コクガンだけじゃない

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

国の天然記念物にして絶滅危惧種の動物して、

このところ毎週ご紹介しているのが コクガンです。

実は、南三陸町には、同じ天然記念物の「称号」を持つ野生動物が

もう一種居ます。

それは・・・

どうです、この「お顔」。

なかなかベッピンさんの カモシカ(ニホンカモシカ)です。

(厳密にメスかどうか定かではありませんが 笑)

こんなのが、海の絶景が看板のホテル観洋のすぐ裏手の山

棲息しているのです。

イッツ アメィジングゥ~! でしょ?

ちなみに、この25日に 観洋から徒歩5分の

喫茶店 Cafe Gさん前の草地で遭遇しました。

モフモフした毛並みの「カモシカ」。

日本アルプスや八ヶ岳をはじめ、全国各地に棲息していますが、

実は登山をしていても

なかなかその姿を見ることができない存在ではあります。

が、こんなに間近に現れてしまうのが、南三陸町なのです。

 

棲息地は落葉広葉樹の林のある低山地から亜高山帯。

何と!「氷河期からの生き残り」とされ、

岩場や急斜面のある森林に棲み、低木の葉、芽、小枝、花、実を食べています。

こちらは、一緒に居たオスと思しき個体。

つまり食性は草食で、休むときは樹の根元や斜面の岩棚で休むそうです。

 

中でも、九州地方と四国地方のニホンカモシカは生息数が減少していて、

環境省レッドリスト2015年で「絶滅の恐れのある地域個体群」に指定。

一方で、1934年には国の天然記念物に、

1955年には特別天然記念物に指定されています。

 

ニホンカモシカは日本にしかいない貴重な動物で ウシ科に属します。

また、なわばりを作り 単独で行動していて

まず 4頭程度以上の群れを作ることは無いということです。

 

オスにもメスにも15センチほどの短い角があり、

全体に、白~灰色、灰褐色をしています。

古くは狩猟の対象で食用にされていましたが、

その味が「鴨」のように美味しいから「『カモ』シカ」という説もあるそうな。

ただ、実際には天然記念物に指定されているので

一般に口にすることは出来ませんけどね。

野生のニホンカモシカの姿を見るのは難しい、とされていますが、

何と、観洋周辺では、当たり前のように ごく間近で目撃できます。

まぁ、いつでもというわけにはいきませんが。

 

何より、とにかく南三陸町は

コクガンだけでなく、カモシカまでも養えるほどに、

自然が深く豊かなのだということ。

カモシカは好奇心が強い動物で、

こちらをじ~っと見つめ「観察」してきます。

 

逃げる時も、時々立ち止まっては 振り返り

穴が開くほどこちらをじっと観察しながら離れていきます。

 

 

カモシカはまず人を襲ったりしませんから、

出会った場合には、そっと見守り 刺激しないようにしましょう。

南三陸ホテル観洋近辺を散策すると、

ひょっとしたら、あなたも特別天然記念物

二ホンカモシカに出会えるかも知れません。

コメントを残す on コクガンだけじゃない

何 観ているの?

一週間ぶりのご無沙汰です、Bluebirder*Sです。

 

ここは、ホテル観洋のラウンジ。

こちらのお二人

双眼鏡で一体何を観ているのでしょう?

答えは、こちら。

カモメのヒナたちなのでしたぁ~。

カモメのヒナの姿に「かわいい~」って、叫んでいた こちらの母娘は

仙台からのお客さまで、観洋へは初めてのご来館。

 

これまでは、仙台から近い秋保温泉にお出かけのことが多かったそうですが、

志津川湾を望む観洋の景観の素晴らしさに 痛く感動していらっしゃいました。

 

ところで、観洋のティーラウンジに置かれた双眼鏡・・・。

これは、仙台にお住まいの元放送局マンの方が

窓からカモメの巣を観察出来るところなんてそうそう無い!

お客さまにも楽しんでもらいましょうっ!と、

わざわざ置いてくださったものなのです。 ありがとうございます。

 

今回ご紹介した仙台のお客さまのほかにも、お泊りのお客さまがのぞき込んでは

「かわいい~!」という叫び声を連発しながら楽しんでいらっしゃいます。

 

さてさてそのカモメのヒナたちでございますが、しっかり「両親」に守られて

天敵に脅かされることもなく、無事 元気に育っているようです。

 

実は「カモメのヒナは、一体どれくらいで巣立ちするのですか?」と問われて

即答できないでいたのですが、調べてみましたら

「大体45日程」で巣立つそうです

 

ということは、孵ったのが先月19日だったようですから、7月1日で12日目。

あと1か月程経って、8月に入ったらもう間もなく、

この志津川湾上空を飛び回っていることでしょう。

カモメは 繁殖期(4~7月)に沿岸部の岩礁や砂丘などに『集団繁殖地』を形成。

一夫一妻で1回に2~3個の卵を産み、

オスとメスがが2~3時間おきに抱卵しヒナを養育。

越冬のため『秋から冬にかけて日本全国に飛来』し、

『春夏には繁殖のため日本を離れ北へ』向かう。

但し、繁殖しない若い鳥はそこにと留まることもある・・・とされていますが、

 

観洋のカモメのつがいに限っては、

△春夏に北に渡るでも△集団繁殖しているわけでも、

また、△留まったこの地で繁殖していないわけでもない。

ひょっとしたら、『例外的な個体』なのかも知れません。

南三陸町は 一年を通じて比較的温暖な気候だということも、

「定住」出来る条件の一つになっているということも考えられます。

群れずに繁殖するこのつがいに、

小説「カモメのジョナサン」の主人公

孤高のカモメ、ジョナサン・リビングストンの姿を重ねてしまっています。

実にカモメの飛翔能力は素晴らしいのです。

コメントを残す on 何 観ているの?