Rice Field, Time to Harvest

| コメント(0) | トラックバック(0)

Rice is most important food for Japanese people for long time.
This is "Onigiri", handy rice ball, ready to eat.
おにぎり.jpg

In Japan we say "Kome", "Meshi" or "Gohan" not only "Rice" but in various way depending on the situation.
Japan produce 10mil. tons of rice in 1 year which is no.11 of the world.

Season of rice will start in spring time and harvest in autumn.
Just transplanted at Kawasaki Town
川﨑町2.jpg

Growing time in Kawasaki Town
川﨑町.jpg

Matured in Osaki City
大崎市.jpg

Miyagi is one of most important rice producer with its brand names "Sasanishiki" and "Hitomebore".
To find the rice field, you just go out from the city.

This is Higashi Matsushima area
東松島市.jpg

Terraced Paddy Field of Sawajiri in Marumori Town.
沢尻の棚田.jpg

沢尻の棚田2.jpg

Frog
カエル.jpg

Serow
カモシカ.jpg

Heron
サギ志津川.jpg

Dragonfly
とんぼ.jpg

Scarecrow made by Miyagi Agri High School
宮城農業高校のかかし.jpg

Terraced Paddy Field in Kurihara City
栗原市.jpg

We have, of course, beautiful rice field in Shizugawa. This is Komori Area near to harvest.
志津川小森.jpg

Please go out to refresh yourself and find Japanese nature around rice field.
Sergio.

(In Japanese)
田園、収穫の時期
米という食べ物は日本人にとって長い間最も大切な食べ物で、
これは「おにぎり」と言って手のひらサイズの球状のご飯で、そのまま食べれます。
日本では「米」と言ったり、「飯」と言ったり、「ご飯」と言ったり、その時々の場面で言い方を変えます。
日本の米の年間生産量は約1000万トンで、世界で11番目に多いようです。
米の生産は春に始まり、秋に収穫するのが一般的で、そろそろ収穫の時期になります。
川﨑町での田植え直後。
川﨑町での伸び盛り。
大崎市の成熟期。
宮城は「ササニシキ」や「ひとめぼれ」のブランド米もあり、最も良質な米を生産している県の一つです。
田んぼを見たくなったら、郊外へ行ってみましょう。
これは東松島市。
丸森町の沢尻の棚田。
カエル。
カモシカ。
サギ。
トンボ。
宮城農業高校作成のカカシ。
栗原市の棚田。
もちろん南三陸町にもきれいな田んぼがあります。収穫間近の小森地区。
気分転換に外へ出て、日本のきれいな田んぼを見つけに行ってみては。
セルジョ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mkanyo.jp/asc/blog/mt-tb.cgi/4024

コメントする

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、総務課が2016年10月 3日 21:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おいでよ宮城!おいでよ南三陸!」です。

次のブログ記事は「コラム!-カツオ君とサンマさん-」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。