いざ、正鵠の森へ。

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

今回は私も初めて聞く場所に行ってきました..!

名前は「正鵠(せいこく)の森」

そんな名前の場所があるのかと驚きました。
当館から、正鵠の森(入口)までは約【12分~15分】ほど。
※入口なので山頂ではございません。この場所から登る必要があります。

当日は観洋ちゃんねる班で向かったのですが、
実はッ…..全員が初めて行った場所だったので
本来行かなければいけない道ではなく違う方向に….!
保呂羽山神社へ参拝することができたのですが、
本来ちゃんねるとしておさめようとした絶景はまた別の林道だったことが判明!
森林セラピー..できたので今回はヨシ!と言うことにします!
いつかリベンジがあるかも…?

さて、そんな「正鵠の森」紹介いたします(`・ω・´)✨
入口付近に車を走らせていくと川の流れる音が…

この音を聞くだけでも癒されますよね!

そしてこちらが「正鵠の森」全体図。かなり広い事がわかります。

林間駐車場まで車で行けますが、林道になりますので砂利道になります。
車高の低い車だと草等で底を擦ってしまう可能性がありますのでお気をつけて!

以前に月曜日ブログ担当のBluebirder*Sさんが
向かったブログがありました!2018年のものです。
良かったらあわせてご覧くださいませ→【散策 正鵠の森】

観洋ちゃんねる班も車を走らせて…「正鵠の森」入口に到着!

木の鳥居に迎えていただきました!

大きな梟の銅像もありました。一緒に空を見ているようで可愛いです。

じっ………………👀🦉🦉

こちらの銅像の周りには東屋の他、

池もありコイが生息していました。 木の幹も太いものが並んでいます。

そして、ここからが分かれ道となりました。
私たちが進んだのは梟の銅像を右手に見つつ奥の道。

しかしながら、本来ちゃんねるとしてお届けしたかった場所へは
「徒歩」で40分~50分ほど登った「男 保呂羽山」山頂。
入口がなんと…到着時に撮った木の鳥居の後ろ側に階段があったらしく..!
新緑で生い茂っていたためにそこを見落としてしまいました…(;´Д`)💦

それに気づいたのはこのブログをアップするために
色んな情報を探している時なのでもう山から下りてパソコンの前に居ます。

当日のちゃんねる班は気づかずに「どこかな」と探しつつ、
山頂へ…山頂へ…⛰
途中から車で進むのが少し難しくなり開けた場所へ停車して、
徒歩で林道を進み…..到着したのは「保呂羽山 神社」

お手洗いもあるようで..

そして登ってきた道とは反対方向に緩やかな道が…(上記写真奥側⇧)
どうやら、一番最初に見た地図で見た「大型車用の道」から
来れるところのようで、神社脇には「林間駐車場」もありました。
しかしながら、どれくらいの大型車が大丈夫なのか(車幅と林道の幅の違いが….)
車高はどれくらいあれば余裕なのかの判定が難しいので、
お越しの際はお気を付けくださいね。

参拝後の帰り道。保安林の整えられた木々の間から..「荒島」を発見!
アップのため少し画質が荒いですが…
バードウォッチングや、景色を見るためには双眼鏡があると
発見しやすいのかなと思いました…!

車で向かう…と言うよりは徒歩での山登りをメインにしたほうが
楽しめそうです。
カモシカの鳴き声も聞こえたので「クマよけ」の鈴などもあると
安全かと思われます!
歩きやすい靴、恰好、飲み物、雨具等もあるとより一層安心ですね!

山頂付近の木は落雷の影響か焦げて裂けた木もありました。

山の中で雷雨になってしまった時は木の傍で雨宿り..は大変危険です。
なるべく背の高い木からは離れて移動できる時を待ちましょう。

さてさて、正鵠の森 いかがだったでしょうか?

夏は新緑が楽しめて、木々の風なので涼しくてよいかと思います!
熱中症には十分にお気をつけて♪

それでは今日はこの辺で!

こちらの内容は「観洋ちゃんねる」でも後日アップしますよ📸
乞うご期待!

🌸最新の動画はこちら!⇩🌸

コメントを残す on いざ、正鵠の森へ。