第2回東北被災地語り部フォーラム ★夜の部★

皆様こんにちは、マッキ―です。

今週は東北被災地語り部フォーラムweek!
私からは懇親会・座談会の模様をお伝えいたします。

夜はこのフォーラムの目的の一つでもある、
語り部のネットワークを増やすための、交流・親睦を深める活動が行われました。

その1…懇親会

朝11時からの語り部バスからご乗車のお客様にとっては、約7時間程のイベント!

そんな、少しお疲れ気味のお客様のお腹も心も満たすべく、
当館の料理人が腕によりをかけた料理でおもてなし。

鮮魚満載の大きな舟盛りや、

今が旬!気仙沼産の鱈と白子の中華餡かけ!

南三陸産タコと気仙沼産生ワカメのしゃぶしゃぶ等…
三陸の魚介を中心としたメニューが振る舞われました。

まずは皆様、飲み物を片手に乾杯!

100名を超える参加者が集まるりました。
(大人数か一堂に会すると集まると、壮観というか圧巻というか…)

そして、皆様思い思いの料理を楽しみ、
地域や国籍の壁を越え、親睦を深めていました。

アトラクションは南三陸のダンスチーム「陸仙海」の方々♪

アクロバティックで激しい踊りを披露!
会場を盛り上げていただきました。

その2…座談会

そして、夕食後は車座になって語り合う!
座談会が行われました。

こちらは、
座長には、「(公社)中越防災安全推進機構 中越メモリアル回廊 アンバサダー」の山崎 麻里子 様
ゲストには、「東京都・多摩大学情報社会学研究所 主任研究員」の会津 泉 様
「群馬県嬬恋村・鎌原観音堂奉仕会」宮崎 光男 様
「気仙沼市・気仙沼おとひめ会代表」吉田 千春 様
「釜石あの日あの時甚句つたえ隊」 北村 弘子 様
の計5名の熱い想いが垣間見える座談会となりました。

テーマは「なぜ語るのか?なぜ語れないのか?」について、

やはり、人に伝えるには心情が大事であり、
場を決めた語り部だけではなく、お茶を飲みながら当時を語りあうのも一つであるとの事。

時には歌を交えて、ユーモアもある会となりました。

ホテルだからこそ出来る、
22時頃まで、夜な夜な語り合う座談会となりました。

※フォーラムのブログは時系列が若干前後していますが、
後程、行程通りに修正いたします。

゚*。☆ いいね! フォロー お待ちしてます♪ ☆。*゚
あああ

宜しくお願い致します
\(^o^)/

コメントを残す on 第2回東北被災地語り部フォーラム ★夜の部★

三陸の味!気仙沼の味をご家庭で♪カツオら~めん!

皆様こんにちは、マッキ―です。

今回は、冷え込みが厳しいこの時期に食べたくなる一杯!?
「かつおラーメン」をご紹介いたします。

こちらは、ホテル観洋グループ総料理長監修!

気仙沼で水揚げされた新鮮なカツオを贅沢に使用したラーメンです★
頭部や骨から、栄養豊富なエキスを抽出。
かつおの旨味を余すところ無く使用したラーメンです。

上品であっさりとしたスープは、
試行錯誤を繰り返し、丹精込めて作られました。

この優しい味わいの和の魚介醤油スープは、
喉越を考えて作られた細麺と絶妙にマッチします。

更に、時間がある時には…
トッピングを加えてより美味しく!

刻み海苔やネギ、わかめ、煮玉子などを加えてシンプルに味わうも良し!
更にかつおを楽しみたい時は、
かつお節をトッピングに加え、
かつおの漬けと一緒に召し上がるなど「鰹尽くし」もおすすめです。

お食事の時はもちろん…
お酒を呑んだ後の〆にも食べたい一杯です(^o^)

魅力的なこちらの商品は4食入りとなっているので、
ご家族へのお土産に打ってつけの商品となっております♪

こちらの商品は、当館の売店で販売しております。
南三陸までは、なかなか来れないよ~
そんな方には、南三陸復興ストアからお買い求めくださいませ。

それでは、また来週~(^o^)丿

゚*。☆ いいね! フォロー お待ちしてます♪ ☆。*゚
あああ

宜しくお願い致します
\(^o^)/

コメントを残す on 三陸の味!気仙沼の味をご家庭で♪カツオら~めん!

毎年好評!季節限定の旬なセットが販売開始!!

こんにちは、むっちゃんです(*^^)

今日はとても寒いですね…
南三陸町も雪がちらついてきました。
こんな日はこたつで丸くなりたいです_(┐「ε:)_

さて、今年もこの季節がやってきましたよ!
新ワカメの季節が~!

志津川タコしゃぶと採れたて生ワカメセット

毎年ご好評頂いておりますこちらのセットの販売が開始しました!
1セット2,700円(税込)です。

今の時期限定!そして数量限定!
(お一人様10セットまでとさせていただきます)

採れたてのワカメはしゃきしゃきしていて鮮度抜群♪
同梱の志津川産タコもぷりぷり弾力がある美味さ♪

この時期しか味わえない商品となっておりますので、
皆さまぜひお買い求めくださいませ!

↓ ご注文はこちらから ↓
志津川タコしゃぶと採れたて生ワカメセット

旬の野菜と一緒に、ほっと温まる鍋もおすすめ(*´∀`人)


※イメージ

ご注文の際は、商品到着日と注意点をよくご確認の上お申し込みください。

セット数に限りがありますのでお早めにどうぞ!!

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

冬本番!!
景色とお風呂がひとつに繋がるインフィニティ温泉で心も体もあったまろ♪

南三陸ホテル観洋の宿泊予約をするならこちら↓


公式ホームページからの予約がもっともお得です!
【直販価格】と書かれたプランを選んでご予約ください!

kirakirabanner.png
★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で9周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 毎年好評!季節限定の旬なセットが販売開始!!

南三陸の年末!新鮮な海の幸満載の「おすばで祭り」♪

皆様こんにちは、マッキ―です。
今回はカナさんと曜日を変更して、日曜日に登場です。

さて、先日火曜日のブログでも紹介した「おすばで祭り復興市」が、
昨日開催されたので…潜入してきました(^_^)/
(今年のネタは今年中に書きたかったので…)

当館からは車で約5~10分!
志津川仮設魚市場特設会場にて開催されました。


(漁船の旗も多く飾られています)

もちろんこの魚市場からも、
遠くに観洋が見えます。

そもそも、「おすばで祭り」の「おすばで」とは…
三陸沿岸の方言で「酒の肴(さかな)」という意味との事。

さあ、言葉の意味もお伝えした所で、会場に潜入すると…
朝早くから大勢の人々が!

(頑張って早起きして、8時50分位に来たのに想像以上に人が多かったです。)

まずは、あまりの寒さに震える体を、
仙台牛を使用した牛汁で暖めて…

(牛の旨味が溶け出して旨かった~)
偵察開始!

そう、このお祭りと言えばやっぱり魚貝類!

志津川名産のタコ!

南三陸で獲れた帆立!

宮城県産の高級食材「鮑」!

そして、一匹丸ごと氷いっぱいの容器に入ったマグロ!
(写真に夢中で、何マグロか、見るのを忘れてしまいました…)

志津川でも獲れる銀鮭!
などなど、新鮮な魚介が盛りだくさんでした。

今回は遠くは青森県つがる市からのブースも…

(名産品のりんご、にんにく等がありました)

そして、ご当地キャラクター「つがーるちゃん」も遊びに来てました(^O^)

さらに、お正月が近いという事で…
正月飾りと言えばコレ!

しめ縄や…

蒲鉾や伊達巻の練り物、

そして、おせちセットもありました。
(改めて年末だな~って思いました。)

また、フードメニューも結構あって、
(串焼きとか○○めし、そして魚介系以外の物もたくさんありました)

酒粕を使用した大人な味わいの牡蠣汁♪

志津川高校商業部の生徒さんが作った
クリーミーなタコシチューをいただきました。
(寒さに負けて、これらに+「そば」も頼み
 温かい汁物ばっかりだったので、お腹がタポンタポンに…)

次回は、1/20に「第86回寒鱈まつり復興市」が開催されます。
こちらもお楽しみに~

マッキ―の今年のブログは今回が最後。
(まさか、明日も連投する訳では無いので…)
当館のブログを、いつもご覧いただきありがとうございます。
来年も宜しくお願いいたします(^_^)

それでは、皆様良いお年を~(^o^)丿

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

冬本番!!
景色とお風呂がひとつに繋がるインフィニティ温泉で心も体もあったまろ♪

南三陸ホテル観洋の宿泊予約をするならこちら↓


公式ホームページからの予約がもっともお得です!
【直販価格】と書かれたプランを選んでご予約ください!

kirakirabanner.png
★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で9周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 南三陸の年末!新鮮な海の幸満載の「おすばで祭り」♪

えっ?!餌を横取り?

6日ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

今年、春まだ浅い3月にも、コクガンをご紹介していました。

この時は、志津川港の様子でしたが、

クイナの仲間で羽色が真っ黒な「バン」と、アマモを引っ張り合っていたんですね。

餌の奪い合いなんて、動物にはよくあることだろうと

この時はこの光景自体に 大した意味のあることだとは 思ってもいませんでした。

今年もやはり、やはりバンの傍にいる事が多いコクガン。

てっきり仲が良い「間柄」なのだろう、とばかり 思いこんでいました。

まぁホントは仲が良いのかどうかはわかりませんが、コクガンがバンと一緒にいるのは

バンが水に潜って取ったアマモを「横取りするため」なのだそうです。バンは潜水が得意

 

えっ? コクガンって他の鳥の餌を横取りするの?! って、以外に思いますよねぇ。

ちょいと、ズルいとも思えるこの行動のご紹介・・・・・、

コクガンに対する印象を 少し悪くしてしまったかも知れませんね(笑)

ただ、水が深いと 潜水してアマモが採れないコクガンにとっては、死活問題。

バンにとっては迷惑なのでしょうけれども、

コクガンにとって この行動は 湾で冬を生き抜く知恵であって、

バンと共生している、いえ「共生させてもらっている」というわけです。

横暴な親分と そんな親分を認める気のいい「子分」、って関係ですかねぇ。

餌をと奪われることを承知で 黙認してくれているバンは、偉い! かも。

そんな滑稽なお話を教えてくれたのが、こちら

南三陸町農林水産課研究員で 水産科学博士の 阿部 拓三さん。

前回ブログを更新した11日火曜日、町内のポータルセンターで、

ラムサール条約の勉強会があったのです。会には 町民をはじめ30人程が出席。

志津川湾の浅い海底には 一面 海藻や海草の森が広がっていて、

その「森」は 直接、あるいは間接的に

コクガン、オオワシ、オジロワシといった貴重な野生生物を養っています。

湾内の藻類は 実に210種類以上。

湾の沖合には親潮と黒潮が混ざり合う海域があり、さらに

日本海からは対馬海流の一部が津軽海峡に入って津軽海流となり三陸沿岸を南下、

志津川湾に流れ込んでいます。

「三つの海流」の影響をそのまま受けるという世界でも”マレ”な環境の下、

北の海域の”マコンブ”と南の海域の”アラメ”が混在する”マレ”な植生が保たれ、

志津川湾は、実に550種類以上の生物を抱えこんでいるのですから驚きです。

最近の調査によれば、志津川湾の水温は、これまでより1~2度高くなっているのだとか

そのおかげで、南から流れてきた”伊勢海老”が冬を越え、

立派に成長して収穫されているというのですから驚きです。

その上、ウスジリカジカ、シシカジカ、ヒナムシャギンポ、ヤリガジ、といった

固有の新種の魚類も見つかっている志津川湾は まさにミラクルワールド!!!

豊かな海と湿地の恵みが ワカメであり、ウニであり、ホヤであり、カキであり、

そうした豊かな資源の恩恵に支えられ 地元の漁業は成り立ってきました。

“Wise use of Wetland”

つまり湿地の賢明な利用をはかるのが ラムサール条約の理念だといいます。

 

生物の多様性を保ちながら 人も自然も生き物も互いに支え合いながら暮らしている街

それが 南三陸町です。

コメントを残す on えっ?!餌を横取り?