北へ

4月
南三陸町でも
一層陽の光が 明るくうららかになってきました

一週間ぶりのご無沙汰です Bluebirder*Sです

季節は 春 桜こそまだですが
志津川湾の水面の鳥たちの動きにも変化が・・・

冬場 せいぜい
ツガイ単位でしか見かけなかった
カンムリカイツブリが

数羽から10数羽で 群れて移動していたり

志津川港の突堤あたりに コクガンが居たり・・・

コクガンが この場に姿を見せる頃というのは
もう 北へ向かう時期だと聞いています

実際のところ
南三陸海のビジターセンターによれば
先々週150羽を確認出来たコクガンたち
先週は90羽に その数を減らしていて
既に”北帰行”は始まっている様子・・・

おそらく ”いつもの港”にも
居なくなっているのだろうと
諦め半分で行ってみると・・・

居ました

2羽・・・おそらくツガイでしょう
まだ 姿がありました

撮影の脅威を与えてはならない・・・
いえいえ そんなに大げさなことでもなく
単に 逃げられないようにと
半分身を隠しながら撮っていたのですが
当の2羽は さほど気にすることも無く
暫くすると 船揚げ場へ・・・

こちらは やはり”逃げられては”と
身をかがめながら撮っていましたが
彼らは 取り立てて警戒もせず
のんびりアマモを食べたり アラメを食べたり・・・

最後は 立ち上がって撮影するBlubirderにも
岸辺を離れることなく 付き合ってくれました

首を伸ばして こちらをチラリチラリと見てはいますが
幸い 邪魔にされることもなく
カメラを受け入れてくれたようです

伊豆沼のハクチョウやマガンは
早々と北に向かったようですが
コクガンは比較的”呑気”

一番長い滞在を決め込んでいるツガイやファミリーは
ゴールデンウィーク前くらいまで志津川湾に留まるようです

うららかな陽射しの中で
冬鳥コクガンの可愛らしい姿と仕草を眺めていると
どこか 心癒されますww

みなさんも ”春のコクガン” いかがですか?

コメントを残す on 北へ

冬鳥 その3

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

節分、立春が過ぎ

気温も10度以上になったりしてましたが

寒さはこれからが本番の 如月2月。

寒さが緩んだ先週の土曜日、いつもの港に出かけてみると

???!  少ない!  越冬中のコクガンが「まばら」なのです。

まさか、もう北へ向かってしまったのでは?

とも思えてしまう光景に 少し驚かされました。

しばらく様子を窺っていると・・・、ああ  なるほどぉ、

仙台ナンバーの車が何台か出入りして

数名が港を視察、あるいは査察していました。

いつもと違う雰囲気を感じ取ってか

岸壁辺りには寄り付かずに 水上に居たようで、

いくつかの群れは 一時的にこの場から離れていたようです。

しかし、Bluebirderの心配などよそに

当のコクガンたちは 元気いっぱい!

オオバンの採ったアマモを 横取りして食べています。

もの凄い勢いで迫った瞬間です。

勢いの余り コクガンの首の周りに「水の襟巻」が出来ています。

す、凄・・・・・    普段は澄まして

優雅な雰囲気を漂わせているのに( ^ω^)・・・

そうそう、5日には 志津川湾内の全数調査が行われ

年末の調査同様 400羽ほどが確認されています。

 

そんな コクガンたちの居るこの小さな港には、

ほかにこうした冬鳥も飛来しています。

曇り空の ロングショットで

ぼんやりした被写体になってしまっていますが、

ここは 雰囲気でご覧いただくということでご容赦を。

カンムリカイツブリ です。

全長56㎝ほど。

首が長く、水面に軽~く浮いている水鳥。

夏羽は、頭部に赤褐色や黒色の飾り羽が出ますが、

今は冬羽で 顔から首は白く、目の下に黒い線があります。

くちばしは桃色。頭上には黒色の冠羽があります。

 

脚は体の後方に付いていて 脚だけで潜水が可能。

小魚を主食にして、甲殻類も食べちゃいます。

カイツブリ類の中では最も大型で、

潜水時間は カイツブリが30秒なのに対し、

何と50秒ほど潜ることができます。ですから「狩り」も余裕です。

現在は 絶滅が心配されるほどの種ではありませんが、

ひところ 乱獲で激減した時代もあったようです。

「群性が強い」と 図鑑には記されていますが、

こちらの個体は群れずに「単独」。

冬の海 ポツリと置かれた水鳥が一羽・・・

心なしか 寂しげでなりません。

 

が、どうも強気な「お顔」から察するに

「そんなことはないよ!」と

お”カンムリ”のようにも見える”カイツブリ”なのであります。

コメントを残す on 冬鳥 その3

まだ居ましたよ 志津川湾に

コクガンはどこに居ますか?

南三陸ホテル観洋館内で尋ねられたのは、17日のこと。

関西弁の女性のお客さまでした。

わざわざ大阪から

コクガンに「会いに」やって来たのだとか。

「志津川港にいますよ」と 即答できました。

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

即答できたというのも、

たまたま前の日、サンオーレ袖浜に出かけていたから。

冷たい風がずいぶん強くて手は

すっかりかじかんでしまいましたが

そのかじかむ手で、双眼鏡をのぞきこむと、

居ました! コクガン!!!

先日20度以上になった日があったりして

もうそろそろ北帰行してしまったのかなぁ、

とも思っていました。

でも、居たのです。こうして まだ。

国の天然記念物で絶滅危惧種に指定されている渡り鳥。

毎年、志津川湾で越冬していきます。

湾内の浅瀬に自生しているアマモが大好きで

強風と波のうねりに負けずに風上へと泳ぎながら

アマモを探し回って食べていました。

何か緑色の物を口にしているので

始めは「あれ?若布でも食べているのかな」 と思って

観ていましたが、画像をよくよく見れば

あの細長い緑色の葉のようなものは

他でもない まさに大好物のアマモだったようです。

どうやらオオバンもそのアマモが好きなようで、

コクガンと引っ張り合って

取り合いをするシーンも見られました。

その癖 喧嘩をするでもなし。一緒に 居るんですよね。

全体的に羽の黒いコクガンですが、白いお尻がキュート♥

でしょ?

居場所を教えて差し上げた大阪のご婦人が

果たして

コクガンに「会えたかどうか」は定かではありませんが、

つがいと思しき この二羽は

今しばらく志津川湾に「滞在」してくれる様相です。

寒風の中、たくましく生きています。

でも、もうそろそろ 北へ向かう時期。

今シーズン最後のチャンスになりそうですから、

野鳥好きな方は、いえ、そうでない方も

どうぞ 南三陸町へお越し頂いて、

地球上に1万羽といない貴重な渡り鳥

コクガンを観てみてください。

おまけです。こんなのもいました。

カンムリカイツブリです。

お詫び:とにかく風が強くて、
カメラも「相手」も揺れブレまくり、
不明瞭な写真で失礼いたしました。

まだ居ましたよ 志津川湾に への1件のコメント