秋到来? ぇっ?

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

先週金曜、7日のことでしたが、東北南部まで いわゆる梅雨入り。

去年より5日早いのだとか。 いよいよ雨の季節の到来ですね。

 

さて、前回ご紹介した観洋眼下の岩で営巣しているカモメのつがいは、

雨にも負けず、しっかり卵を温め続けています。

ちょうど、温めを交代したばかりのツーショット ↑

布かビニールかわかりませんが 何か緑色の袋のようなものを

巣材に運んできていました。

短時間の観察だったので、どのように使われているのかは不明ですが

とにかく 卵はしっかりと温め続けていて 新しい命の誕生が楽しみです。

 

ところで、梅雨入りの中、南三陸町のお隣

石巻市桃生町では、早くも秋が到来しています。ぇっ?ですよねぇ・・・

一面に広がる 水田。

こちらは休耕田のようで、水面に空が映り込んで水鏡。

ほかの水田は、早苗がすくすくと育っています。

その向こうに目をやると、んっ?穂がたわわに実って 黄金色に色づいた圃場が

稲? もう実ってる!!??

いえいえ そんなわけもなく、その正体は・・・

麦畑 なのでした。

そうなのです、石巻市では早くも秋?いえいえ「麦秋」が到来していたのです。

それにしても、黄金色が目に鮮やかで、とてもきれいです。

この光景を眺めていると、なぜか とても幸せな気分になってしまうのは

Bluebirderだけでしょうか。ナウシカが渡ってきそう♪

豊かな「実り」と目に鮮やかな「黄金色」。

個人的な印象ですが、この場に身を置いていると、

どこか、心もこの色に染まり豊かさに満たされてくる、そんな気がしました。

水田の緑とのコントラストが 鮮やか!

写真は、六条大麦。

調べてみると・・・石巻市では、二条大麦(麦)、六条大麦(麦)の生産量が

全国でもトップクラスなのだとか。

1760tの収穫量は、宮城県内一位、全国でも六位です。

 

大麦は米などより繊維質が多く含まれているので、

古くから日本独自の技術で精白して加熱し平たくした押麦に

精白した丸麦や白麦に加工され、

消化を良くして食用にされてきました。

煎って粉にした麦こがしや、煎った実を煮出す麦茶も日本ならではの味わい。

 

それにしても、南三陸に来て7年・・・・・

石巻市が全国でも大麦の一大産地だったというのは、

お恥ずかしながら初めて知った次第です。

上空高くでは、おそらく畑の中に巣があるのでしょう

ヒバリたちがホバリングしながら けたたましく さえずっていました。

上の写真には、圃場に下り立とうとする一羽のシルエットが映り込んでいます。

 

Bluebirderのふるさと新潟では、少なくとも実家の近辺に麦畑は無く

普段 まず目にすることはなかった光景なので、

尚更のこと 美しく見えてしまいます。

それに、秋のススキが 冬に向かう もの寂しさを感じさせるのに対し、

初夏の大麦の実りには、みなぎる力も 感じ取れます。

初夏、南三陸町のお隣のまち石巻市では 秋の、

いえ「麦秋」色が楽しめます。

コメントを残す on 秋到来? ぇっ?

観洋屋上にて

一週間ぶりのご無沙汰です、Blurbirder*S です。

こ、これは?!

雪の上に残った、おそらくウミネコの足跡。それとも、カモメ?

この近辺では、群れ成すウミネコと違って

群れないのがカモメの方ですから、カモメなのかな?

餌もあませんから、雪に降り立った「彼」の目的はわかりませんが、

確かなのは、ここは 南三陸ホテル観洋の屋上であるということ。

 

普段、お泊りのお客さまに

ウミネコのとのふれあいを楽しんで頂いたり、

スターパーティーで星空を観察して頂いたりしていて、

子どもたちの歓声が上がり、夜は天空を渡る天の川と星々を楽しめる場所です。

 

それにしても、一面雪に覆われ、空とのコントラストが眼に鮮やかできれい♪

この冬一番の寒波の襲来で うっすらと雪に覆われた 1/26(土)の10時半。

積雪は1~2㎝程度。日も昇り 少し溶けて減ってしまっていたかも知れません。

 

山形県の庄内は酒田市と宮城県を結ぶ国道47号を

3時間に亘って通行止めに「した」くらいに強い寒波による雪でしたから

峠を越えて町内に積もるのも 当然のことだったかも知れません。

この日、雪景色を見せてくれた南三陸町ですが

実は、雪が積もる日は ひと冬に数えるほどしかありません。

 

南三陸町は、全国でも年間降水量が少ない町で

トップの鹿児島県屋久島の年間降水量4477.2ミリに対して

南三陸町は1255.5ミリと その差は歴然。

Time-j.netの記事によれば、全国1022観測地点のうち、

多い方から数えて 779番目。

降水量の多い順に10のグループに分けたら、

南三陸町は第7グループの最後尾か第8グループの先頭です。

 

こちらは、椿島(つばきしま)を望む 東側の景色。

一般的に太平洋側は夏場は台風の影響を受けやすく

日本海側は雪の影響が大きいのですが、

南三陸町の場合は 太平洋側を除く三方を山に囲まれた

盆地的な地形であることもあってか、降雪量も少ない。

ですから、南三陸の雪景色を目にできるというのは

ちょいとラッキーなことなのです。

 

先日、マレーシアからのお客さまたちが、

やはりうっすらと雪の積もった景色を露天風呂から眺めることが出来て

とても喜んでいらっしゃいました。

天体観測も楽しめるのが このホテル観洋の屋上。

これまで、2ヵ月に一回開かれてきた観洋の星空観察「スターパーティー」は、

来月から月1回になって、もっと星空を楽しめるようになります。

最近、開催日には 決まって晴天に恵まれています。誰の神通力なのかな?

南三陸町は、全国でも天の川が見えやすい立地条件にあるのだとか。

分水嶺に囲まれている地形のお陰かも。

とにかく 観洋の屋上から眺める星空は最高です。

冬場は寒くて観測には少し大変ですが、その分空気が澄んで

一層綺麗に見えます。

個人的にい~い所だなぁと思うのは、「~流星群!」など関係なく、

普段から当たり前のように流星が見られること。

巨大な「火球」まで見たことがあって、

その時は辺りがパーッと明るくなるくらいに光ってかなり驚きましたが、

すっかり感激してしまいました。

 

月が昇ればこんな景色も・・・。この前のスーパームーン翌日の月の出です。

 

美しい月夜に誘われて、窓の外には タヌキが現れたりもしてました♪(笑)

 

まぁ、タヌキはさて置いて

宿に泊まって、絶景露天風呂につかり、海鮮料理に舌鼓を打って、

美しい星空を眺める・・な~んて、

観洋だからこそできる楽しみです!!!

是非、南三陸ホテル観洋にお泊り頂いて、星に願いを♪♪

雪見風呂もまた格別♪

ま、こちらは雪が降らないことには叶いませんが・・・

けれど、観洋で雪に会えたら 幸運です。

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

冬本番!!
景色とお風呂がひとつに繋がるインフィニティ温泉で心も体もあったまろ♪

南三陸ホテル観洋の宿泊予約をするならこちら↓


公式ホームページからの予約がもっともお得です!
【直販価格】と書かれたプランを選んでご予約ください!

kirakirabanner.png
★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で9周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す on 観洋屋上にて