✨ホテルのきらめき人✨

皆さん、こんにちは!カナです(・∞・*)

この前Twitterに載せた虹の写真には
たくさんのいいねやRTありがとうございました!
そういえば「副虹」は別名「ダブルレインボー」と呼ばれ
見つけると幸運が訪れるとか…!
天気雨+雲….の時は空をなるべく眺めるようにしています。
また虹が架かった時はお伝えしますね!

*———————————————————————————————————-*

さて、今日は南三陸で配布されている「広報南さんりく」に
当館にて営業部長・語り部スタッフとして活動を行っている伊藤文夫部長が

きらめき人」のコーナーにてインタビューを受け、
掲載を頂きましたのでご紹介いたします!

まずは伊藤部長が入社した昔の当館をご紹介します。
南三陸ホテル観洋の始まりは「12室(60名定員)」の小さな宿泊施設でした。
(写真はレストランシーサイド側ですが…)

今の外観はこんな感じ。
正面玄関入ってすぐのロビーを中心に分かれています。

そして、なんと昔は仙台から来るのに「4時間」も時間を要する地域でした。
確かに高速道路はなかった時ですからすべて下道になります。
今でも車で90分、
シャトルバスは2時間(仙台駅13:30発無料送迎運行中※要予約)かかりますが

高速道路ができた事により観光にも行きやすくなりました。

インタビュー記事では、
入社した当初の事。そして露天風呂の温泉を掘り、今に至るまで。
1ページになりますが ぎゅっと詰まった記事となっています。
最初こそ12室の宿泊施設だった当館も地域と共に成長を重ね、
たくさんのお客様にご利用いただけるホテルへと変わりました。

伊藤部長は景色や料理以上の
「笑顔の接客・おもてなし」が重要との思いを胸に。
今後も語り部活動、そして営業部長として観洋を発信していきます。

我々スタッフも、南三陸の魅力を一人でも多くの方に
知って頂けるよう情報発信やお越しいただいた皆様へ
お伝えできますよう努めてまいります!

*———————————————————————————————————-*

冬が旬の海鮮を使った嬉しいプラン♪
トロッと蕩ける白子と、旨味が詰まった牡蠣に舌鼓( *´艸`)
寒い季節だからこそ、温かい食べ物で体の内側を。
温泉で体全体をぽかぽかにしませんかっ?

インフルエンザもまだまだ流行中。
受験生は追い込みシーズンです。
皆様もお体には十分お気をつけてお過ごしくださいませ!

それでは今日はこの辺で!また来週!

コメントを残す on ✨ホテルのきらめき人✨