南三陸と震災

大家好!我是來自台灣文藻外語大學的實習生曾照晴。

皆さん、こんにちは。
台湾の文藻外語大学から来たインターンシップ生、曾照晴と申します。

在來南三陸之前,
我對日本311的想法僅僅只有「很嚴重的地震跟海嘯」而已。
實際來到這裡後我才體會到了人類在壓倒性的力量面前有多渺小。

南三陸に来る前、東日本大震災に対する私の考えは「深刻な地震と津波」でした。
実際にここに来て初めて人間が圧倒的な力の前にいかに小さかったかを実感しました。

不管看了幾次311前後的照片、或是聽本地人訴說當下的情況,
我都完全不敢想像當時的情景會是怎樣的。

震災前後の写真を何度見ても、
地元の方々があの日の状況を話しているのを何度聞いても、
当時の光景がどうなっているのか全く想像できません。

這也讓我意識到,人生就如同海嘯一般,
永遠不知道下一秒會發生什麼事情。
但同時我也看到了生命的強大。

人生は津波のようなもので、
次の瞬間に何が起こるか永遠に分からないことにも気づかせてくれました。
しかし同時に、命の強さも見てきました。

就算經歷了如此嚴重的災害,南三陸町的大家也沒有被打倒。
反而更加的團結。在每個人的努力下城市也逐漸復興。

これだけの災害を経験しても南三陸町の皆さんは倒れませんでした。
むしろもっと団結している。
人と人が繋がり、助け合い、町も復興しつつあります。

順帶一提,南三陸觀洋飯店為了不讓這段歷史被遺忘,
會有工作人員在巴士上,一邊導覽街道、一邊述說那一天發生的故事。
如果有機會的話,請務必前來這個堅強又美麗的城市看一看,期待您的光臨!

ちなみに、南三陸ホテル観洋では、震災を風化させない為に、
スタッフが町をバスで案内する『語り部バス』を運行しております。
もし機会があれば、この強く美しいこの街にぜひ足を運んでみてください。お待ちしています!

コメントを残す on 南三陸と震災