歓声

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

子どもたちの明るい歓声

 

町の海水浴場サンオーレ袖浜に隣接する 荒島楽天パーク

気持よい晴天に誘われて 出かけてみると

親子連れやカップル 若者たちの姿

そして 公園の遊具で遊ぶ 子どもたちの歓声

元気いっぱいの子どもたちの姿と笑顔のある風景って

いいものですね

子どもたちの元気な声が

あちらこちらで聞こえることこそ

復興の大切な要件だろうし

そうなれてこその 本当の復興なのではないか

常々そんな風に思っているBluebirderにとって

嬉しい光景でした

ちょうど 遊具越しに見える白いビルが観洋です

 

一方 公園の直ぐ隣にあるのがサンオーレ袖浜

砂浜に面した道路沿いには

51体のモアイ像がずらり♪

様々な表情の木彫が 海を向いて並んでいます

なぜ南三陸町に モアイ像?

と 思われる方もいらっしゃるか思いますが

1960年チリ地震津波によって

志津川湾では 41名が犠牲になりました

その際 チリ政府からお見舞いとして贈られたのが

他でもない モアイ像だったのです

 

それ以来 当時は志津川町の今は南三陸町の

シンボル的マスコットになっています

 

そんなモアイたちが見守る砂浜に目を向ければ 

のんびりと 海辺のひと時を楽しむ人たち

春の海に 心なごむ光景です

 

ところで サンオーレ袖浜には モアイ岩があります

向かって右側の岩がそれ

天空を見上げる モアイの横顔にも見えます

 

荒島の緑がアクセントを添える 海辺

去年は コロナ禍で海水浴場は開かれませんでしたから

今年の夏は 再開できることを願うばかりの サンオーレ袖浜にて

とにかく 春の日差しがとても心地よく

子どもたちの歓声が嬉しい 穏やかな一日でした

 

サンオーレ袖浜は

志津川湾の風光明媚さを堪能できるスポットのひとつです

観洋へお越しの際にもし 是非足を延ばしてみて下さい

心癒されること 請け合いです♪

 

追伸: いつもの漁港のコクガンたち

3日には 3羽を確認できました。

しかし、語り部バスでお客様をご案内した翌4日、

お客様も双眼鏡でご覧になりましたが、確認できたのは 1羽だけ・・・

去年は大型連休前まで 呑気にしていたメンバーも

急上昇の桜前線に煽られて

この港から もう居なくなってしまいそうな勢いです。

コメントを残す on 歓声

もう?

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

「最近 いるみたいですね」

というのは、ティーラウンジの女性スタッフの言葉。

 

今年 二羽のヒナが巣立った 観洋眼下の岩場。

見下ろしてみれば、二羽のカモメ。初めはツガイかと思い、

「えっ?来春の繁殖に向けて、

年の明ける前からもう陣取りが始まってるの?」と

思ってしまいました。

よくよく双眼鏡をのぞき込んでみると、

首のあたりには灰色の斑点があって、

まだ成鳥になり切っていない個体のようです。

一方が餌を運んで来て一緒に食べたり、

うずくまっていたり・・・

時々三羽が集結することも・・・。

三羽とも首に斑点・・・。

羽数が毎年の産卵数に符合しますから、

ひょっとすると彼らは

以前ここで孵って立派に成長を遂げたヒナたちで

懐かしい「我が家」へ帰って来たのかも知れません。

ヒナから成鳥の羽に生え代わるのに4~5年かかると聞きますから

だとしたら、実に久方振りの「帰巣」ということになります。

あくまで、個人的な考察ですが・・・。

 

はたまた、この三羽の行動が

この岩場での来春の繁殖に繋がるものなのか

全くもって 定かではありません。

暫く、様子を観てみることにいたします。

 

さて、志津川湾のコクガン、

この22日の飛来数調査で、湾内全域で 406羽が確認されました。

志津川湾は、ロシア北極圏から飛来するコクガンの重要な越冬地。

昨年と同じ時期に比べ その数は 87羽多く、

400羽超えは2016年度の調査開始以来、初めてだそうです。

調査にあたった

南三陸ネイチャーセンター友の会の鈴木卓也会長は

「日本に渡ってくる鳥が順調に増えているのは、

東日本大震災後、海の『アマモ場』が復活したことが

一つの要因かもしれない」とコメントしています。

コクガンはその「アマモ」が大好物♪ アマモはとても栄養豊富な海草で

彼らは、四六時中食べ続けながら越冬しています。

実際「彼ら」の様子を観ていると、

アマモを摂るのに 苦労はしていないようです(笑)。「自力」のほか、

こんなふうに・・・

あるいは こんな風に・・・

オオバンに「労働寄生」という名の『横取り』もしつつ、

元気いっぱいに越冬中です。

当館で運行している

「震災の記憶を風化させないための語り部バス」は、

午前8時45分発と10時15分発の2便。

10時15分便でBluebirderがご案内する際には

コクガンも お客様にご覧いただいています。

国の天然記念物にして絶滅危惧種、

「コクガン観察ツアー」も 別途 敢行出来ますので、

お気軽にフロントにお申し付けください。

とは言え、コロナ禍、観洋にお越し頂けなくなったお客様は

ご案内も出来なくてBluebirderとしても残念な訳ですが、

ただ、こんな状況下でも

『観洋の味覚』を堪能していただくことは可能です。

えっ?どうやって?

ハイ、そ・れ・は・・・・・

昨日販売が始まった『みやぎご馳走セット』

三陸産のあわびやホタテ、いくら、ホヤ、志津川産の真だこに銀鮭など

三陸の美味しいものを通信販売でお届け出来ます。

☆南三陸復興ストア

☆FAXでのお申込

皆さんの舌鼓で コロナ禍の地域経済が元気になります♪

 

コメントを残す on もう?

寒さ この冬は

一週間ぶりのご無沙汰です、Bluebirder*Sです。

 

先日、宮城と山形の県境にある笹谷峠を通って来ました。

雪のちらつく山形自動車道では、

峠のトンネルが貫く山が 粉砂糖を振りかけたような雪景色でした。

路面に積もるまでにはなっていませんでしたが、

濡れていれば凍結してしまうほどの寒さでした。

 

笹谷街道の松並木も、「腹巻」をして、冬支度。

画像がぶれてしまっていてスミマセンが、

これ、松の木がお腹を冷やして風邪をひかないように、というものではなくて、

マツカレハという害虫を駆除するためのもの。

「こも巻き」と呼ばれる江戸時代から続く伝統的な害虫除去方法で

仙台市の川崎地区でも冬の風物詩のひとつです。

 

さてさて、それにつけても 気になるのが この冬の寒さ。

 

向こう3か月、東北の気温は

平年より高めになりそうだという予報が出ています。

気象台によりますと、

12月 東北日本海側では、平年と同様に曇りや雪または雨の日が多いでしょう。

東北太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。

1月&2月 東北日本海側では、平年と同様に曇りや雪の日が多いでしょう。

東北太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。 という予報。

更に、向こう3か月の「気温が平年より高い」確率は、40%

と まずは「酷寒」だけは避けられそうで、ホッとしています。

 

それにしても、冬場の東北を東西に横断すると、

日本海側と太平洋側の天気が裏腹で、景色の違いには驚かされます。

気象台の予報がそのままに、仙台の街に入れば、この通り!!

実にカラリと乾燥した光景で、雪どころか、雨のアの字もありません。

県道8号の街路樹の銀杏は 葉の色が鮮やか。

東北大学病院辺りに差し掛かる頃には少し日も差してきて、

その色はさらに際立っていました。

 

そして、その翌日の志津川湾。

日本海側は、雪が降る荒れた天気になっていましたが、太平洋側はこの通り。

 

冬場、南三陸ホテル観洋からは、この景色が このまま、

いえ、これ以上の美しさをたたえて微笑みかけてきます。

特に露天風呂からの眺めが いい~んです!

皆さんも、是非、志津川湾の絶景を堪能しにいらしてくださいネ。

月夜はこんな景色も!

スタッフ一同、お待ち申し上げておりま~す。

↑ 志津川湾 夕暮れ時~~~~~

コメントを残す on 寒さ この冬は

お風呂満喫の水曜日

一週間ぶりのご無沙汰です。

Bluebirder*Sです。

伊豆沼辺りには  もう白鳥が飛来する季節になりましたね。 早いものです。

さてさて、こんな大海原を眺めながら露天風呂を楽しめるなんて、いいと思いませんか?

いいですよねぇ。

そんな大浴場が、南三陸ホテル観洋にはございます。

 

「そんなこと、もう知ってるよ!」 という方々が 大半でしょう。

そうした皆さまにも 是非お知らせしたいのが、

毎週水曜日にお泊りのお客さまには、

翌朝、男女入れ替えて お入り頂いていますよ!  ということなのです。

 

未だ知らない方も多いのかも知れませんね。

先月、9月に始まったばかりなのですから 無理もありません。

これまで、観洋では 男湯と女湯の入れ替えは、年に一度

開湯記念日前の4月下旬に 2日ほど、朝方にあっただけ。

 

それが、先月から、「週一回」 男湯と女湯が入れ替わるようになったのです。

男湯と女湯の大きな違いは露天風呂で、その広さが歴然と違います。

そして、岩風呂の「アレンジ」と「レイアウト」。

今まで男湯の露天風呂しか知らないお客さまにとって、

これは もう、サプライズに値します。

 

広い海原を目の前に ゆったり気分で入れるのは、

やはり 広~いお風呂がいいですよね。

湯面だけでも、女湯の露天風呂は男湯の3~4倍の広さがあって、

男湯には無い、こんな「洞窟風」のお風呂も。

 

広々とした湯面は そのまま志津川湾の海原に続くような印象で、

太平洋との一体感も加わって 気分は最高~!

かねてから、ご夫婦やご家族連れでお泊りのご婦人方から、

露天風呂には「天女の湯」ほか 色々な岩風呂があって

広々としていて気持ちよかったという話は 殿方にも伝わっていて、

当の「殿方勢」から 男湯と女湯の入れ替えを望む声もありました。

 

観洋の掛け替えのない宝のひとつが この志津川湾の絶景で、

海の景色を堪能して頂けてこそ お泊り頂いた価値あり! なのですから

入れ替えのご要望にお応えしない手はありません。

地下3000mから湧きあがる深層天然温泉の露天風呂は、

まさに「海とお風呂が一つにつながるインフィニティ温泉」。

毎週水曜日にお泊りのお客さまを対象に、翌朝4時から10時まで、

男女大浴場を入れ替えてご利用いただけます。

見渡す方角は「真東」。 陽が昇る朝の光景が また 格別に美しいのです♪

みなさんも今度、是非水曜日にお泊り頂いて、

男湯と女湯に 入り分けて楽しんでみて下さい。

きっとまたひとつ、観洋通になっていただけること請け合いです。

スタッフ一同、みなさまのお越しを お待ちしております。

コメントを残す on お風呂満喫の水曜日