ピー介 その後

一週間ぶりのご無沙汰です。Bluebirder*Sです。

誠に勝手ながら週一のご報告にしてしまっております

観洋眼下で孵化したカモメのヒナ三羽のその後。

 

二羽は孵化44日目にして飛び立ちに成功したものの、残された一羽

ピー介が飛べずにいたことまではご紹介していました。

その後・・・ 下の写真がピー介

今月9日に 様子をうかがった際は、風が殆どありませんでした。

 

そのせいでしょうか、三羽とも積極的に舞い上がろうとする「意思」は窺えず、

飛べる方の二羽は岩から岩へ、あるいは水面に降りる際に、

水上を低空飛行する「飛翔」を見せる程度。

この時は岩に同化するようにして休んでいました。

 

肝心のピー介は、と言えば、隣の岩に移動する際にも 飛ぶことは無く、

こんな風に水に入って、泳いで渡るのを確認しただけ。

 

もう、二羽が飛んで一週間経過していますから、

ビー介も 飛べているもの、とは思ってはいましたが

まだ自分の眼で見ていませんでしたから、それはもう心配で心配で。

 

二羽は、こんな風に水上を低空飛行して 移動・・・・・

するのですが、

ピー介は、どうやらまだあまり飛ぶのが「得意」ではないのか

営巣岩のすぐ隣の岩場に 一羽で陣取っていました。

察するに、その方が 大きな移動が要らないし

飛ぶ必要もないから、という ピー介の了見が

なんとなくわかるような気がしてしまった次第。

 

この日、親鳥の居る営巣岩に移動する際も、泳いで渡って ↓

岩を登る ↓

という行動を取っていたのがピー介。

 

カモメのつがいの抱卵からずっと様子を追い続け

すっかり情が移ってしまってしましたから、とにかく

「まだか まだか」と気がもめていました。

下の写真、多分 左がピー介。

 

早く、この目で空を舞うピー介の姿を見たいもの、と

翌10日も、仕事の合間に5階ティーラウンジから

岩場を見下ろしていたところ・・・

ポツンと一羽で居た岩の上で、パタパタと羽ばたきを始めたピー介!

おっ、飛びそうだ と直感!

思わず興奮気味に「飛べ!飛べ!」と つぶやいたその時、

ピー介はフワリと宙に舞い、沖に向かって飛び出したのです♪

思わず 心の中で「やったぁ~!」と大声で叫んでしまいました。

 

低空飛行でしたが、海上でUターンして一つ先の岩に舞い降りました。

カメラは用意していませんでしたからそのシーンは撮れていませんが

この目で確認出来たのは、何よりでした。

イメージはこんな感じ・・・

とにかく、嬉しいのひとことに尽きます。

そんなピー介に贈る歌は やっぱりこれ!

カモメぇ~が飛んだぁ~♪ カモメぇ~が飛んだぁ~♪

あなたは 一人で 生きら~れ~るのねぇ~♪

by 渡辺真知子:歌 「カモメが飛んだ日」より

Bluebirderの年代がバレますネ(笑)

 

まだ、親元を完全に離れられないヒナたち。というより もう幼鳥かな?

今後も付かず離れず、緩やかに様子を見守っていきます。

コメントを残す on ピー介 その後