冬鳥 その3

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

節分、立春が過ぎ

気温も10度以上になったりしてましたが

寒さはこれからが本番の 如月2月。

寒さが緩んだ先週の土曜日、いつもの港に出かけてみると

???!  少ない!  越冬中のコクガンが「まばら」なのです。

まさか、もう北へ向かってしまったのでは?

とも思えてしまう光景に 少し驚かされました。

しばらく様子を窺っていると・・・、ああ  なるほどぉ、

仙台ナンバーの車が何台か出入りして

数名が港を視察、あるいは査察していました。

いつもと違う雰囲気を感じ取ってか

岸壁辺りには寄り付かずに 水上に居たようで、

いくつかの群れは 一時的にこの場から離れていたようです。

しかし、Bluebirderの心配などよそに

当のコクガンたちは 元気いっぱい!

オオバンの採ったアマモを 横取りして食べています。

もの凄い勢いで迫った瞬間です。

勢いの余り コクガンの首の周りに「水の襟巻」が出来ています。

す、凄・・・・・    普段は澄まして

優雅な雰囲気を漂わせているのに( ^ω^)・・・

そうそう、5日には 志津川湾内の全数調査が行われ

年末の調査同様 400羽ほどが確認されています。

 

そんな コクガンたちの居るこの小さな港には、

ほかにこうした冬鳥も飛来しています。

曇り空の ロングショットで

ぼんやりした被写体になってしまっていますが、

ここは 雰囲気でご覧いただくということでご容赦を。

カンムリカイツブリ です。

全長56㎝ほど。

首が長く、水面に軽~く浮いている水鳥。

夏羽は、頭部に赤褐色や黒色の飾り羽が出ますが、

今は冬羽で 顔から首は白く、目の下に黒い線があります。

くちばしは桃色。頭上には黒色の冠羽があります。

 

脚は体の後方に付いていて 脚だけで潜水が可能。

小魚を主食にして、甲殻類も食べちゃいます。

カイツブリ類の中では最も大型で、

潜水時間は カイツブリが30秒なのに対し、

何と50秒ほど潜ることができます。ですから「狩り」も余裕です。

現在は 絶滅が心配されるほどの種ではありませんが、

ひところ 乱獲で激減した時代もあったようです。

「群性が強い」と 図鑑には記されていますが、

こちらの個体は群れずに「単独」。

冬の海 ポツリと置かれた水鳥が一羽・・・

心なしか 寂しげでなりません。

 

が、どうも強気な「お顔」から察するに

「そんなことはないよ!」と

お”カンムリ”のようにも見える”カイツブリ”なのであります。

コメントを残す on 冬鳥 その3

のたりのたりかな

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

“春の海 終日(ひねもす)のたりのたりかな”

ふと、そんな句が 思い浮かんだ 2日午前の観洋屋上です。

気温は優に20度を上回り、初夏らしい陽気に汗ばむほど。

当日のブログでは、むっちゃんも屋上からの景色を紹介していましたね。

うっすらと霞がかかった眺めは、ぼんやり のんびりしていて

心なごみ、しばらくその場に佇んでいたくなりました。

 

「空はうららかに晴れ渡り、

春の海には波がゆるやかにうねりを描いて、

一日中のたりのたりと寄せては返している」

と、与謝蕪村が 生まれ故郷 京都 丹後半島にある

与謝野町の海の姿を詠んだ句は、

ゆったりと優しく穏やかな 春の海の情景を絶妙に表現していて

この季節の海辺の印象そのもの。

観洋周辺は、山の緑がますます風に薫ります。

 

そんな春の穏やかな光景とは裏腹なのが、昨今の情勢・・・。

閉口してしまいます。

非常事態宣言による休業要請や「不要不急の外出自粛」で

社会経済活動はすっかり停滞。

「あの」ゴールデンウイークの賑わいは、どこへやら・・・

 

それでも Life goes on・・・

いよいよ膨らんできた 西洋シャクナゲのつぼみです。

観洋の正面玄関前の樹には、たくさんのつぼみ。

花の時期は 4月から6月の初めということですが、

この樹の花はこれから。

例年 5月中旬には、花いっぱいになります。こんな風に♪ ↓

こうして花咲くころには、

コロナウィルス禍が多少なりとも収まってくれること。

そして 一日も早く収束し、

各地で明るい賑わいが戻ることを願うばかりです。

 

P.S.

夕食会場での岩手からのお客様とのやり取り~~~~~

Bluebirder:「岩手はコロナ患者が出ていませんねぇ?」

お客様:「沿岸部は大丈夫なのでは?」

Bluebirder:「はぁ・・・(?)」

お客様:「冷暖房完備で一年を通じ人にとって快適な環境は、

ウイルスにとっても同じこと」

「都会や豪華客船もその典型的な生活環境」

「四季の恩恵がより深く自然が豊かな環境の中では

ウイルスも はびこりにくいのでは?」

「岩手然り、南三陸然り・・・」

Bluebirder:「人口密度の大きさの他に

そういう傾向もあるのかもしれませんね」

 

☆☆☆因みに、除菌効果のあるオゾンは、

晴天時の「森林」や「海辺」で その濃度が

家庭レベルで除菌が期待できる

0.05ppm以上になることもあるそうです。

南三陸町も 今の所コロナ患者は無く、

森林と海辺の環境にも守られている そんな気もします。

 

コメントを残す on のたりのたりかな

午前8時過ぎ

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

土曜の朝、午前8時過ぎ。

毎朝羽繕いしている場所に

もうコクガンの姿はありませんでした。下は11/29の様子。

寒さが増すにつれ、早朝の海辺に出かけるのが

億劫になってしまっている今日この頃。

みなさんはいかがお過ごしでしょう?

 

この日は「意を決して」コクガンウォッチングに。

しかし、初動が遅く8時を回っていたので いつもの場所に姿は無く・・・。

このまま帰るのは口惜しいので、「日中も見かける」と噂の

少し先の漁港まで足を延ばしてみました。

すると・・・、居ましたいました♪

二十数羽といったところでしょうか。

プカプカ泳ぎながら漁港に流れ着いた好物のアマモをついばんでいました。

しばらくすると、岸壁に上陸を始めた一団が♪

このチャンスを逃すまいと、デジカメ付きのスコープを準備。

撮影してみました。

スコープのピントをマニュアルで合わせ、

あとはデジカメのオートフォーカスに任せてシャッターを切るのですが、

スコープ側のピント合わせが今一つだったせいか、

微妙に焦点がずれている。

オートフォーカスの特性として、

コントラストの強い線や輪郭のはっきりした対象物に

焦点を合わせに行く傾向があるのですが、

どうも、コクガンは他と比較すると

今一つぼんやりした「対象物」のようで、

他にピントが逃げるようです。

上の写真も、

スッと首を立てているコクガンを中心に撮ろうとしたのですが、

背後のくっきりと色分けされた羽を持つカモのお尻に

ピントが行ってしまい、こんな感じ・・・、奥ピンです。

お恥ずかしい・・・

 

スコープのピント合わせは大体の当りをつけて、あとはデジカメ任せ、

でいいはずなのですが、コクガンの撮影はそうはいかないようです。

しっかりスコープ側でピント合わせをしないと、ダメ。

まあどう言い訳しようと Bluebirderのデジスコ撮影の腕が未熟なわけです。

このあとは、始業の時刻も迫っていて、

シャッターを押せた時間はせいぜい15分程度。だったにも関わらず、

上陸したコクガンたちは、その間にそそくさと 再び水上へ・・・???!!!

何が起こったのかと思いましたが、

この日は、志津川湾の漁の開口日(解禁日)だったのです。

船を出し漁に向かう皆さんの動きで、逃げ出してしまったのです。

 

ピンボケと言い、撮影タイミングといい

良くなかった土曜の8時過ぎ。

次こそは、と意欲を燃やすことになった朝なのでした。

コメントを残す on 午前8時過ぎ