二か月経過!台湾のインターンシップ生♪

大家好,我是惠。
皆さん、こんにちは、恵です。

來自台灣靜宜大學的範さん和張さん兩位同學爲期一年的實習生活已經進入第二個月,
生活和學習也在非常順利進行中,在這裏就工作場景和日常生活一一介紹給大家。

台湾の静宜大学から来た范さんと張さんの二人の学生さんは一年間の実習生活は二ヶ月目になりました。
南三陸での生活と勉強も順調に進んでいます。
今回は最近の仕事の風景と日常生活をついて紹介します。

工作上大家已經適應了,和社員的相處也是很和諧,
日語進步非常快,現在已經可以獨立的向客人説明料理,
宴會擔當也在不斷增强學習中。

仕事にも二人は徐々に慣れてきました。
社員ともとても仲良く、日本語もメキメキと上達してきました。
今では、一人でお客様に料理を説明することができて、
宴会場でも、多くを学びながらお客様の為に尽くしています。

前幾天參加了東北2019,天気晴朗,
騎手們奔馳在45號國道綫上,
兩位同學一起和社員們在本館停車場設置的停留站為大家獻上熱騰騰的魚翅湯,為他們加油。

 

先日のツール・ド・東北2019南三陸ホテル観洋エイドステーションの様子です!
お天気に恵まれ、颯爽と南三陸路をライダーたちが駆け抜けます。
学生さんとホテルスタッフも沿道にて応援しました!

在這裏隆重介紹下,我們見到了在6月邀請到台灣出生的一青妙女士,
也參加了石卷——神割崎段100公里路綫,同行的還有來自台灣的騎友,
爲了參加這次賽事,大家特意飛來日本,
本館女將在神割崎到點站親自參加了助威支援,真的非常感謝。

 

ここで紹介したいのは、
6月にみやぎおかみ会にて講演頂きました一青妙さまが100キロコースに参加しました。
台湾からの友達も同行しています。
今回の大会に参加するために、わざわざ日本に来てくれました。
素晴らしい走りを見せてくれました。
当館女将さんも神割崎のエイドステーションへ熱い応援に行ってきました。
本当にありがとうございます。

請繼續關注我們,下周見。
それでは、また来週。

コメントを残す on 二か月経過!台湾のインターンシップ生♪

ツール・ド・東北がやって来た

 

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

「ツール・ド・東北」

それは、東日本大震災の復興支援と震災の記憶を残していくことを

目的にした自転車イベントです。

今年で7年目。

南三陸ホテル観洋には、恒例の エイドステーションが設けられ

参加の皆さまには もうすっかりお馴染みで美味しいと評判の

ふかひれスープでおもてなしさせて 頂きました。

観光キャンペーンキャラクターのラプラスもお出迎え。

 

エイドステーションで ふかひれスープをお出ししてくれたのが

河北新報ガールズ。

今年、新採用の新人さんたちです。

明るい声と笑顔の労いに、ライダーさんたち、

嬉しそうに シャッターを切って

ふかひれステーションと彼女たちを撮っていました。

 

一方、沿道では 河北新報ガールズに負けじと

観洋ガールズ&ボーイズが

元気な声掛けと 鈴や鐘に太鼓といった鳴りもので応援。

手を振って笑顔で応えるライダーさんたち。

 

エイドステーションは、続々と訪れるライダーさんたちの賑わいに

鳴り物と応援の声も相まって、いつしかすっかりお祭りムードに♪♪♪

奇しくも 真夏を思わせる日差しの下、

会場の雰囲気は熱気でヒートアップしていました。

 

応援の小旗を振って「がんばれー!」

ちっちゃな男の子も かわいい応援です。

「彼」の眼差しは、ライダーさんたちの走行に 釘付けで、

おかあさんに そろそろ帰ろうと 促されても、

「まだ この場に居たい」と なかなか動こうとしませんでした。

きっと、楽しくて温かな雰囲気を感じ取っていたのかも知れませんね。

 

今年は、およそ3700人が参加した ツール・ド・東北。

普遍のテーマは、「応援してたら、応援されてた」。

まさにそのテーマが、そのまま再現されていた、

そんな印象の 南三陸エイドステーションでした。

 

 

コメントを残す on ツール・ド・東北がやって来た

今から応援!ツール・ド・東北2019

こんにちは、初めて自転車に乗れたのは小学2年生だったトーマスです。
調べてみると、今の子どもの自転車デビュー(補助輪なし)
の平均年齢は4.9歳だそうです。はやっっっっっ
世の中スーパーキッズだらけです。

さて、今週末9/15(日)には
いよいよ東北、日本全国、世界からライダーが集まる祭典
<ツール・ド・東北2019>が開催となります。
ライダーの皆様も、応援する皆様も、ドキドキワクワクですね。

先日、スマイルとうほくプロジェクト様の
ライダーを応援する取り組みに
当館スタッフが参加いたしました!

ツール・ド・東北では、スタート・ゴール地点である
石巻専修大学で各企業や自治体がブースを出展します。

花王グループのブースでは、皆様ご存知の
ビオレハンドソープと、洗濯用洗剤アタックが
ライダーへ配布されるとのこと。

この配布品、ツール・ド・東北ならでは
ライダーへの応援メッセージが付いた限定品なのです!

この日は、みんなで
この限定商品に貼り付けられるメッセージを寄せました。


次長も課長もスタッフも、
台湾から来たインターンシップ生も
応援する気持ちを込めながら笑顔で書き描き。

マリンパルだよりで人気のYちゃんも!?

和気あいあいとメッセージを書きました。

ちなみにYちゃん、そのかわいらしい笑顔で
周囲をメロメロにして、
テレビカメラで単独取材まで受けちゃいました。

事前に町の皆様にもご協力いただいていたので、
たくさんのメッセージが集まりました。

ライダーの皆様、花王様のブースにて
是非メッセージ付限定品を受け取って
南三陸に思いをはせて下さいませ!

尚、ホテル観洋内でも
ツール・ド・東北当日にエイドステーションで
展示する応援メッセージを募集しています。

当館にお立ち寄り、ご宿泊の際には、
ライダーの皆様への応援メッセージを
是非お寄せ下さいませ!!

コメントを残す on 今から応援!ツール・ド・東北2019

ツール・ド・東北2019

 

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

観洋正面玄関前の森では、夏鳥 キビタキがさえずり始めました。

姿はまだ見ることが出来ていませんけれども。

お~い! 姿を見せろぉ~!!

さてさて、それはそれで さて置いて、

今年は 9月15日に開催される、ツール・ド・東北。

もうエントリーの受付は先月16日から順次受け付けが始まっています。

先日、石巻市の河北新報社では

3市2町実務担当者会議が開かれました。

 

ああ、もうそんな時期になったんだなぁ、と 思った次第で、

最近、特に 一年が経つのが早く感じられます。

それだけの歳を重ねているという証拠なのですけれどもね(笑)。

どんな会議かと言いますと、コース沿線市町で実際に大会の運営に携わる

実務担当者が出席して、各エイドステーション(水分や食料の補給基地)で

ライダーの皆さんに食べて頂くものを決めたり、コースを確認したり、

ツール・ド本番に向けて準備を整え、情報を共有し確認し合う場です。

 

こちらは、去年のホテル観洋前のエイドステーションの様子。

今年は、気仙沼フォンド210㎞、南三陸フォンド170㎞、北上フォンド100㎞、

女川・雄勝フォンド 65㎞、気仙沼ワンウェイフォンド100㎞、

仙台発奥松島グループライド60㎞、の6コース。

奥松島のグループライドは新しいコースで、

東日本大震災の被災地を視察しながら巡ります。

 

これら 一般参加者のライドはすべて9月15日 一日で行われます。

ツール・ド・東北は 競技ではなく、ファンライド。

とにかく自転車走行を「楽しもう」という趣旨のレースは

ミニ「グルメ」ライドでもあります。

各エイドステーションには 地域のおいしいもの あれこれ!!

 

美しいリアス式海岸を気持ちよく風を切って走り景観を楽しみながら

エイドステーションでは美味しい「食」に舌鼓を打てる、というのが

大きな特徴です。

 

今年、雄勝町のステーションでは、浜焼きをカットして出すそうな♪

もう想像するだけで 香ばしい香りが漂ってきそう。

他の基地でも おいしいもの色々 盛り沢山♪

南三陸ホテル観洋でも、今年も去年に引き続きエイドステーションが設けられ、

ライダーさんたちにはもうすっかりお馴染みの「ふかひれスープ」が

振る舞われます。

これがまた、美味しいって 好評なのです。

こちらは去年の様子ですが、皆さんとにかく美味しそうに食べてるでしょ?

当館調理人さんたちが、独特のとろみと風味を大切に仕込んだ一品。

まずい、訳がありません。

ライダーさんたちは、被災地の応援に。

被災地では、ライダーさんたちを応援。

素敵で素晴らしい交流イベントです。

ツール・ド・東北。

それは闘いの場ではなく、心通わせる地域交流の場。

 

みなさんも、是非 参加してみてください!

 

えっ? Bluebirderはどうするのか、って?

ええ、大切に持ち続けている愛車が30年以上前のクラシックバイクで、

いかんせん、ギア比が高くない上に車体が決して軽くない。

参加したとて、「交流」の前に 果たして 体力が持つのかどうか・・・

と考えると・・・

 

まぁ、とにかく ライドしなくても、ふかひれスープはお出ししますので

参加ライダーさんたちは お楽しみに♪

 

尚、今回ご紹介した写真は、最近カメラに目覚め、

もはやすっかり腕を上げているO氏撮影のものを、

また、ふかひれスープを盛る手元の写真は 写真にも登場している

M嬢撮影のものをそれぞれお借りしました。

ありがとうございます。

 

コメントを残す on ツール・ド・東北2019

地元・志津川高校の3日間のインターンシップ!

皆さまごきげんよう、ゆきでございます!
先日は地元の志津川高校の生徒さん6名がホテルの就業体験インターンシップにいらっしゃいました!


最終日の笑顔♪ 皆さんお疲れ様でした!

皆さんには、ホテルの表の仕事・裏の仕事をそれぞれ体験して頂きました。

 
表でお見送りや、レストランでの接客や・・・

 
お部屋の掃除機がけや、浴衣やタオルをセットする裏のお仕事・・・

そして、ちょうどツール・ド・東北開催目前!
ということで応援メッセージも書いて頂きました♪

 
↑館内で募集した応援メッセージ掲示版も作ってもらいました!


当日はライダーの多くの方々にご覧頂けましたよ♪♪
また、ライダーの方からは応援の「お返しメッセージ」を頂戴しましたので、
後日館内に掲示したいと思います!

志津川高校の皆さん、ありがとうございました。
当館では、志津川高校出身のスタッフもおりますので、
ぜひまたお越しくださいね。
また皆さんとお会いできる日を心より楽しみにしておりまーすo(^-^)o


★お買い物はどうぞ南三陸復興ストアへ!⇒ツイッター始めました♪
☆次回のスターパーティーは11月12日・13日☆

コメントを残す on 地元・志津川高校の3日間のインターンシップ!