Bluebird!がやってきた!!

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

風薫る五月。自然が深く豊かで、

町自体がひとつの森のような南三陸町は 五月晴れの日は殊に気持ちがいい~♪

先日、遠巻きに束の間見かけたオオルリが、

なんと 観洋男子寮前に姿を現してくれました。

声がきれいで、瑠璃色の羽がきれい~♪。好きな野鳥のひとつです。

実は、

非番だったこの日、朝出かける際に目の前でさえずっているオオルリを発見。

早速、

車からカメラを持ち出して撮ろうとしたところ SDカードが入っていない。

カバンにあったカードを挿入したところ、残り撮影可能枚数 1・・・。

他のカードを入れると、あと8枚・・・。

焦りまくりながら

別のカードを入れ直して余裕で「撮れる」ことを確認した時はすでに遅し。

オオルリは飛び去り、とにかく悔しくてくやしくて

あ~ぁ・・・って落胆してしまっていた次第です。

えっ? でも こうして撮れてるじゃん!、ですよねぇ。

 

ええ、それが、午後 帰ってきたところ、

運よく、窪地の水路で水浴びを終えたオオルリが

比較的近くの枝にとまってくれた♪

羽が乱れているのは水浴びした後だから。

これはラッキー!とばかりに、カメラを構え、カシャカシャカシャ・・・。

三脚なし手持ちの望遠ですから、手振れ、相手ブレの上、ピンが甘いのですが

全体的な画面の「雰囲気」でご覧頂く ということでご勘弁ください。

 

ひたすら、羽づくろいしてました。

よ~く観ると、幼鳥から成長になりたてと思しき一羽。

まだ「お色直し」が完全ではなく、

背中の一部に茶あるいは灰色っぽい部分が残って

淡く斑になっているのがわかりますね。

羽は成長と共に、真っ青で鮮やかな瑠璃色に変わって

立派な青鳥、いえ成鳥になっていきます。

 

羽づくろいの後は、

クルミの木の枝から垂れ下がった花の辺りをついばんでいました。

どうやら、花の咲いたクルミの木がお好みのようです。

逆光を編集で補正したので、白っぽい画像ですみませんが

おそらくは この若ドリ、この辺りでは新参者と思われます。

( ↓ 頭上の飛翔体を警戒して身構え 体が細くなっています)

というのは、野鳥たちは自分の縄張りを主張する際に

高みでさえずるようですが、

写真でご覧いただいている個体がさえずっていたところ、

以前から 夏場この近辺、といっても少し奥に「陣取っている」

ほかの個体が「牽制」にやってきて、

両者(両鳥)で 縄張り争いをしているのを目撃したからです。

 

争いの際には、どうやってその音を発するのかはわかりませんが

低くうなるような「ブーン」という音とか 「カチ カチ!」といった音を立てて

「威嚇」し合います。

 

「カチカチ」という音は、

キビタキやルリビタキ、ジョウビタキ、コサメビタキなど

いわゆるヒタキ系の鳥が発する音です。(注意:ジョウビタキはツグミ科)

その音は、昔、火を起こすのに使った火打ち石を打つ音に似ていて、

これが「~ヒタキ」という名が付いた理由なのだそうです。

 

まさかオオルリが「カチカチ」音を出すのには驚きましたが、

図鑑を見れば オオルリもヒタキ科の野鳥なので、

取り立てて不思議なことでは なかったようです(笑)。

 

しかし、クルミの木の「利権争い」とも見られる両者の抗争は

現在も終わらない模様です。

この若ドリ、

「先住者(鳥)」に追い立てられても 立ち去る気はないようで、

この土日も さえずり続けていました。

以上、二羽のオオルリの抗争が続く観洋男子寮前から

Bluebirder*Sがお伝えしました。

コメントを残す on Bluebird!がやってきた!!

6日前 花 鳥

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

南三陸町も、すっかり桜の盛りは終わりを告げてしまいました。

 

こちらは、6日前の 平筒沼ふれあい公園。


南三陸町のお隣、登米市米山町にあって 桜の名所のひとつ。

広さ35haの平筒沼を囲む遊歩道に沿って ソメイヨシノが咲き誇ります。

この日は陽気に恵まれ、平日でしたが お花見の人たちで賑わっていました。

こちらは、ソメイヨシノではないようですが・・・。

 

時折少し風が強めに吹く中、ハラハラと散る桜吹雪の美しい日でした。

 

桜の梢には シジュウカラ。

胸の黒いネクタイ状に見える部分が実にハッキリしていて太い!

こういうタイプは「強い」個体なのだという人がいます。

頭の黒い部分も 実にクッキリしていて、眼の下の白い部分もはっきり

横顔もキリリとした「い~い男」のようです。

 

ここでも賑やかだったのがヒヨドリ。

少し静かに桜を愛でて欲しい輩です。

 

一方南三陸町の森では、去年の夏以来の 声を耳にしました。

美しい鳴き声の方に静かに耳を傾け視線を向けていると、

ひょっこり現れたのがこの一羽。 分かります? どこにいるか。

望遠のレンズにして、この小ささからして遥か彼方の樹の梢。

トリミングして大きくすると・・・

まだ瑠璃色の羽の綺麗な夏鳥、オオルリです。

5月の声を聞く前でしたから、「もう来たの?」という印象です。

桜前線の北上も早かった今年、夏の到来も早まるのでしょうか。

そんな予感もする、オオルリの飛来です。

そろそろ、キビタキもやって来ることでしょう。

コメントを残す on 6日前 花 鳥

散策 正鵠の森

一週間ぶりのご無沙汰です、Bluebirder*Sです。

 

もう一週間ほどたちますかねぇ、観洋の金木犀が香り始めて。

「トイレの芳香剤のようで好きじゃない」という向きもありますが、

甘くさわやかな香りは とにかく大好きです。しんみり、秋、を感じますね。

観洋のサブ玄関脇には、樹齢40年以上と思しき金木犀の巨木があるんですよ。

ね、大きいでしょ。これが毎年この時期になると一斉に花咲くわけですから、

その香りたるや 想像に難くありませんね。

そして、観洋辺りにも アキアカネ。

秋、ですね。

 

さて、志津川湾の絶景で知られる 南三陸町ですが、実は森林資源も豊富で、

森林浴やハイキングを楽しめるスポットもたくさんあります。

正鵠の森(せいこくのもり)もそのひとつ。

観洋からは、車で大体20分くらいのところにあります。

正鵠の森には、キビタキやオオルリ、ウグイスなどの野鳥の声が聞こえ、

遊歩道を歩いてバードウオッチングを楽しむことも出来ます。

キビタキ

オオルリ

ウグイス などなど・・・。

 

入口近くの東屋付近でよく見かけるのがこちら、

キセキレイです。何やら、クチバシに”獲物”をくわえていますネ。

正鵠の森への入口近辺には沢があって、その沢がキセキレイを養っています。

清き流れ、夏場は涼やかです。

この沢は、志津川地区を流れる水尻川の支流で、こんなのも居ます。

ササゴイ、かな? 暗くてシャッタースピードが上がらず

ブレブレの写真でごめんなさい。

東屋側の森には、

サンコウチョウも。

 

保呂羽山を登る 遊歩道は鬱蒼とした緑に包まれ、

澄んだ緑の風に触れれば、思い切り深呼吸をしたくなります。

途中、

シマエナガだとか、

コゲラだとか、

シジュウカラに、

こんなヤツにも 出くわします。 カモシカ!!!

決してわれわれに危害は加えないようなので ご安心ください。

ただ、愉快なのは、逃げながらも、時々、このように観ているこちらを振り返っては

じ~っと観察して、少し逃げては、また振り返って、じ~っと見つめて・・・、

を繰り返しながら離れていきます。 出合うと 面白いですよ。

空を見上げると、時々 タカも姿を現します。

 

遊歩道を登った先には、保呂羽神社があります。

林道ではありますが、実は車でも神社まで上ることは出来るんです。

徒歩で登るのが面倒な方は、どうぞお車で。

更に駐車場から登ること4~50分で、保呂羽山頂にたどり着きます。

そこから眺める志津川湾の光景がまた素晴らしい!

とにかく自然散策好きの人には 絶好の場だと思いますので、

ぜひ足を運んでみて下さい。

これからは、紅葉も楽しめます。

正鵠の森へは、国道45号から県道172号に入って、

そのまま進んで行くと正鵠の森への標識があるので、

そこを左折して橋を渡り、あとは道なりに。

コメントを残す on 散策 正鵠の森

夏は来ぬ

一週間ぶりのご無沙汰です。

BlueBirder*Sです。

真夏のような暑さに見舞われ、体力消耗・・・なんて方も

少なくないのかもしれませんね。

何せ 関東甲信地方で

いわゆる「梅雨明け」(今はこう言わないのですが)した29日には、

山形と埼玉・寄居で 37.5度??!!になったほか、

全国各地で軒並み35度超えの猛暑日に!

仙台でも31.3度、県内各地でも30度超えでしたから、

それはもう あ゛つ゛い゛~゛ あ゛つ゛い゛~゛・・・・・

7月の声を聞いた昨日も 関東・東北、日本海側各地で

30度を越え猛暑日に迫りました。

暑さ負けしないよう、水分補給を しっかりしなきゃ!です。

 

いよいよ7月、季節は夏!

窓辺の花瓶も ひまわり。

夏鳥 オオルリも さえずり。

(距離30~40mの樹の天辺 見上げ曇天逆光補正の残念な画像。辛うじて瑠璃色)

そう、確かに 夏でなのです。

そして、観洋では、夏休みに備えてプールの準備が着々と進められています。

「プールネタ」は、30日のむっちゃんと重なり恐縮ですが、夏本番直前の今、

敢えて『観洋にプールあり!』をお知らせするため 重ねてのご紹介です。

この24日には、館内のスタッフ総出で プール掃除をしました。

ちょうどこの日も、暑~い日でした。

去年クローズされてからおよそ10か月、

プールの中は 沈んだ枯葉や土埃でいっぱい。

プールは去年のシーズンを前に塗装し直すなど リニューアルしていましたが、

こびりついた汚れを落とすのは そう容易くありません。

水をかけながら、デッキブラシに洗剤をつけて汚れを浮かせ、

スクレーパーや水の高圧洗浄機で 掃き流しました。

暑い日差しの下、皆 汗だくになって 頑張りました。

次の日、25日

むっちゃんたちが プールサイドを清掃した結果・・・

ど~です、きれいになったでしょ? 海辺のプール~♪

あとはビーチパラソルを配置するだけ!

 

こちら 25x30mのプールは、今月21日にオープンします。

宿泊の方ばかりでなく、外来のみなさまも どうぞ!

このプールに 子どもたちの歓声が響き渡るのももう直ぐ。

この夏も、みなさんのご利用をお待ちしております。

☆一部、去年の清掃作業の様子を流用しております。ご容赦下さい。

コメントを残す on 夏は来ぬ

しあわせのLadybird

一週間ぶりのご無沙汰です。

Bluebirder*Sです。

五月も半ば、とにかく暑くなったり寒くなったり天気も目まぐるしく変わって

着るものにも困るし、体調も崩しやすい時期。  気を付けましょう。

 

さて、朝 どんなに些細でも「いいこと」があると 気分は高揚しますよね。

日曜の朝、出勤途中に 七星のテントウムシに出会いました。

7星はラッキー7~♪ な~んて それだけでちょっと幸せな気分になりました

単純?でしょうか ですよね アハハ

赤い体に 黒い水玉。

カラーリングからして かわいいですよね。

てんとう虫は世界的にラッキーなモチーフになっていて、

幸運の意味でデザインされる事も多く

ブレスレットなどにつけるラッキーチャームにもなっています。

ところで、どうして てんとう虫が 幸運の象徴なのでしょう?

 

てんとう虫は英語で「Ladybird」や「Ladybug」と呼ばれています。

一説には、その昔、イギリスで農作物を荒らす害虫に困っていた農夫が

マリア様に祈りを捧げると、沢山のてんとう虫が現れて害虫を食べてくれて

豊作になった事から、

「Our Lady’s Beetle(聖母マリアのカブトムシ)」と呼ばれる様になり、

その後、「Our Lady’s bird(聖母マリアの鳥)」と呼ばれたそうです。

他に、てんとう虫の赤い色は 聖母マリアのマントやローブの象徴で、

黒い水玉は聖母マリアの7つの喜びと7つの悲しみを表し、

「聖母マリアの鳥」と言う意味の「Our Lady’s bird」と呼ばれるようになった

と言う説もあります。

てんとう虫を指す”Ladybird”は 「聖母の鳥」という意味なのです。

ドイツ語ではてんとう虫のことを「マリアのカブトムシ」、

オランダ語では「神様の小さな動物」と言うそうで、

ちょうど前段のイギリスの農夫のお話と重なります。

日本では「てんとう虫」は漢字で「天道虫」。

天道はお天道様の太陽ですから、

日本の古くからある太陽を神とする自然崇拝の信仰から

太陽に向かって飛ぶ虫として縁起の良いものとされています。

てんとう虫が体に止まると、

願いが受け入れられ幸運がやってくるそうです。

 

スウェーデンでは女性の手にてんとう虫が止まると、結婚が近いという意味。

フランスでは病気の人にてんとう虫が止まると、

飛び立つ時に一緒に病気を持ち去ってくれると言われています。

てんとう虫 Ladybirdは  世界の「幸運の象徴」なのです。

 

こちらは 幸せの青い鳥 Bluebird こと、オオルリ・・・・・。

生憎カメラを持ち合わせず 掟破りのスマホのデジタルズーム10倍撮影(トホホ)。

ホテル観洋の近くでは まださえずりは聞こえませんが

LadybirdにBluebird~♪をはじめ とにかく南三陸町には、

あれこれと ラッキーがいっぱいです。

地中から湧き出す温泉に浸かるのは 風水上も良いそうで、

更に 海に昇る朝日を浴びれば、脳内にセロトニンが分泌され気分は高揚♪

ポジティブになれる! などなど 体にいいこといっぱい。

太平洋に面した 観洋の絶景露天風呂は 朝日を浴びて幸運ゲットに絶好です!

みなさんも、幸せ求めて 是非 南三陸温泉ホテル観洋へ ど・う・ぞ。

そして そのままの幸せをお土産に 持ち帰って下さいね。

スタッフ一同 みなさまのお越しをお待ちしてま~す!!!

コメントを残す on しあわせのLadybird