ラムサール条約登録湿地おめでとう

一週間ぶりのご無沙汰です、Bluebirder*Sです。

立春が運んできたような暖かさは 南三陸町でも7日には最高気温が14.8°に!

ところが、そんな暖かさから 9日には0.2°にまで冷え込んでしまいました。

気温の急降下ぶりは まるでジェットコースター。 風邪、ひいてませんか?

 

南三陸町志津川湾は、新たなラムサール条約登録湿地。

豊かで深い自然の中、この冬も200羽あまりのコクガンたちが越冬しています。

 

さて、急な寒波で寒いさむい先週の金曜日のこと、

南三陸町内にある「南三陸プラザ」では、

志津川湾がラムサール条約の湿地に登録されたことを祝う式典が開かれました。

~~~~~~~~~~~

♡ちなみに南三陸プラザは、町内で冠婚葬祭から、宴会、会議に至るまでを

まかなう多目的会館で 観洋の関連施設。町内天王山にあります。

昼食付きのカラオケも楽しめて 5名様以上ならお1人様1500円で歌い放題。

また、レストランでは毎日ランチメニューもご用意。

Wifi完備のオシャレな空間で喫茶もお楽しみ頂けます♪

レストルームもピッカピカで気持ちいい~んです☆☆☆ お気軽にどうぞ!

南三陸の冠婚葬祭・宴会・会議

~~~~~~~~~~~

さて、祝賀会には、町の関係者はもちろん、環境省や国会議員、

県の関係者も含め120人余りが出席しました。

初めに、以前ご紹介したラムサール条約登録湿地の説明会でも演台に立たれた

南三陸町 ネイチャーセンター準備室の阿部拓三さんが

登録された志津川湾の概要を説明しました。

 

ピンクの部分が、登録エリアです。

 

阿部さんからは、改めて、志津川湾の海底には多様な藻場が存在し

海藻や海草の森になっていること、

南のアラメと北のマコンブが混生、共存していること。

志津川湾沖には親潮黒潮、暖流と寒流が混ざり合っている海域があり、

なおかつ、日本海側の暖流対馬海流が津軽海峡を回り込んで津軽暖流となって

沿岸を南下し、志津川湾にも入り込んでいるという特殊な要因が世界でも稀な

海藻の植生を育んでいることなどを説明しました。

三つの海流の影響で湾内の豊かさが保たれているというのは、まさにミラクル!!!

 

 

南三陸町の志津川湾が、ラムサール条約登録湿地「潜在」候補地になったのは、

何と、「3.11東日本大震災半年前」のこと。

「ラムサール条約登録」は、津波によって一時は押し流されていました。

そんな状況の中から、震災と津波で受けた被害からの復興のためにもと

「ラムサール条約」の話が再燃し、関係者の協力で「登録」が実現しました。

正式登録は去年10月のこと、ドバイで開かけたラムサール条約締約国会議の場で

町側に登録認定証が手渡されました。

今回の登録で日本のラムサール条約湿地数は52カ所

総面積は154,696haになりました。

 

新たに登録されたの湿地は 志津川湾(宮城県)5,793 ha と

葛西海浜公園(東京都)367 ha2か所

関係者の話によれば、葛西海浜公園が登録になった東京都からは、

ぜひ、南三陸町と歩調を合わせて世界にアピールしていきたい

持ちかけられているということです。

 110137 登録地図へのリンクです

「復興」から「新興」へ。

次の段階に進もうという町にとって、ラムサール条約への登録は

津波被害の負の呪縛から脱し新たな町づくりの波を起こし

その波に乗る またとないチャンスになることでしょう。

 

もちろん、津波の記憶や教訓を風化させないことも忘れてはなりません。

それがまた、被災地の使命であるわけですから、

観洋では語り部バスの活動も継続して、語り部一同

命守るすべ、防災・減災を きちんとお伝えして参ります。

 

毎年冬に飛来する国の天然記念物で絶滅危惧種のコクガンは、

志津川湾の豊かさの象徴。

貴重な湿地としてラムサール条約に登録されたのは、豊さの証しです。

森、里、川、海の恵みが関連し合うことによって、

海の幸が産み出されている志津川湾は、まさに地域の宝。

祝賀会には、先にラムサール条約登録湿地になっていた

化女沼・蕪栗沼、伊豆沼のある 大崎・栗原・登米 3市の市長らも出席。

志津川湾を加えた 登録湿地トライアングルで

世界に発信を!と ラブコールも送られました。

ラムサール条約の三本柱は、

登録湿地の①「自然を守る」②「産業や観光に利用」③「魅力を発見し伝える

これら三つの理念を守り 育むことができれば、

南三陸町はこれからますます輝きを増し、交流人口も増えてゆくことでしょう。

ラムサール条約登録が

心と力ひとつに 新しい街づくりへ歩むきっかけになればと、望むところです。

コメントを残す on ラムサール条約登録湿地おめでとう

えっ?!餌を横取り?

6日ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

今年、春まだ浅い3月にも、コクガンをご紹介していました。

この時は、志津川港の様子でしたが、

クイナの仲間で羽色が真っ黒な「バン」と、アマモを引っ張り合っていたんですね。

餌の奪い合いなんて、動物にはよくあることだろうと

この時はこの光景自体に 大した意味のあることだとは 思ってもいませんでした。

今年もやはり、やはりバンの傍にいる事が多いコクガン。

てっきり仲が良い「間柄」なのだろう、とばかり 思いこんでいました。

まぁホントは仲が良いのかどうかはわかりませんが、コクガンがバンと一緒にいるのは

バンが水に潜って取ったアマモを「横取りするため」なのだそうです。バンは潜水が得意

 

えっ? コクガンって他の鳥の餌を横取りするの?! って、以外に思いますよねぇ。

ちょいと、ズルいとも思えるこの行動のご紹介・・・・・、

コクガンに対する印象を 少し悪くしてしまったかも知れませんね(笑)

ただ、水が深いと 潜水してアマモが採れないコクガンにとっては、死活問題。

バンにとっては迷惑なのでしょうけれども、

コクガンにとって この行動は 湾で冬を生き抜く知恵であって、

バンと共生している、いえ「共生させてもらっている」というわけです。

横暴な親分と そんな親分を認める気のいい「子分」、って関係ですかねぇ。

餌をと奪われることを承知で 黙認してくれているバンは、偉い! かも。

そんな滑稽なお話を教えてくれたのが、こちら

南三陸町農林水産課研究員で 水産科学博士の 阿部 拓三さん。

前回ブログを更新した11日火曜日、町内のポータルセンターで、

ラムサール条約の勉強会があったのです。会には 町民をはじめ30人程が出席。

志津川湾の浅い海底には 一面 海藻や海草の森が広がっていて、

その「森」は 直接、あるいは間接的に

コクガン、オオワシ、オジロワシといった貴重な野生生物を養っています。

湾内の藻類は 実に210種類以上。

湾の沖合には親潮と黒潮が混ざり合う海域があり、さらに

日本海からは対馬海流の一部が津軽海峡に入って津軽海流となり三陸沿岸を南下、

志津川湾に流れ込んでいます。

「三つの海流」の影響をそのまま受けるという世界でも”マレ”な環境の下、

北の海域の”マコンブ”と南の海域の”アラメ”が混在する”マレ”な植生が保たれ、

志津川湾は、実に550種類以上の生物を抱えこんでいるのですから驚きです。

最近の調査によれば、志津川湾の水温は、これまでより1~2度高くなっているのだとか

そのおかげで、南から流れてきた”伊勢海老”が冬を越え、

立派に成長して収穫されているというのですから驚きです。

その上、ウスジリカジカ、シシカジカ、ヒナムシャギンポ、ヤリガジ、といった

固有の新種の魚類も見つかっている志津川湾は まさにミラクルワールド!!!

豊かな海と湿地の恵みが ワカメであり、ウニであり、ホヤであり、カキであり、

そうした豊かな資源の恩恵に支えられ 地元の漁業は成り立ってきました。

“Wise use of Wetland”

つまり湿地の賢明な利用をはかるのが ラムサール条約の理念だといいます。

 

生物の多様性を保ちながら 人も自然も生き物も互いに支え合いながら暮らしている街

それが 南三陸町です。

コメントを残す on えっ?!餌を横取り?