お、お兄ちゃんが居ない!

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

この23日 午前中

観洋の岩場で成長を続けるカモメのヒナ2羽の内
いっ、1羽が居ない!
と 少し”騒ぎ”になりました

下の画像は 親鳥から単独餌を貰う”モネ”

先月18日に 突然”姉”が 行方不明になっていましたから
えぇっ?! 次はお兄ちゃん?  と心配されましたが
昼前には ティーラウンジ担当のKさんとCさんが
巣のある岩場から右手に少し離れた岩の上に その姿を発見

ホッとしたところです

“騒ぎ”を起こしたのが お兄ちゃんの”るい”
どうやら この水面を 泳いで渡ったようです
けっこう雨が強く降っていた日でしたから 驚きでしたし
そもそも 毎日のように海が荒れていましたから
泳ぎ出すなんて”まさか”の 不意打ちでした

つまり 兄の”るい”は この日”初泳ぎ”ということになります

巣立ちに向けての第一歩!

孵化から42日目になりますが
去年の42日目と 全く同じ
ちなみに一昨年は 泳ぎ始めまで46日かかっていました

騒動の主”るい”は 
夕刻には 巣に戻って休むものとばかり思っていましたが
どうやら夜明けまで この岩の上で過ごしていたのには これまた驚きました
夜遅くに スコープをのぞき込んでもらった仙台の若いご夫妻も
「大丈夫ですかねぇ」と 心配していらっしゃいました

翌日・・・

そんな心配をよそに ”るい”は 水面を スイスイ・・・

気持ちよさそう♪

一方 巣のある岩場

水際で はたして泳ぎ出したものかどうか
逡巡しているのは ”モネ”

去年の かんくん と ようちゃんも
こんな感じだったのを思い出します

このあと 巣のある岩に戻った”るい”は
“モネ”と並んで( ^ω^)・・・

“なかよし”
なんとも微笑ましい


上の写真 右側で 何かを主張している”モネ”も
間もなく 泳ぎ始めることでしょうし

昨日 隣の岩場で
“飛翔訓練”に励んでいた”るい”は
いつ低空飛行を始めるようになっても
おかしくない時期になりました

去年は泳ぎ始めから11日目に
一昨年は 何と2日目に 飛び始めていましたから

コメントを残す on お、お兄ちゃんが居ない!

機会を増やして!

「星空を観るプランですが
もう少し増やしていただき
子どもたちにも 是非見せるチャンスが欲しいです」

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

当館にお泊りのお客様から
こうしたアンケートをお寄せいただきました

「天候などに左右されるとは思いますが
他にはない素敵なプランなので
もう少し宣伝をして
多くの人に知ってもらえると良いのかなと思いました」

「行事で参加したのですが
子どもたちも本当に感動しているようで
その姿を見たら親御さんはもっと喜ぶと思います」

「是非 観察の機会を増やしてほしいです♪」

とのこと・・・・・

本当に ありがとうございます
スターパーティ星空案内人のみなさんも
関わらせて頂いている 私 Bluebirderも
とても嬉しく光栄で  喜んでおります

今後の日程は・・・

7月31日


続いて 8月は27日に


さらに 9月も27日に予定しています

パンフレットにも記しましたが
雨天曇天の場合は 屋内で
星空案内人の方々から
“星についての楽しいお話”を お聴きいただけます

これがまた興味深い“星話”でありまして・・・

スターパーティ参加をご希望の方は
どうぞ 以上の日程でご宿泊を♪

また “もっと機会を”というご要望にお応えしまして
晴天率の高い日を見計らって
“いきなりスタパ”と称して イレギュラー開催も予定しております

こちらは 天体に興味をお持ちで
“いきなり”のタイミングでお泊りになられたお客様には
ラッキーチャンスということになりますので
どうぞ お楽しみに♪

 

さて 観洋の岩場で 目下営巣中のオオセグロカモメですが
11日から12日にかけて孵った2羽のヒナ

父母の加護の下 それはそれは順調に成長を続けておりまして

ご来館のお客様も スコープをのぞきこんでヒナを見つけると

おお~ッ いたいたっ!!! とか カワイイ~♪♪ などと

歓声をあげて 楽しんでいらっしゃって
観察コーナーは ホットスポット化しています

左が 右がお兄ちゃん(推定)

カモメ兄妹の名前は 6月26日をもって
募集を締め切り 集計と選定に入ります

コメントを残す on 機会を増やして!

星空 冬から春へ

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

早いもので 2月も今日で終わり
日中はもう十分 光に春が感じられる今日このごろ・・・

星空も ”春仕様”に変わりつつあります

そんな星空に コンデジを向けてみました
露光15秒・・・
27日深夜の天頂付近には・・・
みなさまよくご存知 ”北斗七星”が浮かび上がりました♪

北斗七星は
おおぐま座の腰から尻尾を構成する
7つの明るい恒星で象られていて
北斗 北斗星 七つの星
七曜の星とも呼ばれています

柄杓の形をしているので
それを意味する「斗」の名が付けられています

柄杓の柄の手元2番目の星”ミザール”が 二重星だということが
この写真でもわかりますね


数多の星々の中にあって
北斗七星は
3等星であるδ(デルタ)星(柄杓の柄の付根)を除いて
6つの星は全て2等星ですから
春の星空で目立っていて
世界各地に様々な神話が伝わります

ギリシャ神話によれば
おおぐま座は 月の女神アルテミスの侍女
“カリストー”
快活でその名の通り”最高に美しい”娘で
従者として処女を誓い 男性には強い警戒心を持っていました

こちらはフランソワ・ブーシェ作
“アルテミスに変身してカリストーに近づくゼウス”

その美しさ故 ゼウスに見初められ
力づくの愛により嘆きつつも身ごもってしまったカリストーは
息子”アルカス”を産みますが
非情までに潔癖な処女神”アルテミス”の怒りを買い
呪いで 醜いクマに姿を変えられてしまいます

時は流れ 成長した”アルカス”は 立派な狩人に

森の奥にひっそり棲んでいたクマの”カリストー”でしたが
彼を見て自分の息子と気付き
あまりの嬉しさに茂みから出て
彼の前に姿を現し
歩み寄ってしまいます

しかし
それが母親であることなど知る由もない”アルカス”は
弓をつがえて 近づいて来るクマの心臓に狙いを定めた・・・

これを見たゼウスは ”カリストー”と”アルカス”を憐れみ
二人を一緒に天に引き上げ

母”カリストー”をおおぐま座に

息子”アルカス”をこぐま座にして

天上の星々にしたと伝えられています

おおぐま座は 春の星座

そんなもの悲しい神話を知り
改めてしみじみと見入ってしまう 南三陸町の星空です

ただ 悲しげな神話とは裏腹に 北斗七星と北極星は
私たちの願いを叶え 護ってくれる星々なのだとか
クマの親子 カリストーとアルカスは 私たちにとって
幸せのシンボルでもあるようです
星に願いを! カリストーとアルカスに幸せを!!

~~~~~~~

さて 視線を夜空から日中の海に移して
“いつもの港”のコクガンたち 26日には岸辺で5羽を見かけました

食べていたのは アオサかな?

湾内で越冬している400羽以上のコクガンたち

“旅立ち”の春に向けてでしょうか
全体的に湾内の”居場所”を徐々に変えている様子で
“賑わい”が無くなった”いつもの港”は やはりちょいと寂しい

コメントを残す on 星空 冬から春へ

マリンパルだより 3月その4

今年度最終号なのだ!!一年間ありがとうございました!の巻・・・長編だよ。。!

いらっしゃいませ(^^)最近ポップコーン作りにはまっているマリンパル保育士小野寺です!(なぜ今、ポップコーンなのかというと。。。謎は来週のブログで…)いよいよ・・・ついに・・・やっと!!プロ野球が開幕を迎えます!今日です!わたくし、張り切って本日は楽天カラーのパーカーを着用し、気持ちはホームの球場で応援している気分でおります!が!お仕事もちゃんとしますよ♪あったりまえ~~(^^)コロナ禍での開幕となり、より徹底した感染対策で、迎える方も出向く方もしっかり予防して楽しんで行きましょう。私は当分の間はテレビの前で一生懸命応援したいと思います!早く安心して観戦に行けますように。。。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

え~~さて、ここでマリンパル天気予報をお伝えします(え(゜o゜)急に?)

今年度のマリンパルの笑顔確率はほぼ100%

毎日心も晴れやかに笑顔が続きます。ただ、ところにより雨。。。降水確率5パーセントくらいです。

どんぐりさんがかわいそうなとき。。。

やってしまったとき。。。(笑)

やったのを見つかった時・・・(笑)でも、そんな涙の雨もすぐに乾いて、ピカピカの笑顔になるのです!

と、油断したとき

 

時々。。。

。。。

。。。

じろり(=_=)

ひ~~っ!じろり注意報発令中~!

Rちゃんは写真に撮れませんでしたが、「はーい笑ってぇ~♪」と、写真を撮ろうとすると、3人揃ってじろり作戦決行~!おだってるんです(笑)完全に私たちをおちょくりまくり!楽しすぎますヽ(^。^)ノ

そんなじろり注意報が引っ込んで、一瞬でニコニコ笑顔になってしまう楽しいことがありました!

3月19日(金) 南三陸ベイサイドアリーナにて、南三陸町復興応援大使の妃乃あんじさん代表を務める:一般社団法人ハーグさま主催の

~なりきりステージ ももたろう~のミュージカルに参加させて頂いて参りました!会場に到着すると、桃マークの鉢巻を配布して頂き、早速着用!

3人ともとってもお似合いですね!(しっかりマスクも着用しています)会場は、セットもメルヘンチックでとてもかわいらしいです。マリンパル以外にも、町内から参加している保育施設もあり、他のお友達の様子もうかがうことが出来ました。人見知りすることもなく、会場の雰囲気を心から楽しんでいました!いよいよステージスタート!

みるみる引き込まれていく子ども達!

たくさん踊っていい笑顔を見ることが出来ました!お土産の風船や、株式会社サンリオ様からのプレゼントも大切に持ち帰りました!

貴重な体験をありがとうございました!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今週だけでもいろいろな楽しいことがありすぎて、一日では書ききれませんが(笑)あれもこれも伝えたい!写真を見せたい!長編になってしまう!!・・・ここは、ぐっと我慢して切り替えます!そのかわりに。。。子ども達の成長ぶりを見ながら一年を振り返ってみましょうね!

新年度スタート!環境が変わってちょっぴりドキドキ♡

赤ちゃんたちの歩行器にあこがれ、囚われの身になった日♪

初めてのスイカパンとの出会い!

お外が大好きで楽しさを知った日々!

お散歩も大好き!シロツメクサに囲まれていい気持ち♪お花が良く似合うねヽ(^。^)ノ

気持ちよくてウトウト。。。安心して眠れるようになり、どんどんマリンになれてきたよ♡

時には先生のお仕事をお手伝い!先生~パソコン頑張って!イスからおケツがはみ出てるよ(笑)

初めてのぽっきんアイス♪アイスを知ってしまった日。。。マリンでは「ポッキンタイム」と呼んでいます。

すいませ~ん!シールはどこに貼るんでしたっけ?

初めてのつかまり立ち!

初めてつかまり立ちの土台になった日(笑)耐えて見せるわ!Tちゃん私に摑まって!支えるよ!

畑のズッキーニが大きく育って収穫した日

ズッキーニのスープが美味しかった!

本日混浴。。。汗かいてお風呂に入った日(コロナ対策の為、一緒に入ったのはこの日が最初で最後…)

一人で立っちした記念日

ゆり先生のメイクが似合いすぎた日!by七夕会

お手伝い大好記念日

やってはいけない事をやってしまうと、楽しくて止まらなくなることを知ってしまった日。。。先生はすぐに声を掛けず、しばらく行動を観察(笑)犯行現場をしっかり押さえます!

  

この冬はいっぱい雪で遊んで楽しかった日々!防寒着が大活躍(^^)

マスクを着用できるようになった日。こんな小さな子ども達でも、少しずつ習慣づけることの大切さを私たちも教わりました。~マスクをしないで、どこでも思い切り笑っておしゃべりできるような日が早く来るといいな。。。~

メイクが楽しい事に気付き始める。。。!そして、自ら顔を差し出すように!!

子ども達の成長を実感した3月!

まだまだたくさんあるけれど、みんな本当に大きくなりました!子ども達の笑顔を通して、安心して、信頼して園で過ごしていてくれているんだなと言う姿が実感できる一年でした!子ども達だけでなく、お家の保護者・ご兄弟の皆さんも笑顔にしたいと、考えて日々保育しておりました!

今年度無事に終了できるのも、保育に対しての保護者の方々のご理解と・ご協力。ホテルスタッフの方々、マリンパルを応援して下さる方々の子供たちの成長に対する見守りのおかげと、心より感謝しております。本当にありがとうございました!

来年度も安心安全、子ども達一人一人の成長・個性を大切にする保育を行っていきます。4月からは新しいお子さん、職員も加わり、より賑やかなマリンパルになりそうです!どうぞお楽しみに!

短くまとめようと思ったのですが、長編になってしまいました!最後までお読みくださりありがとうございました!

マリンパルだより 3月その4 への1件のコメント

グレーの斑は

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

12月のブログで 春の繁殖に向けて

「もう 営巣の陣取りを始めているの ?」

とご紹介させていただいていた 観洋眼下のカモメたち。

ロングショットでは 雪に同化して居場所が判りづらいのですが、

どうやら、営巣場所を「獲得」したと思しきツガイが

もう その岩場に常駐している模様。

ご覧のように、木枯らし吹くの岩場で、

じっと二羽でうずくまって休んでいます。

こちらは1月9日午前10時過ぎの様子。

 

目覚めれば・・・

この通りの 大欠伸。

 

外敵に襲われる心配も まず無いようで

実にのんびり 寛いでいる様子です。

 

その12月のブログで、首の周りにある「グレーの斑」について、

「まだ成鳥になり切っていない若い個体の印では」と

ご紹介していましたが、

どうやら これ、「冬毛」のようなのです。

失礼いたしました。

春に向けて、この首回りも「真っ白」になっていくのでしょう。

いずれにしても、今春の産卵と孵化が楽しみです。

 

さて、志津川湾で越冬中のコクガンたち。

この9日には、船揚げ場のスロープにも その姿を確認できました。

オオバンも一緒の 3ショット。

 

研究者によれば、ここに上がるのは

まだ若い個体か、比較的体の弱い個体だということです。

実際、翼には

「白い線」状に見える部分が残っていて

二羽ともまだ「若鳥」ようです。

 

晴天の下、相変わらず牧歌的で平和な情景を湛える 小さな港、

ではありましたが、この日 ある小さな変化に気が付きました。

 

震災後、この港の環境に慣れ、

人間から何も危害を加えられないことを学習したコクガンたちは、

漁船が出たり入ったりしようと

漁師さんたちが岸壁で作業をしていようと

逃げることも無く、悠々と泳でいた コクガンたち。

暫く眺めていたところ、漁船が港に入って来る際、

近づくエンジン音に 緊張感を高めていたかと思うと

近辺に居たコクガンたちが 一斉に飛び立ってしまったのです。

 

下の写真が、去年12月24日の様子。

漁船が港を出て行きますが、

そのすぐ脇を 飛び立ちもせず平然と泳いでいたのが判ります。

ですから、

この日は一体 どうしてしまったのだろうと 驚いた次第。

コクガンたちは、またその場に戻っては来るのですが、

つい2週間ほど前とは違う行動の変化が

少々気がかりな、いつもの漁港です。

何か 不都合なことがあったものなのかどうか、果たして。

単なる気まぐれであれば いいのですが。

 

コメントを残す on グレーの斑は