冬鳥 ジョウビタキ

6日ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

訳あって、一日早い更新です。

 

南三陸町の志津川湾で 目下越冬中なのが

国の天然記念物にして絶滅危惧種の野鳥 コクガン。

地元にとっては、「冬の使者」的な旅鳥です。

 

そんなコクガンのほかにも 冬になると南三陸町に渡って来る野鳥が居ます。

その内のひとつが、こちら。

ジョウビタキです。

この個体は、メスなのですが、どこかやさしくかわいい印象があります。

このところ見かけはすれど

なかなかその姿が撮れないでいるオスとは違い、

どちらかと言えば、地味な羽色です。

場所は、27日にアップしたブログでご紹介した 2頭のカモシカが居た辺り。

またまた、喫茶 Cafe Gさんの前なのでした。

 

「彼女」の羽色を見ると 地味な印象から

ごく何気ない存在にも思えてしまいますが、

実は、冬にしか会うことの出来ない小柄だけど貴重な渡り鳥です。

夏場、ジョウビタキはチベット、中国東北部、ロシアの極東部沿海地方、

バイカル湖周辺で繁殖をしているそうで、

非繁殖期の冬場には 日本、中国南部、インドシナ半島北部に分布。

越冬する日本では基本的に繁殖はしませんから

「一羽単独」で活動します。

特に 縄張り意識が非常に強い小鳥で、

自分の縄張りに入ってきたものは

オスメス問わずに追い払ってしまう傾向があります。

以前は、てっきりオスメス鳴き交わしているのだと

思っていたこともありましたが、基本的に冬は「恋の季節」では無いのです。

実際、観洋近くに出没しているオスは、

今回ご紹介しているメスの「縄張り」には「侵入」して来ません。

人に対する警戒心は それほど強くありませんし、

こちらは、観洋近くを散策すれば、かなり高い確率で遭遇出来ます。

コメントを残す on 冬鳥 ジョウビタキ

コクガン観察ツアー

 

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

 

19日、コクガン観察モニターツアーにお客様をご案内。

東京と神奈川からのお客様、お二人をコクガンの居る港へ。

この日は、潮が満ちて 波も荒く居心地が悪かったせいか、

いつもの船揚げ場に

コクガンたちの姿はありませんでしたが、

湾内を泳ぐ コクガンたちを確認することが出来ました。

お二人のお客様は、観洋に泊まられるのも初めてなら

コクガンを観るのも初めて。

「きれいな鳥ですねぇ~」「かわいい♪」

「近くに対岸の見える小さな漁港で、大きな船ではなく

小さな漁船が幾艘か係留されている水面に

コクガンの姿が見えるのが 牧歌的でいいですね」

「まるで自然の中の水族館のようですね」という言葉が

次々と飛び出してきました。

震災前には、海上の養殖いかだ近くが採食の場だったのが、

震災後は 一転、津波で志津川湾内の藻場が荒らされ

いかだが流されたことで

採食しにくくなっていたようです。

 

ところが、地震で平均60センチ以上地盤沈下したことにより、

潮の満ち干によって漁港の船揚げ場や岸壁に

アオノリが付着しやすくなり、アマモも漂着することから

コクガンたちにとって、「漁港」が絶好の餌場となったようです。

 

それも、震災直後は 港から漁船が殆ど流失し

漁業者の姿もまばらになっていましたから、

「海上」に代わって「漁港」が

コクガンたちにとっては人から脅威を受けにくい

「都合のよい」採食場所になっていたことが考えられます。

研究者によれば、その後 港に漁船が戻ってからも、

漁業者が「自分たち」に危害を加えないということが

コクガンたちにも徐々にわかってきたのではないか。

それが、「漁港」が彼らの新しい餌場として

定着してきた要因ではないかと 話しています。

そんな話をお伝えしながらのツアーになりましたが、

「いや~、満足しました」

「たまたま、急に決めた宿泊でしたが

コクガンときれいな景色も見られて

満足感でいっぱいです」という

ありがたい言葉を頂戴しました。

 

「もっとこのツアーを売り込めるといいんじゃないですか?

きっと、喜んでもらえると思いますよ」とも おっしゃっていました。

ありがとうこざいます♪

コクガン観察ツアー、目下モニターツアーとして

土曜日お泊りでご希望のお客様を日曜の10時から ご案内しています。

どうぞ、気軽にフロントでお申込み頂き ご参加ください。

国の天然記念物にして絶滅危惧種のコクガンたちが、

きっと心を癒してくれます。

 

コメントを残す on コクガン観察ツアー

何 観ているの?

一週間ぶりのご無沙汰です、Bluebirder*Sです。

 

ここは、ホテル観洋のラウンジ。

こちらのお二人

双眼鏡で一体何を観ているのでしょう?

答えは、こちら。

カモメのヒナたちなのでしたぁ~。

カモメのヒナの姿に「かわいい~」って、叫んでいた こちらの母娘は

仙台からのお客さまで、観洋へは初めてのご来館。

 

これまでは、仙台から近い秋保温泉にお出かけのことが多かったそうですが、

志津川湾を望む観洋の景観の素晴らしさに 痛く感動していらっしゃいました。

 

ところで、観洋のティーラウンジに置かれた双眼鏡・・・。

これは、仙台にお住まいの元放送局マンの方が

窓からカモメの巣を観察出来るところなんてそうそう無い!

お客さまにも楽しんでもらいましょうっ!と、

わざわざ置いてくださったものなのです。 ありがとうございます。

 

今回ご紹介した仙台のお客さまのほかにも、お泊りのお客さまがのぞき込んでは

「かわいい~!」という叫び声を連発しながら楽しんでいらっしゃいます。

 

さてさてそのカモメのヒナたちでございますが、しっかり「両親」に守られて

天敵に脅かされることもなく、無事 元気に育っているようです。

 

実は「カモメのヒナは、一体どれくらいで巣立ちするのですか?」と問われて

即答できないでいたのですが、調べてみましたら

「大体45日程」で巣立つそうです

 

ということは、孵ったのが先月19日だったようですから、7月1日で12日目。

あと1か月程経って、8月に入ったらもう間もなく、

この志津川湾上空を飛び回っていることでしょう。

カモメは 繁殖期(4~7月)に沿岸部の岩礁や砂丘などに『集団繁殖地』を形成。

一夫一妻で1回に2~3個の卵を産み、

オスとメスがが2~3時間おきに抱卵しヒナを養育。

越冬のため『秋から冬にかけて日本全国に飛来』し、

『春夏には繁殖のため日本を離れ北へ』向かう。

但し、繁殖しない若い鳥はそこにと留まることもある・・・とされていますが、

 

観洋のカモメのつがいに限っては、

△春夏に北に渡るでも△集団繁殖しているわけでも、

また、△留まったこの地で繁殖していないわけでもない。

ひょっとしたら、『例外的な個体』なのかも知れません。

南三陸町は 一年を通じて比較的温暖な気候だということも、

「定住」出来る条件の一つになっているということも考えられます。

群れずに繁殖するこのつがいに、

小説「カモメのジョナサン」の主人公

孤高のカモメ、ジョナサン・リビングストンの姿を重ねてしまっています。

実にカモメの飛翔能力は素晴らしいのです。

コメントを残す on 何 観ているの?

新郎新婦 誓いは「町のために」

一週間ぶりのご無沙汰です。

Bluebirder*Sです。

このところ、南三陸町でも 少しだけですがみぞれや雪が降ったりして

寒い日が増えてきました。 まだ、積もりはしませんけどね。

     ~~~~~ ↑ ホテル観洋@6Fホワイエ ~~~~~

さて、そんな11月下旬、三連休の中日に

観洋では、一組のカップルが 披露宴を挙げました。

 

地元南三陸町を愛し、地元で暮らすお二人は

善史さんと恵里さん。

~~~~~ ↑ ホテル観洋@羽衣の間 ~~~~~

善史さんは 気仙沼支援学校、

恵里さんは 地元の のぞみ福祉作業所にお勤めで、

お二人とも福祉関係のお仕事をしています。

~~~~~ ↑ 春嵐太鼓♪ ~~~~~

出合いは、去年6月、

たまたま善史さんの研修先になった のぞみ福祉作業所でのことでした。

 

同じ志津川中学出身で、お互い見かけたことくらいはあったのでしょうが、

学年が違って 面識はありませんでした。

「かわいい~」というのが、善史さんの第一印象。

けれど、恵里さんは「中学で見たことあったかなぁ」という程度の印象だったそうです。

そんな出会いのお二人でしたが、その後 ほどなく とにかく 交際は始まりました。

 

 

恵里さんはディズニーランド好きの旅行好き。

この一年、あちらこちらへと一緒に旅行にでかけてはお互いの仲を深めてきました。

そして、今年6月 恵里さんの誕生日にも ディズニーランドへ。

 

お二人、あれこれアトラクションを楽しみながら、シンデレラ城の前にさしかかった

まさにその時でした !

「結婚してください!」と善史さんがプロポーズ。

恵里さんは「はい」と答えたそうです。

晴れて迎えた華燭の典。

利府高校では甲子園を目指した 善史さん。会場では当時のナインからも祝福を受け、

また、気仙沼支援学校の生徒や先生からも新郎を慕うメッセージビデオが届きました。

生徒たちに慕われ、仲間の人望も厚い善史さん。

復興途上の南三陸には「新興」が必要だという持論を持っていて、

夢は大きく 「地元にアミューズメント・パークを創ること」。

そして、「自分たちの住む 志津川の為になることをやっていきます」というのが

出席した皆さんへのお二人の誓いの言葉でした。

東日本大震災で 街ひとつ無くなった南三陸町にあって

新たな街をどのように再建していくるかは、喫緊の課題。

 

町の未来に頼もしい想いを強く抱いた 新しいカップルの誕生です。

 

コメントを残す on 新郎新婦 誓いは「町のために」