誕生

一週間ぶりのご無沙汰です、Bluebirder*Sです。

 

先週触れなかった 観洋の「主」的存在の カモメのつがい。

大切に抱いていた卵から雛が孵りました~♪

聞けば、どうやら6月19日のこと。

こちらは、翌日20日の様子です。

巣の中に確認していた卵の数は2個。

確かに、じっとしていられずに、親鳥の周りを歩き回っているのは2羽!

ですが、巣の中をよ~く見ると・・・・・

ほらほら!

もう1羽!  ちっこい目が見えますね。

そう、3羽孵っていたのです。

去年は、繁殖を失敗していましたから、

抱卵の様子を窓越しに眺めながら無事に孵ってと応援する気持ちは、

大きく膨らんでいました。

雨の日も晴れの日も風の強い日も2羽が交代しながら卵を抱き続けて24~25日。

よく頑張りました♪

暖かな日差しの中、親子そろって 岩の上。

「言葉」こそ聞こえませんが、

わが子の誕生の喜びが つがいから伝わってきます。

それはもう とにかく嬉しそうで、

時折、互いに羽を広げたり

雄たけびを上げたり

まるで たまらずにそのままの喜びを露わにしているかのようです。

その声が、また興奮気味に聞こえるんです、

「産まれてきてくれてありがとう♪」と言わんばかりに。

あとは、3羽の雛が 天敵の脅威を免れて

無事巣立ちできることを祈るだけです。

今週も、先週に続いて Congraturations!!!  新しい命の誕生に!

 

PS

6/23の様子です。 ↓ 子カモメ3羽 すくすく育ってます♪

 

コメントを残す on 誕生

秋到来? ぇっ?

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

先週金曜、7日のことでしたが、東北南部まで いわゆる梅雨入り。

去年より5日早いのだとか。 いよいよ雨の季節の到来ですね。

 

さて、前回ご紹介した観洋眼下の岩で営巣しているカモメのつがいは、

雨にも負けず、しっかり卵を温め続けています。

ちょうど、温めを交代したばかりのツーショット ↑

布かビニールかわかりませんが 何か緑色の袋のようなものを

巣材に運んできていました。

短時間の観察だったので、どのように使われているのかは不明ですが

とにかく 卵はしっかりと温め続けていて 新しい命の誕生が楽しみです。

 

ところで、梅雨入りの中、南三陸町のお隣

石巻市桃生町では、早くも秋が到来しています。ぇっ?ですよねぇ・・・

一面に広がる 水田。

こちらは休耕田のようで、水面に空が映り込んで水鏡。

ほかの水田は、早苗がすくすくと育っています。

その向こうに目をやると、んっ?穂がたわわに実って 黄金色に色づいた圃場が

稲? もう実ってる!!??

いえいえ そんなわけもなく、その正体は・・・

麦畑 なのでした。

そうなのです、石巻市では早くも秋?いえいえ「麦秋」が到来していたのです。

それにしても、黄金色が目に鮮やかで、とてもきれいです。

この光景を眺めていると、なぜか とても幸せな気分になってしまうのは

Bluebirderだけでしょうか。ナウシカが渡ってきそう♪

豊かな「実り」と目に鮮やかな「黄金色」。

個人的な印象ですが、この場に身を置いていると、

どこか、心もこの色に染まり豊かさに満たされてくる、そんな気がしました。

水田の緑とのコントラストが 鮮やか!

写真は、六条大麦。

調べてみると・・・石巻市では、二条大麦(麦)、六条大麦(麦)の生産量が

全国でもトップクラスなのだとか。

1760tの収穫量は、宮城県内一位、全国でも六位です。

 

大麦は米などより繊維質が多く含まれているので、

古くから日本独自の技術で精白して加熱し平たくした押麦に

精白した丸麦や白麦に加工され、

消化を良くして食用にされてきました。

煎って粉にした麦こがしや、煎った実を煮出す麦茶も日本ならではの味わい。

 

それにしても、南三陸に来て7年・・・・・

石巻市が全国でも大麦の一大産地だったというのは、

お恥ずかしながら初めて知った次第です。

上空高くでは、おそらく畑の中に巣があるのでしょう

ヒバリたちがホバリングしながら けたたましく さえずっていました。

上の写真には、圃場に下り立とうとする一羽のシルエットが映り込んでいます。

 

Bluebirderのふるさと新潟では、少なくとも実家の近辺に麦畑は無く

普段 まず目にすることはなかった光景なので、

尚更のこと 美しく見えてしまいます。

それに、秋のススキが 冬に向かう もの寂しさを感じさせるのに対し、

初夏の大麦の実りには、みなぎる力も 感じ取れます。

初夏、南三陸町のお隣のまち石巻市では 秋の、

いえ「麦秋」色が楽しめます。

コメントを残す on 秋到来? ぇっ?

ラウンジの窓から

一週間ぶりのご無沙汰です、Bluebirder*Sです。

 

真夏を思わせる陽気と気温になったかと思ったら 早6月。

今年ももう半分が過ぎてしまいました。早過ぎ、です。

さてさて、南三陸ホテル観洋から眺める志津川湾の絶景は格別です。

館内のロビーから通じるティーラウンジの窓からは、こんな景色が楽しめます。

窓ガラスに室内照明が映り込んでますが、

どうです、いいものでしょ?

そんな窓から、下に視線を落とすと・・・・・

岩の上で、カモメが営巣しています。

野鳥たちは繁殖の時期。

えっ?見えない?

では、こちら。

ね、巣で卵を温めています。白い卵がチラリ

 

温めている個体がオスかメスかわかりませんが、

巣はとにかく観洋の主(ぬし)的存在の カモメのつがいのもの。

彼らはいつも、仲良くこの一角にいます。

 

時々 立ち上がっては、卵をくちばしで転がし、自らの体の向きも変えては、

再び温め続けています。実に大切に いたわりながら。

巣の中には、卵が二個。

(△ここ迄 スマホのデジタルズームで画像に無理があります。悪しからず)

しばらくすると、巣のある岩に もう一羽、カモメがやってきました。↓

卵を温めているカモメの相方、パートナーと思われます。

体が少し大きめiに見えるので、あとから来た方がメスかな?

素知らぬ顔をして、直ぐには近づこうとはしません。

どこか、よそよそしい振る舞い。

仕舞には巣の中のカモメも こちら側を向いてしまう始末・・・

じりじりと時間をかけて巣の方に近づいてきたので、

間違いなく卵を温めているカモメの相方で「交代」に来たのだと

確信したのですが、

それが、なぜか一旦この場から手前の東館の方へ飛び去ってしまったのです。

 

えっ? 卵の温め、交代しないの? と、相方に薄情さを感じながら、

カメラを片付け始めた、その時でした。

すっ、と 巣の近くに降り立って、温めを交代したではありませんかぁ!

 

カメラのスタンバイが間に合わず交代の瞬間は「撮り」はぐれてしまった次第、

鳥だけに、あははは・・・汗

岩に降り立って交代するまで実に 30分余り・・・長い長い

ダジャレはさておいて、こちらのつがい、去年は繁殖に失敗しています。

どうやら卵がカラスの標的になってしまったようなのです。

先日、当館にお泊りになられた北海道のお客さまも

この巣を見つけてしばらく様子を眺めていたそうです。

実は去年は繁殖に失敗したのだ とお話ししたところ、

北海道のカモメはいつもカラスと闘っていて、体の大きさに物を言わせて

それはもう物凄い勢いでカラスを追い払っているとおっしゃっていました。

ただ、観洋のつがいのカモメは、どうも「おっとり」していて大人しい様子。

闘争心はうかがえず

去年は わずかなスキをカラスに付け込まれてしまったようなのです。

 

そもそもが無精卵で孵らなかった、という可能性も否定できませんけれどもね。

いずれにしても、今年は この巣の中の卵二個が 無事孵ることを祈りながら、

しばらく、巣の様子を付かず離れず見守りたいと思います。

 

☆カモメ・ウミネコ豆知識~~~~~~~~

カモメとウミネコの違いは、遠巻きに見てすぐわかるのが脚の色。

カモメはご覧いただいたようにピンクで ウミネコはイエロー。

並ぶとカモメの方が体が一回り大きく、

飛んでいるときに見える尾羽が白い。

尾羽に黒く太い横線が入っているのがウミネコです。

英語でも、カモメがseagull ウミネコがblacktailed gullと呼ばれています。

 

コメントを残す on ラウンジの窓から

秋 ミニ散歩

一週間ぶりのご無沙汰です、Bluebirder*Sです。

一雨ごとに 秋が深まる南三陸町。 志津川の海辺を歩いてみました。

抜けるような青空をは背景に、紅葉。 ケヤキ、かな? 違うかも。

でも赤と青のコントラストが鮮やかで キレイ!

町内志津川地区 林漁港で見上げた景色も 秋色ですね。

 

湾内には お馴染みのウミネコに交じって ユリカモメの姿も。

今は もう秋 誰もいない海~♪ は、トワ・エ・モア 昭和のJ-POP。

この季節になると、なぜかあの曲と歌詞が頭の中でリフレイン♪ してくるんです。

そして、な・ぜ・か 砂浜に出かけてしまう習性があるが Bluebirder*Sでございます。

復活2年目、夏の海水浴シーズンは大いに賑わった 海水浴場。

サンオーレ袖浜の砂浜には親子連れの姿がありました。

波打ち際で、波と戯れ 砂遊びをしていました。

そんな光景を眺めてたら、なんとなく ほのぼのとした気持ちに。

やっぱり こどもの居る風景はいいですね!

 

きれいに公園も整備された近辺は、町内でも指折りのナイスビュースポットで

今や、すっかり町民憩いの場です。

 

一方、

こちらは、北の恋人岬からの眺め。

絶壁にたたずんでいたところ・・・、

右手に アキアカネ! 手乗り アカトンボです。

温かだった日中に比べ、肌寒くなった夕刻

おそらく温もりが欲しくて たまたま私の手に「とまってみた」のでしょう。

手で払わなければ 逃げませんでしたから、かなり「寒がり」なトンボだったようです。

彼らは、卵に命を宿して 一生を終える時期。

小さな命に いかばかりかの愛おしさを感じました。

 

この日の志津川湾には 少し大きめのうねりがあって、

波が岩に砕けては、水しぶきを上げていました。

この怒涛に近い激しさは、さながら 日本海的な 光景です。

 

夕暮れ時の袖浜は、徐々に黄昏て・・・。

ホテル観洋を向こうに望む海辺は 夕日に染まり

秋の風情を深く感じた、秋の袖浜でした。

 

モアイ岩 向こうに広がる 志津川湾  この辺り 散歩にはもってこいですよ♪

コメントを残す on 秋 ミニ散歩

食べてビックリ!?海の幸盛丼(^o^)

皆様こんにちは、
明日(2/6)からの研修旅行の準備に追われている、マッキーです。
まあ色々ありまして幹事になったら、
想像以上に準備が多くて…
(私が事前に準備していなかったのも原因ですが)

なので今回は手短に!
当館の「海フードBBQ」にある…
スタッフおすすめ!「海の幸盛丼」を紹介いたします。

こちらのメニューのネタは…
鮪、メカジキ、ホタテ、鮭、いくら、タコ、卵、ボタンエビと種類豊富!

海の幸の玉手箱や~
な~んて、コメントが出てしまいそうなボリュームです。

ちなみに、小鉢と味噌汁、お新香が付いて1620円(税込)
個人的には、ふのりが入った味噌汁がポイント高いです(笑)

時期や仕入れ状況によっては変わるかもとの事…

海を眺めながらのランチ、夕食に是非いかがですか?

★本日のおすすめプラン★

★HP直販価格★最低レート保証★
お日にち限定タイムセール【お客様感謝デープラン】
7,500円税別☆10室限定

日頃の感謝をこめてネット最低価格で宿泊できます!
食事内容は他のプランよりも劣りますが、
その分、別注文の料理で自分好みの御膳を作りませんか?
志津川のタコを使った逸品等、豊富に揃えています。

コメントを残す on 食べてビックリ!?海の幸盛丼(^o^)