歴史を学ぶ。登米懐古館。

大家好,我是惠。
皆さん、こんにちは、恵です。

今天向大家推薦觀洋酒店周邊觀光景點之一的【登米懐古館】,
這裏是建築家隈研吾氏建築設計作品之一。
主要以茅草屋頂為靈感,將當地的石材和苔蘚融入其中,
隨著苔蘚的生長,屋頂便漸漸變綠。

今日、観洋ホテル周辺の観光スポットの1つである「登米懐古館」を紹介いたします。
建築家・隈研吾氏の建築設計作品の一つで、
主にわらぶき屋根にインスパイアされ、
地元の石やコケを使用した屋根は、
コケが生えるにつれて屋根の色合いが徐々に緑に変わります。

 

這裏曾是江戶時代仙臺藩的城下町,在這裏可以看見舊武士時代的街道景觀,
因此這座博物館館内還展示的有當地的歷史和武士文化的器物。

登米伊達氏の城下町で、
旧武士時代の街並みが見られるため、
地元の歴史や武士文化の器物も展示されています。

 

從觀洋開車約25分鐘【登米懷古館】
昭和36年,由前登米町名譽町民渡邊政人先生捐贈在寺池城亭建造,
但於令和元年9月,由從事傳統表演藝術傳承館“森舞臺”的建築師隈研吾氏先生設計搬遷新建。

観洋から車で約25分の【登米懐古館】
昭和36年、寺池城址に旧登米町名誉町民の渡辺政人氏の寄贈によって建てられましたが、
令和元年9月、伝統芸能伝承館「森舞台」を手掛けた建築家隈研吾氏の設計により移転新築しました。

館內展出了與登米伊達家相關的甲殼「鉄黒漆塗五枚胴具足」、
刀劍「太刀備州長船恆弘」、繪畫「古歌盛開時」伊達政宗、
狩野探幽、大德寺江月和尚合作等,是在城下町黨時令人震撼的的珍貴物品。

館内には、登米伊達家ゆかりの甲冑「鉄黒漆塗五枚胴具足」、
刀剣「太刀備州長船恒弘」、絵画「古歌咲く時は」伊達政宗、狩野探幽、大徳寺江月和尚合作など、
城下町であった当時を偲ばせる貴重な品々を展示しています。

今天就到這裏,下周見哦。
それでは、また来週。

Book us at;

” Kanyo channel “ is being delivered ….

Please press “like(いいね!)” and subscribe to the channel.

コメントを残す on 歴史を学ぶ。登米懐古館。