リアス・アーク美術館常設展示が一冊の本になりました。

| コメント(0) | トラックバック(0)

皆さんごきげんよう、ゆきでございます(^0^)/

室内にいると分かりにくいですが、午後に外に出てみてびっくりしました。
本日はとても暑い一日でしたね~。アイスが美味しい季節になりますね。
私は南三陸の町を自転車で走りながらアイスを食べるのが好きなのですが、
あんまり暑いと食べきる前に溶けてしまうので、暑すぎない今の時期が丁度良いです。


本日ご紹介させて頂きますは、
リアス・アーク美術館常設展示図録
東日本大震災の記録と津波の災害史
です。

zurokuhyousi.jpg

リアス・アーク美術館と言えば、今年1月に行われた研修旅行の行き先でもありました。


常設展示として、東日本大震災の記録と津波の災害史が公開されています。

tunami_jousetu_1_1.jpg

私も展示を拝見致しましたが、どれもいたましい物ばかりでした。
ゲーム機やソフトなど、私が持っていたものと同じものが被災し展示されているさまは、
誰かの大切な物だったのだと感じさせ、悲しくなりました。

しかし、今後も想定される地震・津波の防災・減災教育のため、
後世に伝えるために、見ておかなければならないものだと思いました。

tunami_jousetu_221.jpg

こちらの「東日本大震災の記録と津波の災害史」図録はB5版180ページフルカラー、
掲載写真は被災現場写真108点、被災物61点、その他歴史資料等約30点。写真解説、
キーワード等のテキストを全て収録しています。また学芸員による展示解説及び、
リアス・アーク美術館の学芸員が行った東日本大震災被災現場調査記録活動の
報告書も合わせて収録しています。


図録はリアス・アーク美術館のミュージアムショップでのご購入か郵送販売となります。

お問い合わせは電話0226-24-1611(9:30から17:00)、
もしくはメールriasark.m@nifty.comにお願いいたします。
なお月、火曜日は休館だそうです。


リアス・アーク美術館は当館から約1時間の場所にあります。
是非ご宿泊は当館をご利用下さいませ。

【本日のおすすめプランはこちら】
「子どもに被災地を見せておきたい・・・」【語り部バス付★ファミリープラン】コーヒー券付・11時アウト

20140514p.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mkanyo.jp/asc/blog/mt-tb.cgi/3022

コメントする

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、ネット販売課が2014年5月14日 22:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「上映会&音楽祭」です。

次のブログ記事は「わくわく☆ 歌は人を幸せにする力があります!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。