李焱先生の花シリーズ!

大家好,我是惠。
皆さん、こんにちは、恵です。

今天向大家介紹李焱先生「花」系列的作品。
今日は、李焱先生の花シリーズを紹介致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「芳華」「絢燦」成對的風。表現了含有花香的風,
五月到七月左右颳起的南風被稱爲青嵐,看上去就像是從一幅作品吹像另一幅作品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.1 、2 「芳華」「絢麗」
対となる作品で、花の香りを含んだ風が表現されています。
五月から七月ごろに吹くやや強い南風を青嵐といいますが、
まさにその風が片方の作品からもう片方の作品へと、吹き抜けているように見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「拈花一笑」
拈花微笑的意思是,重要的不是語言,而是心靈相通,
這幅畫以澄澈是的藍天爲背景,描繪了梅花。
不是枝,話,葉,天空等個別的詞語,
而是用感覺傳達春天的氣息和生命力的形象作品。

No.3 「拈花一笑」
拈華微笑とは、言葉ではなく心と心を通じ合わせることが大切だという意味です。
この絵では、澄み渡った青空を背景に梅の花が描かれています。
枝、花、葉、空といった個別の言葉ではなく、
春の息吹や生命力のイメージを感覚的に伝えようとしている作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「天地合一」
天地合一是中國自古以來的思想,認爲人的心和事物都與天相通,
歸於一體,雖然描繪了一朵紅花的小作品,卻能讓人感到與天相連的深度。

No.4 「天地合一」
天人合一は中国古来の思想で、人の心もすべての物事も天と通じ合い、
ひとつに帰着するという考え方です。
一輪の赤い花が描かれた小作品ですが、
天へとつながる深淵の奥行きを感じさせる作品となっています。

「自然天成」
這是一幅結合了中國桂林風景和花的作品。
李焱先生說,以聳立的山為背景,前面盛開的花是丹桂的形象,
在李焱先生的故鄉桂林,滿街都種着丹桂,桂林的“桂”就是丹桂的意思。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.5 「自然天成」
中国桂林の風景と花を組み合わせた作品です。
そびえたつ山を背景に、前面で咲いている花は金木犀(桂花)をイメージして描いたと李焱は言います。
李焱の故郷、桂林では金木犀の樹が街じゅうに植えられており、桂林の「桂」は金木犀の意味です。

「清香四溢」
這是李焱先生被森林中一朵小花堅强的綻放的樣子所感動而綻放的花的姿態,
夾雜在落葉的枯枝中凜然綻放的花的姿態,與客服困難向前進的希望重叠在一起。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.6 「清香四溢」
森の中で、小さな花が健気に咲いている様子に感動して描いた作品です。
落ち葉や枯枝に紛れながらも凛として咲く花の姿に、
困難を乗り越え前向きに進んでいく希望を重ね合わせています。

今天就到這裏,下周見哦。
それでは、また来週。

Book us at;

” Kanyo channel “ is being delivered ….

Please press “like(いいね!)” and subscribe to the channel.

コメントを残す on 李焱先生の花シリーズ!