現地で学びを。

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

今日は「みやぎ感DO!プログラム」のご紹介です。
こちらのプログラムでは、
「SDGs探求学習特化プログラム」から始まり、
「震災・防災・減災学習」「食文化体験」「自然体験」
様々な事を学ぶことができます。
※各施設の詳細は上記それぞれの名前部分よりご覧いただけます。

当館は「震災を風化させないための語り部バス」や
震災遺構として遺る二つの建物がプログラムの中に組み込まれております。

◆「震災を風化させないための語り部バス」

朝8時45分より60分の所要時間となります。
町内の震災状況、震災遺構などをあの日、現場に居たスタッフがご説明します。
※こちらのコースはご宿泊者様ではなく日帰りの方もご参加可能です。
事前予約制になりますので、ご不明な点はお問い合わせくださいませ。

◆震災遺構「高野会館」
※周辺の整備を行う前の写真となります。

高野会館では震災当時、建物の屋上に避難を行い、
327名と犬2匹の命が救われた場所です。
かつてこの周りには病院や大きなお店もありました。
建物の中では屋上までの階段を登ると津波の跡も確認できます。
※普段は立ち入り禁止の為、高野会館の語り部に参加された際のみヘルメットを着用の上、中にお入り頂けます。

◆震災遺構「命のらせん階段」

㈱阿部長商店の創業者である阿部会長の元自宅にある「命のらせん階段」は、
会長自身が1960年5月のチリ地震の津波で多くの人を失われた事を教訓に、
同じ悲しみを繰り返さないようにとの想いで、震災の4年前にらせん式の外階段を取り付けました。
普段より、地域住民の方々とも避難訓練を行っていた結果もあり、
震災当日は約30名が大津波から命を守ることが出来たこの階段は、
「命のらせん階段」と、名づけられました。
※こちらは現在一般公開は未だされておりません。年内中には完成する見込みでございます。

「防災・減災」学習。
もちろん、新聞記事や写真などでも学ぶことは可能です。
ですが、もし機会があれば、実際に現地で学びを深めるのも
今後の備えへとつながるのではないかと思います。

上記の「感DO!プログラム」は教育旅行(修学旅行)や
団体様でご利用される場合に、学びの幅が広がるものです。

当館で行っている「震災を風化させないための語り部バス」につきましては
ご宿泊されたお客様、日帰りでご利用される方も事前にご予約を
頂ければご参加いただけます。

詳細はお電話もしくは、フロントにてお問い合わせくださいませ。
※専用バスにご乗車の場合は「アルコール消毒」「マスクの着用」等にご協力をお願い致します。

宮城県のみならず、様々な場所で最近地震が多く起きています。
「慣れ」ほど怖いものはありません。
普段から避難経路等、今一度確認をしてみるのも「備え」になりますね。

それでは今日はこの辺で!また来週。

コメントを残す on 現地で学びを。