朝の気仙沼魚市場に潜入!

本日3月25日は、電気記念日。
1878年3月25日に東京都の虎ノ門で、
日本初の電灯が点灯されたことが由来でございます。
日常生活には欠かせない電気、
今日は特にそのありがたさを考える日にしたいですね。

今回は、気仙沼市魚市場を紹介いたします。

まずお伝えしたいのが…
実はこの魚市場は端から端まで歩くと結構な距離があるという事。
およそ2~3分位は掛かるので、
見学される際は動きやすい靴で向かうのが良いかもしれませんね。
(全長500m以上あるみたいです)

では早速覗いてみましょう。
まずは水揚げが行われる所から。
ここは魚市場の中でも一番北側に位置する場所。

2階が見学デッキとなっており、
一般のお客様はここから水揚げされた様々なお魚等を、
観る事ができます。

ちなみに時間帯によっては、
お隣にある気仙沼海の市にも連絡通路を使って、
行くことができます。

そして屋上の駐車場をてくてく歩くと…
脇には停泊している船や、

正面奥には先日開通した「かなえ大橋」を観る事がきます。

そして更に進むと第二建物を発見!

この中に入ると、
色々なアトラクション・展示物を経て、
(こちらの内容は後日機会があれば紹介いたします)
魚市場もう一つの目玉!
入札」の様子を見る事ができます。

私が向かった6:30頃はこの日の入札時間から外れていたためなのか、
あまり多くの業者の方はいませんでしたが…

気仙沼名物メカジキや、

延縄漁で水揚げされたマグロが多く並んでいました。

(マグロの尾肉をライトで照らして、品質チェックを行っているみたいです)

普段何気なく食べている魚介類も、
今回の見学を通して、
色々な人々が関わって食卓に届いているのが分かり、
ちょっぴり勉強になったマッキーなのでした。

楽天トラベルのご予約がお得!
「5」と「0」の付く日は5%OFF♪

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

港町気仙沼市が舞台!
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」が2021年5月17日から放送開始♪

当館から気仙沼までは車で約40分!
南三陸ホテル観洋のご宿泊予約はこちらから♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コメントを残す on 朝の気仙沼魚市場に潜入!