあります。

種から花が咲くまで なんと7年を要するという このカタクリ。

 

冬の間は、落ち葉の下で寒さにじっと耐え、

樹木が目覚める前の早春に芽を出して葉を出し、花を咲かせます。

こちらは つぼみ。

そして、春が深まり周囲の草木や樹木の葉が茂り 光が差さなくなると、

葉を落として再び土の中で眠りについて じっと春を待つ・・・。

まさに早春だけの 花なのです。

花言葉は「初恋」。

下向きに花を咲かせる姿が、

恥じらって自分の気持ちをうまく伝えられない恋心を抱く

乙女を想像させることに由来しているそうです。

うつむき掛けた~ぁ♪ あなたの前を~♫ しぃ~ずかにぃ~・・・・・

な~んて歌詞が 蘇ってきました。

 

一方、ふきのとう。

もう食べごろは過ぎていますが、海の森の入り口から昇っていくと

少しずつ とうの立ち方が短くなっていくのです。

感覚的に、それほど大きな高低差はない丘ですが、

僅かな気温差を繊細に受け止めているんですね。それが成長度に現れる。

かわいい黄色い花を集めた 小さなブーケのようにも見えます♪

 

そして「山頂」に辿りつくと・・・、そこには まだ幼い桜の木々たち。

志津川湾の絶景を背に、ささやかに花を付け始めています。

健気!でしょ?。

自然観察にも適した「海の見える命の森」。

東に開けた 志津川湾の眺めは最高です。

 

南三陸ホテル観洋へ お越しの際には、是非みなさんも訪ねてみて下さい。

そこにはいつも 季節毎に新しい発見があります。

巡るぅ~季節ぅのなぁかぁでぇ~ あぁ~なぁたぁは 何を見つけるだろう~♪

拝啓 松山千春さま

まことに勝手ながら 歌詞を拝借いたしました。

 

今回ご紹介した写真は、今月11日現在のもの。

その後陽気のお陰で、開花は更に進んでおりますので、悪しからず!

コメントを残す on 早春 海の見える命の森

思い出の地でのコンサート再び!

皆さまごきげんよう、ゆきでございます!

昨年のちょうどいまごろ、<こんなコンサート>がありました。

昨年9月に開催した「坂元昭二&フレンズ東北応援ライブツアー」の企画人、
阿部忍さんが今年もアコースティックコンサートを開いてくれました!

今回はお母様(宮城県ご出身!)とご一緒にお越し頂きました。
いつもお越しの際には、夜コンサートを開いていらっしゃってたのですが、
お母様とご一緒だから今回はしないかな?と思っていたのですが、
「良かったら歌わせてください」とのお申し出があり、実現しました♪♪

宮城県民なら誰でも知ってる「青葉城恋歌」や「大空と大地の中で」を
アコースティックギターでしっとりとご披露頂き、
美空ひばりさんの「真っ赤な太陽」「愛燦燦」も、
男性ならではの渋い歌声がとても好評でした。

コンサートは満員御礼!チャペルだけでなくロビーやフロアにも
足を止めて聞き入るお客様がいらっしゃいました。

最後に「ここに幸あり」で締め・・・と思ったら、
アンコール!!

美空ひばりさんの「川の流れのように」で終了です。
素晴らしいコンサートをありがとうございました。
次回はまた来年の春・・・かも!?

★ ☆ ★

【掲載紙のお知らせ!】

現在当館ロビーをはじめ、仙台中心部各地・ホテルや観光地でゲットできる
るるぶFREE仙台松島秋号」は
美味しそうな秋鮭が表紙・・・!

そして当館が裏表紙です♪♪
グルメ情報や秋のドライブにおすすめスポットが充実!
当館フロント前でぜひゲットして下さいね♪♪


★お買い物はどうぞ南三陸復興ストアへ!⇒ツイッター始めました♪
☆次回のスターパーティーは11月12日・13日☆

コメントを残す on 思い出の地でのコンサート再び!