紅いお猿?

 

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

先週は、南三陸町では冬の使者コクガン

と並んで

冬に姿を見せる小鳥 ジョウビタキ♀

をご紹介しましたが、

今回は さらに 観洋近くに出没する冬鳥をもう一種。

 

観洋の近くの国道45号沿い、寒~い晴れた日には、

藪の中から フィッ フィッ、という鳴き声が聞こえてきます。

これが、その冬鳥 ベニマシコ。

 

ベニマシコは、その名の通り紅色をした体が特徴の冬鳥・漂鳥です。

この色の特徴はオスだけで、メスは目立たない茶色をしています。

大きさはスズメとほぼ同じ。

オスの冬羽は頭と背中・体の下の部分が淡い赤で、

頭頂部と頬・喉が淡いピンク色です。

背中には黒い縦斑。

 

名前の由来ですが、ベニマシコは漢字で、

ベニ「紅」、マシコ「猿子」と書きます。

「猿子」はサルの古い呼び方で、ベニマシコは羽の色が赤く、

顔がサルに似ていることからつけられたと考えられています。

ね? 言われてみれば 確かに猿のような顔してますよねぇ!

ベニマシコは雑食で

繁殖期は地上や樹の上で昆虫を捕えて食べるそうですが、

秋から冬にかけてはイネ科やタデ科の草の実を食べたり、

セイタカアワダチソウなどの植物の実や種子を食べたりしています。

分布は、日本や中国・カザフスタン・北朝鮮・韓国・ロシア。

日本では夏鳥として北海道と下北半島の一部で繁殖。

本州以南へ移動して越冬します。

 

地鳴きは「ピッ、ピッ」とか「フィッ、フィッ」っていう

柔らかでやさしい声。

ベニマシコは、本州以南では冬に観察できる野鳥の中では人気の鳥です。

スズメよりも少し大きいサイズの小鳥ですが、

赤い体色がいいですね。

殊に、雪の中なら、雪の白とのコントラストが鮮やかできれいです。

 

コメントを残す on 紅いお猿?

動物達に癒される~八木山動物園♪

皆様こんにちは、マッキーです。

今回は、夏休みに行きたい仙台市内にある動物園!
八木山動物園をご紹介!
先日のブログでは、ひとみ先生が写真を上げて紹介していて、先に使われた…と思いましたが、今回はマッキー流にまとめます)

当館から車で約1時間30分♪
仙台駅から移動の際は、地下鉄東西線で12分♪
終点の八木山動物公園駅下車でございます。

八木山動物公園駅構内には、
こんな感じで写真の展示も行われていました。

入場券を購入して入口を抜けると…
様々なエリアに分かれて多くの動物たちが暮らしています。

まずは、まるでサバンナをイメージした「アフリカ園」が広がります。

運が良ければこんなに、接近した写真が撮影できるかも!?

(写真はアビニシアコロブスという動物です)

他にも、フラミンゴや~

ゾウさん~

ベーブ・ルースが!?
(野球の神様と呼ばれ、来日初ホームランの落下地点がこことの事)

そして、カメやワニ、ヘビやトカゲと会える「は虫類館

その中には、まるで盗人のような
くりくりとした目が魅力の「リスザル」もいました。

癒し系の動物とのふれあいが楽しめる「ふれあい館」には、

ウサギや、

 

ロバ、

インコに

 

カピバラなどがいました。

(ふてぶてしいというか何というか…)

そして、「猛獣館」!
ライオンやホッキョクグマなどがいました♪

中でも特に可愛かったのは、この「プレーリードック」

この草を噛んでる仕草がとても癒されます。
(か、飼ってみたい…)

園内のほぼ全ての動物達を見ようと思うと、私の場合は1時間半位掛かりました。

また園内は坂も多い事ので、
これからの時期に見学される方は、
動きやすい服装&夏場は水分補給もしっかりした方がよいと思います。

2019年7月27日(土)志津川湾花火大会開催!
ぜひ、お越しくださいませっ(*‘∀‘)

それでは今日はこの辺で!また来週!

コメントを残す on 動物達に癒される~八木山動物園♪